8: ☆埼玉最強ミリオン1100朝霞店14★ (40)
2ちゃんねるブックマークは2ちゃんねる(2ch.sc)のログをブックマーク出来るビュアーです。


8: ☆埼玉最強ミリオン1100朝霞店14★ (40)

【pc】
pp 

1 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/26(火) 01:20:04.57 ID:20ZZrKym0

キチ●イ沸いたので新スレ

ミリオン1100朝霞店HP
http://www.p-world.co.jp/saitama/million1100.htm
ミリオンインターナショナルHP
http://www.million777.co.jp/top/index.php

前スレ
★埼玉最低ミリオン1100朝霞店11★
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1321353242/-100
過去スレ
★埼玉最強ミリオン1100朝霞店10遠隔信者★
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1301712192/
◆埼玉最強ミリオン1100朝霞9客減少◆
【軍団】ミリオン1100朝霞パチ編7【御用達】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1278508021/l50
【イベント】ミリオン1100朝霞パチ編7【大杉】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1266208400/
【お座り】ミリオン1100朝霞パチ編6【一発!】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1253284273/

・A/B館(17号、18号店)複合型店舗。
・H29.9.13リニューアル
 A館はスロットと1ぱち
 B館はぱちのみにレイアウト変更
・営業時間 10:00~22:45 ミリオン電波時計でキッチリ終了。
 場内終了アナウンスがあった時点の当たり中は、その当たり終了まで有効。
 会員証提示で5分延長可。
 保留は×。当然「確変翌日持越し」「出玉保証」は無い。
・年中無休。とはいえ毎週のようにA/Bどちらか休む。大体交互に休みだが
 意表突いてA休→A休とかある。
・東武東上線「朝霞台駅」南口ロータリーより無料護送車運行中。
・駐車場 950台(開門08:00)
・ 4パチ540台 30玉交換。
  1パチ180台 特殊景品は0.85円。
・20スロ60機種3百数十台  6枚交換。
 5スロ 2スロ

・全台無制限、同館内での持玉移動共有は可ですが、いわゆるパチプーどもの共有や代打ち行為は禁止事項です。
・貯玉再プレイ 4パチA館B館それぞれ2000個まで(計4000個) 1パチA館B館それぞれ1000個(計2000個)まで使えます。
 20スロA館B館それぞれ500枚まで(計1000枚) 2スロは貯玉は出来ても再プレイは出来ません。
・入場順 パチは並んだ順、スロは09:30抽選(PCでの抽選)09:50整列開始。
 パチ新台導入初日~約1週間は「新台確保券」を配布。会員優先入場はない。
 この店で新台打ちたい奇特な新台ハンターは早く並びましょう。
 開門前はPに車を入れられないので一人ではキツイ。川っぺりから入って
 適当に車停めて待合室前に並ぶか、複数で来て並びと車待機に分散するか。
 車待機者は後ろに並ぶことになる。割り込み&路駐厳禁!
 待合室内と外のベンチ以外は、あふぉ面で炎天下突っ立って待つことになる。
 待合室内は約30人収容(決して空調など無い。嫌煙者は二重マスク必須!)
 拡声器持ったガードマンの指示に従って割込み無く並んでね。

☆埼玉最強ミリオン1100朝霞店14★



【pc】




スレッドの最初から全部を見る 人気スレッドリスト




2 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/26(火) 11:18:40.75 ID:20ZZrKym0

誘導

3 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/27(水) 02:27:31.65 ID:fPKXdaEP0



4 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/28(木) 00:02:21.49 ID:hcnQ1v6z0

もう駄目?

5 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/28(木) 22:18:25.31 ID:sLpB+8LD0

だからテンプレ修正しろって。

A館
20スロと1パチ。全部等価交換。再プレイ無制限。
B館
4パチと低貸しスロ。30玉交換。
低貸しスロはレート不明。

6 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/28(木) 22:25:01.42 ID:9tntutPq0

パチンコ自体今回の規制で、、、
この規制でやめられない奴は間違いなくパチンカスやで!今まで以上に店側も絞るし、負ける可能性高くなるからな、それでも行く奴とかwww

7 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/28(木) 23:44:07.18 ID:nVqFgoaB0

パチンコもパチスロも勝てる感じがまるでしない店になったな。
あえて打つなら沖縄なんだろうけど。
あんだけ台数あって選択肢がそれだけとはつまらんよな
あとパーソナルの島は基本死に島になるから気をつけろよ
アイマリンやクイーンはどれを打ってもダメとなるはず

8 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/09/30(土) 08:33:26.70 ID:RJks0ckBO

確かにパーソナル島はほぼボッタ調整っぽいけど、ナナシーの1台だけは右も左も良かったよ
もう締め直したかもしれんけど

9 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/10/01(日) 19:29:22.69 ID:YIY6ptiL0

【韓国】 これはやられた! 誰でも韓国のことが、一瞬で好きになってしまう映像です!

https://www.youtube.com/watch?v=Y7xKWiIaKAo

【嫌韓派に贈る】 見ているこちらまで、ほのぼのとした気持ちにさせる、韓国の伝統文化をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=jqBdUXk3GdM

【韓国人の反応】 思わず息をのんでしまう絶景!!韓国の美しいビーチをご覧ください・・・

https://www.youtube.com/watch?v=fmXGxUJCLiM

【韓国の交通】 これぞ先進国!と唸る~韓国の整然とした素晴らしい交通事情をご覧ください

https://www.youtube.com/watch?v=mrKMvu8a-3g

10 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/10/04(水) 12:25:32.54 ID:yOk/iKBn0

羽根物に朝からくる夫婦?
小太りのキモいおっさんとばばあ。
じっくり釘見てる割には、だな。
見極めてんのかよ?w
いいな、仕事しないで食って行けるなんて

11 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/11/01(水) 06:10:40.81 ID:v24yOUzC0

☆ 私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。現在、
衆議員と参議院の両院で、改憲議員が3分の2を超えております。
総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。
国会の発議は可能です。お願い致します。☆☆

12 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/23(土) 01:54:42.78 ID:bcVm0d5d0

2018年1月末、みなし機と高射幸機、絶望の全撤去、幸チャレ休業示唆
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/pachik/1513661472/18

13 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/01/16(火) 13:13:18.26 ID:paS7y7qZ0



14 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/03/23(金) 21:16:53.08 ID:fiqaYQlQ0

ジャグラーとかaタイプの島ずっとウロウロしてるホモみたいなやつと白髪の短髪の夫婦?できてる奴と能面みたいな顔したおばさん達は仕事がaタイプぶん回しなの?

