62: がんばれ佐藤愛子選手 (308)
2ちゃんねるブックマークは2ちゃんねる(2ch.sc)のログをブックマーク出来るビュアーです。


62: がんばれ佐藤愛子選手 (308)

【pc】
pp 

1 名無しさん@お腹いっぱい。
2008/08/11(月) 12:06:19 ID:y7MDeBQ/

旭川の地から応援しています。

がんばれ佐藤愛子選手



【pc】





スレッドの最初から全部を見る 人気スレッドリスト

外国語アレルギーの方に朗報!
2ちゃブで外国語を楽しく学ぼう!





139 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:31:16.61 ID:FzRygsw5

nnn

140 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:31:59.65 ID:FzRygsw5

sat

141 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:32:21.36 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(8月28日開幕、ブダペスト)に出場する女子52キロ級の角田夏実(24)と志々目愛(23)=了徳寺学園職=が7日、千葉・
浦安市の了徳寺大で行われた所属先の壮行会に出席した。
関節技が武器の角田は初の代表入り。今季は故障続きで、直前に行われたスペインでの国際合宿でも鼻骨を骨折していたことが判明。七夕に
「ケガや体調を崩さないこと。それが一番」と願った24歳は、「私は海外での試合の経験が少ない。手にしたチャンスをものにできるように、
持てる力を精いっぱい出したい」と決意を語った。
個人戦では初出場となる志々目は、外国人選手に無類の強さを誇る。同大の山田利彦監督は「15年10月に負けて以来、負けてない。30連勝中」と
解説。昨夏のリオ五輪は補欠で悔しさを味わった志々目は「一戦一戦を大事に、優勝できるように頑張ります」と意気込んだ。
山田監督によると、同階級に同じ大学から2人の選手が世界選手権の代表入りするのは史上初。集まった学生らに「2人が決勝の舞台で死力を尽くして
戦うのを応援してほしい」と呼びかけていた。

柔道世界選手権出場の角田夏実、志々目愛が壮行会出席
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170707-OHT1T50244.html

高校野球の兵庫大会が8日、明石トーカロ球場で開幕した。
第1試合の神崎-三木の始球式に女子柔道で東京五輪を目指す阿部詩(うた=夙川学院2年)が登場した。
人生初マウンドは、ワンバウンド投球に。「(ボールよりも)人を投げる方がコントロールできる」と柔道家らしい一言で笑いを誘った。事前に
阪神OBの赤星憲広氏(41)から直接指導を受けていた。この日はプレゼントされた青と赤のグラブで臨んでいた。「柔道と違って、(野球は)
試合時間が長いけど頑張ってほしい」。白球を追いかける球児たちにエールを送った。

柔道の阿部詩が始球式「人を投げる方が…」/兵庫 - 高校野球
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1852290.html

8日、明石トーカロ球場(兵庫県明石市)であった全国高校野球兵庫大会の開幕試合で、東京五輪のホープ、柔道女子の夙川高2年、阿部詩(うた)が
始球式を務めた。元プロ野球阪神の赤星憲広さんからプレゼントされたグラブをはめて臨んだが、ボールはワンバウンドに。「ボールを投げるのは
(柔道で)人を投げるのとは違う。人の方が全然コントロールできます」と苦笑いだった。
今年2月、ドイツで行われた国際大会を史上最年少の16歳で制し、兄の一二三(日体大、神港学園高出)とともに東京五輪候補として注目を集める。
「気持ち次第で試合は変わる。自分の力を出し切ってほしい」と同世代の球児にエールを送りつつ、「次は甲子園でストライクを投げたいです」と
“再登板”を熱望していた。

元阪神赤星氏からグラブ 阿部詩、始球式は苦笑い
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/koya/news/201707/0010352291.shtml

柔道世界選手権(8月開幕、ブダペスト)の女子52キロ級には角田夏実(24)と志々目愛(23)=ともに了徳寺学園職=が出場する。
同じ所属の選手が同じ階級で世界選手権の日本代表になるのは極めて珍しい。
高校時代から知られていた志々目は立ち技が得意。この1年で急成長した角田は寝技、特に関節技に自信を持つ。来歴もスタイルも対照的で、
普段も「特に話したりはしない」と志々目。「負けん気が強いところは見習いたい」とは角田だ。
了徳寺学園の山田利彦監督(47)は「決勝で戦ってくれれば」。微妙なライバル関係の2人。ブダペストで決勝後に抱き合う場面はみられるだろうか。

【絆トーク】角田夏美と志々目愛、同階級&同所属の2人に大注目
http://www.sanspo.com/sports/news/20170715/jud17071505000001-n1.html

142 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:32:53.98 ID:FzRygsw5

情報共有しま宣言!柔道の世界選手権(8月28日開幕、ブダペスト)男子100キロ超級代表の原沢久喜(日本中央競馬会)ら重量級選手が16日、
フランス・ウルガットでの国際合宿のため羽田空港から出発した。今回の合宿は、世界選手権前で外国人選手と組み合える最後の機会。「外国選手とやる
最後のチャンス。慣れることで技術を高めたい」と意気込みを語った。
中でも乱取り稽古で組んでおきたいのが、同級五輪2連覇中で、原沢自身もリオデジャネイロ五輪の決勝で敗れたテディ・リネール(フランス)だ。
先月行われた東京での国際合宿でリネールが来日した際は「1日1回、計5、6回はやった」というが、相手は五輪後の長期休養明けで「スタミナも
体のキレもなかった」という。今回参加してこれば、より“実戦モード”に近いリネールの胸を借りられることになる。「できるなら何回もやって、癖とかを
見つけたい」と情報収集に着手する考えを示した。
ただ、原沢がリネールと同等のライバル心を燃やしたのが、世界選手権で同じ階級のもう1人の代表、王子谷剛志(旭化成)だった。原沢と同便で出発した
男子日本代表の井上康生監督が「われわれには超えなければいけない山がある」と2度繰り返したほど、打倒リネールは日本柔道界の悲願。男子最重量級の
2枚看板が共闘すれば悲願は近づくはずだが、“我こそ先に倒す”という意地がある。
今回の合宿に遅れて参加する王子谷との関係を問われた原沢は「(乱取りを)やる、ということはない。(リネールの)情報共有するかと言われれば、
微妙ですけど…」と歯切れ悪し。王子谷が情報共有を求めてきた場合も「それはもちろん(共有)しますけど、うそ情報を教えるかも知れません」と
本気とも冗談ともつかない答え。リネールを最初に倒した男が、20年東京五輪選考レースを制す――。いつも通りの落ち着いた口ぶりに強い闘争心を秘め、
ライバルが待ち受ける彼の地へと旅立った。

原沢、王子谷と情報共有NO「うそ情報教えるかもしれない」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/17/kiji/20170717s00006000055000c.html

柔道男子の日本代表が16日、フランスで行われる国際合宿に向けた出発前に羽田空港で取材に応じた。男子100キロ超級で世界大会9連覇中のテディ・リネール
(フランス)が参加する可能性が高く、リオ五輪決勝の雪辱に燃える原沢久喜(日本中央競馬会)は「何回もやって相手の技術を引き出し、研究材料を持って帰りたい」と
闘志を燃やした。
これが世界選手権(8~9月、ブダペスト)前に海外勢と手を合わせる最後の機会。井上康生監督は「我々には超えなければいけない山(リネール)がいる。
あえて相手の陣地に乗り込むのも手」と絶対王者攻略に気炎を上げた。

柔道・原沢、王者リネール攻略へ気合 仏で国際合宿“研究材料”持って帰る
https://www.daily.co.jp/general/2017/07/17/0010377669.shtml

柔道世界選手権(8~9月、ハンガリー)男子100キロ超級代表の原沢久喜(25=日本中央競馬会)が16日フランス・ウルガット国際合宿のため、羽
田空港から出発した。
合宿にはリオ五輪金メダルのテディ・リネール(28=フランス)も参加する見込み。世界選手権でリオ五輪決勝のリベンジを狙う原沢は「できるなら何回も
(乱取りを)やって、相手のクセとかつかんで帰ってきたい。どれだけ研究材料として持って帰れるか」と意気込んだ。
リネールとは6月に都内で行われた合宿でも5~6回、稽古でぶつかった。「リネール選手も100%の状態ではなかった」と万全ではなかったが、
攻略に向けての糸口をつかんだ。「なんとなく、こうするとこうやってくるとかイメージは湧いている。より体に染み込ませたい」。敵地でリネール対策を
完成させる計画だ。
全日本男子の井上康生監督(39)は「必ず世界選手権で大きな壁を乗り越えられるようにしたい」と期待を膨らませる。原沢は絶対王者の牙城にどこまで迫れるか。

原沢久喜“打倒リネール”胸にフランス・ウルガット合宿へ出発
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/709838/

143 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:33:40.92 ID:FzRygsw5

柔道世界選手権(8月28日開幕、ハンガリー・ブダペスト)女子52キロ級代表の角田夏実、志々目愛(ともに了徳寺学園職)が17日、
「スーパーレディースデー」として開催されたロッテ対オリックス(ZOZOマリン)開始前に特別設置された資生堂ブースを訪問。
勝利の女神メーク「マリーンズメーキャップ」を行った。
アイライナーで目の上にMマークを描く特別メークで、角田は「斬新でかわいいなあと思いました。来月の大会では自分の持てる力を出して頑張りたいです」と
コメント。志々目は「メークはあまりすることがないので楽しかったです。大会は初出場なので挑戦者の気持ちで頑張りたいです」と話した。

角田&志々目、勝利の女神メークに挑戦 「斬新でかわいいなあと思いました」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170717/jud17071716360001-n1.html

柔道の女子選手が始球式に登場する。了徳寺学園柔道部所属の角田夏実選手(52キロ級)と志々目愛選手(52キロ級)で、8月28日より、
ハンガリーのブダペストで開催される世界柔道選手権大会の日本代表に選ばれている。
この日は女性ファン向けのファンサービスを行う「スーパーレディースデー」。特別設置された資生堂ブースを、角田、志々目両選手も訪れた。
勝利の女神メーク「マリーンズメーキャップ」に挑戦。アイライナーで目の上にMマークを描いた。
角田は「斬新でかわいいなあと思いました。来月の大会では自分の持てる力を出して頑張りたいです」とコメント。
志々目も「メークはあまりすることがないので楽しかったです。大会は初出場なので挑戦者の気持ちで頑張りたいです」と喜んでいた。

柔道の角田夏実&志々目愛 ロッテ勝利の女神メーク
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1857242.html

柔道の世界選手権(8~9月、ブダペスト)女子52キロ級代表の角田夏実(24)が17日、ロッテ-オリックス戦(ZOZOマリン)で始球式を務めた。
柔道着に素足で登場。球技音痴であるがワンバウンド投球を披露し「ストライクコースだったので80点」と満足げに語った。千葉県八千代市出身で
2万人超のロッテファンには「千葉県出身です。千葉出身の方応援よろしくお願いします!! このチャンスを必ずものにします」と呼びかけた。
同選手権52キロ級代表の志々目愛(23=ともに了徳寺学園職)は球審役を務めた。

角田夏美が始球式「ストライクだったので80点」 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1857555.html

絶叫マシーンで度胸鍛錬?!警備会社のALSOKは18日、東京都内で世界選手権に出場する所属選手の記者会見と壮行会を開き、
柔道女子78キロ級の梅木真美、レスリング・フリースタイル男子74キロ級の高谷惣亮らが出席した。
世界選手権で初出場初優勝した15年に続く2連覇を目指す梅木は「(調整は)順調です。リオデジャネイロ五輪で1回戦負けし、ゼロ
スタートでやってきた。もちろん目指すは優勝です」と20年東京五輪へ再スタートとなる大会への意気込みを語った。
今年4月に入社し、ALSOK所属選手としては初の国際大会出場となる。「入社して良かったこと」と問われると、思案した上で返したのは
「ラクーアのチケットをもらえたこと」と意外な回答。同社が東京ドーム横にあるアミューズメント施設の警備を担当している関係でチケット
をもらったといい、「それでジェットコースターに乗りました。好きなんです」とまたまた意外な回答をしてみせた。
大分県出身で、大学は岡山県にある環太平洋大に進んだ梅木にとって、東京生活は初体験。先日には念願だった富士急ハイランドにも
遊びに行き、リニューアル後にトラブルで営業停止となる前の「ドドンパ」を含む絶叫マシーンを制覇したという。練習が多忙で、
遊園地巡りはできていないようだが、「高いところも平気ですね」とニヤリ。2度目の世界選手権でも絶叫マシーンで鍛え上げた度胸を武器に、
表彰台の頂点を目指す。

世界選手権V2へ 梅木真美 絶叫マシーンで度胸鍛錬?!
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/18/kiji/20170718s00006000291000c.html

144 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:34:16.74 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(8~9月、ブダペスト)女子78キロ級代表の梅木真美(22)が、同じ所属のリオ五輪女子70キロ級金メダルの田知本遥の
教えを胸に2連覇を目指す。
18日、都内で行われたALSOK主催の世界選手権壮行会に出席。リオ五輪後、田知本から「ロンドン五輪の負けがあって金メダルが取れた」との
言葉をもらった。リオ五輪初戦敗退で不完全燃焼に終わった梅木は「腐ってはダメ。世界選手権では田知本先輩のように攻めの柔道で
金メダルを必ず取る」と宣言。柔道の中矢力ら5人の同社所属選手も出席した。

梅木真美が田知本遥の教え胸に連覇目標「腐らない」 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1858083.html

ブダペスト(ハンガリー)で行われる柔道の世界選手権に日本代表として出場する旭化成柔道部の3選手が18日、延岡市役所を訪れた。
首藤正治市長と面会し、活躍を誓った。
3選手は昨夏のリオデジャネイロ五輪81キロ級で銅メダルを獲得した、永瀬貴規選手(23)と、同五輪100キロ級銅メダリストの羽賀龍之介選手(26)、
世界選手権初出場となる100キロ超級の王子谷剛志選手(25)。
中村兼三監督はリオ五輪後、初めての世界選手権を「3年後の東京五輪を占う意味でも非常に重要な大会」と説明。「3人とも金メダルを獲得する
好機はある」と期待した。
永瀬選手は「いかにして最高のコンディションで臨むかが課題。初戦から100%の力を出せる準備をしていきたい」、羽賀選手は「内股を軸に
勝負して連覇を達成したい」と語った。王子谷選手は「フレッシュな気持ちで戦う。攻めていく柔道を見てほしい」と意気込んでいた。
7月31日~8月4日には延岡市内で全日本代表合宿が行われる。首藤市長は「国民の期待に応える重圧もあると思うが、理想の結果を手に
延岡に戻ってきてほしい」とエールを送った。

柔道3選手活躍誓う 世界選手権代表 延岡市長訪問
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/news/20170718-OYTNT50386.html

100キロ超級代表の王子谷(おうじたに)剛志(25=旭化成)がフランスで減量に励むことを決意した。
19日、フランスでの国際合宿に向けて成田空港を出発。186センチの「柔道界のくまモン」は髪の毛も伸び、ややふっくらした表情で空港に現れた。
宮崎県内での稽古の際に食べ過ぎて体重が148キロになったという。世界選手権までの残り約1カ月でベストの142キロまで戻すために「フランスで
少し痩せてこようと思います。『あまり合う食べ物がない』と聞いているので大丈夫です」と減量に自信をのぞかせた。先陣で現地入りした代表選手から
日本食の買い出しの依頼もあり、大量の米なども購入したという。
ゲーム好きでもあり、長時間のフライトでは「桃鉄(桃太郎電鉄)を制覇しようと思う。50年か100年ぐらいかな」と、独自のリラックス方法も明かした
 今月上旬のグランプリ・フフホト大会(中国)は腰部筋損傷のため欠場した。世界選手権代表が決まってから国際大会を経験せずに臨むことになる。
「腰は完治したし、不安はない。順調です。リネール選手含めて組み手の部分を実戦で試したい」。
男子100キロ級代表の羽賀龍之介(26)も同便で出発し「ここからは情報戦。強豪選手がどういう状態かをしっかりと確認したい」と2連覇に向けて
気合を入れた。

王子谷がフランスで減量へ 合宿で太り148キロ - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1858273.html

王子谷剛志(旭化成)が19日、フランスでの国際合宿に向け成田空港を出発し、「課題の組み手に取り組んできた。
実戦で試したい」と狙いを語った。
4月の全日本選手権を制し、日本の最重量級の看板を背負う。世界選手権7連覇のテディ・リネール(フランス)の
情報収集にも「短い時間だが、やっていきたい」と意欲を示した。
同じ所属でリオデジャネイロ五輪男子100キロ級銅メダルの羽賀龍之介も出発し「ここからは情報戦。強豪選手の状態を
確認したい」と2連覇を目指す約1カ月後の舞台を見据えた。

【柔道】王子谷剛志「組み手試す」、フランス合宿へ出発 最重量級のライバル、リネールの情報収集も
http://www.sankei.com/sports/news/170719/spo1707190023-n1.html

145 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:34:53.66 ID:FzRygsw5

王子谷剛志(25)=旭化成=が19日、フランスでの減量を決意した。同地で行われる国際合宿に向け、男子100キロ級代表の羽賀龍之介(26)=
旭化成=と成田空港から出発。腰部筋損傷でグランプリ・フフホト大会(6月30日~7月2日・中国)を欠場しただけに「課題の組み手をやってきたので、
それを実戦で試す場」と意気込んだ。
もう一つの狙いもある。稽古などで18日まで宮崎に滞在した際「少し食べ過ぎちゃった」と体重が148キロまで増えたことを告白。先に現地に入った
選手らから「合う食事が少ない」と情報を得ており、「そこで痩せてこようかなと思います」とベスト体重の142キロに近付ける考えだ。

100キロ超級代表・王子谷、「食べ過ぎた」で減量調整
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170720-OHT1T50042.html

王子谷剛志(25)、同100キロ級代表の羽賀龍之介(26)=ともに旭化成=が19日、成田空港からフランス・ウルガットでの国際合宿に向けて出発した。
今合宿は100キロ超級で世界選手権7連覇のテディ・リネール(フランス)ら重量級の選手が多く参加するとみられる。腰部筋損傷でグランプリ・フフホト
大会(6月30日~7月2日・中国)を欠場した王子谷は「課題の組み手をやってきたので、それを実戦で試す場。(リネール対策は)短い時間ですけど、
徹底してやっていきたい」。同大会で優勝した羽賀は「これからは情報戦。対戦するであろう強豪選手がどういう状態か、自分がどれぐらいできるか
確認しながらの合宿になる」と狙いを語った。
同じ所属の2人だが、長時間のフライトとなる機内での過ごし方は対照的だ。「実況パワフルプロ野球」などゲーム好きの王子谷は「桃鉄(桃太郎電鉄)を
持って来てるので、制覇したい。50年、100年やろうかな」。羽賀は、全日本男子の井上康生監督(39)から勧められたトップテニスプレーヤーの
著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を持参。「あとはiPhoneに電子書籍何冊かを入れてきました」と読書にあてる考えだ。

【柔道】王子谷&羽賀が国際合宿に向け出発…それぞれの機内の過ごし方とは
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170719-OHT1T50125.html

柔道のアジアジュニア選手権が15、16日にキルギスで行われ、女子52キロ級で新田高3年の児玉風香が優勝した。
児玉は3月の全国高校選抜大会で準優勝。全日本柔道連盟のジュニア強化選手に指定され、初めての国際大会出場で優勝をつかんだ。
【自分の柔道できた】
新田高・児玉選手(初の国際大会で優勝)「力の強い外国人選手にも自分の柔道ができて自信になった。得意の寝技で決めきれない場面があり、
また奥襟を取ってくる選手への対応が課題。インターハイまでに克服したい」

柔道アジアジュニア選手権、児玉(新田高)V
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201707208285

80 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2017/07/21(金) 18:09:33.77 ID:3t0Sq/iB
リオデジャネイロ五輪は圧巻だった。柔道男子73キロ級の大野将平(25)=旭化成=は5試合中、決勝を含む4試合で一本勝ち。
正統派の攻撃柔道で金メダルに輝いた。栄冠を勝ち取った瞬間も感情を抑え、きれいに礼をして畳を下りた姿も称賛された。
そこまでの道は平たんではなかった。少年時代に柔道の私塾、講道学舎に入門した当初は芽が出るまでに時間がかかった。
初優勝した2013年世界選手権の直後には、当時主将を務めていた天理大の部内暴力が発覚。自身も処分を受け、どん底を見た。
だが、逆境に何度立っても、自分に妥協せず強くなろうとする姿勢は貫いた。それは金メダリストになっても変わらない。頂点に立ってなお、
「これからだぞ」と言い聞かせた。
今春、体重無差別で争う伝統の全日本選手権に3年ぶりに挑戦した。「階級という小さな枠組みだけにとらわれたくない」との思いからだった。
重量級の猛者との試合はけがの危険も伴うが、「体が壊れてもいいという覚悟があれば、やれる」と信じた。
4月29日の本番。初戦で本来は100キロ級の選手に善戦したが、延長戦の末に一本負けした。健闘をねぎらう拍手が送られても、「悔しい」。
勝負に対する思いが短い言葉に凝縮した。
在学する天理大大学院の論文執筆を理由に今年の世界選手権(8月28日開幕、ブダペスト)代表入りは目指さなかったが、視線は先にある。
理想の柔道家像は「最強で最高、シンボルみたいな選手」。高い目標を追い掛ける過程に、3年後の五輪連覇もあると確信している。

柔道・大野、理想追い続ける王者 「最強」への渇望
http://www.jiji.com/jc/v2?id=201707tolypre3s_02

146 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:36:27.03 ID:FzRygsw5

平成29(2017)年度金鷲旗高校柔道大会は21日、福岡市博多区のマリンメッセ福岡での男女合同開会式で開幕した。抜き勝負の団体戦で頂点を
目指す伝統の大会には、海外勢5チームを含む男子322、女子168チームがエントリー。「2020年東京五輪の星」も出場し、女子では今春の
全日本選抜体重別選手権78キロ超級を高校生で制した南筑(福岡)の素根輝(2年)とシニアの国際大会でも活躍する夙川学院(兵庫)の阿部詩(2年)が、
決勝での対戦を誓い合った。開会式では、男子で3連覇を目指す国士舘(東京)の長島光希主将(3年)が「正々堂々、闘うことを誓います」と選手宣誓した。
女子は23日、男子は24日に決勝が行われる。
小学時代は完敗
東京五輪での活躍が期待される100キロの素根と52キロの阿部。体重差が48キロもあって普段は対戦しない2人が、体重無差別の今大会での対決を熱望した。
「自分は(素根)輝と闘うのが目標。どうにかして彼女を止める」と阿部が先制“口”撃。素根も「決勝で闘いたい」とライバル視しながら、握手を交わした。
2人は小学4~6年時に北九州市内で開かれた体重無差別の大会で闘ったことがあり、全て素根が勝利した。阿部は「輝は安定感がありすぎる」と脱帽するが、
春の全国選手権を制した夙川学院の一員として今回は負けられない。4月の全日本選抜体重別選手権52キロ級準決勝で敗れて世界選手権(8~9月・ブダペスト)
出場を逃してからは、確実に一本を取るために組み手を磨いた。垣田恵佑監督は「重量級相手でも苦にしない」と期待。補欠登録の阿部を要所で投入する予定だ。
一方の素根には世界選手権の団体戦メンバーに選ばれた自負がある。「阿部さんは技が豪快で、勝負への気持ちも強い」と警戒しつつも「高校生には負けられない。
目の前の相手を一人一人倒すだけ」と悠然と構えた。
2人は全日本柔道連盟が派遣した今月初めのスペイン合宿に参加。合宿期間中に金鷲旗の話題が出ると、阿部は「最初の1分ぐらいは(自分の組み手で)
持たせてよ」とねだったが、素根はスルーしたという。ともにチームは優勝候補。遠い欧州の地から“前哨戦”を続ける2人が、決勝の畳の上で決着をつける。

東京五輪ホープが夢の対決誓う 南筑・素根、夙川学院・阿部詩
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/kin2017_news/article/344973/

柔道の金鷲旗高校大会第2日は23日、福岡市のマリンメッセ福岡で行われ、女子は南筑(福岡)が決勝で3月の全国高校選手権覇者の
夙川学院(兵庫)を破って初優勝を果たした。
南筑は大将で世界選手権(8~9月・ブダペスト)団体戦メンバーの素根が、決勝では初めての5人抜きで逆転した。3連覇を狙った敬愛(福岡)と
大成(愛知)が3位だった。

女子は南筑が金鷲旗で初優勝!全国覇者の夙川学院を破る/柔道 
http://www.sanspo.com/sports/news/20170723/jud17072316360002-n1.html

南筑の素根が男女を通じて決勝初の5人抜きを達成した。夙川学院の52キロ級のホープ、阿部に4人抜きをされ、背水の陣で畳へ向かった。
「何人来ても全員抜いてやる」と圧巻の全員一本勝ち。「絶対に負けたくないという気持ちが結果につながった」と笑顔で語った。
回戦まで大将の出番がなく「先輩と同級生が頑張ってくれて、楽にできた」と感謝。8月に全国高校総体を控え「団体2冠、個人優勝を確実にしたい」と意気込んだ。

南筑の素根、圧巻の決勝5人抜き「気持ちが結果につながった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170723/jud17072318100004-n1.html

147 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:38:11.42 ID:FzRygsw5

sat

148 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:38:32.64 ID:FzRygsw5

nnn

149 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:39:03.46 ID:FzRygsw5

12年ロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダルの松本薫(29)=ベネシード=が23日、都内で行われた「第69回毎日書道展」の表彰式に出席した。
今月、第一子となる女児を出産したことを発表してから初めて公の場に現れ、「びっくりするほど自分の子供はかわいい」と柔らかな表情で話した。
出産日は公表していないものの、母子ともに健康だという。「生まれた瞬間はまだ母性がなくて、『なんか出てきた』と思った」。体重2900グラムの
元気な女の子で、「世話をするうちにかわいくなってくる。私はもともと母性はなかったけど、自分の子供は何をしていてもかわいい。泣いていても
『泣いとるか~』って」。母としての顔をのぞかせ、「わからないことだらけだけど、子供と向き合えるお母さんになりたい」と話した。
書道の作品は、2月に書道家の先生の指導を受けながら漢字一字で「歩」と力強く書き、佳作賞を受賞した。「(当時)妊娠していたので、一緒に頑張って
いこうという気持ちで書いた」。今後も書道を続ける方針を示し、「柔道も書道も“道”を極めて、仙人になりたい」と珍宣言。育児をしながら、
すでにトレーニングを開始しており、“ママでも野獣”として来夏の全日本実業団個人選手権での復帰を目指す。

ママでも野獣な松本薫、わが子に「びっくりするほどかわいい」
https://www.daily.co.jp/general/2017/07/23/0010397667.shtml

第1子出産を13日に発表した後初めて報道陣の取材に応じ「既にトレーニングを始めている。(20年)東京五輪では金メダルを取る」と復帰への強い思いを語った。
全国紙主催の書道展で佳作賞を受賞した松本はこの日、東京都内での表彰式に出席。2900グラムで誕生した長女について「びっくりするくらいかわいい」と
目尻を下げて語った。
出産日は非公表だが産後1カ月で体を動かし始め、現在は育児と並行しながら味の素ナショナルトレーニングセンターや母校の帝京大に通い、体力を
少しずつ戻しているという。闘志むき出しのスタイルで「野獣」の異名を取る松本は母になっても「畳の上では『野獣』でいないと勝てない」と闘争心をのぞかせた。

松本薫、出産後トレーニング再開「東京五輪で金取る」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170723/jud17072316570003-n1.html

初出展で佳作賞を受賞した柔道女子57キロ級で12年ロンドン五輪金メダル、
16年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した松本薫(29=ベネシード)が出席した。
今月13日に第1子となる女児を出産したことを発表した松本が公の場に姿を現すのは、昨年11月の結婚発表会見以来、約8カ月ぶり。表彰式では
佳作賞大字書部の受賞者を代表し、毎日新聞グループHDの朝比奈豊社長から表彰状を授与され、「私自身も(受賞は)びっくり。柔道以外で賞を取ったことが
なかったので、びっくりしています」と話した。
勢いのある書体で「歩」の一字をしたためたのは、まだ妊娠中だった今年2月。「子どもと一緒に頑張ろうという気持ちで書いた」という。日々忙しく子育てに励んでいる
様子で「元々母性がない。全ての赤ちゃんを見てかわいいと思えるタイプではないが、自分の子は泣いていてもかわいいです」と溺愛ぶりを披露した。
昨年の結婚発表会見当時から20年東京五輪を目指すことを公言しているが、あす24日で開幕3年前となる目標に向けて改めて「20年に代表になって、金メダルを
獲りたい」と宣言した。出産1カ月経過後からは、実戦復帰に向けてトレーニングも再開。現在は週2日、東京都北区の味の素ナショナルトレセンに通い、柔道の稽古も
週1、2回のペースで行っているという。「確実に出るのは来年(夏頃予定の)の全日本実業団個人」と復帰のめども示した。

松本薫 毎日書道展 初出展で佳作賞 表彰式出席 第1子出産後初の公の場「びっくり」
http://m.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/23/kiji/20170723s00006000294000c.html

原沢久喜(日本中央競馬会)は「試合のイメージが湧いてきた。後はどれだけ細部を詰められるか」と収穫を語った。
最重量級で五輪2連覇、世界選手権7連覇中のテディ・リネール(フランス)と6本の乱取りをこなしたという。「組み手を切ってくることが多い。
少ないチャンスをいかにものにするか」と攻略の鍵を口にした。
同じく100キロ超級代表、王子谷剛志(旭化成)もリネールと胸を合わせ、相手の攻め方を研究したそうで「今回感じたことを残りの稽古で生かしたい」と
口元を引き締めた。