15 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/03/26(月) 21:04:41.33 ID:T8h5zbwW0

等価でも無いのに500円で5,6回しか回らん。
金、強奪してまっせwww

16 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/05/11(金) 16:56:34.77 ID:r4D34KWvi

激アツはずし専門店

17 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 03:33:55.44 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=lxfLT2qJGKY

18 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 10:16:16.66 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=HVkoo8ogKas

19 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 10:19:04.95 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=ukvyRqHrxPk

20 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 10:37:45.78 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=-YXKtjjg7L4

21 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 12:56:03.38 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=o3vWdCZ2NPA

22 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 13:00:10.42 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=dWKXuBRkjY8

23 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 13:04:24.11 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=RPigX6VZKMk

24 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 19:44:40.84 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=64m4UataxWs

25 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 21:36:10.65 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=gWVETyYMnXY

26 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 21:39:55.24 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=YPeWy5Iiodk

27 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 21:45:30.01 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=dBoO2Ubuk28

28 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 21:52:35.22 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=0zSnfHNXHZY

29 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 21:54:34.52 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=CRpCSgeRsaY

30 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 21:56:02.21 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=agX0qoks-qI

31 センター試験石井くん
2018/05/12(土) 23:55:33.18 ID:RyRI1G3x1

https://www.youtube.com/watch?v=o67e9AdFI2w

32 センター試験石井くん
2018/05/13(日) 00:05:38.48 ID:/4p2Xjv3c

https://www.youtube.com/watch?v=8yX7v8E27_s

33 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 03:50:49.62 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=AtAazKqh7zU

34 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 07:12:18.00 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=8f9hpRFzFmk

35 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 07:15:02.91 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=n5dZO2VdjQE

36 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 09:22:06.92 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=_cTNBEMCjpg

37 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 10:14:48.14 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=KU07ylMKsy4

38 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 10:58:54.15 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=0MU5wtZCIwk

39 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 12:36:18.14 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=mVdWhd13qp0

40 センター試験石井くん
2018/05/15(火) 12:45:15.88 ID:RyO6FZyOy

https://www.youtube.com/watch?v=QimedFZ6wEo

41 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/06/22(金) 10:02:10.21 ID:tq+F0A5K0

新テンプレ

ミリオン1100朝霞店HP
http://www.p-world.co.jp/saitama/million1100.htm
ミリオンインターナショナルHP
http://www.million777.co.jp/top/index.php
出玉情報
http://www.million777.co.jp/store/1100/index.html

前スレ
★埼玉最低ミリオン1100朝霞店11★
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1321353242/-100
過去スレ
【お座り】ミリオン1100朝霞パチ編6【一発!】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1253284273/

・A/B館(17号、18号店)複合型店舗。
・H29.9.13リニューアル
 A館は20スロと1ぱち
 B館は4ぱち(通常コーナーとパーソナル計数コーナーあり。相互出玉移動不可)、
 4スロ2スロにレイアウト変更
・営業時間 10:00~22:45 ミリオン電波時計でキッチリ終了。
 場内終了アナウンスがあった時点の当たり中は、その当たり終了まで有効。
 会員証提示で5分延長可。
 保留は×。当然「確変翌日持越し」「出玉保証」は無い。
・年中無休。とはいえ毎週のようにA/Bどちらか休む。大体交互に休みだが
 意表突いてA休→A休とかある。
・東武東上線志木~朝霞台駅南口より無料護送車運行中。
・駐車場 950台(開門08:00)
・ 4パチ452台 30玉交換。
  1パチ180台 等価交換。
・20スロ310台 等価交換。
 4スロ 2スロ(レート不明)

・全台無制限、同館内での持玉移動共有は可ですが、いわゆるパチプーどもの共有や代打ち行為は禁止です。
・貯玉再プレイ B館4パチ2000個まで A館1パチ無制限。
 20スロA館再プレイ無制限 4/2スロは貯玉は出来ても再プレイは出来ません。
・入場順 パチは並んだ順、スロは09:30抽選(PCでの抽選)09:50整列開始。
 パチ新台導入初日だけは「新台確保券」を配布。会員優先入場はない。
 この店で新台打ちたい奇特な新台ハンターは早く並びましょう。
 開門前はPに車を入れられないので一人ではキツイ。川っぺりから入って
 適当に車停めて待合室前に並ぶか、複数で来て並びと車待機に分散するか。
 車待機者は後ろに並ぶことになる。割り込み&路駐厳禁!
 待合室内と外のベンチ以外は、あふぉ面で炎天下突っ立って待つことになる。
 待合室内は約30人収容(決して空調など無い。嫌煙者は二重マスク必須!)
 ガードマンの指示に従って割込み無く並んでね。

42 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/06/22(金) 18:41:42.29 ID:4JexaYRF0

誰でもパチンコを上達できる方法は、「ボクゼボ太郎のパチンコ必勝マニュアルガイド」というHPで見られるらしいです。検索すると分かりますよ。

LO331

43 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/06/30(土) 09:37:19.17 ID:0K55NfxX0

41
テンプレ間違い
貯玉再プレイB館1000玉まで。

44 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/07/04(水) 01:39:29.84 ID:UPILu8Pl0

ミリオンの1円の常連、ジャムでよく見かける。
まあ、月2,3回しか行かないが・・・
あんな営業してるからね・・・
早く抜くだけ抜いて潰せよ。目障り。

45 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:32:16.93 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

46 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:32:21.54 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

47 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:32:37.08 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

48 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:32:40.09 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

49 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:32:55.72 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

50 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:32:58.84 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

51 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:33:13.91 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

52 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:33:17.40 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

53 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:33:33.19 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・緒ャ山市内のホテャ汲ナ記者会見を麹sい、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

54 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:33:52.50 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

55 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:33:55.55 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

56 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:34:10.66 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

57 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:34:13.93 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

58 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:34:30.02 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

59 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:34:33.10 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

60 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:34:48.23 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

61 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:34:51.51 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

62 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:35:10.32 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

63 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:35:13.15 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

64 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:35:28.31 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

65 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:35:31.58 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

66 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:35:47.34 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

67 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:36:13.25 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

68 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:36:17.71 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

69 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:36:33.29 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

70 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:36:36.27 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

71 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:36:51.44 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

72 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:36:54.50 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

73 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:37:10.65 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

74 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:37:14.84 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

75 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:37:30.10 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

76 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:37:33.33 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

77 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:37:51.02 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

78 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:37:54.08 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

79 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:38:09.21 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

80 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:38:12.32 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

81 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:38:27.92 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

82 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:38:30.79 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

83 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:38:45.96 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

84 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:38:49.23 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

85 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:39:06.13 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

86 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:39:08.89 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

87 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:39:23.99 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

88 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:39:27.86 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

89 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:39:43.52 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

90 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:39:46.46 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

91 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:40:01.48 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

92 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:40:04.82 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

93 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:40:20.48 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

94 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:40:23.30 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

95 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:40:38.50 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

96 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:40:41.53 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

97 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:40:58.03 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

98 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:41:00.86 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

99 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:41:16.16 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

100 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:41:19.47 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

101 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:41:36.35 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

102 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:41:39.22 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

103 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:41:54.31 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

104 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:41:58.00 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

105 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:42:16.25 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

106 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:42:19.96 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

107 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:42:35.26 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

108 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:43:01.73 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

109 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:43:05.31 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

110 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:43:21.11 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

111 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:43:44.03 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

112 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:43:48.39 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

113 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:44:03.97 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

114 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:44:07.36 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

115 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:44:22.49 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

116 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:44:25.66 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

117 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:44:41.37 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

118 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:44:44.29 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

119 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:44:59.44 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

120 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:45:02.57 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

121 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:45:19.30 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

122 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:45:22.28 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

123 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:45:37.75 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

124 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:45:42.38 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

125 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:45:58.42 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

126 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:46:01.61 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

127 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:46:16.71 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

128 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:46:19.97 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

129 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:46:40.82 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

130 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:46:43.51 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

131 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:47:02.63 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

132 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:47:05.96 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

133 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:47:26.17 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

134 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:47:29.00 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

135 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:47:44.11 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

136 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:47:47.12 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

137 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:48:03.02 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

138 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:48:05.62 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

139 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:48:20.74 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

140 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:48:24.01 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

141 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:48:39.98 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

142 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:48:42.79 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

143 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:48:57.86 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

144 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:49:01.12 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

145 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:49:16.75 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

146 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:49:41.15 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

147 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:49:44.38 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

148 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:49:59.42 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

149 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:50:02.79 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

150 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:50:18.51 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

151 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:50:21.36 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

152 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:50:36.76 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

153 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:50:40.08 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

154 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:50:59.36 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

155 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:51:02.27 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

156 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:51:17.38 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

157 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:51:21.25 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

158 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:51:36.83 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

159 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:51:39.79 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

160 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:51:54.87 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

161 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:51:58.08 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

162 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:52:18.65 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

163 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:52:21.47 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

164 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:52:36.66 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

165 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:52:41.01 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

166 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:52:56.69 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

167 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:53:22.95 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

168 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:53:26.44 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

169 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:53:42.70 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

170 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:53:45.43 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

171 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:54:00.59 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

172 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:54:03.59 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

173 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:54:25.08 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

174 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:54:52.64 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

175 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:54:55.43 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

176 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:55:10.76 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

177 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:55:13.77 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

178 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:55:29.60 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

179 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:55:32.38 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

180 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:55:47.60 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

181 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:55:50.73 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

182 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:56:06.32 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

183 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:56:09.29 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

184 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:56:24.48 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

185 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:56:27.77 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

186 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:56:43.74 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

187 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:56:46.87 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

188 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:57:02.00 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

189 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:57:05.19 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

190 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:57:20.98 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

191 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:57:23.96 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

192 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:57:39.05 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

193 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:57:42.37 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

194 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:57:57.86 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

195 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:58:00.80 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

196 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:58:15.91 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

197 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:58:19.26 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

198 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:58:39.89 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

199 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:58:43.96 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

200 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:58:59.19 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

201 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:59:02.44 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

202 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:59:18.06 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

203 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:59:20.92 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

204 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 18:59:45.42 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

205 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:00:03.29 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

206 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:00:06.78 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

207 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:00:21.94 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

208 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:00:24.82 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

209 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:00:40.51 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

210 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:00:43.47 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

211 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:00:58.57 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

212 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:01:01.68 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

213 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:01:17.33 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

214 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:01:20.36 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

215 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:01:44.81 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

216 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:02:00.80 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

217 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:02:04.12 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

218 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:02:19.78 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

219 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:02:22.60 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

220 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:02:37.93 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

221 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:02:42.38 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

222 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:02:58.19 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

223 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:03:01.21 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

224 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:03:16.23 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

225 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:03:19.69 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

226 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:03:35.19 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

227 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:03:38.16 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

228 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:03:53.71 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

229 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:03:56.70 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

230 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:04:12.36 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。

231 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/10/27(土) 19:04:15.41 ID:IyPA6o1x0

NPB復帰を目指して独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーしている
村田修一(37)が1日、栃木・小山市内のホテルで記者会見を行い、NPBへの挑戦をあきらめる決意と、
現役続行の考えがない、ことを明らかにした。
ただ「引退という言葉は使いたくないし、皆さん(メディア)にも使って欲しくない」と、正式な引退表明は行わなかった。
村田はスーツ姿で5か月前に入団会見を行った同じホテルの同じ壇上に座った。
その表情は晴れやかとは言えない険しいものだった。
昨年10月13日に巨人を戦力外になった村田は、オフの間に他球団のオファーを待ったがなく、
今春から独立リーグでプレーしながら、NPBの復帰を待つという選択をした。
だが、大型補強の時代から若手育成に舵を切った球界トレンドの犠牲になり、
移籍期限が切れる運命の日にも電話はならなかった。
「NPBに帰るのであれば、僕の中での期限が、昨日。お誘いがなかったので、区切りをつけるために8月1日に会見を開くと決断した。
★(結果を)受け止めて前へ進まないといつまでも後ろを向いていても自分のやってきた野球人生を否定することになる」
NPBへの決別の意味で7月31日の移籍期限の翌日に会見を設定したという。
「怪我したのも事実で、なかなかチームに貢献できなかったが、NPBに帰って野球ができる状態まできていたと思っている」
だが、このオフ、或いは、来年、もう一度,NPBを狙うという考えはもうない。
さらに1年待ったからと言って若手育成重視の各球団共通とも言える方針が劇的に変わるとは考えにくいからだろう。
「来年、復帰できるかも定かではない。確率の低いものを追いかけても次へ進めない。
(来シーズンの復帰をめざして)体制を整えることはない」
ハッキリとそう言った。
さらに「来年ユニホームを着て、どこかで野球を続けるのは考えにくい」と、
事実上、今季限りで現役引退する考えを明かしたが、
「今日、ここで引退の二文字は使いたくないし、皆さんにも使って欲しくない」と声のトーンを高めた。
9月9日にホームの小山運動公園野球場で行われる群馬ダイヤモンド・ペガサスとの最終戦まで
栃木で「チーム勝利のため全力でプレーする」村田にとって、
その2文字を口にするのは、最終戦が終わってから。
最後のワンアウトまで全力でプレーを続けるのが、村田の信念であり、
まだ試合が残っている段階で、引退の2文字を口にするのはチームメイトやファンへの失礼にあたる、
という村田の去り際の美学なのだろう。
そういう美学を村田に抱かせたのは、単身赴任で過ごした栃木の日々だ。
「NPBへ帰ることを考えてやってきたが、若い選手と一緒にプレーして野球の素晴らしさと、NPBとの違いを感じることができた、移動も大変。
NPBは3連戦が普通だが、ここはバスの移動がものすごく大変、若い人とともに移動して足腰が強くなったと思う(笑)」
純粋にNPBでのプレーを夢見て、独立リーグで戦う若い選手の姿に村田は新鮮な刺激を受けた。
横浜、巨人時代は、「僕もプロ。(若手が成長して)働き場がなくなると困るので、アドバイスは最低限に」という姿勢だったが、
栃木では、ほぼ兼任コーチとして若手に持ち得る知識を余すことなく伝え、選手の疑問や質問にも真剣に答えた。
「彼らは、本当に野球が好きだけど、野球をまだ勉強していない。教えてあげないと。コーチの肩書きはなかったが、辻監督と共にアドバイスを送った。
一緒に野球をやって新鮮なものがあった。僕はNPBに帰る可能性はなくなったが、彼らはドラフトにかかる可能性もある。一人でも多くNPBにいくことを望んでいる」
村田は、BCリーグでプレーする中でNPB復帰のためだけにという思いが薄れたという。
「試合を重ねながら、NPBにアピールするために野球をやる感じはなかった。栃木のファン、BCリーグファンのためにやった。
その姿を見て、感動してくれて、野球を好きになってもらい、村田みたいにと、目標になれるようなプレーをした。それは昔から変わらないが」
「小3から野球を30年間続けてきた、その集大成をみなさんにお見せしたい。体も万全の状態。いいパフォーマンスを最後まで見せたい」
男・村田は終わっていない。
「この時点で引退するという発言はない。最後まで野球をする。共に戦ってきたみんなのために最後まで」
だから引退の2文字を口にしたくはなかったのだ。
村田は、中日の松坂大輔から「まだやめて欲しくない」とエールを贈られたが、その数時間前に、彼も同じメッセージを松坂世代のリーダーに残していた。
「20年、大輔の背中を追いかけてきた。同級生とやれて幸せ。松坂達には長くプレーを続けて欲しい」
彼は「感謝こそあれ悔いはない」と言った。