原沢、フランス合宿から帰国 世界選手権へ収穫/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170723/jud17072322030006-n1.html

150 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:40:34.25 ID:FzRygsw5

nn

151 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:40:58.94 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(8~9月、ブダペスト)男子100キロ超級代表の王子谷剛志(25=旭化成)が公言通り減量に成功した。
23日、フランス合宿から羽田空港に帰国。19日の出国時は肉を食べ過ぎてベスト体重より6キロ重い148キロだったが、減量宣言して4キロ減の144キロで
戻ってきた。「食事が合わず、フランスパンが嫌いになりました。減量は順調で、早く牛カツを食べたいです」と笑顔で語った。合宿では世界選手権同階級7連覇中の
リネールとも3本乱取りをして、初の大舞台に向けて順調な調整ぶりを明かした。

王子谷剛士が4キロ減量成功「早く牛カツ食べたい」 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1860802.html

12年ロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダリストの松本薫(29=ベネシード)が23日、第1子出産を13日に発表した後初めて報道陣の取材に応じ「トレーニングを
始めている。(20年)東京五輪では金メダルを取る」と復帰への思いを語った。
全国紙主催の書道展で佳作賞を受賞した松本は、東京都内での表彰式に出席。2900グラムで誕生した長女について「びっくりするくらいかわいい」と目尻を下げた。

ママになった松本薫がトレーニング再開「東京で金」 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1860795.html

大将素根輝(あきら)選手(2年)の勝利への執念が、南筑(福岡)女子に初の大旗をもたらした。23日の金鷲旗高校柔道大会の決勝で、4人を抜かれて訪れた出番。
強豪相手に引き分けも許されない状況で、見事に決勝で初となる5人抜きの奇跡を起こした。全国屈指の有名校からの誘いを断って地元公立校を選び、
兄とトレーニングを積んできた。スタンドに駆け付けた家族も涙で「万歳」を繰り返した。
今春の全日本選抜体重別選手権78キロ超級を制した実力者。だが、金鷲旗決勝で出番が回ってきたとき、会場は「勝負あった」のムードだった。そこから先鋒、
次鋒をなぎ倒し、会場の雰囲気は一変。最後は「まさか」を実現した。「いろんな方のおかげです」。目に涙がにじんだ。
父親が柔道経験者で、小学時代から兄の勝さん(21)らと自宅のトレーニングルームで鍛錬を積んだ。兄が腕立て伏せを100回やれば、それをまね、兄が回数を
増やせば、ついていった。兄を追って進学した南筑では大きくて強い練習相手がおらず、医療専門学校生となった勝さんと週4回、学校のほかトレーニングルームで
稽古を重ねた。
「努力の天才」であることを証明したのも決勝戦。払い巻き込み、小外刈り、上四方固めなど、5勝すべての決まり技が違った。田主丸中時代に3年間指導した同中
柔道部の黒岩浩隆監督(54)などによると、身長162センチの輝選手は78キロ超級では小柄。体格差を克服するため、指導を受けながら技の入り方などを磨き、
多彩な技を体得していったという。
会場で試合を見守った勝さんは優勝が決まると「大会場の真ん中で活躍した妹を誇りに思う」と拍手。母美香さん(50)も「努力を間近に見てきたのでうれしい」と
喜びをかみしめた。
南筑男子で1964、65年に金鷲旗を連覇したメンバーで、東京から駆け付けた池田悦雄さん(69)は「胸が熱くなった。今度ぴかぴかの金鷲旗を母校に見に行きたい」と
感慨深そうに話した。

最後は「まさか」を実現 奇跡の5人抜き 初優勝の南筑、金鷲旗高校柔道大会女子
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00010000-nishinpc-soci

柔道の金鷲旗高校大会最終日は24日、福岡市のマリンメッセ福岡で行われ、男子は桐蔭学園が東海大相模との神奈川勢対決となった決勝を制し、
12年ぶり2度目の優勝を果たした。3月の全国高校選手権覇者の桐蔭学園は大将の関根が相手の副将、大将を連破した。
長崎日大、延岡学園(宮崎)が3位だった。3連覇を狙った国士舘(東京)は6回戦で敗れた。

桐蔭学園、神奈川対決制して12年ぶり金鷲旗を制覇!/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170724/jud17072416190001-n1.html

男子決勝は接戦となったが、桐蔭学園が関根主将の2人抜きで高校2冠を決めた。
東海大相模の副将を得意の一本背負い投げで倒すと、大将戦は大内刈りで技ありを奪い優勢勝ち。「持ち味の攻める柔道ができて良かった」と満足げに語った。
大会前に高松監督に「おまえにつながれば勝てる」と言われ、見事に期待に応えた。3冠が懸かる8月の全国高校総体へ、関根は「優勝なんて確定されていない。
勝つまで気は抜けない」と表情を引き締めた。

桐蔭学園・関根主将、攻めて高校2冠決めた!/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170724/jud17072416350002-n1.html

152 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:42:18.57 ID:FzRygsw5

阿部一二三(日体大)は「一本を取る柔道で絶対に金メダルを取って帰る」と決意を語った。
近藤亜美(三井住友海上)は、個人戦で3度目の出場。2014年大会以来の
世界一に向け「今までの経験をしっかり生かす」と意気込んだ。
大会には混合団体のメンバーも含め、男女23人が臨む。全日本柔道連盟の山下泰裕会長は「最後まで安心することなく、諦めることなく、
持てる力を全て出し尽くしてほしい」と激励した。

阿部一二三「絶対金を」=世界柔道壮行式
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072601172

2020年東京五輪へ向けて調子を上げつつある柔道。全日本柔道連盟(全柔連)の
山下泰裕会長(60)は、「日の丸を胸に、真っ向から正々堂々と闘う姿は、日本国民の多くに夢や感動、希望を伝えてくれると思う」と期待を示し、
「最後まで安心することなく、あきらめることなく、持てる力をすべて出してほしい」と激励した
あいさつに立った男子の井上康生監督(39)は「代表の誇りと自覚を胸に、全身全霊をかけて闘う」と誓い、女子の増地克之監督(46)も「選手、コーチ、
スタッフ一丸となって全力で戦う」と約束した。「多くの人からたくさんの応援をもらい、しっかり頑張らないといけないと思った」とは男子66キロ級の
阿部一二三(19)=日体大。初の世界舞台だが「一本を取りきる柔道で、絶対に金メダルを持ち帰る」と力を込めた。

阿部、初の世界選手権で「絶対に金メダルを持ち帰る」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170726/jud17072619090001-n1.html

平成29(2017)年度金鷲旗高校柔道大会第3日の23日、女子の5回戦から決勝までを行い、昨年3位で初めて決勝に進んだ南筑(福岡)が今春の
全国選手権優勝の夙川学院(兵庫)を破って初優勝を飾った。
南筑は夙川学院の先鋒阿部詩(うた)=2年=に副将まで4人を抜かれたが、今春の全日本選抜体重別選手権78キロ超級を制した大将の
素根輝(あきら)=2年=が5人に全て一本勝ちする逆転劇を見せた。決勝での5人抜きは、1916年の第1回から100年を超える大会史の中で
男女を通して初めての快挙となった。3位は3連覇を狙った敬愛(福岡)と昨年まで2年連続準優勝だった大成(愛知)。広陵(広島)がノーシードから
唯一8強入りを果たした。優秀選手には素根、阿部ら10人が選ばれた。女子の大会を通じて3人が10人抜き、24人が5人抜きを達成した。
名前通りの輝かしい伝説が生まれた。創設100年を超える大会で男女通じて初の決勝5人抜き。全国選手権女王を1人で倒し、南筑の素根輝は
右拳を挙げた。「集中していて、5人抜いたことに気付かなかった。きつい場面もあったけど優勝したかった」。仲間と抱き合った素根の目からは涙があふれ出た。
5回戦と準々決勝で大将同士の闘いを制し、準決勝で4人抜き。疲れが蓄積する中、決勝で夙川学院の阿部に引っ張り出された。互いに東京五輪を
目指し、開会式で直接対決を誓い合った仲。「やっぱりきたか」。スイッチが入った。
48キロ差の阿部を足技で崩し、横四方固めで一本勝ち。約30秒で仕留めると、相手次鋒も寝技で倒した。「チームのために絶対に負けたくない思いが
足を動かした」と体重100キロとは思えない俊敏さで圧倒。常に先に仕掛け、中堅に大内刈り、副将には小外刈り。最後は払い巻き込みでオール一本勝ち
を成し遂げた。
金鷲旗初挑戦の昨年は4回戦から登場、通算11戦目だった敬愛との準決勝で相手中堅に敗れた。気持ちが折れた自分を許せず「納得するまで
練習する」とタイヤ引きや学校近くの山を登るトレーニングなどで体力を強化した。体重100キロの男子部員との乱取りでは、団体戦で相手が
引き分けを狙ってくる状況を想定。児玉久美コーチに「1分以内にポイントを取れ」と命じられ、早く仕掛ける意識を高めた。
組み手や担ぎ技は兄の勝さん(21)と練習。6月の国際合宿では日本女子の増地克之監督に「もっと足技を使え」と指導された。感謝の気持ちを
畳の上で体現し、昨年と同じ11試合で10回一本勝ち。早めに決着をつけ、試練を乗り切った。
世界選手権団体戦代表の超高校級の猛稽古に、仲間も刺激を受けて力をつけた。準々決勝まで素根の出番を2度に抑え、大逆転劇につなげた。
松尾浩一監督に続いて3回胴上げされた素根は「みんなが頑張ってつかんだ優勝。全国総体も勝つ」。男子が4度大旗をつかんだ伝統校で、
女子が輝かしい歴史を刻む。

南筑V オール一本素根輝く 早い仕掛け、相手圧倒
https://www.nishinippon.co.jp/nsp/kin2017_news/article/345316/

153 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:43:00.03 ID:FzRygsw5

小学6年の柔道家が日本代表選手らを驚愕(きょうがく)させた。柔道の世界選手権(8~9月、ブダペスト)日本代表選手団壮行式が26日、
東京・講道館で行われ、石渡壮堅君(春日柔道クラブ)が仰天の激励あいさつをした。
代表全23選手のあいさつ後、石渡くんは自身で考えた文面を気持ちを込めてゆっくりと読んだ。
石渡君 世界柔道選手権は文字通り、柔道世界一を決定する大会であり、兼ねてより、この大会は五輪と同格でIJF(国際柔道連盟)ワールドツアーで
最高峰に位置づけられています。代表選手の皆さんには、精神的、肉体的に長く苦しい道のりがあったのではないかと思います。想像を絶する厳しい
稽古やトレーニングで流した汗、しのぎを削るライバルと競い合う中で流した悔し涙にうれし涙。なにより、自分との戦いや葛藤に、長い日々があったと
思います
代表選手のプレッシャーや気持ちを理解し、小学生とは思えない言葉に選手らも驚きを隠せない様子だった。先月23日に全日本柔道連盟の会長に
就任した山下泰裕氏に関しても触れるなど柔道への熱い思いも語った。1歳半の頃、男子代表の井上康生監督の試合をまとめた映像を毎日見て、
柔道が一番の楽しみになったという。石渡君は最後、こう締めくくった。
石渡君 代表の皆さんには日本代表の誇りを胸に刻み、講道館柔道の精神で、しっかり組んで投げる一本を取る柔道を世界の強豪相手に堂々と
見せつけて欲しいと願っています。これからも柔道への情熱を持って、稽古に励み、みなさんのように世界選手権や五輪に出場出来る選手を目指し、
取り組んでいきたいと思います。憧れる選手のみなさんがブダペストの地で夢と感動を送り届けてくれることを楽しみにしています。
あいさつ後、選手や関係者らから盛大な拍手が送られた。小6の柔道家が代表選手と同じぐらい輝いている2分間だった。

小6柔道家・石渡壮堅君 仰天激励で代表選手驚かす - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1862591.html

全日本柔道連盟(全柔連)は26日、世界選手権(8~9月、ブダペスト)の日本代表壮行式を東京都文京区の講道館で開いた。
男女でただ一人の高校生、女子78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)は混合団体戦の代表。「高校生ではめったにできない経験。前に出る柔道をして、
チームに貢献したい」と世界の大舞台が待ち遠しい様子だった。
4月の全日本選抜体重別選手権で最重量級を初制覇。今月23日の金鷲旗高校大会では決勝で男女を通じて史上初の5人抜きを達成し、
17歳のホープは勢いに乗っている。「しっかり勝って、東京五輪につなげたい」と意欲十分に話した。

唯一の高校生・素根、大舞台へ意欲十分「前に出る柔道を」
http://www.sanspo.com/sports/news/20170726/jud17072620520002-n1.html

アイドルグループ・ももいろクローバーZの約1年ぶりとなる17thシングル「BLAST!」(8月2日発売)のミュージックビデオ(MV)が公開され、
モノノフ(ももクロファン)として知られる柔道の山部佳苗選手らアスリートが出演し、メンバーと対戦していることが明らかになった。
8月5・6日に東京・味の素スタジアムで“ももいろクローバーZとスポーツの融合”をテーマに開催されるライブ『ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -
FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会』の直前に発売されるシングルとあり、MVは架空の“スポーツの祭典”をテーマに制作。
百田夏菜子が柔道、玉井詩織がフェンシング、佐々木彩夏が重量挙げ、有安杏果と高城れにが卓球選手を演じる。
各競技のシーンではアスリートも登場。百田の対戦相手はリオ五輪女子78キロ超級銅メダルの山部選手、佐々木のコーチはロンドン五輪4
8キロ級銀メダル/リオ五輪48キロ級銅メダルの三宅宏実選手、玉井の対戦相手はジュニアワールドカップ個人戦優勝の宮脇花綸選手、
有安杏果&高城れにのコーチはプロフィギュアスケーターの織田信成、対戦相手として工藤二葉選手、中村真優美選手が出演する。

ももクロ、新曲「BLAST!」MVでアスリートと対戦 百田は柔道山部選手と
http://www.oricon.co.jp/news/2094743/full/

154 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:43:36.65 ID:FzRygsw5

東京五輪の新種目となり、柔道世界選手権(8~9月、ハンガリー)で初開催される男女混合団体戦の代表に選ばれた女子78キロ超級の素根輝
(17=福岡・南筑高)は金鷲旗初優勝の経験を武器にする。
23日に行われた夙川学院高との決勝では先鋒の詩に4人抜きされたが、素根が5人抜きで大逆転。1人でも引き分けたらその時点で敗戦が決まる
ギリギリの攻防を制し「技を早く仕掛けたり、しっかり技を決めたりするところは世界選手権で生かしていきたい」と腕をぶした。
詩とは同期とあって普段は仲が良く、合宿でも常に行動をともにしている。「東京五輪は2人で出たい」との夢も持つだけに、3年後につながる大舞台に気合も入る。
父や兄の影響で小1から柔道を始め、翌年から週5回の筋力トレーニングを欠かさない。「重量級に通用する担ぎ技と誰にも負けないパワーをつけたい」と残り
1か月で怪力にますます磨きをかけるつもりだ。

【柔道】78キロ超級素根の怪力の秘密
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/714118/

男子66キロ級で初出場の阿部一二三(19)=日体大=は「一本を取りに行く柔道で絶対に金メダルを獲る」と意気込んだ。
団体戦で争う23日の金鷲旗高校大会決勝で、妹の詩(兵庫・夙川学院高)が4人抜きを達成。「豪快で、一本を獲りにいってた。『お前ヤバいな』って電話した。
自分も負けてられへん」と対抗心を燃やした。8月9日に20歳になる阿部は「成人して初の試合が世界選手権。みんなで楽しく飲みに行ければいい」と
勝利の美酒を誓った。

阿部一二三 妹の詩から刺激 「絶対に金メダルを獲る」
https://www.daily.co.jp/general/2017/07/27/0010407398.shtml

阿部一二三(19)=日体大=が26日、人生初の祝杯に意欲を見せた。都内の講道館で全日本柔道連盟主催の壮行会に出席。初めての大舞台に向け
「早く試合がしたい。目標はオール一本勝ち。しっかり自分の柔道が出せれば、無理なことじゃない」と決意を込めた。
大会前の8月9日には20歳の誕生日を迎える。飲酒も解禁となるが「体のことも考えて我慢して、世界選手権が終わってからみんなで楽しくいけたら」と調整を優先。
23日に行われた5人制団体の金鷲旗高校大会では妹の阿部詩(17)=夙川学院=が決勝で4人抜きの大活躍を見せた。「素直にやばいなと思いました。
自分ももっと頑張らないといけない」とすぐに電話で祝福。世界選手権出場を逃した妹にも刺激され、残り1か月を過ごす。

柔道・阿部一二三、8・28開幕の世界選手権Vで祝杯あげる…来月9日20歳の誕生日
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170727-OHT1T50034.html

男女日本代表の壮行会が26日、都内の講道館で行われた。出場全選手とスタッフが出席し、6月に就任した全日本柔道連盟の山下泰裕会長が「日の丸を胸に
真っ向から正々堂々と戦う姿は、必ず柔道関係者や多くの国民に夢や希望、感動を伝えられる。持てる力の全てを出し尽くして頂きたい」と激励した。
今大会は3年後の東京五輪に向け、初出場の選手たちの戦いぶりにも注目が集まる。男子66キロ級の阿部一二三(19)=日体大=は「自分の一本を取りにいく
柔道をして、絶対に金メダルを取って帰ってきます」と宣言。同100キロ超級の王子谷剛志(25)=旭化成=は「目の前の相手、一戦一戦に集中して、優勝して
おいしいものを食べたい」、女子78キロ超級の朝比奈沙羅(20)=東海大=は「自分らしさをしっかり表現できるように頑張ってきます」と思い思いに抱負を述べた。

阿部一二三「絶対金メダル取って帰ってきます」…柔道世界選手権壮行会
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170726-OHT1T50168.html

155 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:44:32.35 ID:FzRygsw5

satoo

156 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:44:54.84 ID:FzRygsw5

柔道の全日本男子は1日、宮崎県延岡市で行っている強化合宿を公開し、開幕まで1カ月を切った世界選手権(28日~9月3日、ブダペスト)に向け、
乱取りを中心に調整した。
66キロ級で初出場の阿部一二三(日体大)は、昨年のリオデジャネイロ五輪73キロ級を制した大野将平(旭化成)に胸を借りた。何度も大外刈りで
投げられたが、時折笑顔も見せながら立ち向かい「自分はまだまだだと思えるし、すごくプラスになった」と話した。
リオ五輪100キロ級銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)は、得意の内股に切れがあり、順調な調整ぶり。連覇が懸かる世界選手権に向け「徐々に
調子は上がってきている。(リオ五輪のときより)レベルアップしている」と自信を示した。

阿部、五輪金の大野と乱取り=世界選手権へ合宿公開-柔道男子
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080100889

阿部一二三(日体大)がリオデジャネイロ五輪73キロ級金メダルの大野将平(旭化成)と熱のこもった乱取りを行った。
阿部は試合時間より1分長い1本5分間の乱取りを2回、その後の実戦形式の練習でも大野に果敢に挑んだ。
阿部は1階級上の大野に組み手争いで後手に回り、何度も投げられたが、果敢な足技などで前に出る姿勢を見せ続けた。「組む力がすごく強くて、
技にも破壊力がある。自分も気持ちの入り方が違って、プラスになった」と19歳のホープは刺激を受けたようす。
初出場で頂点を狙う世界選手権に向けて「すごくいい調整ができている。絶対優勝してやろうという気持ち」と力を込めた。

世界選手権初出場の阿部一二三、五輪金の大野将平と乱取りで刺激 柔道
http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/170801/spo17080118340061-n1.html

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)男子日本代表が1日、宮崎県延岡市での強化合宿を報道陣に公開し、66キロ級で金メダルが期待される
19歳の阿部一二三(日体大)は「『絶対に優勝する』という気持ちで、いい練習ができている」と順調な仕上がりに自信をうかがわせた。
チームは約2時間、乱取り中心のメニューで汗を流した。阿部は世界選手権出場を見送りながらも練習に参加したリオデジャネイロ五輪73キロ級覇者の
大野将平(旭化成)の胸を借り、何度も畳にたたきつけられた。「吸収するものが多く、刺激になった。まだまだ自分は弱い」と初の大舞台を前に表情
を引き締めた。
7月30日からの強化合宿は4日まで行われ、全国の実業団や大学からも100人以上が参加。代表選手はさまざまなタイプの相手と練習し、
対応力の向上を目指す。

阿部一二三、世界選手権「絶対に優勝」 強化合宿を公開/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170801/jud17080116360001-n1.html

最高の稽古相手に胸を借りた!柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)男子日本代表は1日、宮崎県延岡市で行っている強化合宿を公開し、
66キロ級代表の阿部一二三(日体大=19)が、リオデジャネイロ五輪73キロ級金メダルの大野将平(25=旭化成)と乱取りを行った。
兵庫・神港学園高時代から機会があれば大野の胸を借りており、今回は今年5月以来の“対戦”。昨年12月のグランドスラム東京から3大会連続
優勝中と、同じ階級では敵無し状態の阿部だが、1階級上の五輪王者には苦戦。厳しい組み手争いを強いられ、投げかけても返され、逆に何度も
畳に叩き付けられた。
結局、一度も大野を畳に転がすことができなかったが、「吸収するものが多く、刺激になる。(自分の力は)まだまだだと思う」と話す阿部の表情は
充実感に満たされていた。強さ、美しさ、立ち振る舞いなど、リオ五輪で大野は国内外の柔道家から賞賛を受けている。阿部にとっても特別な存在で、
「気持ちの入り方が(他の選手相手と比べて)違うし、自分に凄くプラスになることがいっぱいある。昔はボコボコにされた。それよりはマシになったかな。
(いつかは)投げたい」と話した。
一方の大野は多くを語らなかったが、「僕が10回投げても1回投げられたら、メディアの皆さんはそこを使うでしょ」と余裕しゃくしゃく。リオ五輪後は
休養を挟み、今年4月には無差別で争われる全日本選手権に出場。今回の世界選手権には出場しないが、目標に掲げる20年東京五輪での2連覇へ
向け、本格的な再始動が近づいていることをうかがわせた。

ホープ阿部VS五輪王者大野!夢の対決が実現「昔はボコボコ それよりはマシになったかな」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/01/kiji/20170801s00006000161000c.html

157 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:45:21.21 ID:FzRygsw5

男子66キロ級の怪物・阿部一二三(19=日体大)は、リオデジャネイロ五輪73キロ級金メダルの大野将平(25=旭化成)と3度にわたり、乱取りを行った。
果敢に先輩の胸を借り「体はすごい調整ができている。一本を取ることを意識して練習できた」と充実の表情をのぞかせた。
66キロ級は大会2日目に行われるため、阿部は「あとの試合や団体戦に向けても流れをつくりたい」と役割を強調。最終戦の男女混合団体戦までを意識し、
代表全体に弾みをつける金メダル獲得を誓った。
全日本男子の井上康生監督(39)は「初日、2日目。ここで結果を出すことはチームの流れを左右する」と期待を寄せた。

66キロ級・阿部一二三 世界選手権に向け充実した調整
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/719478/

警察署などの教室に通う小中学生を対象にした「兵庫県警察少年柔道・剣道大会」が1日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で開催された。国際大会などで活躍する柔道
女子52キロ級の夙川学院高校2年阿部詩選手が特別招待選手として招かれ、子どもたちと稽古をしたり、技を披露したりした。
子どもたちの健全育成を図ろうと、兵庫県警が1988年からほぼ毎年開催。30回目となる今回は、2月にドイツであった国際大会で史上最年少で
優勝するなどし、兄の一二三選手とともに注目を集める阿部選手を招いた。阿部選手は、兵庫署の「兵庫少年こだま会」に所属していたことがあり、
この大会にも出場した経験があるという。
この日は、柔道27チーム、剣道45チームの計約480人が参加。阿部選手は抽選で選ばれた5人の子どもたちと稽古で組み合うなどした後、
大外刈りなど技を披露した。
稽古を受けた小学3年の女児(8)は「技がきれいで、強くて憧れの選手。緊張したけどうれしかった」と興奮気味。阿部選手は「子どもたちには負けることも
たくさん経験しながら、楽しんでほしい」と話した。

子どもたち大興奮 県警少年柔道大会に阿部詩選手
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201708/0010425254.shtml

今月、ハンガリーで行われる柔道の世界選手権を前に、男子の日本代表が宮崎県内で行われている強化合宿を公開し、井上康生監督は
「東京オリンピックに向け、いいスタートダッシュを切りたい」と意気込みを話しました。
柔道の男子の日本代表はハンガリーのブタペストで今月28日から行われる世界選手権を前に、7月30日から宮崎県延岡市で強化合宿に入り、
1日は練習が報道陣に公開されました。
合宿には世界選手権に出場する選手を含む120人余りが参加し、このうち、男子66キロ級の期待の若手で世界選手権は初出場の19歳、
阿部一二三選手はリオデジャネイロオリンピック金メダリストで、階級が1つ上の大野将平選手と組み合い、得意の背負い投げや足技を試していました。
阿部選手は「世界選手権はすべての試合を一本で勝って優勝することを目標に、自分の柔道を世界に見せたい」と話していました。
男子日本代表の井上監督は「すべて選手に目指すは金だと話をしている。2020年の東京オリンピックに向け、世界選手権でいいスタートを切りたい」
と話していました。
全日本柔道連盟は世界選手権では金メダル7個の獲得を目標に、男女の個人戦にそれぞれ9人の代表選手を派遣します。

柔道男子代表 世界選手権を前に宮崎合宿公開
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170801/k10011083301000.html

日本男子の井上康生監督は2020年東京五輪への第一歩となる世界選手権に向け、並々ならぬ決意を示した。
掲げたテーマは「スタートダッシュ」。全階級メダルに輝いた昨夏のリオデジャネイロ五輪の勢いを持続し「柔道界全体が『よし!』という気持ちになれる
ようにしたい」と構想を描いている。
経験豊富なリオ五輪代表組や66キロ級の阿部らフレッシュな初代表組が切磋琢磨(せっさたくま)し、チームには活気がある。一方で指揮官は
「勝負の世界は甘くない」と繰り返し、「絶対に楽観的になるな」と選手に説いたという。「20年への始まりにすぎない。一日一日を大事にしたい」と
足元を見つめた。

柔道男子、世界選手権テーマはスタートダッシュ - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1865517.html

158 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:46:12.63 ID:FzRygsw5

sa

159 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:46:49.46 ID:FzRygsw5

toai

160 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:47:24.94 ID:FzRygsw5

nn

161 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:47:47.52 ID:FzRygsw5

日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化常任委員会が1日、東京都内で開かれ、JOC理事のみで構成してきた常任委員に、柔道男子日本代表の井上康生監督らを加えることを決めた。
理事以外からの起用は現場の声を強化策により反映させる狙いがある。
日本体操協会の水鳥寿思男子強化本部長、全日本スキー連盟の皆川賢太郎競技本部長も入る。理事会で正式に承認される。
この日は山下泰裕氏が選手強化本部長に就任後初の強化関係会議。常任委に続いて行われた本部会で「2020年東京大会は4年に1回ではなく、
50、60年に1回の地元開催の五輪。腹をくくって責任を全うしたい」と決意を述べた。

強化常任委に柔道の井上康生監督ら JOC、現場の声反映で
http://www.sanspo.com/sports/news/20170801/oly17080119190004-n1.html

王子谷剛志(25=旭化成)が1日、宮崎県延岡市での強化合宿で悩みを打ち明けた。
報道陣への公開稽古前、地元企業などから宮崎県産の地頭鶏20キロや豚肉25キロが男子代表に贈呈された。稽古後、王子谷は「延岡は
おいしいものがたくさんあって大変です。大好きな肉が本当にうまいし、最高の街です」と満面の笑みを見せた。
先月、食べ過ぎで体重が148キロまで増量して「減量宣言」した。フランス合宿では外国人選手との激しい稽古と食事が合わず4キロの減量に成功。
散髪もしてこの日もスッキリした表情を見せていた。「超級」のため体重制限はないが、残り1カ月でベストの142キロまで落とす予定で「食べ過ぎに
注意しないと…。ほどほどに出来たらします」と苦笑いしていた。
延岡市生まれの100キロ級代表の羽賀龍之介(26)は「ホームだし、充実した稽古が出来た。延岡合宿は毎年、たくさんの差し入れを頂き、楽しみです。
ありがたいです」と感謝していた。
代表合宿には全国の実業団や大学からも100人以上が参加し、代表選手は対応力向上を目的にさまざまな選手と乱取りをした。リオデジャネイロ五輪
73キロ級金メダルの大野将平や同66キロ級銅メダルの海老沼匡らも参加し、ともに汗を流した。

柔道王子谷に難敵?減量宣言も好物肉45キロの誘惑 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1865547.html

2012年ロンドン五輪銀メダルで73キロ級の中矢力(ALSOK)は、20年東京五輪での採用に伴い初めて実施される混合団体にメンバー入り。
「置かれた立場を理解し、チームを世界一に導きたい」と28歳のベテランらしく責任感をにじませた。
世界選手権で優勝2度の実績を持つが、昨夏のリオデジャネイロ五輪に続き、今回も個人戦で日本代表の座を逃した。それでも東京五輪を見据えて
意欲は衰えず「しっかりと結果を出して来年につなげたい」と気合を入れた。

ベテランの中矢は責任感「チームを世界一に」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170801/jud17080117480003-n1.html

羽賀流のおもてなしだ。
柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)男子100キロ級代表の羽賀龍之介(26=旭化成)が1日、粋なもてなしをした。
地元の宮崎県延岡市での男子日本代表強化合宿に参加し、代表選手にアイシング用のビニールプールを寄贈した。
最高気温34度の炎天下の中、体育館での稽古終了後、100キロ超級代表の王子谷剛志(25)らとともに大量の氷が入ったキンキンのプールに入水した。
「本番も近いし、コンディション調整が大切。アイシングして疲労蓄積の軽減になれば」と意図を説明。「冷たいっ!!」と連呼しながらも、稽古で疲れた全身の
筋肉を冷却した。
先月下旬のフランス合宿でアイシングバスに入る外国人選手を目にして発案。ネット大手通販「アマゾン」で約9000円の大型ビニールプール(縦4メートル×
横5メートル)を購入した。
「アイシングバスは柔道界では珍しいかもしれないけど、こういった体のケアは絶対に必要だと思う」と、一流アスリートとしての意識の高さを伺わせた。
先月の金鷲旗高校大会女子決勝で福岡・南筑高の大将、素根輝(そね・あきら、2年)がオール一本勝ちで5人抜きする大逆転を演じたことに刺激を受けた。
羽賀も高1の金鷲旗大会で得意の内股を武器に“伝説の20人抜き”を成し遂げた。
「思い出が一番ある大会。もっとこんな選手を見てみたいし、パワーをもらった。世界選手権では必ず連覇して、(優勝者に与えられる)赤ゼッケンを死守したい」と
気合を入れた。

冷たい!柔道羽賀龍之介がアイシング用プール寄贈 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1865665.html

162 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:48:43.32 ID:FzRygsw5

今月、ハンガリーで行われる柔道の世界選手権を前に女子の日本代表が東京・北区で行われている強化合宿を公開し、リオデジャネイロオリンピックで
銅メダルを獲得した48キロ級の近藤亜美選手が「しっかり優勝したい」と意気込みを話しました。
柔道の女子の日本代表は、ハンガリーのブタペストで今月28日から来月にかけて行われる世界選手権を前に今月に入って北区の「ナショナル
トレーニングセンター」で合宿を行っていて、3日は稽古の様子が公開されました。
このうち、女子48キロ級でリオデジャネイロオリンピックで銅メダルを獲得した近藤選手は世界選手権で2014年以来の優勝を目指しています。
近藤選手は組んでから得意技の払い腰に入るタイミングなどを確認しながら乱取りを行っていました。
近藤選手は「出場は3回目なのでこれが経験かというくらいどっしり構えられている。調子は悪くないので、しっかり優勝したい」と意気込んでいました。
女子日本代表の増地克之監督は「この1か月でそれぞれ課題を克服し不安なく畳に上がれるようにしたい。全員に金メダルをイメージするよう話している」と
話していました。
世界選手権で、日本は金メダル7個の獲得を目標に男女の個人戦にそれぞれ9人の代表選手を派遣します。

柔道世界選手権前に女子日本代表が強化合宿公開
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170803/k10011086071000.html

リオデジャネイロ五輪柔道女子48キロ級銅メダルの近藤亜美(22)=三井住友海上=が3日、都内で行われた女子日本代表の強化合宿に参加した。
28日開幕の世界選手権(ブダペスト)に向けて「今すぐに出ても勝てる」と3年ぶりの制覇に自信をのぞかせた。
19歳だった14年大会で初優勝し、ニューヒロインとして脚光を浴びてから3年。すぐにマスメディアは新たなヒーローを求める。特に今、注目の的になっているのが
男子66キロ級で金メダル候補の阿部一二三(19)=日体大=だ。近藤は「(妹の阿部詩とともに)阿部きょうだいは意識しますね。街を歩いていると一二三がいるんですよ」と、
銀行の広告ポスターで大きく露出している新星に対抗心をむき出しにし、「若手が注目されているので、私も負けないように目立つ柔道をしたい」と拳を握った。
さらに、世代を超えたスターへも挑戦する。同階級ではかつて、谷亮子が92年バルセロナ五輪から08年北京五輪まで5大会連続でメダルを獲得しており、
近藤は「よく周りからも『ヤワラちゃんの階級だね』と言われる。壁は高いので超える自信はないが、私も並べるくらいにはなりたい」と野望を口にした。

近藤亜美 “新星”阿部一二三に対抗心メラメラ 柔道女子日本代表が強化合宿
https://www.daily.co.jp/general/2017/08/03/0010430749.shtml

48キロ級の近藤亜美(22)=三井住友海上=が「大人」をアピールした。
「これが経験なんだなと感じるところはある」と近藤。今回が3度目の世界選手権で、昨夏のリオデジャネイロ五輪を含むと4年連続の世界大会出場。
「初出場の時は合宿の練習でも全く勝てなくて、私が代表でいいのかと思ったこともありますが、3回目ともなると相手を分析できるようにもなった。大人になりました」と笑った。
世界選手権に初めて出場したのは19歳。今回、男子66キロ級の阿部一二三(19)=日体大=が、当時の自分と同年代で初めて世界選手権の舞台を踏む。
「街を歩くと一二三がいるんですよ」。大手銀行のCMに出演している阿部の注目度の高さに驚く。「写真撮って送りつけたやりました。『またいたぞ、一二三』って」と
笑いつつ、「私も19(歳)で(世界選手権に初めて)出て、あれからもう4年かと。(2020年の東京)五輪までいくと25かと。気づくとこんなに年を取っていると感じる。
(阿部の妹の)詩とか、良いなと思いますよ、高校生活とか」。少々自虐気味ながら、代表で中心的立場になった自覚を口にした。
リオで銅メダルに終わり、試合後に「銅メダルでごめんなさい」と口にしたことが後にネット上で話題となり、「他の銅メダリストに失礼」といった批判も受けた。
「それは自分の耳にも届いていた。『銅メダルなんか』とは思っていなかったけれど、柔道では金メダルが当然という概念があったので、『申し訳ない』といった」と説明。
それでも「間違っていたとは思わない。そこを『銅でもいい』と思ったら柔道家じゃない」と矜持(きょうじ)を示した。

48キロ級の近藤亜美が「大人」の自覚? 「これが経験なんだなと感じるところはある」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170803/jud17080313580001-n1.html

163 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:49:21.35 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)女子日本代表が3日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの強化合宿を報道陣に公開し、昨夏のリオデジャネイロ
五輪48キロ級銅メダルの近藤亜美(三井住友海上)は「調子は悪くない。気持ちも研ぎ澄まして臨みたい」と充実の表情で意気込んだ。
約3時間の練習で変則的な組み手からの攻撃に加え、立ち技や寝技の精度を確認。近藤は切れ味鋭い投げ技を披露した。世界選手権は初出場の2014年を制したが、
15年は3位に終わり「このまましっかり調整していけば大丈夫だと思う。目立った柔道をして優勝したい」と王座奪還へ執念を燃やした。
リオ五輪後に就任した増地克之監督は「2020年東京五輪に向けた新たなスタート。リオ五輪の金メダル1個に上積みしたい」と目標を掲げた。1日からの合宿は
5日まで行われる。

女子代表が強化合宿 リオ五輪銅の近藤「気持ち研ぎ澄ます」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170803/jud17080317500003-n1.html

28日開幕の柔道世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)女子48キロ代表の近藤亜美(21)=三井住友海上=が3日、“ヤワラちゃん超え”を誓った。東京・北区の
味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた代表合宿に参加。3度目の世界選手権に向け「これが経験かと、どしっと構えられている。調子も悪くないので
キープしつつ臨みたい」と意気込んだ。
48キロ級と言えば、世界選手権で7度の優勝を飾った谷亮子氏がいる。リオ五輪銅メダリストの近藤でも「歴代の先輩たちは金メダルを獲得している。
『ヤワラちゃんの階級だよね』と言われ、プレッシャーに思うこともある」と複雑な心境を明かした。重圧を抱えながらも「(48キロ級の)イメージが変わればいい。
壁は高いが並べるくらいになれたら」と闘志を燃やした。
増地克之監督(46)は近藤について「順調。体重も安定している」と明かし、「試合当日に金メダルをとるイメージをしろ」と助言しているという。世界選手権に向け
近藤は「負けていい試合はない。前回(15年世界柔道選手権)3位に終わっているので優勝したい」と意欲をみせた。

近藤亜美が“ヤワラちゃん超え”誓う…48キロ級のイメージ変える
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170803-OHT1T50160.html

柔道世界選手権(28日開幕、ハンガリー・ブダペスト)に向けた女子代表合宿が3日、都内で公開された。
3度目の出場となる48キロ級の近藤亜美(22=三井住友海上)は「初めての世界選手権と比べてドシッと構えている部分がある」とベテランの貫禄を見せたが、
一方で、男子66キロ級代表の阿部一二三(19=日体大)と妹で52キロ級の詩(17=兵庫・夙川学院高)の阿部兄妹の活躍にはジェラシーをのぞかせる。
3年後の東京五輪を見据え、兄の一二三は大手銀行のCMに起用されており「なんか、街を歩いていたら、一二三がいるんですよ。看板に」と嫌でも目に入るという。
世界選手権代表は逃したものの、ルックスでも注目される詩に対しても「すごい高校生感が出ていていいなと。JKだなと…」と近藤はうらやましそうだった。
近藤も2014年に世界選手権を制した時はまだ19歳だった。兄妹の存在は、いい意味で刺激になっているようで「最近リオから東京に向かうにあたって若手が
注目されていて、自分もそういう時期があったなと思ったりするんですけど、そういうのに負けないように、目立った柔道をして優勝したいと思う」と決意を新たにした。

【柔道】ベテラン近藤亜美 注目される阿部兄妹にジェラシー「若手には負けない」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/722127/

精神的支柱としてチームを引っ張るのが、57キロ級で32歳の宇高菜絵(コマツ)だ。2020年東京五輪での採用に伴い、初めて実施される混合団体で代表入り。
日本女子の増地監督も全幅の信頼を置くベテランは「日本の誇りを懸けて闘う」と決意を述べた。
世界選手権は10年が初出場で、14年に初優勝。五輪代表経験はないものの、4月の全日本選抜体重別選手権では4度目の優勝に輝いた。初陣の若手が多い
メンバー構成に「自分が初めて出た時のことを思い出し、目配りしていきたい」と頼もしかった。

32歳の宇高が精神的支柱「日本の誇りを懸けて闘う」
http://www.sanspo.com/sports/news/20170803/jud17080318220004-n1.html

164 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:50:27.15 ID:FzRygsw5

打倒、野獣!! 柔道の宇高菜絵(32=コマツ)が3日、リオデジャネイロ五輪同階級銅メダルの松本薫(29=ベネシード)との「再戦」に意欲を示した。
都内で行われた女子日本代表の強化合宿に参加。男女含めて代表最年長の宇高は先月、長女となる第1子を出産したライバル松本に闘志を燃やした。
「(20年五輪を目指し)『ママでも野獣で復帰したい』と言っているので、もう1回争いたい。(子育てなどで休養中の)この期間はチャンスだし、もっと、もっと強くなりたい」。
数々の大舞台で代表権を争ってきたライバルとの再戦を熱望した。
一方、プライベートでは仲が良い。松本が出産した時は、LINE(ライン)の「ベテラン」グループに子どもの写真が送られてきたという。「顔がそっくりで、出来上がって
いてビックリしました」と笑った。
14年世界選手権では金メダルを獲得。今回は個人戦ではなく、男女混合団体戦で出場する。「混合団体は初めてだが、もう1度、表彰台に立ちたいという思いが強い。
年齢は関係ない。日本の誇りにかけて先鋒(せんぽう)としてのプレッシャーもあるけど、良い流れで次につなげたい」。32歳のベテランは、金メダル獲得に向けて
責任感に満ちていた。

宇高菜絵、野獣松本薫と再戦へ「もっと強くなる」 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1866581.html

混合団体戦代表で女子57キロ級の宇高菜絵(32)=コマツ=はレスリングの吉田沙保里(34)に励まされたことを明かした。
32歳は男女含めて代表最年長。「(試合の)疲れが1週間ぐらい取れない」と苦笑する。以前、2歳年上の吉田に「この年齢でやるのはしんどくないか」と聞くと、
リオ五輪銀メダリストは「全くしんどくない」と答えたという。宇高は「そんなに年って関係ない。(35歳まで現役を続けた)谷(亮子)さんもいる。その年齢を超えたい」と
“ヤワラちゃん超え”へ意欲を見せた。
男女混合団体戦は2020年東京五輪の新種目に決まり、今年の世界選手権で初めて実施される。「最年長としてチームを引っ張っていけたら。男子にも遠慮しない。
目を配って声をかけたい」と意気込んだ。

32歳の宇高菜絵、吉田沙保里の激励で“ヤワラちゃん超え”へ意欲
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170803-OHT1T50150.html
]
柔道男子66キロ級の怪物・阿部一二三(19=日体大)がリオ五輪73キロ級金メダルの大野将平(25=旭化成)の背中を追い、世界選手権(28日開幕、
ハンガリー・ブダペスト)初出場初制覇を目指す。
1日、宮崎・延岡合宿で大野と激しい乱取りを敢行。阿部にとっては無謀な挑戦も、その差は徐々に縮まっている。自身に東京五輪までの“一本勝ち”を義務づけた
怪物の進化は止まらない。
阿部は2度、3度と大野に勝負を挑んだ。大野は1階級上で、五輪金メダリストだ。阿部に勝つ見込みはほとんどない。何度も倒されたが「昔はもっとボコボコに
されていた。ちょっとはマシになった」と内容に手応えを感じた。
実際、最近では周囲も気づく“変化”を見せている。「ひるまず前に出て組みにいくのは阿部のストロングポイント。大野に対してもしっかり貫いてできていた。
5月の合宿の時はなんかちょっと気を使っているように見えた」(古根川実コーチ)。大野の圧力に押されず、攻め抜くだけの気迫がついてきた。
大野も“格上”との戦いで成長している。体重無差別で争う全日本選手権には2度挑戦。また、国際合宿で行う100キロ超級五輪2大会連続金メダルの
テディ・リネール(28=フランス)との乱取りは“名物シーン”の一つになっている。阿部にとって、大野は身近にいる見本なのだ。
狙いは世界選手権のためだけではない。3年後の東京五輪は「圧倒的に勝つ」ことを目標にしている。「将平先輩と一緒ぐらい(のレベル)になれば、負ける
相手はいない。将平先輩に1回の練習で1回でも投げれるくらいの強さにならないと、五輪は圧倒的に優勝できない」と阿部は自身に高いハードルを課した。
期待が高い分、世界選手権では重圧にさらされる可能性もある。くしくも、水泳の世界選手権では複数金メダルが確実視された競泳陣が金メダルゼロに終わり、
衝撃が走った。全日本男子の井上康生監督(39)は「勝負の世界は厳しい。何が起こるか分からない」と気を引き締めたが、阿部はこう言った。
「日本柔道は強いんで全階級、金メダルを狙える。そのためにも大会の前半で、いいスタートを切れたら」。自信はすでに圧倒的。阿部は世界選手権を制し
“大野超え”への布石にするつもりだ。

【柔道】阿部一二三 66キロ級の怪物が超進化
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/719706/

165 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:51:03.99 ID:FzRygsw5

柔道全日本女子の強化合宿が3日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開され、世界選手権(28日~9月3日、ブダペスト)の
代表選手が、寝技や立ち技の乱取りで精力的に汗を流した。
48キロ級で3度目の出場となる近藤亜美(三井住友海上)は間近に迫る世界大会に「また来たな、という思い。どっしりと構えている」。昨年の
リオデジャネイロ五輪は銅メダル。14年大会以来の世界一奪還を目指し「今でも勝てる」と強気に話した。
増地克之監督は「選手には、調子が悪くても表彰台の真ん中に立つイメージを持つように伝えている。稽古では繊細に、試合では大胆に臨めるよう
に送り出したい」と話した。

近藤、世界一奪還へ強気=柔道女子合宿
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080300950

28日開幕の柔道世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)女子48キロ代表の近藤亜美(22)=三井住友海上=が3日、“YAWARAちゃん超え”を
目指す決意を明かした。48キロ級は過去に谷亮子氏が五輪2度、世界選手権で7度優勝。圧倒的な実績と知名度を誇っているが「YAWARAちゃんの
階級だと言われるけど、いつかは変えなきゃいけない。壁は高いが、できれば自分が変えたい」と自覚を示した。
昨夏のリオ五輪では「銅メダルで情けない」と発言したことに対し、批判的な声も耳に届いたという。それでも「柔道は金が当然という概念があった。
柔道家として『銅でもいい』と思ってはいけない」と信念は揺らがなかった。五輪後も休まず大会に出続け、女子のメダリストで唯一の代表入り。
「リオのメンバーがダメだったと言われたくない」と意地ものぞかせた。
世界選手権には3度目の出場だ。19歳で優勝した3年前と比べても「最初は合宿で投げられてばかりで、私が代表でいいのかなと思った。
今は落ち着いている。大人になりました」と充実。偉大な存在に簡単には届かないことは理解しているが、2度目の優勝で「48キロ級に近藤あり」を
少しでも印象付ける。

近藤亜美“YAWARAちゃん超え”だ!世界柔道48キロ級2度目V狙う : スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170804-OHT1T50000.html

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)に出場する男子66キロ級の阿部一二三(19)=日体大=の壮行式が7日、
東京・世田谷キャンパスで行われた。松浪健四郎理事長(70)、具志堅幸司学長(60)ら大学関係者をはじめ、150人の柔道部員も参加した。
式では同部員から同大で伝統的に行われている応援スタイル「エッサッサ」で激励された阿部は「東京五輪に向けての第一歩になる。
それに向けて、いいスタートを切れるように。すべて一本勝ちで優勝できれば」と気合十分に話した。

阿部一二三、世界選手権でオール一本勝ち宣言「すべて一本勝ちで優勝できれば」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170807/jud17080716500001-n1.html

柔道男子66キロ級で世界選手権(28日開幕、ブダペスト)代表の阿部一二三(19)=日体大=が7日、東京・日体大世田谷キャンパスで行われた
壮行式に出席し、同校OBで武道科の1期生でもある松浪健四郎理事長(70)や学生150人の前で「一本をとりにいく自分の柔道をして、オール一本勝ち
で優勝したい」と誓った。
これが“日体イズム”だ。壮行式では、柔道部の1年生ら約40人が上半身裸になって登場。同校伝統の演武「エッサッサ」を行い、世界に出陣する阿部を
力強く送り出した。
阿部は「僕自身、生で(エッサッサを)見るのは初めてで、すごい迫力があって元気をもらった」と感激した様子。「(いい形で)送り出してもらったんで、
自分の柔道で優勝を報告するのが一番」。同校OBで92年バルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦氏らに続く世界王者を目指す。

阿部一二三、日体大伝統「エッサッサ」の激励に感激「元気もらった」
https://www.daily.co.jp/general/2017/08/07/0010442231.shtml

166 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:52:10.03 ID:FzRygsw5

nn

167 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:53:09.33 ID:FzRygsw5

sato

168 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:53:29.18 ID:FzRygsw5

絶対エース”への誓いだ。柔道の世界選手権(28日開幕、ハンガリー・ブダペスト)に初出場する男子66キロ級代表の阿部一二三(19)の壮行式が7日、
在学中の日体大で行われた。
選手団で同校から唯一選出された阿部にエールを送るべく柔道部員150人や教職員、OBが集結。理事長の松浪健四郎氏(70)や学長の
具志堅幸司氏(60)が激励し、部の1年生たちによる日体大伝統の「エッサッサ」で応援された。阿部は「元気をもらった。優勝しないといけないな」と
必勝を誓った上で「オール一本勝ちで優勝したい」と、改めて高い目標を掲げた。
先月26日に講道館で開かれた全日本柔道連盟の壮行式でもオール一本勝ちVを宣言しており、阿部の“公約”となった格好。過去にオール一本勝ちで
世界選手権を制した日本の柔道家といえば、山下泰裕氏(60=全柔連会長)、小川直也(49)、全日本男子の井上康生監督(39)ら各年代のエース
ばかり。現在の男子エースで阿部があこがれる大野将平(25=旭化成)も、初出場の2013年大会でオール一本勝ちVを果たしている。
20年東京五輪で「圧倒的に勝つ」ことを目標にする阿部だけに、世界選手権でのオール一本予告は“絶対エース襲名宣言”と言っていい。
ブダペストが怪物伝説の始まりの地となるのか注目だ。

【世界柔道】阿部一二三“絶対エース”襲名宣言の決意
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/725619/

全日本柔道連盟(全柔連)は8日、国際柔道連盟(IJF)のアスリート委員選挙に、男子66キロ級で世界選手権3連覇や五輪2大会連続銅メダルの実績を持つ海老沼匡(27)=パーク24=が
立候補したと発表した。28日開幕の世界選手権(ブダペスト)で大会期間中、出場選手による投票が実施される。
全柔連によると、選挙結果は世界選手権の個人戦最終日の9月2日に発表される。当選すれば任期は4年。IJFのアスリート委員会は9人で構成され、
5人が選挙、4人がIJFの指名で選ばれる。日本人では過去に1992年バルセロナ五輪男子86キロ級銅メダルの岡田弘隆氏が委員長を務めたことがある。

【柔道】海老沼匡が選手委員に立候補 IJF、9月に結果発表
http://www.sankei.com/sports/news/170808/spo1708080044-n1.html

73キロ級決勝は村上が試合終了のブザー直前に技ありを奪い、勝部(京都学園)に優勢勝ちした。3月の全国高校選手権では決勝で敗れた相手に雪辱してタイトルをもぎ取り
「力を出し切ることだけ考えていた。めっちゃうれしい」と喜色満面だった。
塚本(東京・日体大荏原)との準決勝はゴールデンスコア方式の延長戦を5分以上闘う激しい試合だった。決勝までの時間に体のケアをしてくれた仲間に
感謝し「みんなに助けられたおかげで最後まで粘っこくいけた」と話した。

村上、ブザー直前の技ありでV「最後まで粘っこくいけた」/高校総体
http://www.sanspo.com/sports/news/20170809/jud17080920080003-n1.html

全国高校総体(インターハイ)第13日は9日、福島県の郡山総合体育館などで4競技が行われ、柔道男子60キロ級は市川龍之介(千葉・習志野)が優勝、
3月の全国高校選手権との2冠を達成した。66キロ級は井上拓茉(三重・四日市中央工)、73キロ級は村上優哉(兵庫・神戸国際大付)がそれぞれ制した。
男子団体決勝は桐蔭学園(神奈川)が崇徳(広島)に4-0で勝ち、11年ぶり3度目の頂点に立った。

全国高校総体:柔道男子60キロ級は市川V 選手権と2冠
https://mainichi.jp/articles/20170810/k00/00m/050/047000c

全国高校総合体育大会第13日(9日、あいづ総合体育館ほか)柔道男子団体は桐蔭学園が優勝候補の重圧をはねのけて勝った。
3月の全国高校選手権、7月の金鷲旗大会に続いての頂点で、主要3大会制覇を達成。高松監督は「この1年で本当に精神面がタフになった。
選手自身が強いチームをつくりあげた」とたたえた。
準決勝で4連覇を狙った国士舘(東京)を1-0で退けると、崇徳との決勝は4-0と圧倒。大将を務めた2年の村尾は「一人一人が役割を果たせた。
来年も3冠を目指したい」と宣言した。

桐蔭学園が主要3大会制覇!高松監督「この1年で精神面タフになった」
http://www.sanspo.com/sports/news/20170809/jud17080918510001-n1.html

169 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:54:40.80 ID:FzRygsw5

柔道の世界カデ選手権は9日、チリのサンティアゴで行われ、女子44キロ級で河端悠(愛知・大成高)が優勝した。男子55キロ級の鷲見仁義
(北海道・札幌山の手高)は3位だった。

河端が優勝、鷲見は3位 世界カデ選手権/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170810/jud17081010010001-n1.html

全国高校総合体育大会第14日(10日、あいづ総合体育館ほか)柔道男子100キロ超級は2年の中野寛が念願の個人タイトルを獲得した。
東部(愛知・大成)との決勝で豪快に小外掛けを決めるなど、1回戦から攻撃的な柔道を貫き「負けても失うものはないという気持ちでいけた。中学時代はずっと
2位止まりだったので自分でもびっくり」と充実感を漂わせた。
今後の目標は、今大会は1回戦で敗れた団体で勝ち進むこと。「団体優勝したくて天理に入った。来年は自分が引っ張っていきたい」と頼もしく言った。

中野、攻めを貫き念願の個人タイトル「失うものはないという気持ちで」/高校総体
http://www.sanspo.com/sports/news/20170810/jud17081017460002-n1.html

全国高校総合体育大会第14日(10日、あいづ総合体育館ほか)柔道男子100キロ級は、梅野が決勝で優勝候補の山口(長崎日大)を送り襟絞めで破って頂点に立った。
ゴールデンスコア方式の延長戦となった準決勝など、激闘を勝ち抜き「先を見ないで一つ一つしっかり闘えたのがよかった」と大きく息をついた。
今春以降、出稽古で大学生相手の乱取りを重ねて地力を付けてきた。次戦は9月の全日本ジュニア体重別選手権。「これからも謙虚に頑張っていきたい」と
気持ちを入れ直した。

梅野、激闘勝ち抜き頂点「一つ一つしっかり闘えたのがよかった」/高校総体
http://www.sanspo.com/sports/news/20170810/jud17081017460003-n1.html

全日本柔道連盟(全柔連)は10日、ロシアのウラジオストクで9月6、7日に行われるジュニア国際大会に男子100キロ級の飯田健太郎(国士舘大)や
女子78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)、同52キロ級の阿部詩(兵庫・夙川学院高)らを派遣すると発表した。大会名は「嘉納治五郎記念ウラジオストク
日露ジュニア交流大会」と講道館柔道の創始者の名を冠する。
ウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」に合わせ、プーチン大統領と安倍晋三首相の支援も受けて大会実現に至った。国際柔道連盟(IJF)公認大会で
男女各8階級を実施し、日本とロシアから4人ずつ出場。全柔連の山下泰裕会長も出席し、全階級を通して男女それぞれ1人に最優秀選手賞の「山下泰裕特別賞」を
授与する。

9月に柔道で日露交流実現、ウラジオ大会に飯田らを派遣
http://www.sanspo.com/sports/news/20170810/jud17081020420004-n1.html

男子100キロ級の飯田健太郎(国士舘大)や女子78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)、同52キロ級の阿部詩(兵庫・夙川学院高)らを派遣する
と発表した。大会名には柔道創始者の名を冠し「嘉納治五郎記念」として行われる。
大会には男女8階級に両国の各4人が出場し、トーナメント形式で争う。安倍晋三首相やロシアのプーチン大統領の合意に基づき行われ、国際柔道連盟公認大会
として実施される。

飯田、素根ら派遣=柔道日ロジュニア
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081001077

柔道女子52キロ級決勝で、東京五輪のホープ阿部詩(うた、17)=兵庫・夙川学院=が3分31秒内股で坪根菜々子(沖学園)に一本勝ちし、
反則勝ちを含めてオール一本勝ちで初制覇。「もっと豪快な柔道をしたかったけどオール一本なので80点」とうなずいた。
兄・阿部一二三(日体大)譲りの別格の強さを見せた。腰を引いて守る相手を内股、大腰で強引に引っこ抜く。昨年は初戦で敗退し、一週間泣き
明かしただけに「どの試合よりも獲りたかったタイトルで緊張したけど、優勝できてホッとした」と胸をなで下ろした。
夙川学院の松本純一郎監督は「しっかり技で決めて、審判に頼る柔道をしていない」と称賛。視察した日本代表の福見友子コーチは「警戒される中で
投げ勝つのは、力がついている証拠。このペースでエースに成長してほしい」と期待した。
次は11月の講道館杯から来年の日本代表入りを狙うが、「このままじゃ優勝は見えてこないので、もっと悪いところを直して、次はシニアで日本一になりたい」。
2020年に向けて成長を誓った。

阿部詩インターハイ初V オール一本勝ち!「次はシニアで日本一に」
https://www.daily.co.jp/general/2017/08/12/0010455208.shtml

170 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:55:31.07 ID:FzRygsw5

aiko

171 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:56:06.56 ID:FzRygsw5

女子52キロ級は阿部詩(うた、兵庫・夙川学院2年)がオール一本勝ちで初優勝。女子団体戦は桐蔭学園(神奈川)が男子に続いて制した。
28日開幕の世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)団体戦代表の素根輝(そね・あきら、2年)擁する福岡・南筑高は準決勝で敗れた。
日本女子期待の星が念願のタイトルを手にした。阿部は世界選手権男子66キロ級代表の兄・一二三(20)=日体大=をほうふつとさせる豪快な柔道で、
全5試合を一本勝ち。「どうしても取っておきたかったタイトル。うれしいというよりホッとしました」と白い歯を見せた。
2月のグランプリ・デュッセルドルフ大会で国際柔道連盟主催の「ワールドツアー」を史上最年少の16歳で制したが、昨年のインターハイは1回戦負け。
「油断や隙があった」と猛省した。3位で世界選手権代表入りを逃した4月の全日本選抜体重別選手権後、一本背負いなど立ち技を強化。松本純一郎監督が
「高校生のできる柔道じゃない。心も体も技も別人になった」と目を見張る強さを身に付けた。
3月の全国高校選手権との2冠にも満足はしていない。「東京五輪は絶対に自分が出ると心に決めている。次はシニアで日本一を目指します」。兄妹での
五輪出場に向け、気合を入れ直した。