232 星野恵子

administration

2018/11/23(金) 17:56:52.40

お前若いやつは馬鹿野郎自民党入れるからパセントに入れるからたこ早め亡くなれ、

233 星野

directory

2018/12/05(水) 22:55:58.61

お前馬鹿野郎野球やるな馬鹿野郎馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿野郎、早め亡くなれ


人気スレッド

2838: 【速報】鬼滅の刃、史上初の全巻ランキング総ナメする異常事態。 (769)
1016: 【名無し奥も○○奥も】気楽に井戸端会議11300【みんな来い】 (758)
48: 羽鳥慎一モーニングショー★2 (756)
69: 【速報】急騰・急落銘柄報告スレ13848 (737)
989: 【バーチャル】hololive有ファンスレ#18776【youtuber】 (673)
987: 【米国】ハンター・バイデンの猥褻ビデオ公開、未成年の姪が関与? ★63 [樽悶★] (671)
1001: 大阪市財政局長 都構想218億円増試算を捏造だと認め全面撤回してしまうwwwww (650)
969: 【東京】人気俳優、伊藤健太郎容疑者(23)逮捕 事故瞬間のドライブレコーダー映像 ★2 [ばーど★] (63
981: 企業の内部留保、8年連続増 475兆161億円 [ばーど★] (609)
985: なんで「ニコニコ動画」を見なくなったの ドワンゴ業績悪化で将棋「叡王戦」の主催から撤退へ (587)
998: マンション派は戸建派に負けを認めろよ (566)
949: 【兵庫】勤務するインド料理店に女性閉じ込めて乱暴 強制性交の疑いでインド人の男(41)逮捕 尼崎市 [ばー
2829: 【悲報】松井一郎、財務局長に謝罪させた件で記者に問い詰められる (516)
2880: 【動画】SNK、テリーが不知火舞やクーラらのケツを触る広告を出し炎上 謝罪 (514)
1006: 【バーチャルYoutuber】にじさんじ有ンチスレ25229【おにゃらかぷ】 (507)
985: 【バーチャルYoutuber】.LIVEアイドル部アンチスレ#13365【アップランド】 (507)
936: 【赤字】ANA社員、ノジマに100人出向へ コールセンター業務★5 [ばーど★] (507)
957: 【サッカー】DAZNのCL放映権放棄は大迷惑。四半世紀前に戻った日本のサッカー視聴環境 [梵天丸★] (49
927: 伊藤詩織さん、書類送検…元TBS記者が虚偽告訴などで刑事告訴★7 [ウラヌス★] (489)
980: ツイ民 「在日コリアン差別をしている連中が、ウイグル人が可哀想だなんて思ってるわけがないじゃん (474)
2931: 一般人「国民が求めているのは10GBで1980円のプランだ! ふざけんな!」  (463)
2816: 【速報】 韓国、パク・クネ大統領、懲役20年 イ・ミョンバク大統領、懲役17年 実刑確定へ (448)
2865: 宇垣美里さん、完全に終わる (429)
2959: 【悲報】菅「ダ…大学が偏っとるから」→学術会議の構成、最多の東大でも2割未満で地方が半数超だった… (
971: 【現場】「早く作業を終わらせたい」→鉄板の代わりに樹脂板使う→クレーン車横転→5人死傷 宮城 [雷★] (3
12: 【動画あり】 立憲民主党・小川淳也「世界市民として、朝鮮学校への支援が必要」 (395)
925: VIPでパズドラ (390)
984: 【フランス】再びロックダウンで合計700キロ以上の渋滞発生 パリから脱出する人々 [ばーど★] (389)
992: イギリスで日本をテーマに料理を競う 中国やインドと混同されて差別問題に (386)
2911: 【悲報】伊藤健太郎容疑者、先輩にタメ口で挨拶もしない天狗野郎だった (383)
3003: 【悲報】出向を使ったリストラが大ブームに。割増退職金なし、個人を指名可能で希望退職より圧倒的に有利 (3
991: 【芸能】伊藤容疑者 違約金CMだけで1億円超か 上半期「起用社数」は男性1位 [ひかり★] (357)
983: 皆お金に困ってないし現金なんて給付しても意味ない。やっぱりここはフードスタンプ10万円分が最善でしょ (3
983: 【漫画】鬼の次は呪い!? ジャンプアニメ「呪術廻戦」が“ポスト鬼滅”に推される理由 [ネギうどん★] (33
2979: 【号砲】ネトウヨ雑誌、最新号で一斉に「学術会議叩き」煽動 (333)
973: 【お笑いタレント】#平野ノラ、妊娠を発表 現在妊娠6カ月 [爆笑ゴリラ★] (326)
2026: 生活保護で貯金74万貯めてさらに障害加算も貰えそうなんだけど質問ある? (325)
948: 【東京五輪】開会式入場は五十音順で 組織委が各国に伝達、史上初 [鉄チーズ烏★] (320)
2953: 【朗報】 激しくNINJAが売れる (316)
62: ドラゴン圧縮 (311)
2828: 鬼滅の刃を普通に語るスレ、ステマ業者禁止 (299)
2862: 「セーラー服を脱がさないで」って最低な歌詞だな (298)
1533: 【教養】原子力発電について勉強するスレ (289)
2968: 韓国で「鬼滅の刃」の映画公開に抗議運動の兆し。主人公の耳飾りが旭日旗! (274)
1002: 【バイク】カワサキ「ニンジャZX−25R」がバカ売れ 発売1ヵ月で販売予定数5000台を突破! (273)
982: 【速報】 韓国、パク・クネ大統領、懲役20年 イ・ミョンバク大統領、懲役17年 実刑確定へ (267)