【高校総体】阿部一二三の妹・詩、オール一本で初優勝「ホッとしました」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170812-OHT1T50035.html

柔道女子48キロ級は1年の古賀が立ってよし、寝てよしの多彩な柔道で制した。快挙にも自信があったそうで、喜びもつかの間「インターハイを3連覇したい。
まずは(9月の)全日本ジュニアでもう一度優勝したい」と、次々に新たな目標を口にした。
小、中学校でも日本一を経験した有望株で、表彰式後は実業団の強豪チームのコーチから声を掛けられていた。高校でも順調にステップアップし
「シニアのレベルに近づけるよう頑張る」と、一層のやる気をみなぎらせた。

1年の古賀、多彩な柔道で女子48キロ級制す「インターハイ3連覇したい」/高校総体
http://www.sanspo.com/sports/news/20170811/jud17081120210005-n1.html

柔道の世界カデ選手権は10日、チリのサンティアゴで行われ、男子66キロ級で桂嵐斗(長崎日大高)が優勝した。同60キロ級の近藤隼斗(佐賀工高)と、
女子48キロ級の渡辺愛子(神奈川・横須賀学院高)、同52キロ級の小林未奈(愛知・大成高)はいずれも3位だった。

男子66キロ級の桂が優勝、近藤ら3位/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170811/jud17081112350001-n1.html

全国高校総合体育大会第15日(11日、あいづ総合体育館ほか)柔道女子団体で、7月の金鷲旗高校大会に続く優勝を目指した南筑(福岡)は準決勝で優勝した
桐蔭学園に1-2で敗れた。28日開幕の世界選手権(ブダペスト)混合団体代表でエースの素根は2回戦からの4試合に全勝したものの「悔しい」と顔をしかめた。
金鷲旗の決勝で史上初の5人抜きを達成した2年の逸材は今大会も同年代の相手を全く寄せ付けなかった。78キロ超級に出場する12日の個人戦へ
「まだ組み手が遅い。逃げる選手とどう闘うか」と課題を挙げて気持ちを切り替えた。

南筑エースの素根、2冠逃し「悔しい」/高校総体
http://www.sanspo.com/sports/news/20170811/jud17081120070004-n1.html

全国高校総合体育大会第15日(11日、あいづ総合体育館ほか)柔道女子団体は桐蔭学園が2000年の創部以来、初の頂点に立った。帝京との決勝は1-1からの
代表戦で3年の朝飛七が30キロ以上重い高橋から技ありを奪って優勢勝ち。殊勲の主将は「感動してもらえる試合をしようと思い、気持ちで決めた」と胸を張った。
9日に男子が一足先に優勝、全国高校選手権、金鷲旗高校大会と合わせた主要3大会制覇を達成した。その姿にチームは発奮、就任11年目の広川監督は
「女子も絶対に続きたかった。やってきたことを信じていた」と感激に声を震わせた。

桐蔭学園が柔道女子団体で初の頂点 広川監督「やってきたこと信じていた」/高校総体
http://www.sanspo.com/sports/news/20170811/jud17081120050003-n1.html

172 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:57:12.69 ID:FzRygsw5

柔道女子78キロ級は和田が5試合全て一本勝ちで優勝した。3月の全国高校選手権の無差別級で準優勝の実力者は、本来の階級での栄冠に
笑顔を見せつつ「ここで満足せず、もっと強くなる」と貪欲さをのぞかせた。
兵庫県尼崎市出身。越境入学した強豪の大成では、中学3年時に団体と個人で全国制覇し、高校でも順調な成長を示した。高校の先輩で
リオデジャネイロ五輪女子48キロ級3位の近藤(三井住友海上)に憧れ「自分も五輪に出る。目標は金メダル」と夢を語った。

和田、全試合一本勝ちでVも貪欲「もっと強くなる」/高校総体
http://www.sanspo.com/sports/news/20170812/jud17081218530003-n1.html

金メダル級の活躍を期待したい大型新人が誕生した。7月から本格的に俳優として活動を開始した原沢侑高(ゆたか、20)は、昨年のリオデジャネイロ
五輪柔道男子100キロ超級銀メダリストの原沢久喜(25)の実弟。身長188センチ、足のサイズ30センチ。兄と同じく国際基準の体格を誇る青年は
「2020年東京五輪の頃には『原沢兄弟』と呼ばれるようになっていたいです」と夢を語る。
まっすぐ立っているだけで、妙な存在感がある。
五輪銀メダリストとDNAを分け合った原沢は恵まれた体格と鋭い眼光を持つ。性格も兄のように寡黙…では全然なかった。
「自分も柔道2段で高校では県ベスト4まで行ってセンスはあったと思うんですけど、とにかく耳を潰したくなくて…寝技になるとすぐ逃げてました(笑い)」。
ギャグ満載。しゃべりだしたら止まらない「人たらし」なキャラクターだった。
中3の時、米映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のDVDを見ている時、特典のNGシーンでジョニー・デップがスタッフの爆笑を誘っている姿を見て
「あ、コレやりたい!」と俳優になることを決意した。「とにかく目立ちたがり屋で。注目を集めるのが好きだったんですね」
高校ではバイトに明け暮れる毎日。柔道部や応援団の活動と並行して働きまくり、100万円を貯蓄して上京した。「最初は野宿でいいと思ってたんで
すけど、東京の人に『東京ナメんな』って言われて。不動産屋で『風呂なしでいちばん安い部屋を!』って言ったら『今どき風呂なしなんてないよ』と…」
名門・劇団俳優座研究所に入所。演技の基礎を学んだ。研究生公演では主演も務め、今年2月に卒業した。「演じることの本当の楽しさが分かって
きたような気がします」。その後、履歴書を片手に芸能事務所約20社をアポなし訪問。縁あって7月から萩本欽一(76)や関根勤(63)らも所属する
浅井企画に入り、デビューの時に備えている。
「兄貴からは『東京にはお前みたいなのはゴマンとおる。(チャンスは)30(歳)までと思ってやれ』と言われたので『来年には売れとるわ!』と返しました」
目標とする俳優には、佐藤二朗(48)と故・緒形拳さんを挙げる。ドラマや映画に欠かせない存在になりつつあるバイプレーヤーと圧倒的な存在感を
放った昭和の名優。対極にあるようにも思えるが…。
 「佐藤さんの子供からおばあちゃんまで笑顔にさせてしまうような役者にいつかなれたらと思いますし、緒形さんの相手に突き刺さっていくような
シンプルな魅力には男として憧れます」。貪欲な欲張りは若者の特権でもある。
今月28日に世界柔道が開幕する。リオ五輪決勝で敗れた最強の相手テディ・リネール(仏、28)へのリベンジを目指す兄は、憧れ続ける存在でもある。
 「いつも兄貴の背中を見て生きてきました。夜中に起き出して、トレーニングに向かう姿を何度も見ました。決して弱音を吐かず、愚痴もこぼさない。
誰かに『もうやめろ』と言われるくらいまで努力し続ける人。兄貴には一生かなわない。きっと僕は兄貴が好きなんですよね」
柔の道と演技の道。世界も実績も違うが、追いかけていく。「まだデビューもしていないですけど、いつかは兄のように世界を舞台にしたいです。
僕は僕なりの努力をして、兄にとっての五輪のような大きな舞台にたどり着きたい。東京五輪の時には『原沢兄弟』と言われるようになっていたいです」
ちなみに柔道で対決したことは…。「『お前なんて指2本で十分じゃ』と言われ、本当に2本指で負かされました(笑い)」

リオ柔道「銀」原沢の弟・原沢侑高、188センチ“大型新人”が俳優活動開始
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170812-OHT1T50231.html

173 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:57:43.80 ID:FzRygsw5

新たな可能性を探りたい-。リオデジャネイロ五輪柔道女子52キロ級銅メダルで無期限休養中の中村美里(28=三井住友海上)が新たな挑戦を続けている。
休養して1年。今年4月には筑波大大学院人間総合科学研究科へ進学した。スポーツ健康システムマネジメントを専攻し、スポーツプロモーションなどを学んでいる。
都内のキャンパスに週4~5日通い、学生としての日々を送っている。中村は「これまで柔道一筋で、毎日、年齢や職業が違う社会人と関わり新鮮です。
授業についていくのがやっとで『もっと勉強しておけば良かった』と、後悔もしてます」と苦笑いした。
柔道とは違う緊張感
12年ロンドン五輪で初戦敗退後も同大学院進学の意向があった。リオ五輪後はより年齢や引退後の将来を考えて「違う自分を見つけたい」と強く感じた。
米国留学や専門学校などの選択肢もあったが、大学院進学を決意。東京・渋谷教育渋谷高卒のため「社会人特別選抜」で合格した。ともに進学したリオ五輪
女子70キロ級金メダルの田知本遥(27)と姉の愛(28)と同じ授業を受けることもあり、7人1組のグループワークなども行っている。08年北京五輪から
3大会連続出場し、数々の大舞台を経験してきたが、人前で話すのは苦手とする。「授業での発表は柔道の試合と緊張感が違う。勉強して言葉にするのは難しく、
うまく説明できない。周りの方に助けられています」。
ほぼ毎日していた稽古は4月から週1~2日まで激減した。運動量が落ちたため「太ったんです!!」と嘆いた。「減量ではなく、今はダイエット中(笑い)。
体重計も怖くて乗れません。体に無駄な肉があるし、感覚で『まずいな…』と実感しています」と、思わぬ悩みを打ち明けた。
都内で初めて一人暮らしも始めた。趣味はお菓子作りで、最近はシフォンケーキにはまり、5日間で3種類のケーキを作った。先月は鹿児島県の種子島宇宙センター
に行くなどしてリフレッシュもした。お笑い好きでオードリーが出演する、日本テレビ系「スクール革命!」を毎週録画している。「声を出して笑っています。2人の
掛け合いがツボで、まとめて見るのが息抜きです」と話した。
リオ五輪から1年が過ぎた現在も現役続行については「白紙」の状態が続いている。20年東京五輪に関しては「地元開催ということもあり出場したい気持ちはある」と
意欲を示したが「『出場したい』と『目指す』は言葉の重さが違う。今は、目指すまでの覚悟が出来ていない。まだ心と体が整っていないし、東京でなかったら(リオで)
引退していたかもしれない」と複雑な胸中を明かした。しかし、強い“柔道愛”は健在で「柔道は好き。練習も好きだけど、試合となれば別。とにかく覚悟が必要」と
繰り返し強調した。
好きな言葉「挑戦」に
今年の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)女子52キロ級代表は、年下の角田夏実(25)と志々目愛(23)が出場する。同選手権で3度の優勝を誇る中村は
2人にこうエールを送った。「断トツで勝って、『(私が)帰ってこなくても大丈夫』というぐらいの試合をして欲しい。そうすれば気持ちも落ち着くと思う」。52キロ級を
けん引してきた先輩らしい激励だった。
好きな言葉も変化した。これまでは色紙などに「根性」と書いていたが、今は「挑戦」という言葉も大事にする。「社会を見て視野を広げたいという思いが強い。
大学院だけでなく、いろんなことに挑戦したい。リオ五輪はすごく昔のことに感じるし、そのぐらいこの1年間が充実していた。今は時間はあるけど、毎日忙しく動き、
有意義な時間を過ごしています」。
中村の話を聞いて、こう感じた。柔道から少し距離を置き、社会勉強しながら俯瞰(ふかん)して“自分探し”をしているようにみえた。慣れない環境に身を置くことで、
柔道では得られない刺激を受けている。将来、「柔道-中村美里=ゼロ」にならないように、柔道以外の自身の可能性を模索している。「笑わない柔道家」としても
知られているが、今は「笑顔の絶えない学生」だ。3年後の大舞台に向けて、再び、畳の上に立つかもしれないし、立たないかもしれない。それは中村自身も
「分からない」という。いつかは「決断の時」が訪れるが、今は全力で学生生活を楽しんでいるようにみえた。

「笑わない柔道家」中村美里、笑顔絶えない今の生活
https://www.nikkansports.com/sports/column/we-love-sports/news/1872504.html

174 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:58:50.89 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(28日開幕・ブダペスト)に出場する男子日本代表が15日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を報道陣に公開し、
リオデジャネイロ五輪100キロ超級銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)は「東京五輪まであと3年。金メダルを取って次につなげたい」と意気込みを語った。
最重量級は五輪2連覇、世界選手権7連覇中のテディ・リネール(フランス)が長く頂点に君臨。原沢は「しっかりと意識して練習している。泥くさくやって勝ちたい」と
リオ五輪の決勝で敗れた雪辱を期した。
井上康生監督は「いい形で仕上がっている。やり残しのないようにして試合に臨みたい」と気を引き締めた。この日は66キロ級の阿部一二三(日体大)らも参加し、
柔道着を着ずに約1時間、体幹などを鍛える体力トレーニングで汗を流した。
13日からの合宿は18日まで行われる。男子代表は24日の軽量級を第1陣とし、階級ごとにブダペストへ出発する。

原沢「金メダルを取る」 男子日本代表が強化合宿公開/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170815/jud17081519410001-n1.htm

選手は重りを用いた筋力トレーニングや瞬発力を鍛えるメニューで調整。井上康生監督は「いい形で仕上がってきている。(出場する)全階級で金メダルを
目指す」と語った。
日本勢は90キロ級を除く個人戦6階級に9人が出場。2003年大会を最後に優勝から遠ざかっている100キロ超級には、昨年のリオデジャネイロ五輪
銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)と全日本選手権覇者の王子谷剛志(旭化成)が臨む。7連覇中のテディ・リネール(フランス)は国際大会から離れ、
ノーシードとなることが確実だが、大きな壁であることに変わりはない。リオの決勝でリネールに屈した原沢は「初戦で当たることも頭に入れたい」と気を引き締めた。

井上監督「全階級で金を」=世界選手権へ合宿公開-柔道男子
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081501108

100キロ超級では五輪2連覇、世界選手権同級7連覇中のテディ・リネール(フランス)が、リオ五輪を最後に実戦から遠ざかっておりノーシードとなることが濃厚。
原沢久喜(日本中央競馬会)、王子谷剛志(旭化成)の日本勢2人と初戦から当たる可能性があるが、井上康生監督は「想定していた。どのような状況でも戦える
準備をさせる」と初戦から臨戦態勢を敷く考えを示した。
原沢、王子谷ともに「決勝で当たりたい」と声をそろえたが、本番まで2週間を切り、稽古ではリネール対策に重点を置く。7月のフランスでの強化合宿で絶対王者と
組んだ感触を参考に、袖を取られた場合などの場面を想定した練習に取り組む。井上監督が掲げる「全階級金メダル」の目標達成へ、日本が誇る2大巨頭が
1回戦から「打倒リネール」モードに入る。

原沢&王子谷、初戦から打倒リネール 絶対王者ノーシード濃厚
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/16/kiji/20170816s00006000005000c.html



100キロ超級代表で昨夏のリオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(25)=日本中央競馬会=は、弟・侑高(ゆたか、20)の俳優デビューに刺激を受け、
同階級では日本勢14年ぶりとなる金メダル獲得を誓った。
原沢は重量級復活への期待を受け止め、表情を引き締めた。2003年大阪大会の棟田康幸(07年にも無差別級で優勝)を最後に優勝から遠ざかる100キロ超級。
リオ五輪銀メダルの第一人者は「東京五輪まで3年。しっかり金メダルを取って、次につなげたい」と闘志を高ぶらせた。
7月に弟の侑高が俳優として本格的に活動を開始した。「共演? いや、あんまりしたくないですね」とかわしたが、分野は違っても挑戦する姿勢には通じるものがある。
「『厳しいだろう』という話は良くします。なかなか難しいとは思うんですけど、簡単にできることじゃない。今後、自分の刺激になるんじゃないか」と成功を願った。
自身の挑戦はテディ・リネール(フランス)の8連覇を阻み、頂点に立つことだ。練習では組み手など徹底し「泥臭く勝ちたい」と気合十分。惜敗したリオ五輪決勝の
雪辱を果たし、日本の最重量級の強さを証明する。

原沢久喜、弟・侑高の俳優デビューを刺激に 世界柔道V宣言「泥臭く勝ちたい」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170815-OHT1T50171.html

175 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 21:59:56.68 ID:FzRygsw5

aiko

176 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:00:19.43 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権が28日にハンガリー・ブダペストで開幕する。注目は男子66キロ級代表の阿部一二三(20=日体大)だ。
2020年東京五輪では“絶対エース”の期待もかかる「怪物」は、初めての世界大会でどんな戦いを見せるのか。本紙柔道解説の
暴走王・小川直也(49)が占った。
オイッス! オレは少年柔道に関わってきたから、阿部くんのことは小学校、中学校、高校と、ずっと見てきたよ。うちの息子(小川雄勢)とも
遠征に一緒に行ったりしたので注目してきた。どれくらいで通用するようになるのかあ…と思ってたけれど、早かったね~。正直言って小学校のころは
ザラにいる子、中学校でもザラにいる強い子だったけれど、高校(兵庫・神港学園高)に入ってから別人のように強くなった。
彼は本当に、古賀(稔彦氏=バルセロナ五輪71キロ級金メダリスト)の若いころによく似ているよ。階級も66キロ級と71キロ級とあまり変わらないし、
2人とも「スーパー高校生」として有名だったしね。柔道のほうも豪快な一本勝ちを重ねて優勝という感じでそっくり。もちろん、古賀は華麗な背負い投げ
で一本を取ったのに対して、阿部くんはいろいろな技を駆使して一本、と違いはあるけれどね。
今回、世界選手権は初出場だけど、優勝してもおかしくない実力はある。ただ、世界選手権と五輪になると、“場”がかなり違ってくるからね。
あの古賀だって、初めて世界選手権に出た時(1987年)は3位。翌年のソウル五輪ではメダルも取れなかったからな。何より、世界中が
研究してくるだろうしね。
でも、そこは力でねじ伏せていってほしい。古賀の背負い投げも世界中から研究され尽くしたけれど、さらに上をいく破壊力と力強さで勝って
いったからね。阿部くんも思い切りの良さで勝負してほしいな。
実際、彼は「オール一本勝ちで優勝する」と言ってるんでしょ? 実は…古賀もよく言ってたんだよ~。まあ、あいつは否定するかもしれないけれど。
その心意気は素晴らしい。それくらいの気概がないと、日本柔道のエースにはなれないよ。東京五輪は間違いなく彼が“三四郎2世”として日本
を引っ張っていかないといけないんだから。 

【柔道】阿部一二三よ!古賀のように世界の包囲網を力でねじ伏せろ!
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/735615/


身長151cmと小柄で可愛らしい笑顔が魅力の女子高生。一方で「勝負事においては本当に負けず嫌い」という見た目とは違う一面も。今大会では
人生初の日の丸を背負い、世界の舞台で優勝という最高の成績を収めた。「”優勝”という賞がもらえるのは、甘いものじゃないので本当に嬉しい。
練習は好きじゃないけど、負けるぐらいならやります」と闘志の強さが伺える。
小学2年の時、元気が有り余って姉妹で喧嘩ばかりしている姿を見かねた母が知り合いの柔道場へ入門させた。忘れもしない初試合は開始10秒で1本負け。
悔しさをバネに真剣に取り組み、5カ月後には県大会3位に入った。5、6年生では2年連続で県を制覇し、中学時代は全国で準優勝。名門高に進学するも
ケガにも悩まされ、思うような成績を残すことが出来ずに悩んでいた時、両親から「本気で日本一を取るなら、柔道に専念できるように学校の近くに部屋を
借りては」という提案を受け、これを承諾。今まで以上にキツイ練習をこなし、今年3月にとうとう日本一の称号を手にした。「両親には本当に感謝しかない。
少しでも恩返しができれば」
負けず嫌いと同様に自他ともに認める「目立ちたがり屋」でもある。体育祭の応援団や大将役、生徒会長も務めるなど、人前に立つのが大好き。リレーの選手でも
一番かアンカーしか選ばないとか。「柔道でも同じ。背負い投げが好きなのは会場を沸かすことができる技だから。自分を見てほしい」と微笑む。
柔道部伝統の合言葉は『貫け』。自分の信念を貫き通す力を持てば何事にも負けないという意味。「昔みたいに、なりたい選手はいない。自分が目指される選手に
なりたい」。大きな目標は2020年の東京オリンピックでの優勝。「軽々しく言える簡単なものではないけど、夢でもない。そこへ向かって取り組んでいきたい」と
力強く語った。

安部 風花さん | 海老名
http://www.townnews.co.jp/0402/2017/08/18/394817.html

177 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:01:23.12 ID:FzRygsw5

柔道女子63キロ級の能智亜衣美(筑波大)が金メダルを獲得した。柔道女子では今大会初。
70キロ級の新添左季(山梨学院大)も決勝進出で銀メダル以上が確定。男子90キロ級の向翔一郎(日大)は3位決定戦に回った。

柔道の能智亜衣美が金メダル ユニバ夏季大会
https://www.nikkansports.com/sports/news/1875527.html

146 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2017/08/22(火) 12:20:10.54 ID:4JRFNfJV
ユニバーシアード夏季大会第3日は21日、台北などで行われ、柔道女子63キロ級の能智亜衣美(筑波大)が金メダルを獲得した。
70キロ級の新添左季(山梨学院大)は銀、男子90キロ級の向翔一郎(日大)は銅を手にした。

柔道女子63キロ級、能智が金獲得 台北ユニバ
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10699_R20C17A8000000/

ユニバーシアード夏季大会第4日は22日、台北などで行われ、柔道で男子73キロ級の立川新(東海大)と
姉で女子52キロ級の莉奈(福岡大)がともに優勝し、姉弟で金メダルに輝いた。男子66キロ級の磯田範仁
(国士舘大)と女子57キロ級の村井惟衣(龍谷大)は銅メダルを獲得した。

立川新&莉奈が姉弟で金!磯田、村井も銅獲得/夏季ユニバ
http://www.sanspo.com/sports/news/20170822/jud17082220080001-n1.html

柔道の世界選手権が28日からブダペストで開幕する。技のポイントを「一本」「技あり」に限定するなど、国際柔道連盟(IJF)が昨年12月に発表した
ルール改定後初めて世界トップが集う大会になる。日本にとっては東京五輪に向けての「スタートダッシュ」(男子の井上康生監督)となるのはもちろん、
新ルール下の戦い方や勢力図を見極める舞台にもなる。
新ルールは「有効」廃止のほか、男子の試合時間が5分から4分に短縮。本戦で与えられた「指導」の数だけでは勝敗を決せず、時間無制限の延長戦で
決着をつける。リネール(フランス)が指導1つ差で原沢久喜(日本中央競馬会)を下し、物議を醸したリオデジャネイロ五輪100キロ超級決勝のような
ケースも、今後は延長に持ち込まれる。
技あり2つによる「合わせ技一本」も廃止。しっかり組んで一本を取りにいく日本柔道にとって、改定は有利に働くというのが国内関係者の大方の
見方だった。だが、国際大会を重ねるうち、そう言い切れない現実も浮かび上がってきている。
男子100キロ級代表でリオ五輪銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)は、五輪後初の国際大会だった7月のグランプリ中国大会で、海外勢のペース配分の
変化を感じた。「最初から百二十パーセントでくる選手が多い」。試合時間短縮でスタミナ配分への意識が薄れたためだ。
優勝したものの、序盤に指導を受けがちだったと反省。今は「最初の組み手からトップスピードで入る」と意識を変えた。スタミナに自信のある日本選手は、
相手をばてさせて中盤以降に仕留めるのが勝ちパターンだったが、悠長に構えていてはパワー型の欧米選手に押し込まれかねない。団体戦代表の
73キロ級・中矢力(ALSOK)も「スタミナより地力のある選手が勝ち上がる。その意味では外国選手に有利」と話す。
戦い方については各国とも試行錯誤の段階にある。「奇襲技(の使い方)を研究してきている国もある。一つ一つ見ながらやっている」と井上監督。
ある関係者は「間合いの取り合いなど、武道の意識が高い日本なら指導が与えられない攻防でも、競技性を重視する海外では技が出なければ指導が出
がちだ」と話す。
「寝技」の重要性も叫ばれている。すぐに「待て」がかからず、審判が攻防を見極める時間が延びている。女子は5月の強化合宿でブラジリアン柔術の
講師を招くなど引き出しを増やしてきた。「立ち技から寝技の移行もカギ」と増地克之監督は話す。
IJFは世界選手権までを試行期間とし、修正点を検証する。有効がなくなり、「技ありの範囲が広すぎる」との声も上がるが、五輪競技全般で
エンターテインメント性の追求が進む。わかりやすさを狙った改正の方向は変わらないだろう。東京五輪を見据え、日本としても戦いの肝をつかみたい。

28日から柔道世界選手権 新ルール、日本の戦略左右?
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO20214990R20C17A8UU8000/

178 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:02:11.85 ID:FzRygsw5

aik

179 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:02:48.19 ID:FzRygsw5

nn

180 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:03:10.55 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(28日開幕、ハンガリー・ブダペスト)に出場する女子48キロ級代表および52キロ級代表の計4人が23日、成田空港を出発した。
女子48キロ級の近藤亜美(22=三井住友海上)は大会を前に「パワーとスピードの仕上がりがいい」と好調をアピール。3回目となる同大会に
「経験を生かして金メダルを取りたい」と、2014年以来となる優勝を見据えた。
女子52キロ級の角田夏実(25=了徳寺学園職)もコンディションは万全。初参戦となるが「緊張すると思う。でもめったにないチャンスをものにしたい」と
活躍を誓った。
増地克之女子監督(46)は出場選手を「金を取れるメンバーと自信を持って言える」と、大きな信頼を寄せる。そのうえで「団体戦を含めて金を3つ以上は
取りたい」と目標を語った。
この日は全日本柔道連盟の山下泰裕会長(60)も同じ便で出国。「今までやってきた力を出し切ってほしい」とエールを送った。また今大会を
「結果を踏まえて、2020年に向けて課題を見つける」と、東京五輪の試金石にする考えを明かした。

【柔道世界選手権】女子代表4人が出発 増地監督「金メダル3つ以上取りたい」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/741495/

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)に出場する日本選手団の第1陣が23日午前、成田空港から日航便で出発した。
初の世界選手権に臨む女子48キロ級の渡名喜風南(22)=帝京大=は、大学の先輩でロンドン五輪金メダリストの松本薫(29)=ベネシード=から
独特の激励を受けたという。
「『頑張ってね』と、頭を(胸元に押しつけられて)スリスリされました。いつもそんな感じです。私が小さい(身長1メートル48)ので子供みたいに思って
いるのかも」。笑って振り返る。
1週間ほど前に胃腸炎になったというが、「それで体重が1.5キロくらい落ちました。おかげで減量は大丈夫です」。初の大舞台に「だんだん気持ちが
高ぶって、ワクワクしています。自分の力を出し切れば勝てると思っている」と自信を示した。
「いつも通りですね」とは近藤。3度目の世界選手権、昨年のリオデジャネイロ五輪を入れれば4度目の世界大会で、すっかりベテランの風格だ。
今回は減量が順調だそうで、「しっかり食べているのでパワーも落ちていない。スピードもいいし、五輪のときより仕上がりは良いかも」と笑顔を見せる。
「海外で1回戦負けも経験しているので、1、2回戦の危なさも分かっている。1回戦からしっかり闘えるように準備している。経験を生かして金メダルを取って、
あとはみんなを気分よく応援できたら」と、“先鋒(せんぽう)”としての活躍を誓う。
現役時代を含めて、自身初の世界選手権を迎える増地克之監督(46)は「心地よい緊張感で、いよいよ始まると感じている」。代表が決まってからの
5カ月間、「選手は個々に課題を持ち、しっかり取り組んでこられた。あとは畳の上で、自分たちの力を信じて出すだけ」と、選手への信頼を口にした。
今回、日本代表は日程に合わせて6日間に分かれて出発。第1陣のこの日は、近藤、渡名喜や増地監督のほか、52キロ級の角田夏実(25)、
志々目愛(23)=ともに了徳寺学園職=や、国際柔道連盟(IJF)理事の山下泰裕・全日本柔道連盟会長(60)も出発した。

渡名喜、“野獣”流の激励受けて大舞台へ 世界選手権へ出発/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170823/jud17082311020002-n1.html

柔道の世界選手権(28日開幕・ブダペスト)に出場する女子48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)ら日本代表の第1陣が23日、出発前に成田空港で取材に応じ、
2大会ぶり2度目の優勝を目指す近藤は「経験を生かして金メダルを取りたい」と王座奪還に自信を示した。
前回2015年大会と昨夏のリオデジャネイロ五輪は3位。課題の減量は順調とのことで「パワーも落ちていないし、(動きの)スピードも良い仕上がり。
五輪の時よりも良いかもしれない」と手応え十分だ。同じ48キロ級で初出場の渡名喜風南(帝京大)は「自分の力を出し切れれば勝てる」と力強く話した。
女子52キロ級の角田夏実、志々目愛(ともに了徳寺学園職)もそろって意気込んだ。日本女子の増地克之監督は「心地よい緊張感がある。(目標は)
団体戦も含めて金メダル3つ以上」と抱負を述べた。

【柔道】近藤亜美が王座奪還に自信、28日開幕の世界選手権へ 女子第1陣が出発
http://www.sankei.com/sports/news/170823/spo1708230038-n1.html

181 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:04:10.73 ID:FzRygsw5

ユニバーシアード夏季大会第4日は22日、台北などで行われ、柔道で男子73キロ級の立川新(東海大、新田高出)と姉で女子52キロ級の莉奈
(福岡大、四国中央市出身)がともに優勝し、姉弟で金メダルに輝いた。男子66キロ級の磯田範仁(国士舘大)と女子57キロ級の村井惟衣(龍谷大)は
銅メダルを獲得した。
刺激し合う柔道の立川姉弟が、得意の粘り強さを発揮して金メダルをもぎ取った。男子73キロ級の弟・新と女子52キロ級の姉・莉奈がともに延長に及んだ決勝を制し、
新は「父も見に来ていたので良かった」と昨年9月の全日本ジュニア選手権以来という同時優勝を喜んだ。
先に決勝に臨んだ莉奈は「組むとすぐに技をかけてくる」とブラジル選手相手に我慢の時間が続いた。終盤にスタミナが切れることを見越して虎視眈々(たんたん)と
隙を狙い、最後は横四方固めで終止符を打った。
決勝を終えた姉が控室に戻ると、弟に向かってガッツポーズ。「(姉が)先に優勝しちゃったので負けられない」と1学年下の新も大柄なフランス人選手を攻め立て、
相手への指導が重なって優勝を決めた。
28日に開幕する世界選手権の日本代表勢とはまだ力の差がある。今大会の優勝をきっかけに、東京五輪へ飛躍を遂げられるか。莉奈は「これからもっと上を
目指す」と宣言し、新も「自分が選手の間に自国でできる五輪は東京が最後だと思うので死に物狂いで頑張りたい」と決意を口にした。

柔道・立川姉弟「金」
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201708233811

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)女子48キロ級代表の渡名喜風南(22=帝京大)が、“野獣”こと12年ロンドン五輪57キロ級
金メダルの松本薫(29)から激励を受けた。
23日、女子48キロ、52キロ級代表選手らと成田空港を出発。稽古で大学の先輩の松本から「『頑張ってね』と頭を(胸元に)スリスリされました。
自分が(148センチで)小さく、赤ちゃんに見えるらしいです」と独特なエールを送られたことを明かした。1週間前には人生初の胃腸炎になり、
体重が1・5キロ減量した。「おかげで減量は大丈夫。今はワクワクしているし、自分の力を出し切れば勝てると信じている。優勝して松本さんに
良い報告をしたいです」と気合を入れた。

渡名喜風南、野獣・松本薫から「赤ちゃん」エール - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1876752.html

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)に出場する日本選手団の第2弾として24日、男子軽量級の3選手と井上康生監督(39)らが
成田空港から日航便で出発した。
 「若い世代も出てきているが、僕が一番強いんだと、メダリストの誇りを胸に戦いたい」。60キロ級のリオデジャネイロ五輪銅メダリスト、
高藤直寿(24)=パーク24=は気合が入る。
調整は「順調です」。減量の厳しい時期も、妻が2人の子供の世話などで負担がかからないよう気遣ってくれたそうで、「ストレスを感じず柔道の
ことだけを考えてこられた」と感謝する。
卓球の吉村真晴(24)=名古屋ダイハツ=ら、五輪で一緒だった同学年とは、たまに会って食事をするグループを作っている。その吉村は6月の
世界選手権混複で、石川佳純(24)=全農=と組んで日本に48年ぶりの金メダルをもたらした。「すごいと思ったし、自分も頑張らなければと思った」と高藤。
「みんなの大会が終わったら、また集まるだろうし、そのときに僕が負けていたら嫌だなと」
今回、日本からは同級に東海大の後輩、永山竜樹(21)も出場。うまくいけば決勝で日本人対決もあり得る。「僕は(代表選考会で)永山に2度負けて、
それでも代表に選ばれた。決勝で永山に勝って金メダルを取りたい」と、4年ぶり2度目の世界の頂点に意欲を示す。
その永山も「気持ちは自分も同じ。決勝で高藤先輩とやって、最高の試合で勝ちたい」と勝つ気満々だ。「隙のない柔道をするように取り組んできた」と、
初の世界選手権での活躍を誓った。

高藤、4年ぶりの王座奪還に意欲 世界選手権へ出発/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170824/jud17082411350005-n1.html

182 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:04:45.68 ID:FzRygsw5

熱気あふれる場内に、畳をたたく音が響く。8月上旬、東京・世田谷区にある日体大の柔道場。初の世界選手権を控え、阿部が一心不乱に稽古に
打ち込んだ。
「ずっと目指していた大会。緊張とかプレッシャーというよりも、ワクワク感とか早く試合がしたい気持ちの方が強い。2020年東京五輪への第一歩。
オール一本勝ちで優勝したい」
今大会は、リオデジャネイロ五輪金メダルのファビオ・バシレ(イタリア)ら強豪がそろう中、阿部は対策を練る。得意技を生かすための逆技と足技の
精度アップだ。
「(得意技の)右の担ぎ技は、海外の強豪選手にも印象があると思う。相手がびっくりする逆の一本背負いといった逆技を出せれば動揺するし、
効いてくると思う。足技も出しつつ、足技で崩して担げたら理想」
実績に裏打ちされた自信もある。17歳だった兵庫・神港学園高2年時に講道館杯全日本体重別選手権を男子史上最年少で制覇。日体大進学後も
国際大会で結果を出し、早くも東京五輪の金メダル候補に挙げられる。
「やっと目標にしてきた舞台に立てる。一気に駆け上がってきたことはなく、積み上げたから今がある。自分の柔道をしたら世界で負けないと思っている。
言わないことには始まらない。思っていることが口に出ているだけ。もっと、強くなりたい」
五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(27)=パーク24=は66キロから73キロに階級変更。9日に20歳の誕生日を迎えた阿部は、66キロ級で
日本柔道界を引っ張る覚悟だ。
「世界の人たちに、66キロ級はやはり『阿部一二三だな』と思わせられるように、力を見せつけて優勝したい。(日本代表は)全階級で、金メダルを
狙えると思うので、自分たちがいいスタートを切れればいい。すごいいい勝ち方で次の階級の人にパスできれば」
20歳で迎える初の試合に向けて決意を示した。優勝を成し遂げ、3年後の大舞台への足がかりとする。
「これまで勝ってきた大会とは、世界選手権や五輪で勝つことは違う。いい内容で勝てれば東京五輪がグッと近づいて自信にもなる。みんな年上で、
酒を飲みに行ったりしている。世界選手権が終わって、みんなと楽しくやれたら。東京五輪に向けて、勝っていいスタートが切れればいい」
阿部の究極の目標は、五輪4連覇。初出場となる今夏の世界選手権は、“一二三伝説”の第一章になる。
日本語の記事も「訳される」
東京五輪での金メダル獲得に向けて、情報戦も熾烈(しれつ)を極める。肉体のデータはもちろん、練習メニューなど阿部に関する情報は、一切公表しない
方針だ。岡田准教授は「阿部を世界中がマークしている。海外に情報が漏れたら誰も得しない。日本の新聞記者が日本語で書いたとしても、
誰かが訳す可能性がありますから」というほどの徹底ぶりだ。

生まれ 1997(平成9)年8月9日生まれ、20歳。神戸市出身。
競技歴 6歳の時、地元の「兵庫少年こだま会」で柔道を始める。グランドスラムは14年東京、16年チュメニ、東京、17年パリで優勝。
験担ぎ 試合では赤いパンツを着用する。
憧れ 五輪3連覇の野村忠宏氏。野村氏を超える五輪4連覇が夢。
スター性 シドニー五輪金メダリストで、日本男子の井上康生監督(39)は「人を引きつけるスター性を持った逸材。大事に育てたい」。
名前(一二三)の由来 両親が「一歩一歩進んでいってほしい」との思いから名付けた。
妹・詩も活躍 女子52キロ級の詩(うた、17)=兵庫・夙川学院高2年=は2月のグランプリ・デュッセルドルフ大会でシニア国際大会初優勝。
8月の高校総体も初制覇し、全国高校選手権との2冠を達成。
気になる人!? 同じ名前で、将棋の加藤一二三さん(77)について、「だいぶ(性格が)変わってるじゃないですか(笑)。なんて言ったらいいんですかね(笑)」。
好きな言葉 「努力は天才を超える」。
趣味 買い物。
きれい好き 道着を他人に触らせない。洗濯を自ら行う。
好物 肉。
サイズ 1メートル68。

【サンスポ×日体大】阿部一二三、柔道で金メダルのために生まれた芸術作品
http://www.sanspo.com/sports/news/20170824/jud17082410030001-n1.html

183 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:05:30.38 ID:FzRygsw5

昨夏のリオデジャネイロ五輪で強化スタッフとして男子日本代表・井上康生監督を支え、全階級メダル獲得に貢献した岡田隆准教授は、阿部を
「66キロ級で金メダルを取るために生まれ、そして作り込まれてきた芸術作品」と絶賛する。
日体大で阿部のトレーニングをサポートし、日本トップクラスのボディービルダーでもある岡田准教授は「特に肩、体幹は世界トップレベルの強さがある。
瞬発力もある。軟らかさも兼ね備えているので、けがをしにくい。ウエートトレーニングで作り込んだ体ではない。激しい稽古で鍛えた筋肉に無駄は
一切ない」と言い切る。さらに、最強の肉体を証明する3つの根拠を挙げた。
(1)腸にも才能がある!?
「“食い力(くいぢから)”がある。胃腸にも才能がある。阿部は食べたものが筋肉になりやすい。稽古と食事で筋肉が育つ。昔は体の線が細いと思ったけど、
日体大で稽古を積むことで筋肉が発達してきた。いい稽古をして、しっかり食べて筋肉に変えてきた証」
宝石のような遺伝子
「ボディービルは筋肉がでかくなる遺伝子を開花させた者が勝ち。筋肉がつく遺伝子を持っているだけでもすごいのに、そのうえ、体を精密に
動かせる。そして強烈な稽古や試合でもけがをしない。靱帯や腱は怪我をしやすい部位だが、この強さにも遺伝子が影響する。宝石みたいな体」
(3)リミッターが壊れている!?
「リミッター(制御装置)がきれている。生理学的にいえば、脱抑制しやすい。日本人は遠慮がちな民族の特性があって脱抑制しにくい選手が多いなか、
阿部は力を出し切る能力に長けている。安全な状況で行う筋トレの記録が強いとか弱いとかは関係ない。柔道は格闘技。危険な状況で、どう猛に
力を出し切れるのは大切な資質」
体力強化の専門家である岡田准教授に「稽古に集中して高い質の練習をし続けることが至上命題。(現時点で)肉体を抜本的に変える必要はない」と
言わしめる。阿部の肉体は、まさに芸術作品だ。

【サンスポ×日体大】バズーカ岡田が語る、阿部一二三の強さの理由
http://www.sanspo.com/sports/news/20170824/jud17082410020002-n1.html

阿部を指導する山本洋祐部長(57)が、2020年東京五輪に向けた「3年計画」をサンケイスポーツに明かした。
阿部を「10年に一人の逸材。古賀(稔彦)、野村(忠宏)に続く選手。投げるタイミング、投げる技術、身体的な能力、バランス、すべてを兼ね備えている」と、
ほれ込む山本部長。東京五輪での金メダル獲得に向けた3年計画を披露した。
「今年の世界選手権は東京五輪の第一章。来年の世界選手権とグランドスラム東京を優勝すれば、翌年(五輪プレ大会となる2019年)の世界選手権の
切符が獲得できる」
東京五輪への道に、黒星はいらない。「(阿部に)『負けて学ぶよりも勝って学んでいこう。勝ち続けて東京に行こう』と伝えた」と山本部長は常勝を求める。
あらゆるタイプに対応できる力をつけるため、18年に海外での単独武者修行のプランもある。右組みで繰り出す左からの技や寝技も磨く方針だ。
19年の五輪プレ大会を制覇し、大本命として本番を迎えるのが理想だ。「常に五輪を想定する」。日体大柔道部のテーマ「克己」を胸に、二人三脚で
連勝街道を突き進む。

【サンスポ×日体大】山本洋祐柔道部部長「勝ち続けて東京五輪へ」
http://www.sanspo.com/sports/news/20170824/jud17082410000003-n1.html

初出場となる66キロ級で20歳のホープ、阿部一二三(日体大)は「最終目標は東京五輪での金メダル。この世界選手権がその第一歩になれば」と
自信あふれる表情で語った。
60キロ級は、リオデジャネイロ五輪銅メダルで24歳の高藤直寿(パーク24)と21歳の永山竜樹(東海大)が世界一を目指す。2013年以来の優勝を
目指す高藤は「自分が若手じゃなくなってくる中で、まだまだ僕が一番強いということを証明しないといけない」と気を引き締め、永山は「決勝で高藤先輩と
当たり、最高の試合をして勝ちたい」と意気込んだ。
男子はリオ五輪で復活を印象づけた。井上康生監督は「リオが終わってからの第一段階の戦いになる。2018、19、20年と常にレベルが上がっていける
ように」と一層の成長を期した。

阿部「東京五輪金メダルへの第一歩になれば」 男子軽量級が出発/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170824/jud17082410470004-n1.html

184 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:06:30.98 ID:FzRygsw5

ai

185 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:06:53.58 ID:FzRygsw5

柔道世界選手権(28日開幕、ブダペスト)の女子48、52キロ級に出場する日本代表4選手が成田空港から出発。“野獣パワー”を注入された
48キロ級の渡名喜風南(帝京大)が初出場初優勝を誓った。
大学の先輩にあたる12年ロンドン五輪57キロ級金の松本薫(ベネシード)が大学の道場に稽古に訪れた際に「“頑張ってね”と言われ、
頭をすりすりされた」と言い、パワーをもらった様子。「自分の力を出し切れば勝てると思う」と自信たっぷりで、試合中は外すものの「勝ちたい、
と思ったら着ける」というラッキーアイテムのピアスを耳に旅立った。

渡名喜、金獲りだ!野獣パワー注入 柔道世界選手権へ出発
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/24/kiji/20170823s00006000513000c.html

柔道の世界選手権は28日、ブダペストで開幕する。個人戦で日本は、派遣を見送った男子90キロ級と女子63キロ級を除く男女各6階級に
18人を送り込む。最終日の9月3日には、2020年東京五輪の新種目に採用された混合団体が行われる。
 【男子】昨年のリオデジャネイロ五輪で日本は、全7階級でメダルを獲得した。井上康生監督は「(出場する)全階級で金を目指す」と完璧な成績
を目標に掲げる。
100キロ超級はリオ五輪銀の原沢久喜(日本中央競馬会)と、全日本選手権覇者の王子谷剛志(旭化成)で再建を目指す。五輪を連覇し、
世界選手権7連覇中のテディ・リネール(フランス)を倒せるか。
66キロ級のホープ阿部一二三(日体大)、73キロ級の橋本壮市(パーク24)はともに初出場ながら地力十分。81キロ級の永瀬貴規(旭化成)は
連覇の期待が大きい。代表2人の100キロ級は羽賀龍之介(同)とウルフ・アロン(東海大)、60キロ級には高藤直寿(パーク24)と永山竜樹(東海大)が
出場。両階級とも、リオ五輪の銅メダリストに期待の若手という陣容だ。
 【女子】リオ五輪で日本のメダルは金1、銅4。増地克之監督は「金を一つでも二つでも上積みしたい」と意気込む。
48キロ級は3年前の世界女王、近藤亜美(三井住友海上)と、力をつけてきた渡名喜風南(帝京大)が代表。伝統的に日本が強さを見せてきた階級で、
日本勢同士の決勝も期待される。78キロ級では梅木真美(ALSOK)が連覇を狙い、佐藤瑠香(コマツ)は初のメダルを見据える。70キロ級の
新井千鶴(三井住友海上)は、前回大会でメダルを逃した雪辱を期す。
78キロ超級は全日本女王となった朝比奈沙羅(東海大)、57キロ級は芳田司(コマツ)、52キロ級は角田夏実と志々目愛(ともに了徳寺学園職)が
出場。いずれも個人戦では初の世界選手権となる。

再建目指す男子最重量級=女子は複数の金狙う-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082400835

「もしかしたらスポーツってみんなが知らないところでどんどん進化している?」と題し、リオデジャネイロ五輪で過去最多となる12個のメダルを
獲得した日本柔道の驚くべき進化を紹介した。
まず同番組では、「相手を丸裸にできる!最先端分析システム」として、リオ五輪の半年前に完成したという「G OJI RA」を紹介。システム開発に
携わった一人、全日本柔道連盟・科学研究部の石井孝法氏は、同システムを「対戦相手の癖だったり、得意な技。もしくは失点する時間帯など
相手の傾向を丸裸にする」と説明した。
10000試合、2000人以上の選手データが蓄積されている「GO JI RA」では、相手選手の戦績やポイントを取った技の種類、時間帯、先制された際の
勝率などがわかるほか、技別に映像を観たり、投げる方向や組み手は道着のどこを握っているのかまで確認することができるという。
その他にも、石井氏は「選手達の睡眠時間とか食事、トレーニングをどういう風にしているのか。そういうところも合わせてみて大会の結果に
なってくるので、多角的に分析するようなことをやっていく」と語り、「GOJIRA」のさらなる進化を予告。このVTRを観ていた、スタジオゲストで
柔道経験者のハマカーン・浜谷健司は「僕らの時代なんて相手が強いかどうかなんて、耳が潰れているかどうかくらいしか判断できなかった」と
驚きを隠せずにいた。

相手の傾向を丸裸にする「GOJ IR A 」柔道の驚くべき進化をテレビ番組が紹介
http://news.livedoor.com/article/detail/13516055/

186 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:08:21.42 ID:FzRygsw5

柔道の団体は決勝で男子がロシアを、女子は韓国をそれぞれ4―1で退けて優勝した。

柔道団体は男女とも金
https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40703_U7A820C1000000/

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)に出場する日本選手団の第3弾として25日、女子57キロ級の芳田司(21)と、男女混合団体戦の同級代表で
女子主将の宇高菜絵(32)=ともにコマツ=が、成田空港から日航便で出発した。
初出場の芳田は「柔道をしてきた中で、一番大きな大会。いろいろ考えて緊張しています」。それでも表情が柔らかい理由には、同行する先輩の存在が大きい。
当初、この日に出発する選手は芳田だけで、帯同するコーチと2人での移動。心細かったが、27日に出発の予定だった宇高が直前になって同行することになった。
「頼りになる先輩。(一緒でなければ)全然違ったと思う」と笑顔を見せる。
同じ階級で、元世界女王でもある宇高は「大事な存在」だ。「柔道ではライバル。緊張感を持って、試合のようなレベルの高い練習ができる」。一方で道着を脱ぐと
「とてもかわいがってくれるんです」。この日も報道陣の取材に対応する前、お互いに髪や顔をチェックし合うなど、仲の良さを感じさせた。
「一緒に行けることになって、芳田が喜んでくれたのはよかった」というのは宇高。出番は最終日(9月3日)で、まだ先だが、「私は時差ぼけの改善に時間がかかる
タイプ。ロシアの世界選手権(2014年、優勝)に出たときも、7日前に入ってうまく調整できたので、早まってよかった」と変更を喜んだ。
2人にとって国内最大のライバルといえるロンドン五輪同級金メダリストの松本薫(29)=ベネシード=が、出産をへて練習を再開した。先日、練習で一緒になった
という芳田は「赤ちゃんをコーチに任せて練習していました。子供を産んでもすぐに切り替えて打ち込みしている姿を見ると、『本当にお母さんなのかな』と思うくらい。
ライバルという以上に、人としてすごいと感じました」。そう振り返り、気を引き締める。
そうそうたる先輩たちと、1つしかない東京五輪同級代表の座をめぐって競う芳田。「私は、悪いときは気持ちが守りに入り、柔道も小さくなる。覇気を出して、大きな
柔道をして勝ちにいく」。世界選手権で、まずは頂点を取りにいく。

芳田、信頼する先輩と同行で「心強い」 世界選手権へ出発/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170825/jud17082510590002-n1.html

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)女子57キロ級代表の芳田司(21=コマツ)がイメチェンした。
25日、成田空港から出発。チェックインカウンターにマッシュルームカット姿で現れた。これまでは肩にかかるぐらいのボブカットだったが、10センチ程度切り、
後頭部を刈り上げたニューヘアー。「スッキリしたくて切りました。周りから『キノコヘア』とかいじられます。特にこの髪形を意識したわけでなく、切ったらこうなって
いました」と笑みを見せた。
12年ロンドン五輪金メダルでリオデジャネイロ五輪後、休養に入っている松本薫を追う1番手。得意の内股を駆使して勝利を重ねてきた。「メンタルが弱い」と
自己分析して、初の大舞台は「これまでの中で一番大きな大会。いろいろ考えて緊張しています…」と心境を語った。
この日は当初、コーチと2人で移動予定だったが、直前で同じ所属で男女混合団体戦女子57キロ級代表の宇高菜絵(32)も同行することになった。
「頼りになる先輩がいてくれて心強いです。柔道の時はライバルだけど普段は別。かわいがってもらっています」。写真撮影前には、互いの髪を確認し合うなど
仲の良さを感じさせた。
世界選手権での勝利のカギは技術以上に「気持ち」と考える。「悪い時は柔道が小さくなる。最後まで攻めて、決めるところで決める。覇気を出して大きな柔道をしたい」。
闘志を内に秘めた芳田が初の世界女王を目指す

芳田司がマッシュルームカットでイメチェン出発 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1877438.html

187 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:08:55.51 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権が28日から9月3日まで、ブダペストで行われる。昨年のリオデジャネイロ五輪で不本意な結果に終わった選手は雪辱を期し、期待の若手は
2020年東京五輪をにらむ。大舞台を前にした男女6人の思いを伝える。
目標は全試合一本勝ち=20歳阿部、自信の初舞台
初の世界選手権を前にしても、気負いはない。9日に20歳になった男子66キロ級の阿部一二三(日体大)は、「自分の柔道を出せれば絶対に優勝できる」と
揺るがぬ自信を口にする。
背負い投げや大腰などを軸に、あらゆる技で一本を狙える本格派。その名を知らしめたのが3年前だった。講道館杯を17歳2カ月の男子史上最年少で制し、
翌月のグランドスラム東京も優勝。一時はリオデジャネイロ五輪代表入りも期待された。
日体大柔道部長を務める1988年ソウル五輪男子65キロ級銅メダリストの山本洋祐さんは「20年に一人の逸材」と中学時代から才能にほれ込み、大学を
挙げてスカウトした。実業団の選手も出稽古に来る環境で順調に力を伸ばし、今年4月の全日本選抜体重別選手権で全3試合に一本勝ちするなど、圧倒的な
内容で初の世界切符を手中にした。
既に国際大会の実績も豊富で、世界選手権では厳しいマークが予想される。対策として、本来の組み手とは逆の左の一本背負い投げや袖釣り込み腰を
身につけて幅を広げようとしている。中途半端な形では技を返される危険もあるが、「すごくいい感覚」と手応えを得ている。
「2020年の東京五輪まで負けなしで」と意識は高い。その第一歩と位置付ける世界選手権で、オール一本勝ちの壮大な目標を掲げる。
柔道の全日本女子強化合宿で、練習に励む48キロ級の近藤亜美(右)=3日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
看板階級背負う気概=近藤、3度目の風格
世界選手権代表入りは22歳にして3度目。女子48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)は「特別な大会ではなく、勝つべき大会」と風格を漂わせる。
今回ともに代表入りした同い年の渡名喜風南(帝京大)の存在も、「ライバルがいた方が面白い」とプラスに考える。
2014年に19歳で初出場した世界選手権で優勝した。リオデジャネイロ五輪は浅見八瑠奈との代表争いを制して出場したが、銅メダル。金を逃した悔しさとともに、
疲れがどっと出た。
70キロ級で金の田知本遥(ALSOK)ら日本女子のメダリストの多くがリオ五輪後に休養に入った。「私も休みたい。何で出ているんだろう」と何度も気持ちが揺らいだ。
昨年12月のグランドスラム東京では渡名喜に屈した。葛藤が続く中、父敬造さんの一言が胸に刺さった。「休んでも、お前は得をしない」
2020年東京五輪で再び金に挑戦すると決めている。そのために、世界代表の座を簡単に手放してはいけないと思い直した。最終選考会だった4月の全日本選抜
体重別選手権。渡名喜との決勝は延長にもつれ、8分近くの熱戦の末に大外刈りで一本勝ちした。
かつて谷亮子が君臨した48キロ級。「ヤワラちゃんの階級と言われるのを、いつかは自分が変えたい」。看板階級を引っ張る気概を胸に、ブダペストに乗り込む。
2番手から目指す連覇=羽賀、威厳示す戦い
昨年のリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した直後、悔し涙を流した。男子100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)は3年後の東京五輪で雪辱を期す。そして、
その道が険しいこともよく分かっている。
2014年世界選手権に、100キロ級の日本代表は派遣が見送られた。世界で勝負できる選手がいないと判断されたからだ。屈辱はバネになる。翌年、羽賀は
世界王者になった。
リオ五輪代表に選ばれ、第一人者としてこの階級を支えてきたが、今回は母校の後輩に当たるウルフ・アロン(東海大)に次ぐ2番手で代表入り。4月の全日本選抜
体重別選手権決勝で延長戦の末、ウルフに競り負けた。リオ五輪以来の実戦だったが、「いけるだろうという甘い部分があった」。スタミナ自慢の相手と12分以上を戦い、
後輩の成長を身をもって知る結果となった。
21歳のウルフのほか、19歳の飯田健太郎(国士舘大)も力をつけている。そんな勢力図の変化にも、26歳の羽賀は「自分を成長させてくれる」と若手の存在をプラスに捉える。
得意とする内股以外の足技の精度を上げようと取り組んできた。以前より負荷をかけたトレーニングの成果も表れ、リオ五輪当時より「レベルアップしている」と実感。連覇を遂げ、
この階級を率いてきた者としての威厳を示したい。

188 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:09:58.95 ID:FzRygsw5

nnn

189 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:10:23.66 ID:FzRygsw5

ライバルの栄光を力に=新井、雑念なく再挑戦
女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)は昨年、大きな挫折を味わった。リオデジャネイロ五輪代表を田知本遥(ALSOK)と激しく争いながら、最終選考会と
なった全日本選抜体重別選手権の直接対決で競り負け、あと一歩でその座を譲った。技術以上に気迫の差を悔やむ一戦だった。
勝負どころで力を発揮できないことは、それまでにもたびたびあった。21歳で初出場した2年前の世界選手権は、日本女子で唯一メダルを逃す5位。「これまでは
結果ばかりを見たり、周りを気にして集中していなかったりすることがあった」と苦い過去を振り返る。
正月に掲げた今年のテーマは「不動」。雑念を振り払い「とにかく一つ一つ、やるべきことをやる」と心掛けると、戦いに安定感が増した。劣勢でも辛抱し、得意の内股に
頼るのではなく、強化した寝技でも白星を重ねた。2月の国際大会2戦と4月の選抜体重別を制し、再び世界切符を手に入れた。日本女子の増地克之監督は「メンタル
の不安要素がほとんど感じられない。本当に自信を持っている」と信頼する。
リオ五輪では田知本が金メダル。胸中、祝福の気持ちと悔しさが同居したが、今は「そういう人と代表を争っていたのだから世界選手権の金メダルは遠くない」と
前向きに思える。五輪女王が休養する中、再び存在感を高めようとしている。
屈辱の全日本で目覚める=原沢、五輪の雪辱へ
不完全燃焼の銀メダルだった。リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級決勝。原沢久喜(日本中央競馬会)は、指導の差で逃げ切りを図るリネール(フランス)に
まともな技を掛けられないまま、五輪連覇を許した。初の世界選手権は雪辱の機会。「五輪と何ら変わらない。世界一になることで悔しさを多少晴らせる」と優勝を
見据える。
男子最重量級復権への期待を背負ったリオ五輪後、闘争心を取り戻すのは容易ではなかった。不振が続き、4月の全日本選手権は3回戦で絞め落とされる屈辱。
「必ず優勝するという思いが足りなかった」。実績を買われ、同じ25歳で全日本覇者の王子谷剛志(旭化成)とともに世界代表となったが、落選していても仕方ない
成績だった。
だが、国内で最も権威ある大会で気絶するという「これ以上ない負け方」(原沢)で目が覚めた。6月の全日本実業団体対抗大会決勝の代表戦で王子谷と対戦すると、
相手得意の大外刈りを豪快に返して一本勝ち。日本男子の井上康生監督は「あの負けが相当響いたのだろう。顔つきも体つきも変わってきた」と復調を感じ取った。
世界選手権のこの階級はリネールが7連覇中。日本勢の優勝は2003年大会の棟田康幸までさかのぼる。壁を打ち破るのは誰か。「自分が絶対にやる」。王者を
倒して頂点に立つつもりでいる。
失意のリオから再起=梅木、力つけ連覇に挑戦
世界女王の看板を背負って出場した昨年のリオデジャネイロ五輪は、初戦敗退。当時、大学4年だった女子78キロ級の梅木真美(ALSOK)は、涙が止まらなかった。
「今思い出してもすごく悔しい」。普段は柔和な表情が曇る。
伏兵的な立場で臨んだ2015年世界選手権で頂点に立った。優勝候補が次々と敗れる追い風に乗った結果だと理解し、リオ五輪では余計な重圧を感じていたわけ
ではなかった。だが、序盤に指導を続けて言い渡されると、得意の寝技でも挽回できず試合終了。課題の組み手で後手に回ったのが敗因だった。
再起への道は弱点を見詰め直すことから始まった。練習では組み手の強化をテーマに掲げ、春に岡山の環太平洋大を卒業して上京すると、出稽古先で男子選手と
組み合ってきた。週3日、専門家に指導を受けながら筋力トレーニングに励み、筋肉量は3キロ以上増した。
「引きつける力が上がったし、組み負ける場面が少なくなった」。寝技の精度も上がり、2月から5月まで国内外で3大会連続優勝。立ち技で圧力をかけられるから、
寝技も優位に展開できる。
失意の五輪から1年を経て「力はついてきている。隙をつくらずに集中すれば大丈夫」と自信も回復した。今回の世界選手権は日本女子でただ一人、連覇を狙う
立場で臨む。