2846: 地上の楽園「すたみな太郎」が、日本最強レベルのテイクアウトを売り出してしまう。  (264)
1000: 【答え合わせ】 朝日新聞「アビガンは危険!アビガンは効かない!絶対に使うな」 (262)
1006: 韓国で「5G」離れ、64万人がLTE回帰、50m(ミリ波)〜300m(Sub6)とエリア狭すぎ10万基地局で
2986: 【朗報】中国語って簡単すぎないか?「我今性画5ch貼。巨乳画沢山!碗乳魅力!皆友共有。友情」 (257)
988: お前ら女子高生は平均17.3歳でまんこにチンポを挿れてんだそ。お前らが最後にチンポ挿れたのはいつだ (248)
1473: 飲食店のガキ「やだ!!食べない!!帰る!!帰る!!!」1人飯俺(そろそろ金切り声来るな…) (236)
2949: 地方でも「町内会」に入らない人が急増 (235)
2973: 【悲報】長崎で女子高生が商業施設から飛び降り自殺 (235)
1009: 【速報】セブンの「豚焼肉ごはん」が神的うまさと話題に (233)
2900: 【悲報】女子高生さん、平均17.3歳でセックスしていたwwwwwwwwwwwwwwww (229)
2975: マスク着用を求めた警備員(195cm120kg)、ナイフで滅多刺しにされる (225)
2946: 警備員「マスク付けてください」美人姉妹「うらあああああああ!!!!」ブスブスブスブスブス (2
999: 二度目のロックダウン前にパリから逃げ出す愚民共をご覧ください。西川ひろゆきさんは逃げなくていいの (216)
995: 【学術会議】北大の研究を中止に追い込んだ「軍学共同反対連絡会」の代表3名の1人は香山リカ氏 (212)
2842: ケンモメン向けの「楽な仕事」ランキング 堂々の第1位は… (212)
993: 【次期戦闘機】三菱重工業と契約 開発に着手 [マスク着用のお願い★] (209)
3: 朝日「在日にも投票させろ」 (202)
1: 「大阪都構想」は世紀の愚策…いよいよ大阪が「終わる」かもしれない (現代ビジネス) ★8 [首都圏の虎★] (1
2856: ズズメを狩って 丸焼きにして食べた 日本男 合法(画像あり) (196)
1037: 俳優の伊藤健太郎ってまだ23だぞ、責めすぎだろ (185)
2871: 道路「過積載はやめて!壊れちゃう…」 (184)
2924: Japanese→ジャップ わかる。American→アメップ はあ? (183)
2861: 『母親』に『回転』を加えた男、逮捕 (183)
2895: RTX3070 1070の倍2070の4割増しのスピードで税込み7万円から 深夜販売に200人並ぶ (1
990: 伊藤健太郎容疑者 スピード落とさずに逃走 [首都圏の虎★] (181)
986: 新型コロナの新種が欧州で急拡大 大部分の症例はこれが原因の模様 (179)
2958: 東京都大田区、風呂なし、銭湯入り放題、家賃49,000円。こういうのでいいんだよ (178)
1003: 【アホの朝日新聞】 在日コリアンにも、大阪都構想への投票権を与えろカスジャップ!!! (173)
990: 宮崎市が初のギョーザ消費日本一に 宇都宮、京都抑える 新たな観光資源へ [首都圏の虎★] (173)
945: 【携帯値下げ】KDDI・ソフトバンクの携帯割安料金プランに…ドコモ社長「対抗していく」 [ばーど★] (17
980: ツイ民 「在日コリアン差別をしている連中が、ウイグル人が可哀想だなんて思ってるわけがないじゃん (474)
2931: 一般人「国民が求めているのは10GBで1980円のプランだ! ふざけんな!」  (463)
2816: 【速報】 韓国、パク・クネ大統領、懲役20年 イ・ミョンバク大統領、懲役17年 実刑確定へ (448)
2865: 宇垣美里さん、完全に終わる (429)
2959: 【悲報】菅「ダ…大学が偏っとるから」→学術会議の構成、最多の東大でも2割未満で地方が半数超だった… (
971: 【現場】「早く作業を終わらせたい」→鉄板の代わりに樹脂板使う→クレーン車横転→5人死傷 宮城 [雷★] (3
12: 【動画あり】 立憲民主党・小川淳也「世界市民として、朝鮮学校への支援が必要」 (395)
925: VIPでパズドラ (390)
984: 【フランス】再びロックダウンで合計700キロ以上の渋滞発生 パリから脱出する人々 [ばーど★] (389)
992: イギリスで日本をテーマに料理を競う 中国やインドと混同されて差別問題に (386)
2911: 【悲報】伊藤健太郎容疑者、先輩にタメ口で挨拶もしない天狗野郎だった (383)
3003: 【悲報】出向を使ったリストラが大ブームに。割増退職金なし、個人を指名可能で希望退職より圧倒的に有利 (3
991: 【芸能】伊藤容疑者 違約金CMだけで1億円超か 上半期「起用社数」は男性1位 [ひかり★] (357)
983: 皆お金に困ってないし現金なんて給付しても意味ない。やっぱりここはフードスタンプ10万円分が最善でしょ (3
983: 【漫画】鬼の次は呪い!? ジャンプアニメ「呪術廻戦」が“ポスト鬼滅”に推される理由 [ネギうどん★] (33
2979: 【号砲】ネトウヨ雑誌、最新号で一斉に「学術会議叩き」煽動 (333)
973: 【お笑いタレント】#平野ノラ、妊娠を発表 現在妊娠6カ月 [爆笑ゴリラ★] (326)
2026: 生活保護で貯金74万貯めてさらに障害加算も貰えそうなんだけど質問ある? (325)
948: 【東京五輪】開会式入場は五十音順で 組織委が各国に伝達、史上初 [鉄チーズ烏★] (320)