世界柔道、28日開幕=頂点目指す若手6人
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082500602

190 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:10:51.74 ID:FzRygsw5

女子57キロ級に出場する芳田司(21)=コマツ=が25日、成田空港から出発した。当初はコーチと2人で移動の予定だったが、所属の先輩で団体戦代表の宇高菜絵(32)も
予定が早まり同便に。「頼りになる先輩。(一緒でなければ)全然違った」とホッとしたような笑顔。「覇気を出して、大きな柔道をして勝ちにいく」と初の大舞台での
目標を掲げた。

女子57キロ級・芳田、初の大舞台へ出発「覇気出して勝つ」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170826/jud17082605010001-n1.html

2020年東京五輪へ向け、注目を集めるのが男子66キロ級の阿部一二三(20)=日体大。天才の系譜を受け継ぐと期待されるホープに、日体大の大先輩で
バルセロナ五輪71キロ級金の古賀稔彦氏(49)が、今の勢いを生かすようアドバイスした。
阿部は今、何をやっても楽しい時期だ。やればやるほど自分の成長を実感し、強い相手と闘うのが楽しくてしようがないと感じているだろう。
私が初めて世界選手権代表に選ばれた(1987年エッセン大会)ころに比べ、今は過度なプレッシャーがなく、日の丸をつけて闘える喜びを感じながら実力を
出せる時代。阿部はそういう状況で実力を2倍、4倍にして発揮できる、大舞台が好きなタイプだと思う。
技術面では大学に入って技の幅を広げる意欲が増し、成長している。得意の背負い投げには、多少強引でも持っていける自信があるようだ。私がそうだったように、
ステージが上がれば上がるほど技を極めていくことが必要になっていくが、彼は気持ちで闘う選手。“お利口さん”な柔道をしようとすれば、勢いが鈍る。今は強引でも
投げる自分のスタイルで押し通し、勢いを大事にしてほしい。 (古賀塾塾長、環太平洋大総監督)

古賀稔彦氏が阿部に贈る金言「今は投げる自分のスタイルを押し通せ」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170826/jud17082605020002-n1.html

男子73キロ級の橋本壮市(26)=パーク24=と同81キロ級の永瀬貴規(23)=旭化成=が成田空港から日航便で出発した。
「プレッシャーを感じますが、ドキドキも。しっかり優勝してやるぞという気持ちです」。橋本は、初めて臨む大舞台を前に武者震いする。
「自信満々で、夜も眠れないほど。明日試合でもいいくらいです」
同学年で、リオ五輪同級金メダリストの大野将平(25)=旭化成=の陰に隠れた存在だったが、2015年11月のグランプリ青島大会(中国)以来、
国際大会では負けなし。現在の世界ランクは堂々の1位で、「胸を張って試合してきます」と気力がみなぎる。
快進撃を“支えて”いるのはラッキーアイテムだ。量販店でビビッときて購入した黄色いブタのおもちゃ。遠征に持って行くようになって以来、国際大会の不敗が
続いている。「今回もスーツケースに入れています」と笑う。
リオ五輪後、国際大会を休養している大野とは、2020年東京五輪の代表をめぐって今後争うことになる。「今回の優勝は2020年へ、とても重要。
しっかり勝ってから、大野と戦える。優勝して次につなげたい」。先を見据えている。

待ってろ大野!! 橋本、“幸せの黄色いブタ”携え世界選手権へ出発
http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/170826/spo17082611080031-n1.html

73キロ級代表の橋本壮市(26=パーク24)、男子81キロ級代表の永瀬貴規(23=旭化成)が26日、成田空港を出発した。
世界柔道初出場となる橋本は「プレッシャーは感じるけど、しっかり優勝したい」と気合十分。国際柔道連盟の世界ランキング1位として大会に臨むが
「胸を張って試合に挑む」と意気込む。
練習を十分に重ねて「夜も眠れないぐらい。明日が試合でもいいくらいだ」と絶好調を自負する。そして「この大会で優勝を必ず達成する。そして次につなげたい」と、
同階級のリオ五輪金メダリスト・大野将平(25=旭化成)を意識しながら将来を見据えた。
永瀬は大会を前に「やるべき準備はしてきた。試合が楽しみ」とケガもなく万全な状態だ。さらに「パワーが成長している。組み手の技術や技に入るタイミングがいい」と
自身の成長を語った。
今大会ではシードはない分、「1試合目が大切。いかにいい形でスタートを切れるかが結果につながる」と、初戦から万全を期すつもりだ。
前回15年のカザフスタン・アスタナ大会を制したが、昨年のリオ五輪では銅メダル。永瀬は「(世界柔道の)連覇は関係ない。挑戦者という気持ちで戦う」と抱負を語り、
日本を後にした。

【世界柔道】橋本壮市「この大会で優勝を必ず達成する」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/745866/

191 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:11:33.78 ID:FzRygsw5

男子81キロ級の永瀬貴規(23)=旭化成=と、同73キロ級の橋本壮市(26)=パーク24=が成田空港から日航便で出発した。
「やるべきことは、しっかり準備した。試合が楽しみ」と永瀬。2年前のアスタナ(カザフスタン)大会を制しており、2連覇がかかるが、「去年、(リオデジャネイロ)五輪で負けて
いる(銅メダル)ので、挑戦者の気持ちの方が強い」と攻めの姿勢だ。
五輪の悔しさを忘れず、いっそうの成長を目指すために、今年1月から欧州3カ国で1カ月あまりの単独武者修行を敢行。「普通、海外に行くと、コーチとか誰か日本人がいて
頼ってしまう。初めて自分一人で海外へ行き、何から何まで自分一人でやるという、今までにない経験をできた。精神的な部分で強くなったと思う」。柔道の面でも
「(外国勢と)稽古する中でパワーでも成長したし、組み手の細かな技術や、技に入るタイミングなども以前より成長できている」と手応えを話す。
昨年、1位まで上がった世界ランキングは、現在12位。「今回はシード権がないので、1試合目が大切。いかに良い形でスタートを切れるかが結果につながるので、
初戦を大事にしたい」と気を引き締めた。

永瀬「連覇より挑戦者の気持ち」  世界選手権へ出発/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170826/jud17082610560004-n1.html

柔道の全日本体重別選手権男子100キロ超級準優勝の影浦心(21=東海大)が、来春の卒業後に実業団1部の日本中央競馬会へ進むことが25日、分かった。
日本中央競馬会は今年6月の実業団体対抗大会では2連覇を達成した強豪。世界選手権同級代表の原沢久喜やリオデジャネイロ五輪90キロ級金メダルのベイカー茉秋らが所属している。
影浦はこの日、金メダルを獲得したユニバーシアード夏季大会(台湾)から帰国した。

柔道100キロ超級の影浦心が来春JRA入りへ - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1877729.html

ユニバーシアード夏季大会(台北市)の柔道女子48キロ級で優勝した梅北真衣(18)=山梨学院大1年=らが25日、帰国した。梅北は5試合全て一本勝ちという
圧倒的な試合運びで金メダルを獲得。学生世界一の称号を手に、12月に東京で開催される国際大会の最高峰・グランドスラム(GS)東京出場を目指す。
「大きい相手にも思い切って手を出す柔道ができた」。大学進学後初の国際大会優勝を梅北は笑顔で振り返った。五輪メダリスト相手にも堂々と立ち向かった。
2回戦では、昨年のリオデジャネイロ五輪銅メダリスト、オトゴンツェツェグ・ガルバドラフ(25)=カザフスタン=に一本勝ち。互いに相手を警戒する中、持ち味の
前に出る柔道を貫いた。準決勝では同五輪銀メダルの鄭普ギョン(チョン・ボギョン、26)=韓国=を延長戦の末、上四方固めで下した。
今春、夙川学園(兵庫)から山梨学院大に進学。70キロ級で準優勝した新添左季(21)=山梨学院大3年=らと共に柔道漬けの日々を送っている。「金メダルは、
この先につながる指標になった。新添さんのようにGSに出場できるよう、もっと練習して強くなりたい」と梅北。昨年GS東京を制した先輩の背中を追いかけ、心技体に
磨きをかける

ユニバ柔道「金」の梅北、東京グランドスラムへ「もっと練習」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170825-OHT1T50222.html

柔海老沼匡(27)=パーク24=が26日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われた全日本実業個人選手権の73キロ級に出場し、
今後は同級に変更して20年東京五輪に挑む意思を示した。
海老沼は準々決勝で、優勝した竹内信康(新日鉄住金)に一本負け。それでも、「この大会に出て階級を変更するかどうか決めるつもりだった」
とした上で、「(73キロ級で)やれるな、という手応えがある」と明言。階級を上げるメリットについて、これまで約10キロの減量を強いられていた
状態から「自分が一番楽になる」と話した。
73キロ級ではリオ五輪金メダリストの大野将平(旭化成)、近く開幕する世界選手権(ブダペスト)代表で所属が同じ橋本壮市(パーク24)らとしのぎを削ることになる。

海老沼、73キロ級に変更=東京五輪へ、大野らと勝負-柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082600494

192 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:12:22.18 ID:FzRygsw5

sato

193 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:12:38.24 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(28日開幕、ブダペスト)に出場する日本選手団の第5陣として27日、女子70キロ級の新井千鶴(23)=三井住友海上、
同78キロ級の梅木真美(22)=ALSOK=と佐藤瑠香(25)=コマツ、同78キロ超級の朝比奈沙羅(20)=東海大、そして男女混合団体戦
メンバーの新添左季(21)=山梨学院大=と素根輝(17)=福岡・南筑高=が、成田空港から日航便で出発した。
髪を切り、ちょっとパーマをかけて現れたのは最重量級で初出場の朝比奈。「験担ぎじゃないけど、試合前は必ず切ることにしています」と、
女の子らしくほほ笑む。
昨年12月のグランドスラム(GS)東京から、今年2月のGSパリ、5月のGSエカテリンブルグと国際大会3連勝。現在、世界ランキング3位で大舞台に臨む。
「結構ワクワクしています」と腕を撫す。練習では自分より大きい海外勢を想定し、男子選手を相手に組み手対策などを行ってきた。「まず自分の形を作ること
を重点的にやってきました。自分なりに充実してできたので、成果を出せれば」
旅のお供は、ウサギのぬいぐるみ「フラッフィー」と、東海大ラグビー部のタオル。ぬいぐるみはGSパリの際に買ったもので、「普段はベッドの上に置いてあって、
一緒に寝ています。タオルも枕に巻いています」。快眠グッズを携え、リラックスして試合場に立つつもりだ。
目標を「(世界王者に着用が許される)赤ゼッケンで帰ってくることが一番」としつつも「自分らしさを世界にアピールしたい。結果より、そこを一番出せたら」。
一方で「自分は実力より運で勝ってきた部分があるので、世界の実力者と組み合えるのは楽しみです」と、純粋に勝負を楽しみにもしている。
スキー・ジャンプで高梨沙羅(20)=クラレ=が世界に君臨し、レスリングではリオデジャネイロ五輪69キロ級金メダリストの土性沙羅(22)=東新住建=が
24日には世界選手権(パリ)でも金メダルを獲得。同じ名前として「刺激にはなりますが、自分は『朝比奈沙羅』として売っていきたいので」。柔道界でも、
沙羅の名を世界にとどろかせる。

高梨、土性に負けない!! 「朝比奈沙羅」の名をアピールする/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170827/jud17082712220003-n1.html

女子78キロ超級で20歳の朝比奈沙羅(東海大)が27日、成田空港で出発前に取材に応じ「自分らしさを世界でアピールすることが目標。実力者と組み合えるのは
楽しみ」と意欲十分に話した。
78キロ級は前回覇者として臨む梅木真美(ALSOK)と4度目の出場となる佐藤瑠香(コマツ)が頂点を目指す。昨年のリオデジャネイロ五輪で初戦敗退に終わった
梅木は「悔しい思いをしたくない。世界一を狙ってやってきた」と決意を口にし、佐藤は「この大会で負けてばかりなので、しっかり勝ちたい」と闘志を燃やした。
70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)は前回5位。初優勝へ「やってきたことを出すだけ。取りたいタイトル」と意気込んだ。

朝比奈が世界柔道へ意欲…梅木は2連覇目指す
http://www.sanspo.com/sports/news/20170827/jud17082710260002-n1.html

2連覇を目指す梅木真美(22)=ALSOK=と佐藤瑠香(25)=コマツ=が出場する。梅木は昨年のリオ五輪で初戦敗退。2年前の栄光よりも、五輪の苦い記憶が強く残るだけに
「もう悔しい思いはしたくない。世界一を目指してやってきたので、リベンジという意味でも一戦一戦、集中していきたい」と雪辱を誓った。
一方、佐藤は4度目の出場で悲願の初優勝を狙う。現地には所属のコマツの社員や母、弟らも応援に駆け付ける予定で「すごくうれしい。この大会で負けてばかり
なので、しっかり勝ちたい。自分の思い、やってきたことを柔道で表現したい」と決意を込めた。

柔道女子日本代表が世界選手権へ出発 78キロ級・梅木「もう悔しい思いしたくない」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170827-OHT1T50105.html

柔道の全日本体重別選手権女子63キロ級準優勝の能智亜衣美(21=筑波大)が来春の卒業後に実業団の了徳寺学園へ進むことが26日、分かった。
能智は世界選手権の女子団体戦代表に選出されていたが、6月に男女混合団体のみの実施に決まり、63キロ級が当該階級でないため外れた。
ユニバーシアード夏季大会(台湾)では金メダルを獲得した。了徳寺学園は世界選手権女子52キロ級代表の角田夏実や志々目愛らが所属している。
全日本柔道連盟の山田利彦強化副委員長が監督を務めている。

ユニバ「金」柔道の能智亜衣美は了徳寺学園所属へ - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1878284.html

194 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:14:23.60 ID:FzRygsw5

aiko

195 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:15:11.10 ID:FzRygsw5

nn

196 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:15:29.24 ID:FzRygsw5

男子66キロ級の阿部一二三(日体大)は2回戦からの登場となった。各階級とも初戦で日本勢同士の対戦はない。
阿部は勝ち進めばリオデジャネイロ五輪王者のファビオ・バシレ(イタリア)、前回覇者でリオ五輪銀メダルの安バウル(韓国)と準決勝で当たる可能性がある。
男子100キロ超級でリオ五輪2位の原沢久喜(日本中央競馬会)、王子谷剛志(旭化成)も2回戦が初戦。王子谷は8連覇を狙う最強のテディ・リネール(フランス)と
同じブロックに入り、原沢は反対側に分かれた。
女子は48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)、渡名喜風南(帝京大)は2回戦からの出場となり、決勝まで当たらない。78キロ超級の朝比奈沙羅(東海大)は
順当に勝てば、準決勝でリオ五輪女王のエミリ・アンデオル(フランス)と対戦する。
日本男子の井上康生監督は「あらゆることを想定してきたので、受け止めて闘う。リネールと準決勝や決勝まで当たらない組み合わせになったのは良かった」と述べた。
増地克之・女子日本代表監督の話
「強力な選手がかなり出場しており、一つ一つ気は抜けない闘いになる。ただシードされていない強豪と1、2回戦で当たることはなかったので良かった」
井上康生・男子日本代表監督の話
「全階級とも意外性のない妥当な組み合わせになった。1回戦からしっかりと勝つ準備をしてきたので、これまでやってきたことを信じて全力で闘うだけだ」

阿部は2回戦から登場 初戦の日本勢同士対決はなし/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170827/jud17082723360005-n1.html

男子100キロ超級で昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)は、
五輪2連覇中で世界選手権も7連覇中のリネール(フランス)と反対のブロックに入り、決勝まで当たらない組み合わせとなった。王子谷剛志(旭化成)が
勝ち上がれば、準決勝でリネールと当たる可能性がある。
男子66キロ級の阿部一二三(日体大)は2回戦から登場。順当なら準決勝で前回覇者の安バウル(韓国)か、リオ五輪金のバシレ(イタリア)との対戦が予想される。
女子48キロ級では、3年ぶりの優勝を目指す近藤亜美(三井住友海上)が米国選手、渡名喜風南(帝京大)がアゼルバイジャン選手と初戦の2回戦で当たる。
この階級を含め、日本選手2人が出場する男女6階級は、いずれも日本勢同士が決勝まで当たらない組み合わせとなった。

原沢とリネール、反対ブロック=世界柔道組み合わせ決定
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082700570

柔道の世界選手権(ブダペスト)に出場する日本選手団の最終第6陣として28日、男子重量2階級の選手らが成田空港から日航便で出発した。
出発したのは男子100キロ超級のリオデジャネイロ五輪銀メダリスト、原沢久喜(25)=日本中央競馬会=と、全日本選手権覇者で同級の王子谷剛志(25)=旭化成。
100キロ級前回覇者の羽賀龍之介(26)=同=と、同級で初出場のウルフ・アロン(21)=東海大。団体戦メンバーの中矢力(28)=ALSOK=と長沢憲大(23)=
パーク24=も同行し、これで日本選手団は全員、現地へ旅立った。
前日、現地で行われた組み合わせ抽選を「びくびくしながら見ていました」とは王子谷。リオ五輪100キロ超級覇者で“絶対王者”のテディ・リネール(28)=フランス=
とは、順当なら準決勝で当たることになった。ただ「その前にも(欧州選手権覇者のグラム)ツシシビリ(ジョージア)など、やりにくい相手が入った。気が抜けない」と
警戒する。
出発を前に、小田原の「予約しないと入れない」名店でうな重を堪能した。「ご飯大盛りで食べました。基本、ウナギ好きなんですが、試合前に食ったときは負けて
いないので」。2連覇している全日本選手権の前にも実施した恒例の験担ぎをこなした。次は「絶対王者も、どうにかして食ってやろうと思っています」と大物食いに
照準を合わせる。
リネールと決勝で当たれば、リオ五輪決勝の再現となる原沢は「気持ちが高ぶってきている。取りこぼしのないように上がっていきたい」と、静かに闘志を燃やす。
リネールが指導1つの差で逃げ切ったリオ五輪決勝が、技による決着に重点を置く今季のルール改正の要因となった。それだけに対戦が実現すれば注目されるのは必至。
「ルール改正があってよかったと思える試合をできれば一番いいが、まずは勝ちたい。組み手の厳しい選手なので、ファーストコンタクトが大事になる」と、自らに
言い聞かせるように話した。

王子谷、うな重パワーで大物食い目指す 世界選手権へ出発/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170828/jud17082811060001-n1.html

197 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:16:19.52 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権(28日開幕、ハンガリー・ブダペスト)に出場する女子選手6人が27日、成田空港を出発した。
78キロ超級の朝比奈沙羅(20=東海大)は「充実した練習ができた。それを出せれば」。自分よりも身長が高く、大きな選手と戦うことが予想されるが
「男子と練習を重ねたり、約束稽古をやってきた」と、入念な対策も行ってきたという。初の世界柔道には「自分らしさを世界にアピールしたい」と意気込んだ。
70キロ級の新添左季(21=山梨学院大)は21日のユニバーシアード(台湾・台北)では準優勝だったが「終わったことを気にしてもしょうがない」と心の切り替えは
できている。25日に帰国し、中1日での出発となるが「疲れは言うほどはない」と体調の不安はないようだ。「自分の柔道をする」と初出場となる世界柔道にかける
思いを述べた。
78キロ級の梅木真美(22=ALSOK)は今年大学を卒業後、東京に拠点を移し「自分で予定を決めて出稽古をしてきた。今までやったことを出す」と必勝を誓った。
15年の前回大会(カザフスタン・アスタナ)では優勝したが、昨年のリオ五輪では初戦敗退。「連覇というよりも、リベンジ」と世界一になることを宣言した。

【世界柔道】朝比奈沙羅ら出発「自分らしさを世界にアピールしたい」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/746454/

日本が伝統的に強さを見せてきた女子48キロ級で、よきライバルの近藤と渡名喜がともに期待に応え準決勝へ進んだ。増地克之監督が
「どちらかが金メダルを取る」と自信を持って送り出した22歳の2人。決勝での直接対決へ、機運が高まった。
昨年のリオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤は、3試合とも万全の内容だった。まず2試合続けて寝技で一本勝ちし、準々決勝は小外刈りで
技ありを奪って優勢勝ち。技によるポイントは一つも許さず、3年前の女王の貫禄を見せつけた。
初出場の渡名喜は、3回戦がヤマだった。相手は同じ帝京大の同級生で、ブラジル代表のコヤマ。手の内を知られている相手を攻め切れず、
終盤に大内刈りを返されて技ありを許した。だが、そのままもつれ込んだ寝技で抑え込み、技ありで同点に追い付く。延長戦でようやく足技が決まり、
優勢勝ちした。
今回はパレト(アルゼンチン)、鄭普※(※徑のギョウニンベンがサンズイ)(韓国)とリオ五輪の金、銀メダリストが不在。近藤は「普通にやれば
自分が一番強い」と言い切り、渡名喜は「何が何でも世界一」と意気込む。日本女子の看板階級の誇りを胸に、頂点は譲れない。

近藤と渡名喜、譲れない頂点=ライバル2人、準決勝へ-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082801097

柔道の世界選手権は28日、ブダペストで開幕し、男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)、女子48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)と
渡名喜風南(帝京大)が準決勝に進出した。
女子48キロ級ブラジル代表の小山亜利沙は帝京大の4年生。3回戦で同学年の渡名喜との対戦が実現した。先に技ありを奪ったが追いつかれ、
延長戦で屈すると「畳に立ったら勝つ気でいた。悔しい」と涙が止まらなかった。
群馬県高崎市出身。大学卒業後はブラジルのサンパウロのクラブで競技生活を続ける。「同じ大学の同学年だからこそ、この大きな舞台で
試合をできたのは貴重な体験だった」と今後の糧にすることを誓った。

小山亜利沙、同級生対決に敗れ涙「勝つ気でいた。悔しい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170828/jud17082822160004-n1.html

初出場の永山竜樹(東海大)は3回戦で14年大会覇者ボルドバータル・ガンバト(モンゴル)に屈した。
永山にとっては苦い世界選手権となった。3回戦の中盤、2014年大会覇者のガンバトに仕掛けた袖釣り込み腰が甘く、返されて技あり。この後は
見せ場をつくれないまま試合終了のブザーが鳴った。
試合後は終始うつむきながら「いつもより硬くなっていた」。持ち味のパワフルな柔道は影を潜め、1、2回戦も格下の相手に手を焼いてなかなか
仕留められなかった。
初出場の大舞台で雰囲気にのまれた最軽量級のホープ。不完全燃焼に終わった悔しさをかみしめながら「あそこで負けたから、次につながったと
言えるようにしたい」と巻き返しを誓った。

永山、見せ場なく敗退「いつもより硬くなっていた」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170828/jud17082822240005-n1.html

198 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:17:14.55 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権は28日、ブダペストで開幕し、女子48キロ級で初出場の渡名喜風南(帝京大)が金メダルを獲得した。
準決勝で昨年のリオデジャネイロ五輪銅メダルのオトゴンツェツェグ・ガルバドラフ(カザフスタン)に勝ち、決勝では2013年
大会優勝のウランツェツェグ・モンフバット(モンゴル)を破った。

渡名喜、女子48キロ級で金=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900019

柔道の世界選手権は28日、ブダペストで開幕した。第1日は男女各1階級が行われ、女子48キロ級で初出場の渡名喜風南(帝京大)が
金メダルを獲得。2014年大会以来の優勝を目指したリオ五輪銅の近藤亜美(三井住友海上)は、銅だった。
渡名喜は準決勝で昨年のリオデジャネイロ五輪銅のオトゴンツェツェグ・ガルバドラフ(カザフスタン)を破り、決勝では13年大会優勝の
ウランツェツェグ・モンフバット(モンゴル)に優勢勝ち。近藤は準決勝でモンフバットに敗れ、3位決定戦は制した。

渡名喜、初出場で金=近藤は銅-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900002

初出場の渡名喜風南(となき・ふうな、22)=帝京大=がムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)に技有りで優勢勝ちし、金メダルを獲得した。
リオ五輪銅メダルの近藤亜美(三井住友海上)は準決勝で敗れた後、3位決定戦に勝利し銅メダルとなった。
帝京大4年の渡名喜は16年講道館杯を制し、今年に入ってからも国際大会で優勝するなど、同学年で先を走っていた近藤の背中を追ってきた。
初戦から得意の足技と寝技で勝ち上がると、決勝は準決勝で近藤を破っていたモンゴル選手を撃破。決勝での日本人対決は実現しなかったが、
初出場の大舞台で見事に優勝し、1枠しか代表権のない2020年東京五輪に向けて大きく前進した。

柔道女子22歳・渡名喜が世界制覇 東京五輪へ前進
https://www.daily.co.jp/general/2017/08/29/0010504263.shtml

初出場でも気負いとは無縁だった。日本女子にとって特別に重みがある48キロ級。決勝に臨んだ22歳の渡名喜は、準決勝で近藤を退けた
モンフバットに臆することなく立ち向かった。
両者とも技のポイントがないまま迎えた終盤。残り約20秒、小外刈りで技ありを奪う。近藤に次ぐ2番手の立場で代表入りしたが、一気に世界の
頂点へ駆け上がった。
3回戦が一つのヤマだった。同じ帝京大の同級生で、ブラジル代表のコヤマと対戦。手の内を知られている相手を攻め切れず、終盤に大内刈りを
返されて技ありを許した。だが、そのままもつれ込んだ寝技で抑え込み、技ありでポイントで並ぶ。延長戦でようやく足技が決まり、優勢勝ち。準決勝も
延長に入ったが、攻めの姿勢を失わず大内刈りで技ありを奪った。
沖縄県生まれの両親を持ち、自身は神奈川県出身。格闘技が好きで、9歳から柔道を始めたものの、同い年の近藤のように小学校低学年の頃から
全国的に活躍した選手ではない。「中学までは県大会などでも1回戦負けとか。すごく弱かった」と振り返る。
得意の足技を磨き、高校時代から徐々に頭角を現した。2015年の世界ジュニア選手権を制し、今年2月にはグランプリ・デュッセルドルフで優勝。
ついに近藤と同じ最高峰の舞台にたどり着き、「何が何でも世界一」と挑んだ大会だった。
谷亮子、福見友子、浅見八瑠奈がトップを極め、近藤も3年前に優勝した世界選手権。日本女子の看板階級に、また新たな女王が誕生した。
近藤も、さらに強くなろうとするだろう。東京五輪に向け、代表争いは加熱する。

看板階級に新女王誕生=渡名喜、初出場で栄冠-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900027

柔道の世界選手権がハンガリーで28日、開幕し、女子48キロ級で渡名喜風南選手が金メダルを獲得しました。
22歳の渡名喜選手は決勝でモンゴルの選手に勝って、世界選手権初出場で金メダルです。
初出場で金メダルを獲得した渡名喜選手は「自分は挑戦者なので気持ちで負けないよう、楽しんでいった。自分の得意技は足技なので、
今後も足技を生かしていきたい」と話していました。

柔道世界選手権 女子48キロ級 渡名喜が金メダル
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011116301000.html

199 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:18:25.12 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権が開幕し、女子48キロ級は初出場の渡名喜風南(となき・ふうな=22、帝京大)が初優勝を飾った。
決勝はリオ五輪銅メダルの近藤亜美(22=三井住友海上)を準決勝で破ったムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)と対戦。上背に勝る
ムンフバットのともえ投げを食らって危ない場面もあったが、開始3分35秒に左の小外刈りで技ありを奪う。そのまま逃げ切って世界の頂点をつかんだ。
渡名喜は「自分は挑戦者なのでどんな相手でも気持ちだけは絶対負けないように。楽しんでいこうと。自分は足技が得意。この先も足技で倒して
いきたい」と笑顔で東京五輪を見据えた。
この1年はコンスタントに表彰台に上がり、実力をつけてきた。身長148センチと最軽量級の中でも小柄だが、得意の足技と寝技で世界の強敵たちを
次々に下して頂点に上り詰めた。
また、近藤は3位決定戦を制し銅メダルを獲得した。だが、2014年大会以来となる世界女王返り咲きはならず「金メダルを狙っていたのにまた3位…。
何回、3位決定戦をやればいいのか。(五輪、世界選手権合わせて)3回連続で銅メダルなので、そろそろ上にいきたい」と涙した。

【世界柔道】渡名喜風南が女子48キロ級金 近藤亜美はまた銅で悔し涙
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/748326/

柔道の世界選手権は28日、ブダペストで開幕し、男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)が3大会ぶり2度目の優勝を果たした。
女子48キロ級で初出場の渡名喜風南(帝京大)も金メダルを獲得し、同級の近藤亜美(三井住友海上)は銅メダルだった。
リオデジャネイロ五輪銅メダルの高藤は準決勝でパベル・ペトリコフ(チェコ)を下し、決勝はオルカン・サファロフ(アゼルバイジャン)に
大内刈りで一本勝ちした。
渡名喜は準決勝でリオ五輪3位のオトゴンツェツェグ・ガルバドラフ(カザフスタン)を延長で倒し、決勝はムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)に
優勢勝ちした。
リオ五輪銅メダルの近藤は準決勝でムンフバットに屈し、3位決定戦を制した。
高藤直寿の話
「今日は組み合わせから運が良かった。あの組み合わせならば勝って当たり前。まだ永山選手に勝っていないので、勝ってから喜びたい」
渡名喜風南の話
「すごくうれしい。今まで優勝しても泣くことはなかったが、今日は涙が出た。初出場でも周りが見えていた。世界チャンピオンになったが、勝っておごらず、
常に挑戦者の気持ちでやりたい」
近藤亜美の話
「自分としては金を狙っていた。悔しい。3位決定戦は気持ちを引きずっていたが、最低限の結果は取れた。五輪も悔しかったが、今回は五輪よりも悔しい」