8: ☆埼玉最強ミリオン1100朝霞店14★ (40)

人気スレッド2




1008: 【FEH】ファイアーエムブレムヒーローズpart6343 (964)
29: 10/29 ナインティナインのオールナイトニッポン★1 (929)
6: 【芸能】伊藤健太郎の逮捕で号泣… 交際報道・山本舞香の憔悴ぶり 目を腫らし仕事現場に [jinjin★] (90
51: [ニコニコ精神病院]とうわぐみ[糞コテの町] (893)
3: 夜の巷を徘徊しない マツコ&ヒャダイン 理想の46分テープ完成編 (789)
948: 「スガ出てこいパンケーキだぞ」パヨク、今度は官邸前でパンケーキを焼き始める (786)
988: 今年の阪神はやらかす20‐544 (780)
2905: BABYMETAL★6868 (715)
27: 【FM90.5/AM954】TBSラジオ18939【JOKR】 (706)
45: おはよう!時代劇 暴れん坊将軍5 #37(第39話)[字][再] (681)
954: 一蘭行ったらただの素ラーメンに替え玉だけで1200円取られたワロタ そんなに金払うほど美味くないだろ (677
1014: 【アズレン】アズールレーン part5576 (664)
2675: FC2で美人素人とヤりまくってるオッサンなんなんだよ 何者なんだよ (658)
950: 仏ニースで刃物によるテロ攻撃、3人死亡 うち1人は頭部を切断される (656)
1009: 【ミリシタ】アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ Part3443 (655)
947: 【おっさん速報】名作RPG『ウィザードリィ』新作開発決定! (646)
1: 櫻井・有吉THE夜会★1 (623)
1012: 【NYSE】米国株やってる人の溜まり場898【NASDAQ】 (587)
52: FNN Live News α 10/29 1 (586)
1012: 4918種のアイス (547)
2621: 何だそれ?昭和生まれが使う3大ワード「メリヤス」「ボンベイ」「午前様」あと1つは? (525)
2547: 【余命騒動】弁護士への懲戒請求、ネトウヨに400万円の損害賠償の支払いを命じる 最高裁★2 (517)
58: 男だけどおちんちん舐めたい (516)
2537: 【悲報】 タイヤをここまで使い切る人が多いらしい (506)
1015: 【BTC】ビットコイン情報交換スレッド 3086【アフィ (493)
2599: 日本学術会議の任命されなかった6人、人文社会科学の学者だけだった。 (459)
39: 【マターリ】報道ステーション (426)
48: 【マターリ】ルパンの娘 第3話 (420)
2943: ☆明日は稲垣香織ちゃんのお誕生日です 地下売上議論25066★ (416)
965: FFシリーズ最新作発表。主人公の弟が男の娘、ノムリッシュ健在、ヤンキー吉田がプロデュースと全部入り (41
37: 七人の秘書 #2 ★3 (411)
900: 『ミス・ユニバース』日本代表に千葉県代表の杤木愛シャ暖望さん「やっと夢がかなった」 [鉄チーズ烏★] (40
55: 【画像スレ】お前らのフィギュアを晒してけ【画像スレ】 (378)
50: アウト×デラックス★5 (376)
909: 【欧州】 コロナ感染死急増 [影のたけし軍団★] (373)
951: 1350円で担々麺が1年間無料に 「陳麻婆豆腐」が無料パスポート発行へ (369)
1007: KAT-TUNを守るスレ! 第751弾 (2551) (354)
979: 鬼滅の刃が人々の心に響く理由 鬼殺隊は政府組織ではないという設定が政治と距離を置く世代ni (344)
989: 【原巨人】読売ジャイアンツpart94【2020年】 (343)
1009: Uber Eats(東京)のデリバリー526【ワッチョイなし】 (341)
918: 【社会】 「Go Toトラベル」 観光を主な目的としないものは除外へ [ベクトル空間★] (324)
2862: 井上玲音のメンバーカラー公式発表キター!!! (323)
1059: オッサンだけど30分で300いったらおっぱいうpする! (313)
2530: お前らご飯のお米、どこのブランド食べてる? (306)
113: 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレpart4946 (302)
58: クイズ!脳ベルSHOW 【第855回】 (295)
2656: 【悲報】マナー講師「サンドイッチの食べ方にもマナーがあります」 (287)
1012: 【アリスギア】アリス・ギア・アイギス Part1568 (283)
117: 【USD/JPY】新ドル円16936【雑談禁コテ禁IP無】 (279)
903: 【名大】砂糖水ができる「砂糖イネ」が開発されてしまう [雷★] (277)
973: 【うんこちゃん】加藤純一総合スレpart1344【マリオ35、ポポロ】 (268)
2629: 月給16万で年間休日が96日の会社の魅力 (265)
955: エスカレーターで女性とぶつかる…女性が謝罪するもイヤホンで耳に入らずに体当たり 57歳男逮捕 (262)
657: インターネット黎明期の思い出 (260)
6: ミス・ユニバース 日本代表は栃木さん (258)
2774: 【朗報】五輪委「なんと!開会式入場を五十音順でやるで世界初!」 (256)
246: 出勤出勤出勤艦これスレ出勤出勤出勤 (255)
2659: 【嫌儲 品評会】 ミス・ユニバース 今年の日本代表が決定! (253)
887: 【経済】米GDP、戦後最大33.1%増 2020/10/29 [朝一から閉店までφ★] (253)
1013: 【オカマキリ専用】マミーコボパンツ【紙おむつ】89 (252)
911: ゴーン氏逃亡助けた疑い、日本に親子引き渡しへ 米政府 [どどん★] (245)
966: 【下級国民】ひき逃げ容疑で逮捕の俳優・伊藤容疑者10年以下の懲役の可能性へ (242)
42: 霜降りバラエティSP★3 (241)
66: 旦那とセックスレスでつらい (237)
2552: 【疑問】なんでケンモメンってみんな貯金が何千万もあるの? (231)
41: 報道ステーション★5 わがままおっぱい (230)
939: 【神対応!!】日本電産、賃金30%上げへ。会長「長く働き続けられるように」 (221)
1006: ワンピース専用ネタバレスレッド Part4535 (220)
2528: 【速報】「ウィザードリィ」新作発表。 (213)
65: フロム信者「ダクソ!ブラボ!SEKERO!」 (206)
38: 森川夕貴のもりかわステーション part941 (203)
1016: アイドルマスターミリオンライブ! 雑談スレ43 (202)
907: 【国際】ロシア、北方領土に主力戦車配備 上陸阻止、海岸の防衛力強化へ ★2 [ブギー★] (197)
59: 【めざまし】 女子アナ+α 2020/10/30(金) 【テレビ】 (194)
2731: 煽り抜きにこどおじって家族と一緒に暮らしてストレスとかないの? (193)
52: VIPでアズールレーン (189)
2576: ケンモメンの発音って小児がんと同じでいいの? (186)
968: 弁護士への懲戒請求したネトウヨに400万円の損害賠償支払い命令!最高裁 ホームラン級の馬鹿と確定w (186)
1: 【USD/JPY】ドル円専用スレ Part31600【$\】 (183)
975: マハティール元首相「イスラム教徒は過去に虐殺された。フランス人を数百万人を殺す権利がある」 (182)
69: ホリエモン騒動で餃子側についてる奴なに? (181)
876: 大手メーカー研究員だけどなんか質問ある? (181)
2665: 【バキ道】克己、頭から地面に叩きつけられて相撲取りに敗北 (181)
2954: 一人で行くモーニング娘。'20 コンサート&イベント総合スレ part546 (181)
2752: お前らがベルギーについて知ってること (179)
5: 【未来】ソニーの3Dディスプレイが超凄いと話題に (177)
883: 【国際】 死体で家の敷地をハロウィン用に飾りつけ 仰天の近所が警察に通報 [朝一から閉店までφ★] (176
999: 【学術会議幹部】任命拒否「活動に支障」 井上担当相に直訴 [クロ★] (175)
977: スペイン「これから来年の5月まで半年間緊急事態宣言です」日本はしなくていいの? (174)
59: 餞のアイドルマスターミリオンライブシアターデイズミリマスグリマスミリシタスレ (173)
2805: 日本テレビ、「金曜ロードSHOW!」でヱヴァンゲリヲン新劇場版を3週連続放送 (167)
2922: 巨人ファン専用 巨人若大将4038 (166)
2925: 成長期限定ユニット☆3642時限目 (162)
2880: 田村めいめい「明日、重大発表があります」 (162)
1003: 【学術会議任命拒否】山極前会長「2年前も難色 理由示さず恐ろしい」 [クロ★] (161)
2681: 【ゼルダの伝説】 椎名高志先生の描くゼルダ姫が腐かわいい (158)
2642: 【画像】北海道警察さん エロ垢を見つけてくれる (158)
958: 坂本龍一(68)、長年できなかった禁煙に成功したのは“禁煙のツボ”への鍼のおかげ (158)
2536: 【確認】「ダイソー」の発音って「乱暴」と一緒だよな? 「ランボー」じゃないよな? (157)
2908: ぼく、のなえもんです (156)
3: 【朝日新聞世論調査】大阪都構想賛成39%(−3P)、反対41%(+4P) ★12 [孤高の旅人★] (154)
865: 【韓国最高裁】李元大統領、懲役17年確定 多額収賄と横領 [ばーど★] (154)
2637: 「ダブチ」の発音に一番近い面白ワード挙げたやつが優勝wwww (153)
1015: 【多重請求】ツイステ愚痴112【バグ放置】 (152)
47: NEWS23★2 (151)
116: 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?6650 (149)
2617: 若奥さま「新婚なのに夫が"仲良し"をしてくれません。。。 普通夫婦は仲良しをしますよね・・・?」 (14
976: 【六曜】おまえらって年寄りだから「仏滅」とか「大安」とか普段から気にしてそう (147)
70: 日経225先物オプション実況スレ41000 (146)
2698: メルカリって購入後の挨拶したほうがいいの?正直めんどいんだが (144)
942: 1万円で納豆ご飯セットが生涯無料の「令和納豆」、数回分食べた人のパスポートを一方的に剥奪★73 (144)
2622: 【朗報】エッチな漫画、見つかる【画像】 (143)
1: 実況 ◆ フジテレビ 93644だぜ。 (142)
1: 大阪都構想反対のデマ報道を流した毎日新聞 新聞社取り消しにビビり維新の会に完全降伏 土下座謝罪 (141)
2732: 【悲報】学術会議、憲法専門の百地氏「首相の任命権 自由裁量ある」 (140)
2577: アンドロメダ 何を思い浮かべた? (140)
501: 【画像】ムラムラするので自撮り晒します。 (137)
923: 【テレビ】ウイカ 10年間毎日続けていることを告白、松本人志も「たまにする」に驚きの声 [爆笑ゴリラ★] (
2942: 【悲報】つんくプロデュースのTask have Funの新曲がフラゲデイリー30位圏外wwwwwww (13
2658: リメイク版『デモンズソウル』開発者インタビュー どこが変わり、どこが変わらないのか (132)
2910: GoToのクーポン券てドンキホーテとか家電量販店で使えるのね (132)
2739: シスター→(清楚、処女、エロい、人気。) 尼さん→あんまり人気が無い。 何でなの? (130)
2729: 「地球は丸かった」みたいなシンプルな名言って良いよな (130)
965: やっちゃんねる youtuber 34日目 (129)
2772: 【嫌儲Steam部】Steamハロウィンセール2020 ★1 (128)
2736: 統合失調症の人は銀歯除去した方がいいぞ (128)
2936: えりあるよ←ありそうなもの (125)
2882: Q.「思い出の給食メニューは?」 小片リサ「サイダーポンチ!」 (124)
952: 今日は「肉の日」 お前らのID末尾も「肉」だぞ (124)
76: ゲームボーイ系について語ろうぜ (120)
908: 【芸人】餅田コシヒカリが見た「ぽっちゃり好き男性」のヤバい本性 [爆笑ゴリラ★] (120)
1864: 25歳にもなって彼女いたことすらないってやばくね? (118)
1008: 村〜ムゲン発射編〜 (118)
963: 【大阪都構想】松井市長「報道機関の誘導に従ってつくったあり得ない数字。虚偽だった」 (117)
60: 絵はどう考えても才能なんだが凡人はいつまでも努力を信じてるよな (116)
2676: 「味の素」←なんの味の素なんだよ (116)
2890: 【ももクロ】予想通り幕が下がるwガラガラw大コケ大爆死【ガラガラ総合 】★777 (116)
2573: 「ゆるキャン△」のLO化が深刻 (114)
2560: 自動車のタイヤ買おうと思う。 ミシュランってやつがいいんだろ?  (111)
881: 【バングラデシュ】反フランスデモに4万人 [マスク着用のお願い★] (111)
670: 最近の最新スマホ→10万円超え 最新技術の塊PS5→5万円ちょっと (110)
871: 三菱重工にも「公示送達」 資産売却へ手続き進む 韓国 [Felis silvestris catus★] (
1199: AT限定免許の奴wwwwwwwwwwww (107)
1005: 引退した渡辺麻友の現在の情報がここまででないのって怖くね? (107)
943: 北方領土に主力戦車配備=火力強化で上陸阻止―ロシア紙 (106)