高藤&渡名喜が金!リオ銅の近藤3位 世界選手権/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170829/jud17082900430001-n1.html

国内第一人者の力を証明するには、再び世界を制する必要があった。男子60キロ級決勝。高藤はサファロフに対し序盤から優位に進め、残り40秒、
大内刈りで豪快に一本を奪い、4年ぶりの王座に就いた。
昨年12月のグランドスラム東京、今年4月の全日本選抜体重別選手権で、東海大の後輩に当たる永山に連敗。どちらも一本負けだった。
リオデジャネイロ五輪銅メダルを含め実績でははるかに上回るだけに、プライドは傷ついたはず。それでも「挑戦者として追い掛けよう」と屈辱を力に
変えようとした。
パワーがある永山を見習い、「これまであまり信用していなかった」というウエートトレーニングの量を増やした。減量前の体重は筋肉だけで約3キロ
増えた。受けの弱さを指摘されることもあったが、「弱い部分を強化してきた。受けは、前よりは確実に自信がある」。今大会で相手に技によるポイントは
一つも許さなかった。
永山は3回戦で姿を消した。24歳の王者の安定感が、より際立つ結果になった。リオ五輪の銅には、もちろん満足していない。3年後の東京五輪へ、
力強い一歩となった。

プライド取り戻した王者=高藤、4年ぶりの頂点-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900050

200 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:20:04.53 ID:FzRygsw5

sato

201 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:20:25.31 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権が28日、ハンガリーで開幕し、日本は男子60キロ級で高藤直寿選手、女子48キロ級で渡名喜風南選手が、ともに金メダルを獲得し、絶好のスタートを切りました。
柔道の世界選手権はハンガリーのブダペストで7日間の日程で行われ、大会1日目の28日は男女合わせて2階級が行われました。
男子60キロ級に出場した高藤選手はリオデジャネイロオリンピックの銅メダリストで、初戦の2回戦から順調に勝ち進み、決勝ではアゼルバイジャン
のオルハン・サファロフ選手と対戦しました。
高藤選手は試合中盤、「技あり」のポイントを奪って主導権を握り、さらに終盤、相手選手が技をかけようとしたところで逆に足技を決めて一本勝ちしました。
高藤選手は世界選手権では2013年の大会以来、2回目の金メダルです。
女子48キロ級では世界選手権初出場となった22歳の渡名喜選手が準決勝を延長戦の末に制して決勝に進出し、4年前の世界チャンピオンで
モンゴルのウランツェツェグ・ムンフバト選手と対戦しました。
渡名喜選手は相手に攻められる場面が続きましたが、終盤に足技で「技あり」を奪うとそのまま逃げ切ってポイントの差で優勢勝ちし、初めての
金メダルを手にしました。
また同じく女子48キロ級に出場したリオデジャネイロオリンピックの銅メダリスト、近藤亜美選手は銅メダルを獲得し、男子60キロ級に出場した
永山竜樹選手は3回戦で敗れました。
高藤 変幻自在の柔道が持ち味
高藤直寿選手は栃木県出身の24歳。
得意技の小内刈りでリズムを作り、変幻自在の柔道を展開するのが持ち味で、2013年の世界選手権で金メダルに輝きました。
翌年の世界選手権では銅メダルを獲得し、オリンピック初出場となったリオデジャネイロ大会でも銅メダルを手にしています。
3年後の東京オリンピックでの金メダル獲得を最大の目標に、今回の世界選手権で、2013年以来の優勝をめざしていました。
世界選手権で4年ぶりに金メダルを獲得した高藤選手は「きょうは組み合わせから運がよかったし、勝って当たり前だと思う。今後も東京オリンピック
に向けてがんばっていきたい」と話していました。
渡名喜 去年12月から頭角現す
渡名喜風南選手は神奈川県出身の22歳、帝京大学の4年生です。
足技を得意とし、去年12月に東京で行われた国際大会で3位に入って頭角を現しました。
その後もことし2月の国際大会で優勝、4月の全日本選抜体重別選手権では2位に入って、初めてとなる世界選手権の代表に選ばれていました。
初出場で金メダルを獲得した渡名喜選手は「自分は挑戦者なので気持ちで負けないよう、楽しんでいった。自分の得意技は足技なので今後も
足技を生かしていきたい」と話していました。
近藤 2回目の優勝ならず
近藤亜美選手は愛知県出身の22歳。
得意技は払い腰で、初めて出場した2014年の世界選手権で優勝を果たしました。
その後は国際大会で不安定な成績が続きましたが、国内の厳しい代表争いを勝ち抜いて出場した去年のリオデジャネイロオリンピックでは銅メダルを
獲得しました。
3回目の出場となる今回の世界選手権では2014年以来、2回目の優勝をめざしていました。

柔道世界選手権 初日に男女ともに金メダル
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170829/k10011116401000.html

女子48キロ級の近藤。日本のエースの地位を固めるため、2014年大会以来となる優勝だけを目指したが、準決勝で道が途切れた。
 「自分としては金を狙っていた。悔しい」
順調に勝ち上がったが、準決勝でモンゴル選手を相手に延長戦で組み手の違反を取られ反則負けとなり、がっくり肩を落とした。3位決定戦は制したが、
15年大会から五輪を含め3年連続の銅メダルという結果に「五輪も悔しかったが、今回は五輪よりも悔しい」と涙があふれた。この涙を、
頂点のみを見据えた闘いのバネにする。

近藤が銅…準決で反則負け「今回は五輪よりも悔しい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170829/jud17082905010003-n1.html

202 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:21:40.06 ID:FzRygsw5

sat

203 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:22:24.91 ID:FzRygsw5

ai

204 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:22:49.10 ID:FzRygsw5

初出場の渡名喜が、ニッポン金メダル第一号となった。同じ階級で近藤の陰に隠れがちだったが、「トナキ」の名を世界にとどろかせた。
「すごくうれしい。今まで優勝しても泣くことはなかったが、今日は涙が出た」
準々決勝以降は格が上の相手が続いたが、気後れは全くない。準決勝で実力者のガルバドラフを延長戦の末に得意の足技で下すと、
決勝は元世界女王のムンフバット。残り30秒を切ったところで、必殺の小外刈りで技ありを奪った。
生まれも育ちも神奈川だが、両親は沖縄出身。幼い頃から父親と一緒にテレビで観戦していた格闘技に魅せられ、9歳から柔道を始めた。
同学年の近藤の存在は、小学生の頃から強い選手として認識していた。ライバルは昨年のリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得。
「同い年として自分も実際に戦っているので、悔しいなと思っていた」。
あれから1年、同じ舞台に立った今回は「何が何でも世界一を取る気持ちでは負けない」。ブダペスト入り前に胃腸炎にかかり39度の高熱も出たが、
「これ以上悪いことはないだろうと。マイナスイメージは持たなかった」と笑い飛ばす強心臓が畳の上で生きた。
ニッポン柔道のニューヒロインが、2020年東京五輪への道をしっかりと踏み出した。

“強心臓の女子大生”渡名喜、初出場で“格上”撃破し金/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170829/jud17082905030004-n1.html

初出場で世界一の座に上り詰めた渡名喜は、快挙達成にも穏やかな笑みを浮かべ、静かな口調で喜びを語った。
初出場で優勝
「自分は挑戦者なので、絶対に気持ちだけは負けないようにと思っていた。すごくうれしい」
緊張はなかったか
「逆にリラックスしすぎて、力が入らないなと思っていた。いつもの試合より周りが見えていた」
その理由は
「いつも前に前にと、勝ちにばかりこだわって、それが空回りしている。その反省を頭に入れて闘えたことが、冷静さにつながった」
今後は周囲からも、渡名喜は強いと見られる
「常に挑戦者だと思って上を目指したい。優勝してかなり自信になったが、組み手とか、まだ甘いところがある。今後も詰めていきたい」

【世界柔道】渡名喜風南「自分は挑戦者」 穏やかな表情で初出場V喜ぶ 一問一答
http://www.sankei.com/sports/news/170829/spo1708290012-n1.html

ダブル金メダル獲得だ!! 女子48キロ級の渡名喜風南(となき・ふうな、22=帝京大)が初優勝した。渡名喜は準決勝でリオ五輪銅の
ガルバドラフ(カザフスタン)を延長で倒し、決勝ではリオ五輪金メダルのムンフバット(モンゴル)に勝利した。
初出場の渡名喜が硬さとは無縁の戦いぶりで、女子48キロ級の頂点に駆け上がった。「世界選手権に出られるのはチャンス。特に気負いはない」
と話した通り、浮足立たず冷静な柔道を大舞台で発揮。初優勝を決めると「すごくうれしい。今まで優勝しても泣くことはなかったが、今日は涙が出た」と
歓喜に浸った。
3回戦の相手は帝京大で同学年のブラジル代表、小山。手の内を知り尽くす相手に技あり1つをリードされたが、懸命に追いつき延長戦へ。一瞬の隙
を見逃さず、小内巻き込みで退けた。「挑戦者の気持ちで、力を出し切ることが大事」。準々決勝以降は格上の相手が続いたが、気後れはない。
準決勝で実力者のガルバドラフを延長戦の末に足技で下すと、決勝は元世界女王のムンフバット。残り30秒を切ったところで、必殺の小外刈りで
技ありを奪った。
ブダペスト入り前に胃腸炎にかかり、39度の高熱も出た。体重が予定よりも早く減ったというが「これ以上悪いことはないだろうと。マイナスイメージは
持たなかった」と笑い飛ばす強心臓ぶりは頼もしい。「何が何でも世界一」との宣言を見事に実現させた。

渡名喜風南が初V、胃腸炎と高熱を乗り越えて世界一 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1879417.html

205 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:24:12.31 ID:FzRygsw5

nn

206 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:24:50.52 ID:FzRygsw5

2013年の世界選手権に初出場で優勝。金メダル候補として乗り込んだリオ五輪は、準々決勝で一瞬の隙を突かれた。五輪後は東海大の後輩で
同級代表の永山が台頭。その存在が自身の成長につながった。
「今日は組み合わせから運が良かった。あの組み合わせなら勝って当たり前。まだ永山選手に勝っていないので、勝ってから喜びたい」。第一人者は、
頂点に立っても浮かれることはない。
3回戦で敗れた男子60キロ級の永山竜樹
「いつもより硬くなっていた。あそこで負けたから、次につながったと言えるようにしたい」

有言実行!高藤、リオの屈辱晴らし3大会ぶりV/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170829/jud17082905020005-n1.html

柔道・世界選手権第1日は女子48キロ級が行われ、初出場の渡名喜風南(22=帝京大)が決勝で13年大会覇者のムンフバット(モンゴル)を破り、
初優勝を果たした。近藤亜美(22=三井住友海上)は、3位決定戦でセルビア選手に一本勝ちし、3大会連続メダルとなる銅メダルを獲得した。また、
男子60キロ級は高藤直寿(24=パーク24)が3大会ぶり2度目の優勝。男女最軽量級のアベック優勝は、97年パリ大会の野村忠宏、田村亮子以来、
史上3度目の快挙となった。永山竜樹(21=東海大)は3回戦で敗退した。
こだわったのは、初の世界一だけではなかった。ムンフバットには一昨年、昨年と2年連続でグランドスラム東京大会で対戦して敗戦。いずれの試合も
「小外刈りで投げているのに、ポイントを取ってもらえなかった」。決勝前、福見友子コーチに「あれはポイントだから、しっかり掛けて決めをしっかり」と
背中を押されると、残り30秒を切って「黄金の左足」が相手を捉えた。
初の大舞台への道は、決して順調だったわけではない。日本国内で調整中だった2週間前に突然の胃腸炎に襲われ、3日間稽古ができなかった。
39・2度の高熱も出て食事も喉を通らず、2日前の26日には体重がリミットの48キロを切ったほど。実際、試合でも「力が(普段より)出なかった」が、
見事に5戦を勝ち抜いてみせた。
すでに3年前に世界女王にまで上り詰めた近藤は、95年生まれの同学年。今大会では直接対決は実現せず、勝負付けは済んでいない。
「最後(4月の選抜体重別)でやった時は負けている。しっかり日本一を獲りたい」と渡名喜。かつては福見友子と浅見八瑠奈、その後は浅見と
近藤亜美が争ってきた48キロ級。スタートを切ったばかりの近藤らとの東京五輪代表レースで、まずは新進気鋭の22歳が一歩リードした。
渡名喜 風南(となき・ふうな) 1995年(平7)8月1日生まれ、神奈川県相模原市出身の22歳。格闘技好きが高じて小3から相武館吉田道場で
柔道を始め、東京・修徳高では3年時のインターハイ決勝で近藤亜美に敗れて準優勝となった。14年に帝京大に進学し、15年の世界ジュニア選手権
で優勝。今年2月のグランプリ・デュッセルドルフではオール一本勝ちで優勝した。得意技は小外刈り、背負い投げ。1メートル48。

新星・渡名喜が金!東京五輪へ女子48キロ級ライバル新伝説
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/29/kiji/20170828s00006000442000c.html

初出場での栄冠を目前に立ちはだかったのは、4年前の覇者モンフバットだった。渡名喜にとっては2015年と16年のグランドスラム東京で敗れている
難敵。頂点に立つために、倒さなければならない相手だった。
意地があった。持ち味の足技は外からも内からも器用に繰り出せる。だが、試合巧者のモンフバットには、これまで小外刈りをうまくかわされてきた。
「何が何でも小外で取るぞ」。残り25秒、その思い入れのある技で技ありを奪う。自らの武器を信じ続けて報われ、歓喜の涙を流した。
リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤と同じ22歳。19歳で世界選手権を制したライバルに後れを取っていたが、その背中を追い続けた。
開幕2週間前、胃腸炎で高熱を出すアクシデントを乗り越え、自身も王座に就いた。
日本の看板階級を背負ってきた近藤は今大会、モンフバットに準決勝で敗れ3位。だが、新女王はこれで並んだとは思っていない。「勝っておごらず、
常に挑戦者と思って上を目指す」。今後、どんなライバル物語が織りなされるのか。2人が同時に立った表彰台。涙が乾いた勝者の表情は、きりっと
引き締まっていた。

渡名喜、信じた得意技=難敵倒して歓喜の涙-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900182

207 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:25:40.92 ID:FzRygsw5

の突き上げを受けて迎えた3度目の世界選手権。男子60キロ級の高藤は「自分が一番強いことを証明する」と誓っていた。決勝は
意識してきた永山ではなく、リオデジャネイロ五輪の3位決定戦や今年2月のグランドスラム・パリで下しているサファロフと対戦。好相性の
相手に負けるわけにはいかなかった。
完勝だった。開始2分50秒、小外刈りを受けると体を反転させて倒し技あり。残り40秒には奥襟を取った相手を浴びせ倒すように大内刈りを決め、
一本勝ちした。
今回、ともに代表入りした東海大の後輩の永山に、この1年で2度の一本負け。国内第一人者の座が揺らぎ始め危機感を抱いた。
ウエートトレーニングに本格的に取り組み筋力を強化。課題だった受けの弱さの克服につながり、「投げられる怖さがなかった」。今大会、
相手に技によるポイントは一つも許さなかった。
強豪の敗退や組み合わせに恵まれた面もある。それが分かっているから、派手に喜ばなかった。「永山もこれからもっと強くなる。これで安心
というわけではない」。リオ五輪の銅は、自分にとって負けを意味する。今大会で手にした金は、雪辱を期す3年後の五輪に向けた第一歩だ
と思っている。

高藤、第一人者の証明=危機感抱き弱点克服-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082900237


高藤直寿(24=パーク24)が4年(3大会)ぶり2度目の金メダルを獲得した。かつての“やんちゃ男”が別人のように復活を果たした裏には、
「新たな夢」があった。
派手なガッツポーズはない。無邪気に喜ぶこともなかった。決勝でサファロフ(アゼルバイジャン)に大内刈りで一本勝ちした高藤は
「今日は組み合わせからして運がよかった。まだ永山(竜樹)選手に勝ってないんで、勝ってから喜びたいと思います。また東京五輪まで頑張ります」
と謙虚に語った。
3年前には寝坊による遅刻を繰り返して強化指定選手から降格。全日本男子の井上康生監督(39)が責任を取って丸刈りになるほど波紋を広げた。
そんな“やんちゃ男”の以前とは別人のような言動が、現在の心境を表している。リオ五輪では銅メダル。悔しさに駆られた高藤は、他の格闘家との
交流を通じ、足りないものを気付かされた。まずはボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者で“怪物”井上尚弥(24=大橋)と知り合い、
刺激を受けた。さらに知人を通じ、K―1などで活躍するキックボクサーの卜部功也(27)とも出会った。
「最初は全然知らなかった。でも、ユーチューブで見たら『つええな』って」。同じ格闘技でも、人気ぶりは桁違い。まぶしいほどに輝く姿を見て、
高藤は言った。
「いつかボクももっとスターになりたい」
新たな夢の実現へ、苦境にも耐えた。大学の後輩、永山には昨年12月から2連敗。高藤はパワーファイターの永山に対抗するため、これまで
取り組まなかったウエートトレーニングにも汗を流し、がむしゃらに練習に打ち込んだ。
さらに、柔道に対する意識も変えた。「五輪の前は負けないように柔道していた。五輪が終わって負けない柔道をしていたらダメだなと思った」。
自信の塊だった男が冷静に、己を見つめられるようになった。
リオ五輪で男子は全階級でメダル獲得の快挙。それが高藤にとっては不安材料でもあった。所属の吉田秀彦総監督(47)は「銅メダルに
納得しちゃっている」と厳しい見方も示していた。仲間に銅メダル選手が多かった分、悔しさも薄れているように見えた。
しかし、高藤は敗戦を糧に、這い上がった。4年前は勢いでつかみ取った金メダルだったが、今回は違う。「もっと夢に向かって、コツコツやらない
といけない」。世界選手権金メダルは、まだ高藤の描く「スター道」の始まりにすぎない。私生活では2児の父。3年後、家族に最高の雄姿を
見せるためにも、高藤はこれからも「強いパパ」を追い求めていく。

【世界柔道】男子60キロ級で復活金!高藤“やんちゃ男”が夢のため一変
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/748530/

208 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:26:35.24 ID:FzRygsw5

オイッス! 女子48キロ級で優勝した渡名喜風南(となき・ふうな=22、帝京大)さんは修徳高(東京)でオレの息子(小川雄勢)の1コ先輩なんだ。
だから、オレも道場で練習を見ているはずなんだけど…あんまり覚えていないんだよ。というか、高校時代はそんなに目立たない存在だったね。
それが帝京大に行って素質が花開いた感じ。彼女の良さは本当に粘っこいところだ。相手をしっかり研究してきているのはよくわかるし、体幹の
強さはしっかりした練習で培ったもの。身長148センチと女子最軽量のこのクラスでも低いほうだけど、現状ではそれがいい方向に働いているね。
ただ、正直言えばここからがスタート。今回は海外選手のマークはリオ五輪銅の近藤さんに集中していたし、渡名喜さんはノーマークに近かった。
それに準決勝の相手だったカザフスタン選手、決勝で戦ったモンゴル選手、この2人は相当強いよ~。今回は勝ったけれど、この敗戦を機に徹底的
に渡名喜さんを研究してくるだろう。3年後に向けて、国内で近藤亜美(22=三井住友海上)さんと切磋琢磨しながらさらにレベルアップしていって
ほしいね。
逆に男子60キロ級の高藤直寿(24=パーク24)くんは「お見事」のひと言。4年前に世界選手権を制して世界中から徹底的に研究され尽くしたなかで、
この優勝は本当に大きい。落ち着いていたし、リオ五輪の時と全然違った。成長が感じとれたよ。まさに「価値ある勝利」だったな。
彼の場合、遅刻したりといろいろ私生活のほうにも課題があったようだけど、この優勝でまた一つ大きくなった。師匠でもある井上監督が誰より
うれしいんじゃない?

【世界柔道】小川直也「渡名喜さんはここからがスタート 高藤くんは“お見事”のひと言」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/748548/

柔道の世界選手権が開幕。初日の女子48キロ級は伏兵の渡名喜風南(となき・ふうな=22、帝京大)が初出場初優勝の快挙を達成。
リオ五輪銅メダルの近藤亜美(22=三井住友海上)は銅メダルだった。
得意の足技が炸裂した。強敵ムンフバット(モンゴル)との決勝。残り20秒、小外刈りで技ありを奪う。試合終了のブザーが鳴っても表情を
変えなかったが、福見友子コーチ(32)と抱き合った。「すごくうれしいです。自分は挑戦者なので、どんな相手でも『気持ちだけは絶対負けない』って
いう気持ちで楽しんでいきました」と会心の笑みをのぞかせた。
驚異の回復力で逆境を乗り越えた。3日、都内で行われた公開練習。そこには正座すらできない渡名喜の姿があった。右ヒザの内側靱帯を負傷し、
安静を強いられた。さらに、日本出発1週間前には人生初の胃腸炎に見舞われ、調整は大きく狂っていた。
しかし、周囲の心配をよそに渡名喜はケロリ。「大丈夫です。治りが早いので」。負傷やアクシデントには自信があった。一番のピンチは大学2年の時、
左ヒジを脱臼した時だった。医者からは痛みが引くのに2週間と言われるほどの重傷だったが「3日で痛みが引いた」。絶望視されていた直後の
世界ジュニア選手権を制してみせた。
格闘家のミルコ・クロコップ(42=クロアチア)のファンで格闘技好きが高じて柔道を始めた。近藤とは同級生。中学時代から頭角を現した盟友に
比べれば遅咲きだった。それでも「東京五輪に出て、優勝したい」との夢をあきらめたことはなかった。その才能には大学の先輩で、ロンドン五輪
57キロ級金メダルの松本薫(29=ベネシード)も期待を寄せている。今年から世界選手権優勝者が12月のグランドスラム東京で優勝すれば、
来年の世界選手権代表も内定する。渡名喜は「この先もずっと足技で投げていきたい」。混戦の48キロ級にニューヒロインが誕生した。

【世界柔道】女子48キロ級は伏兵・渡名喜が驚異の回復力で金
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/748539/

209 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:27:24.62 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権第2日は29日、ブダペストで男女各1階級が行われ、日本選手同士の決勝となった女子52キロ級は志々目愛が
角田夏実(ともに了徳寺学園職)に一本勝ちし、金メダルを獲得した。男子66キロ級は、20歳で初出場の阿部一二三(日体大)が制した。
志々目は準決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルのマイリンダ・ケルメンディ(コソボ)に延長戦で優勢勝ちした。
男子66キロ級で優勝し、表彰台でメダルを手にする阿部一二三=29日、ブダペスト(AFP=時事)
阿部は決勝でミハイル・プリャエフ(ロシア)に一本勝ちした。この階級で日本選手が優勝したのは、2014年の海老沼匡以来で2大会ぶり。

志々目、角田破り金=男子66キロ級は阿部が制す-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083000021

大きなヤマを乗り越えても、気を緩めなかった。所属も同じ2人の日本勢対決。志々目は決勝で最後の力を振り絞った。
先に攻めたのは角田だった。志々目はともえ投げを何度もこらえる展開。先に二つ目の指導を受けたが、2分29秒、内股で一本勝ち。最後は
得意技で決めた。
準決勝はリオデジャネイロ五輪金メダルのケルメンディとの激闘。押しつぶすような組み手に屈することなく、真っ向勝負。延長に入ると徐々に
相手のペースが落ちた。開始から9分30秒が経過したときに、内股を透かして技あり。意義ある白星を手にした。
男子60キロ級で2015年世界選手権3位の兄、徹を追うように、4歳で柔道を始めた。ジュニア時代から国内のトップを走ってきたが、これまでは
世界選手権を3度制している中村美里らの陰に隠れていた。
それでも、以前から海外選手にめっぽう強く、「どの大会でもメダルを取ってこないことがない」と所属先の山田利彦監督。上位8人前後の映像を
見て特徴をノートに書き留めるのが大会前の習慣だった。「チャンスを頂いたので、それを物にできるように」と謙虚に臨んだ大舞台。緻密な研究も
重ねて立った頂点だった。

隠れていた実力者=志々目、強敵破り頂点-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083000033

20歳ながら、初めて世界選手権に臨む心境は「やっと出られる」。本格派のホープと注目され続けた阿部が、心待ちにした大舞台。
「自分の柔道をできれば優勝できる」。言葉通り、圧巻の攻めで頂点へ駆け上がった。
準々決勝では、60キロ級で世界一の経験があるザンタラヤに背負い投げで一本勝ちし、準決勝は抑え込んで勝ち上がった。過去2大会連続で
世界選手権銀のプリャエフとの決勝。組み手をけん制された中で袖釣り込み腰でひっくり返し、豪快に初優勝を決めた。
昨年12月のグランドスラム(GS)東京と今年2月のGSパリを制するなど、既に国際大会の実績も豊富。4月初めに代表入りを決めてからは試合
に出場せず、足技や本来の組み手とは逆の攻めを磨いてきた。「あとはやるだけ。爆発させたい」。約5カ月間、実戦への欲を抑えて力を蓄え、
世界を驚かせる準備をしてきた。
 「絶対に何が何でも世界チャンピオンになる」と誓っていた。目標だった全試合一本勝ちはならなかったものの、圧倒的な内容だった。

自分の力信じ頂点=阿部「絶対に」の誓い果たす-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082901289

女子52キロ級の頂点には届かなかったが、角田も持ち味を存分に発揮した。得意の関節技を大舞台で披露。寝技でしつこく攻め、2、3回戦は
腕ひしぎ十字固めで制した。世界ランキング2位のミランダ(ブラジル)との準々決勝は延長戦にもつれ込み、ともえ投げで一本勝ち。準決勝も
世界3位のコーヘン(イスラエル)を破った。
 東学大時代に関節技を磨いて学生王者にもなったが、実業団入りして間もない2015年6月に右膝を手術。練習を再開したのは昨年春だった。
再び柔道ができる喜びをかみしめ、講道館杯と初のシニア国際大会となったグランドスラム東京を制し、25歳で初の世界選手権に乗り込んだ。
 代表に決まってからも左膝を痛めたり、スペインでの国際合宿で鼻の骨を折ったりとアクシデント続き。不運にめげなかった遅咲きの技巧派は
最後に志々目に屈したが、「普段通り、自分のベストを出す」という意気込み通りの柔道を展開した。

角田も持ち味発揮=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082901308

210 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:27:57.52 ID:FzRygsw5

ハンガリーで行われている柔道の世界選手権は29日、女子52キロ級で志々目愛選手が金メダル、角田夏実選手が銀メダルを獲得しました。
2人はともに世界選手権初出場で日本選手どうしの対戦となった決勝を志々目選手が制しました。
女子52キロ級の志々目愛選手は宮崎県出身の23歳。
切れ味のある内股を得意とし、去年12月とことし2月の国際大会でいずれも3位に入りました。ことし4月の全日本選抜体重別選手権では
リオデジャネイロオリンピックの銅メダリストの中村美里選手が欠場する中、初優勝し、初めての世界選手権代表に選ばれていました。
志々目選手「世界一になれてうれしい」
準決勝で、リオデジャネイロオリンピックの金メダリストを破って金メダルを獲得した志々目選手は「準決勝の相手を倒した日本選手
は今までいなかったので、絶対に勝ってやろうと思っていた。今まで負けて、悔しい思いをしてきたので、世界一になれてうれしい」と涙を
流しながら話しました。
女子52キロ級の角田夏実選手は千葉県出身の25歳。
大学時代に負った右ひざのけがのため、畳に上がれない時期が続きましたが、得意の寝技を磨いて去年12月に東京で行われた国際大会で
優勝して、頭角を現しました。リオデジャネイロオリンピックの銅メダリストでこの階級の第一人者の中村美里選手が欠場する中、4月の
全日本選抜体重別選手権で2位に入って、初めて世界選手権の代表に選ばれました。
角田選手「得意の寝技をしっかりやってきてよかった」
決勝で志々目選手に敗れたものの銀メダルを獲得した角田選手は、古傷の右膝を大会前にも痛めたことなどから、「試合前にハプニングが
多く出られるかどうかもわからなかった。得意の寝技を、しっかりやってきて、よかったと思う」と話していました。

柔道世界選手権 女子52キロ級 志々目が金 角田が銀
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170830/k10011118401000.html

ハンガリーで行われている柔道の世界選手権は29日、男子66キロ級で阿部一二三選手が金メダルを獲得しました。20歳の阿部選手は
世界選手権初出場で初優勝です。
男子66キロ級の阿部一二三選手は、兵庫県出身の20歳。
日体大の2年生です。3年前に講道館杯、全日本体重別選手権を史上初めて高校2年生で制して、一躍脚光を浴びました。
しかし、リオデジャネイロオリンピックには、海老沼匡選手との代表争いに敗れて出場できませんでした。得意の背負い投げなど、粗削りながらも
豪快な柔道を持ち味に、「東京オリンピックの星」として期待を受け、去年12月から、出場した国際大会で2大会連続で優勝し、4月の全日本選抜
体重別選手権も制して初めての世界選手権出場で、金メダル獲得が期待されていました。
阿部選手「一本を取りに行く柔道ができた」
世界選手権初出場で金メダルを獲得した阿部選手は「この日のためにやってきたのでほっとしたし、うれしい。リオデジャネイロオリンピックに
出られなかった悔しさをぶつけようと思っていた。落ち着いて自分の柔道ができたし、一本を取りに行く柔道ができた」と話していました。