2598: 【れいわ革命】大阪市でのれいわ新選組支持率、3倍以上に急増! (104)
880: ドンキ前社長が不正株取引に関与か 証券監視委が強制調査 [爆笑ゴリラ★] (104)
2808: 3大"みく"で思いつく人 『初音ミク』 『夏目三久』 あと一人は? (103)
2879: 稲場愛香が中西香菜と食事へ!! (103)
480: あいみょん好きの24歳ですが、レスバの練習させてください。 (102)
270: アカデミックな論理学とか議論の作法とかまったく知らないけどロジック強い言われる (102)
114: 【悲報】マスク着用求めた警備員をナイフで27回刺した姉妹がこちらwwwwwwww (101)
2550: 「あ、こいつ土下座したら本当にヤラせて貰えるな…!」って女の特徴教えてくれ、実践してくる (101)
909: 【野球】巨人坂本勇人(31)、2打席連続安打で2000安打へM5 105試合 ・291 17本 60打点 4
110: 会社辞めるときの罪悪感wwwwwwwww (100)
2623: 「グフ 飛行試験型」がフィギュア化。一年戦争後に連邦軍に接収され、ジャブロー降下作戦で活躍 (100)
2631: 北京語、世界で最も難しい言語だった 世界で一番使われている言語が難しい (100)
2553: 孫正義「すべてがAIになる」 (100)
2524: 【悲報】大橋未歩アナ、終電間際に誘ってこない男性に「『いくじなしだね』って言ったことがあります」 (10
973: 【速報】米国務省、ゴーン逃亡を手助けした米国人親子の日本への引き渡しを承認 (99)
132: 【悲報】今期の覇権アニメ、未だに決まらない!!!!!! (98)
2921: 石田亜佑美が完全におばさんwwwwwwwwww (98)
2668: 東京で480円で頑張ってるこういうのでいいんだよラーメンが発見される!!! これはケンモメン公認だわ (
355: 実はニートとして生きてる 自分は可哀想なんじゃないのか? (95)
72: 彼女「実は私、昔ね…」←ギリギリ別れないけどずっと引きずる程度の続きの言葉 (95)
1157: 俺の愛車かっこええだよ (95)
1012: 4918種のアイス (547)
2621: 何だそれ?昭和生まれが使う3大ワード「メリヤス」「ボンベイ」「午前様」あと1つは? (525)
2547: 【余命騒動】弁護士への懲戒請求、ネトウヨに400万円の損害賠償の支払いを命じる 最高裁★2 (517)
58: 男だけどおちんちん舐めたい (516)
2537: 【悲報】 タイヤをここまで使い切る人が多いらしい (506)
1015: 【BTC】ビットコイン情報交換スレッド 3086【アフィ (493)
2599: 日本学術会議の任命されなかった6人、人文社会科学の学者だけだった。 (459)
39: 【マターリ】報道ステーション (426)
48: 【マターリ】ルパンの娘 第3話 (420)
2943: ☆明日は稲垣香織ちゃんのお誕生日です 地下売上議論25066★ (416)
965: FFシリーズ最新作発表。主人公の弟が男の娘、ノムリッシュ健在、ヤンキー吉田がプロデュースと全部入り (41
37: 七人の秘書 #2 ★3 (411)
900: 『ミス・ユニバース』日本代表に千葉県代表の杤木愛シャ暖望さん「やっと夢がかなった」 [鉄チーズ烏★] (40
55: 【画像スレ】お前らのフィギュアを晒してけ【画像スレ】 (378)
50: アウト×デラックス★5 (376)
909: 【欧州】 コロナ感染死急増 [影のたけし軍団★] (373)
951: 1350円で担々麺が1年間無料に 「陳麻婆豆腐」が無料パスポート発行へ (369)
1007: KAT-TUNを守るスレ! 第751弾 (2551) (354)
979: 鬼滅の刃が人々の心に響く理由 鬼殺隊は政府組織ではないという設定が政治と距離を置く世代ni (344)
989: 【原巨人】読売ジャイアンツpart94【2020年】 (343)
1009: Uber Eats(東京)のデリバリー526【ワッチョイなし】 (341)
918: 【社会】 「Go Toトラベル」 観光を主な目的としないものは除外へ [ベクトル空間★] (324)
2862: 井上玲音のメンバーカラー公式発表キター!!! (323)
1059: オッサンだけど30分で300いったらおっぱいうpする! (313)
2530: お前らご飯のお米、どこのブランド食べてる? (306)
113: 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレpart4946 (302)
58: クイズ!脳ベルSHOW 【第855回】 (295)
2656: 【悲報】マナー講師「サンドイッチの食べ方にもマナーがあります」 (287)
1012: 【アリスギア】アリス・ギア・アイギス Part1568 (283)
117: 【USD/JPY】新ドル円16936【雑談禁コテ禁IP無】 (279)
903: 【名大】砂糖水ができる「砂糖イネ」が開発されてしまう [雷★] (277)
973: 【うんこちゃん】加藤純一総合スレpart1344【マリオ35、ポポロ】 (268)
2629: 月給16万で年間休日が96日の会社の魅力 (265)
955: エスカレーターで女性とぶつかる…女性が謝罪するもイヤホンで耳に入らずに体当たり 57歳男逮捕 (262)
657: インターネット黎明期の思い出 (260)
6: ミス・ユニバース 日本代表は栃木さん (258)
2774: 【朗報】五輪委「なんと!開会式入場を五十音順でやるで世界初!」 (256)
246: 出勤出勤出勤艦これスレ出勤出勤出勤 (255)
2659: 【嫌儲 品評会】 ミス・ユニバース 今年の日本代表が決定! (253)
887: 【経済】米GDP、戦後最大33.1%増 2020/10/29 [朝一から閉店までφ★] (253)
1013: 【オカマキリ専用】マミーコボパンツ【紙おむつ】89 (252)
911: ゴーン氏逃亡助けた疑い、日本に親子引き渡しへ 米政府 [どどん★] (245)
966: 【下級国民】ひき逃げ容疑で逮捕の俳優・伊藤容疑者10年以下の懲役の可能性へ (242)
42: 霜降りバラエティSP★3 (241)
66: 旦那とセックスレスでつらい (237)
2552: 【疑問】なんでケンモメンってみんな貯金が何千万もあるの? (231)
41: 報道ステーション★5 わがままおっぱい (230)
939: 【神対応!!】日本電産、賃金30%上げへ。会長「長く働き続けられるように」 (221)
1006: ワンピース専用ネタバレスレッド Part4535 (220)

上位板 人気

No matches!
No matches!
No matches!
No matches!
No matches!


 

人気スレ 上位板 ブックマ-ク見る