柔道世界選手権 男子66キロ級 阿部が金
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170830/k10011118451000.html

柔道の世界選手権2日目、女子52キロ級で初出場の志々目愛(23=了徳寺学園職)が同じく初出場の角田夏実(25=同)との日本人対決を制し、
初優勝を飾った。
志々目は準決勝でリオ五輪金メダルで世界ランキング1位のケルメンディ(26=コソボ)を延長9分30秒の死闘の末に撃破。所属の先輩で
手の内を知り尽くした角田との決勝では、角田得意の寝技のチャンスを与えない。さらには奥エリを持って十八番の内股で一本勝ち。自分の柔道
に徹して世界の頂点に立った。
志々目は「ケルメンディ選手を倒した日本人はいないので、絶対に倒してやろうと思っていた。今まで悔しい思いをしてきたので、世界一に
なれてうれしい」と歓喜の涙を流した。
兄は2015年大会で男子60キロ級銅メダルの徹(25=了徳寺学園職)。その兄の影響で柔道を始めた志々目が、初出場の大舞台で兄の
成績を超えてみせた。

【世界柔道】女子52キロ級で志々目愛が角田夏実破り初V
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/749676/

211 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:29:45.86 ID:FzRygsw5

aik

212 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:30:01.07 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権第2日は29日、ブダペストで行われ、男子66キロ級で注目の20歳、阿部一二三(日体大)が初出場で優勝した。
女子52キロ級決勝は日本勢対決となり、志々目愛が角田夏実(ともに了徳寺学園職)に内股で一本勝ちし、初出場優勝。
日本は第1日の28日に男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)、女子48キロ級の渡名喜風南(帝京大)も優勝しており、最高のスタートを切った。
男女軽量級の全4階級を制するのは初めて。
阿部は6試合中5試合で一本勝ち。準決勝はバシャ・マルグベラシビリ(ジョージア)を抑え込みで破り、決勝でもミハイル・プリャエフ(ロシア)から
袖釣り込み腰で一本を奪った。
女子の準決勝で志々目はリオデジャネイロ五輪女王で世界ランキング1位のマイリンダ・ケルメンディ(コソボ)に延長の末、角田は世界ランキング3位の
ギリ・コーヘン(イスラエル)に優勢勝ちした。
阿部一二三の話
「今日に向けてやってきたので、うれしい気持ちが一番。落ち着いて自分の柔道ができた。東京(五輪)に向けての第一歩を踏み出せた。
このまま突っ走りたい」
志々目愛の話
「決勝は日本人対決となったが、ここまできたら優勝しようと思っていた。指導を二つもらって、焦った部分はあったが、自分の柔道をしようと思った。
厳しい試合が続いたが、気持ちで負けなかった」
角田夏実の話
「本当に悔しい。けがもいろいろしていて練習不足かなと思う。けがをしても、得意な部分ではどうにかしようと思った。それは通用してよかった」

日本、連日のアベックV!一二三&志々目が初出場優勝 男女軽量級の全4階級制覇は初/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083001020001-n1.html

女子48キロ級の渡名喜風南(ふうな、22)=帝京大=が初出場で頂点に立った。男子60キロ級は高藤直寿(24)=パーク24=が2013年大会以来、
2度目の優勝。最軽量級を男女がそろって制したのは、1997年パリ大会の野村忠宏、田村亮子(現姓・谷)以来、20年ぶりの快挙となった。
「伝統の女子48キロ級」に新星が現れた。渡名喜は決勝の畳を下りると、「今まで優勝しても泣くほどではなかったが、涙が出た。すごくうれしい」と
喜びに浸った。決勝の相手のムンフバットには15、16年のグランドスラム東京で2年続けて足技がポイントにならず、指導の差で敗戦。「すごく悔しくて。
何が何でも足技で取るぞという気持ちでいった」。得意技にこだわり、小外刈りで初優勝を決める技ありを奪い取った。
格闘技好きの父の影響で幼少の頃からテレビで総合格闘技を観戦。木登りが得意で「野性的だった」少女は9歳で柔道を始めたが、中学まで県大会
でも負け続き。修徳高で現役時代に谷亮子のライバルだった北田佳世監督に出会ったことが転機となり「先生が同じ48キロ級で練習相手も比較的
小さかったので力をつけられた」。高校でも日本一に縁はなかったが、地道に培った力が22歳で花開いた。
身長148センチは同階級でも小柄だが「小さくても強いんだぞ、と見せられた」と胸を張った。大会2週間前には胃腸炎で体重が1・5キロ減る
アクシデントに見舞われたが「そんなに減量ないんで大丈夫」と前向きにとらえ、初の大舞台でも「逆にリラックスしすぎて力が入らないなと思っていた。
いつもの試合より周りが見えていた」と言ってのける心の強さがあった。
女子48キロ級は五輪の正式種目となった92年以降、過去14度の世界選手権で11個の金メダルを獲得してきた看板階級だ。7度優勝の谷が引っ張り、
その後は福見友子、浅見八瑠奈、近藤らが激しいライバル関係を築き、日本の強さにつながった。渡名喜は近藤と同学年。小学校時代から背中を
追いかけ、昨年のリオ五輪も「勝ってほしい気持ちが一番ですけど、同い年として悔しい気持ちもありました」と複雑な心境で見届けた。だが、
今回で48キロ級は「近藤・渡名喜」の新時代に突入。新女王は「勝っておごらず、常に挑戦者の気持ちで。東京五輪で優勝したい」と3年後を見据えた。

【世界柔道】渡名喜風南「小さくても強いんだぞ」伝統の女子48キロ級に“新星”誕生
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170829-OHT1T50260.html

213 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:30:53.09 ID:FzRygsw5

日本男子66キロ級の阿部が、世界の舞台で大暴れした。日本男子では五輪と世界選手権を通じ史上3番目の若さで初優勝。
すべてを捧げた大会で一番輝くメダルを手にし、大歓声を浴びた。
「今日に向けてやってきたので、うれしい気持ちが一番。落ち着いて自分の柔道ができた」
決勝では試合巧者のプリャエフ(ロシア)から袖釣り込み腰で一本を奪うと、ニヤリと笑った。
4月の選抜体重別選手権以来約5カ月ぶりの実戦だったが、あえてブランクを作って臨んだ。
「世界選手権ひとつにしぼってやってきた。一番いい状態に、とやってきた」
神港学園高時代からシニアの大会に出場するようになり、世界の舞台を狙える位置にいることを感じ始めた。だが選考会での敗戦や
タイミングの問題で出場を阻まれた。
大舞台で輝くため、実戦を避けてまで練習漬けの道を選んだ。特に取り組んできたのは逆技(阿部の場合は右組みから出す左技)だ。
国際大会で海外の強豪選手に印象づけてきた右のかつぎ技。そこに逆技を繰り出すことで相手を動揺させ、効果的に攻めることを研いた。
その成果を見せることができた。
9日に誕生日を迎え成人になった。やりたいことに「お酒を楽しむこと」を挙げた。ちょうどこの大会に向けた減量期間と重なり「終わって、
みんなと楽しくやれたらいいですね」と我慢してきた。“初体験”は祝杯という形で解禁となる。
この大会は3年後の東京五輪への「第1章」と位置づけていたが「東京(五輪)に向けての第一歩を踏み出せた。突っ走りたい」。
66キロ級に新時代を到来させたヒーローが高らかに宣言した

東京五輪の星!阿部一二三、日本男子史上3番目の若さで金/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083005040007-n1.html

男子66キロ級には日体大の2年生で二十歳の阿部選手が出場し、持ち味の豪快に攻める柔道で準決勝までの5試合のうち4試合で一本勝ちして
決勝に進みました。
決勝ではロシアのミカエル・プリャエフ選手と対戦し序盤から得意の担ぎ技で攻めました。そして、中盤、得意の袖釣り込み腰で一本勝ちしました。
阿部選手は世界選手権初出場で金メダルを獲得しました。
また、女子52キロ級にはいずれも初出場となる志々目選手と、角田夏実選手の2人が出場しました。
志々目選手は準決勝で、リオデジャネイロオリンピックの金メダリストで、コソボのマリンダ・ケルメンディ選手を破り、角田選手は得意の寝技を生かして
順調に決勝に進みました。
決勝は序盤、角田選手が寝技に持ち込もうと、ともえ投げなどで崩しましたが攻めきれませんでした。これに対して志々目選手は残り1分半ほどで
得意の切れ味鋭い内股を決めて一本勝ちしました。
日本選手どうしの対戦を制した志々目選手は初の金メダル、敗れた角田選手は銀メダルとなりました。
日本は、大会1日目に行われた男子60キロ級と女子48キロ級と合わせて4階級で金メダルを独占しています。

柔道世界選手権 2日目も日本が金メダル独占
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170830/k10011118561000.html

井上康生・男子日本代表監督の話「阿部らしい闘いぶりで見事な優勝だった。全世界に存在感をアピールできたと思う。しかし、彼が大きく輝くのは
東京五輪。もっと伸ばせる要素があり、成長していける」
増地克之・女子日本代表監督の話「2人に金メダルを渡したいぐらい、よく闘ってくれた。志々目は足技や投げに力がある。合宿などを見ていても、
良い結果になるだろうと思っていた。角田はけがを乗り越えて力を十分に発揮した」

【世界柔道】日本男子の井上康生監督「阿部らしい見事な優勝だった」 女子の増地克之監督「2人に金メダル渡したい」
http://www.sankei.com/sports/news/170830/spo1708300009-n1.html

男子66キロ級で、初出場の阿部一二三(20)=日体大=がロシア選手から袖釣り込み腰で一本を奪い初の金メダルを獲得。
阿部が在学する日体大(東京・世田谷キャンパス)では、大学関係者や柔道部員100人が集まり、大型ビジョンで試合を見守る
パブリックビューイングで声援を送った。阿部の金メダル獲得が決まると、会場内のボルテージは最高潮に達し、祝福の声があがった。

阿部の金メダルに100人が大歓声!日体大で深夜PV/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083005000002-n1.html

214 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:31:21.32 ID:FzRygsw5

最後は最も得意とする袖釣り込み腰で、きれいに相手を畳に叩き付けた。阿部の表情に、じわじわと笑みが広がる。「圧倒的な力を見せつけて
優勝する」との宣言通り20年東京五輪の星が、ついに世界の頂点に立った。
「うれしいという気持ちが一番大きい。(五輪へ)一歩踏み出せたと思う。相手に研究をされても、その上を行って、このまま東京まで突っ走りたい」
初戦の2回戦は動きが硬く、逃げ回る相手を捉えきれなかったが、指導3による相手の反則負けで勝ち上がり。これで本来の動きを取り戻すと、
3回戦は開始32秒の体落としで一本。4回戦は技あり3つで危なげなく突破し、準々決勝はウクライナ選手を真上にはね上げる豪快な背負い投げ。
準決勝では投げ技で倒され、ヒヤリとするシーンもあったが、6試合中4試合を一本勝ちで決めた。
中学時代から柔道界にその名をとどろかせた。一見、順風満帆に見える歩みだが、昨年のリオ五輪代表を逃したことは、これまででもっとも
大きな挫折だ。国際大会の実績で海老沼匡(パーク24)らに劣っていた阿部にとって、15年の講道館杯優勝はリオ代表への最低条件だったが、
準々決勝で敗退。「その負けがないと、今の自分はない」とリスタートの原点になっている。
失意の阿部の気持ちを奮い立たせたのが、翌16年4月から進学が決まっていた日体大の山本洋祐監督だった。「存在感をアピールして“やっぱり
阿部だっただろう”と言わせよう」。リオ五輪の最終選考会だった昨年4月の選抜体重別では準決勝で海老沼に一本勝ちして初優勝。試合後の
全日本柔道連盟の強化委員会では実際に阿部の選出を推す声もあった。昨年の講道館杯では再び準々決勝で敗退したが、以後は負けなし。悲願の
世界一へと一気に駆け上がった。

一二三圧倒!東京五輪へ「一歩踏み出せた」2日連続アベック金
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/30/kiji/20170829s00006000203000c.html

女子52キロ級決勝は日本勢対決となり、志々目愛が角田夏実(ともに了徳寺学園職)に内股で一本勝ちし、初出場優勝。
志々目は、目を潤ませながら喜びを口にした。
見事な優勝だった。
「今まで悔しい思いをしてきたし、この大会の優勝が目標だった」
激戦の連続だった。
「準々決勝、準決勝は相手が後半にばてたのが分かった。指導を先に二つ受け焦りもあったが、投げるしかない、投げれば勝てると思っていた」
準決勝では強敵のケルメンディを破った。
「奥襟を取られないように対策をしてきた。延長戦は時計を見たら(通常の4分に加え)5分ぐらいたっていて、こんなに闘ったのに負けられないと思った」
決勝は角田との日本勢対決だった。
「これまで2試合闘って1勝1敗。絶対に勝とうと思っていた」
前回男子60キロ級銅メダルの兄より、いい色のメダルを手に入れた。
「ずっと『兄超えを』と言われていたので、うれしかった」

【世界柔道】志々目愛「優勝が目標だった」 目を潤ませ金メダルに喜ぶ
http://www.sankei.com/sports/news/170830/spo1708300013-n1.html

か細い声で話す志々目とは思えないほど、気迫がみなぎっていた。準決勝の相手はリオデジャネイロ五輪金メダルのケルメンディ(コソボ)。
7月にスペインであった国際合宿でも手合わせし、対策を練ってきた強敵と計9分半に及ぶ激戦を戦い抜いた。
世界選手権も過去2度制しているケルメンディの武器は組み手で引き付けるパワーの強さにある。志々目は女王の圧力によく耐えていたが、
相手より多い指導二つで試合時間の4分を終えた。
リオ五輪の準決勝では中村美里(三井住友海上)が指導の差に泣いた。だが、新ルールではそれで決着はつかない。増地克之監督は「4分しのいで、
延長で勝負と話していた」。
計算通り、徐々に流れを引き寄せ、8分すぎに相手に二つ目の指導。志々目は「こんなに戦って負けられない」と一層気合を入れ、最後は
内股透かしで技ありを奪って決着。続く決勝は、所属先の先輩である角田に一本勝ちして頂点に立った。
大会を通じて指導が与えられることが多く「まだまだ課題は多い」と認める。鋭い立ち技を持ち、ライバルの特徴をノートに書き留める研究熱心さも
ある23歳は「これからもしっかり練習していく」。世界一の称号を手にしてもなお精進することを誓った。

女王撃破で加速=志々目、気迫で頂点-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083000189

215 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:32:52.02 ID:FzRygsw5

柔道世界選手権第2日(29日、ブダペスト)男子66キロ級では阿部が初めての世界選手権をどう戦うか。高藤が優勝したことで続くことのプレッシャーも
ある中で、思いきりの良さがどこまで出るのか、注目していた。
大会序盤からメダルラッシュとなったが、前日の女子48キロ級で優勝した渡名喜は接戦が多かったが、初の世界選手権でも妥協せず、分の悪かった
準決勝、決勝もポイントを取って自信になったと思う。欲を言うなら投げる技がほしい。これからは追われる身であり、内容が問われてくる。どう
成長していくか楽しみだ。一方、近藤はゴールデンスコアで反則を取られてはいけない場面だから、別のやり方があったはず。気持ちの切り替えが
できていなかった。
男子60キロ級の高藤は自信を持ってやっていた。相手との組み手争いでいいところを持てば見る方も安心してみていられる。リオ五輪で負けてから、
妥協しなくなった点で一皮むけたと感じた。

【吉田秀彦 一本!】妥協せず渡名喜V自信に
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083008000005-n1.html

高藤は落ち着いた試合ぶりだった。目一杯の試合をするというよりは、展開に合わせて攻める時は攻め、引くときは引く。
世界選手権は3度目で五輪も経験。老かいな戦いぶりに成長が垣間見えた。
リオ五輪では動きが硬く、止まったところを投げられたが、本来は自分から動き、相手の技を誘い、それを利用できる。決勝でも相手に小外刈りを誘い、
そこを大内刈りで仕留めた。準決勝でも前技を警戒させておいて、後ろ技の隅返しで技ありを奪った。外国人選手は裏を取る戦術が苦手。
自分のワールドに引き込めたのが勝因だ。逆に初出場の永山は雰囲気に飲まれて本来のリズムが出せず、技が単発になった。いい勉強に
なったと思う。
渡名喜はガードを固め、相手の隙を突く戦いが徹底できていた。決勝でもいいところを持たれたが、一瞬の隙を突いて小外刈り。相手の動き始めを
うまく引っかけるので、外国人選手にとっては非常にやっかいな選手に思われただろう。
井上、増地の男女両監督は「最初が大事」と話していたこともあり、初日に2名を送り出し、その起用に選手が見事に応えた。日本チームとして
最高のスタートになった。

【上水研一朗の目】4年ぶり世界一の高藤 老かいな戦いに見えた成長
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/30/kiji/20170829s00006000227000c.html

渡名喜は、4年前の覇者ムンフバットとの決勝を得意の足技で果敢に攻めた。開始3分35秒。小外刈りで技ありを奪い、優勢勝ちした。
長年近藤亜美(三井住友海上)の陰に隠れていた存在が、ついに名を上げ「今まで優勝しても泣くほどではなかったけど涙が出た。
48キロ級で小さい方だけど『小さくても強いんだぞ』と見せられたと思う」と瞳を潤ませた。
高藤は、サファロフとの決勝で3分20秒、大内刈りで一本勝ちした。ライバルで東海大の後輩、永山竜樹が3回戦で敗れて頂点に立った。
「今回は、組み合わせから運が良かった。勝って当たり前。まだ永山選手に勝ってないので、勝ってから喜びたい」と満足はしていなかった。
<渡名喜風南こんな人>
ギャップのある柔道家だ。瞳は大きく、ハッキリした顔立ちでまさに沖縄人。両親が沖縄県南風原町出身で、名前は「風南(ふうな)」。
「いかにも南国風」という感じで、名前の由来を聞いたら違った。「実は、全然関係ないんです。母が『風ちゃん』って呼びたいがためにつけたらしいです。
今は風南ですけど…」。これを聞いて大爆笑した。さらに4姉妹の末っ子で姉3人も南国を連想される名前かと思いきや違う。幼少期は木登りや
格闘技が大好きの自称野生児。しかし、柔道においては南国気質の「なんくるないさー(何とかなるさ)精神」はなく、真面目でストイック。
容姿とギャップのある世界女王が誕生した

容姿とギャップ、自称野生児の渡名喜風南/こんな人 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1879914.html

216 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:33:47.16 ID:FzRygsw5

aikoo

217 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:34:29.22 ID:FzRygsw5

nn

218 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:34:44.72 ID:FzRygsw5

60キロ級を4年ぶりに制した高藤(パーク24)は「運が良かっただけ。強い選手が全部負けて、正直世界王者になった気持ちもない」と話したが、
3年後に向けては価値ある2度目の世界一となった。
全日本柔道連盟は3月の理事会で、同一年の世界選手権と年末のグランドスラム東京大会を両方制した選手が翌年の世界選手権代表に
決まる新選考方式を決定。もちろん世界2連覇となれば東京五輪はグッと近づく。柔道人生で「一番意識している」と認める永山との代表争いで、
直接対決は実現しなかったものの、確実にリードを奪った。

高藤 4年ぶり金で永山との五輪代表争いに一歩リード
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/30/kiji/20170829s00006000214000c.html

52キロ級の角田は銀メダルに終わり「本当に悔しい。けがもいろいろしていて練習不足かなと思う」と敗戦を振り返った。だが、この大会では
初出場の重圧を感じさせず、得意の寝技を軸に一本勝ちの山を築いた。初戦は1分2秒で抑え込み。
2、3回戦は腕ひしぎ十字固め、準々決勝ではともえ投げで一本。準決勝で世界ランク3位のコーヘン(イスラエル)に優勢勝ちした。

角田「悔しい」銀メダルも…得意の寝技軸に一本勝ちの山/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083005010003-n1.html

角田夏実(25=了徳寺学園職)は万全ではない体調を押して勝ち進んだが、決勝で志々目愛(23=了徳寺学園職)に屈した。「練習不足だった。
悔しい」と涙が止まらなかった。
痛めていた両膝に加え、今月上旬の練習中に右足甲を剥離骨折。出場を断念する可能性すらあったという。本格的な練習を積めずに臨み
「はまったらきれいに投げられてしまうと思う」と同僚に話していた不安が最後に的中した。
それでも磨き上げてきたともえ投げと寝技は、世界の舞台でも猛威を振るった。「けがをしていても得意な部分はどうにかしたいと思ったし、
それが通用すると確認できたのは良かった」と初めて挑んだ世界選手権の収穫も口にした。

角田、決勝で敗れ涙止まらず「練習不足。悔しい」 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1879862.html

初出場でつかんだ銀メダルも満足はできなかった。女子52キロ級の決勝。角田はともえ投げを連発し、押し気味に進めた。志々目に先に
二つ目の指導が言い渡される。しかし、約2分半が経過したとき内股で跳ね上げられ、戦いは終わった。
2年前に右膝を手術。代表に決まった後も左膝のけがや鼻の骨折、体調不良に苦しんだ。アクシデントは大会前にも。所属先の山田利彦監督によると、
角田は3週間前に右足甲を剥離骨折していたという。
出場自体が危ぶまれた中で、得意の関節技やともえ投げで勝ち上がり、持ち味は存分に発揮した。遅咲きの25歳は悔し涙をにじませながらも、
「得意な部分はできてよかった」と少しだけ胸を張った。

角田、骨折押して銀メダル=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083000266

昨年の五輪で優勝し、コソボに初のメダルをもたらした女子52キロ級のケルメンディは、9分半に及んだ志々目との準決勝が響いて5位に終わった。
「3位決定戦までに回復できなかった。最善は尽くしたが、これも柔道」とさばさばしていた。
志々目戦は「違う展開を予想していた。あんなに厳しい闘いになるとは」と粘り負けして苦笑する。2013年、14年と世界選手権を2連覇した実力者。
「この負けが強くなる意欲をかき立ててくれる。もっと厳しい練習を積んで、望む地位に必ず戻ってみせる」と闘志を燃やした。

志々目との激闘響き5位 ケルメンディ「最善は尽くした」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083008220008-n1.html

男子66キロ級でリオデジャネイロ五輪金メダルのファビオ・バシレ(イタリア)は3回戦で前回覇者の安バウル(韓国)に延長の末に敗れた。
5月上旬から日体大で武者修行するなど、意気込んで臨んだ舞台は不完全燃焼に終わった。
リオ五輪決勝の再戦が、微妙な判定で決着したことに納得がいかなかった様子。イタリア語で大きな叫び声を上げて悪態をつき、
ドアに拳をたたきつけて足早に取材ゾーンを通り過ぎた。

五輪王者バシレは不完全燃焼…悪態つき、ドアに拳たたきつける/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083008230010-n1.html

219 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:35:07.65 ID:FzRygsw5

オイッス! あまりの強さに脱帽だよ~。柔道の世界選手権2日目、男子66キロ級で優勝した阿部一二三くん(20=日体大)の試合ぶりは
ほぼ100%、パーフェクトと言っていい。久しぶりにこんな圧勝劇を見たよ。ついにニッポン柔道にも世間が反応するスターが現れたようだね。
彼のすごいところはいろんな投げるパターンがあること。独特の両袖を持って投げる技に、海外選手は全く対応できていなかった。両袖を
持ってから体落とし、袖釣り込み腰、大外刈りと技も多彩。もちろんオーソドックスに襟とヒジを持って組んでも、背負い投げ、小内刈りで
投げられるからね。野球で言えば、球種をたくさん持っている投手で“柔道の七変化”といったところかな。
いろんな技があるから対応できず、わかっているのに投げられちゃうんだよね。まあ、今回の優勝を機に海外選手も徹底的に研究してくるだろうけど、
どうなんだろ? オレが相手だったら「あんなに技あって、どんだけ研究すればいいんだよ…」となるよな~。それに阿部くんはまだ20歳。3年後は
さらに成長しているから、研究したって追いつけないよなあ…。東京五輪の金メダルはカタいよ。
これまでは雑な部分もあってたまに取りこぼしもあったけれど、今回は集中力が違った。彼の言う「五輪4連覇」の目標も、決してできないことじゃない…
そう思わせる柔道だったよ。
女子52キロ級で優勝した志々目(愛)さんはハートの強さが伝わってきた。この階級は寝技が強い選手が多かったけれど、彼女は投げでの
力強い柔道で今後も楽しみだね。

【世界柔道】小川直也 阿部一二三の多彩な投げパターンは“柔道の七変化”
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/750147/

柔道世界選手権2日目、女子52キロ級決勝は志々目愛(23=了徳寺学園職)が角田夏実(25=同)との同門日本人対決を制し、
初出場初Vを果たした。準決勝でリオ五輪金メダルのマイリンダ・ケルメンディ(26=コソボ)を9分30秒の死闘の末に撃破。「クソ真面目」と
言われるほどストイックな新星が、東京五輪の金メダル争いへ名乗りを上げた。
ヤマ場は準決勝だった。相手は金メダリストのケルメンディ。互いに指導を2つずつをもらった持久戦を技ありで制した。「ケルメンディ選手を倒した
日本人がいなくて、絶対に倒そうと思いました」。客席の全日本女子の増地克之監督(46)も思わずガッツポーズした勝利で、志々目はさらに勢いに乗った。
初代表とはいえ、後のない戦いだった。52キロ級は国内争いが過熱。志々目と角田のほかにも阿部一二三(20=日体大)の妹・詩(17=
夙川学院高)やリオ五輪銅メダルの中村美里(28=三井住友海上)が控える。所属の山田利彦監督(47)は「阿部や中村も絡んでくる。
今回のチャンスをいかにものにするか」とハッパをかけていた。
決勝の相手は互いに手の内を知り尽くす角田でやりにくさはあったが、最後は代名詞の内股が炸裂。志々目は「ここまできたら優勝しようと
思っていた。指導を2つもらって、焦った部分はあったが、自分の柔道をしようと思った。気持ちで負けなかった」と喜びをかみ締めた。
同じ内股を得意にしていた五輪2大会連続金メダルの谷本歩実氏(36)に憧れる。「映像を見たりします。一発で持っていけるところがすごい」。
決勝の内股は鮮やかだったが、一撃必殺の谷本氏とはタイプが異なる。「私は追っていく派。一発でハネ上げるのもするんですけど、相手に耐えられる。
そこから崩して持っていく」。この二段構えの内股は分かっていても止めにくい。
武器は伸びてくる足で、山田監督は「足が組み際からしっかり出る。小外刈りをうまく使いながら崩して内股や大外刈りにつなげる。足が引っかかってくるの
でいい形で入れる」と目を細める。
性格は「柔道では負けず嫌い。投げられるのが嫌です」と公言する。山田監督は「クソ真面目。前、ちょっとケガしている時、筑波(大学)で打ち込み練習
をやったんです。(志々目の拠点の)帝京(大学=東京・八王子)から筑波まで来るの大変なんですけど『愛ならいるな』と思ったら、いる。しっかり
打ち込みして帰った。コレと言ったら、きっちりこなすいい子です」とほほ笑ましいエピソードを明かした。
趣味はディズニーの実写版映画を見ることという“強き乙女”。角田とワンツーを決めたことで“阿部詩包囲網”も強化されたが、志々目が
52キロ級の先頭を突っ走っていく。

【世界柔道】女子52キロ級で金の志々目 趣味はディズニー実写版観賞
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/749904/

220 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:36:05.03 ID:FzRygsw5

男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)と、女子57キロ級の芳田司(コマツ)が、
ともに準決勝へ進んだ。
橋本は準々決勝で、2016年リオデジャネイロ五輪73キロ級銅メダルのラシャ・シャブダトゥアシビリ(ジョージア)を破った。橋本が優勝すれば、
73キロ級は10年から6大会連続で日本選手が制することになる。
芳田は準々決勝で連珍羚(台湾)を延長の末に下し、57キロ級の日本勢では14、15年に続く3大会連続制覇に近づいた。

橋本、芳田が準決勝へ=世界柔道第3日
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083000959

男子73キロ級で世界ランキング1位の橋本壮市(パーク24)、女子57キロ級で同2位の芳田司(コマツ)が、ともに初出場で準決勝に進んだ。
橋本は4回戦でジャンサイ・スマグロフ(カザフスタン)に延長の末に優勢勝ちし、準々決勝はリオデジャネイロ五輪3位のラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)
に反則勝ちした。
芳田は2、3回戦を寝技で一本勝ちし、準々決勝はコマツ所属の連珍羚(台湾)に延長で優勢勝ちした。
日本勢は2日間を終え、男女4階級で表彰台の頂点を独占。金メダル4個、銀メダルと銅メダルを1個ずつと好スタートを切っている。

初出場の橋本、芳田が準決勝へ/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170830/jud17083018290013-n1.html

「この日に向けてやってきた。ホッとしている」。東京五輪まで「無敗」を公言して世界の頂点を取った20歳は、端正な顔立ちに笑みを浮かべた。
男子66キロ級で初出場の阿部一二三。大胆な攻撃的スタイルを最後まで貫いた。決勝は2大会連続銀メダルのプリャエフを豪快に投げた。
開始2分33秒。力強い袖釣り込み腰で畳に沈めた。
男子の井上康生監督から「『阿部ここにあり』という試合をしてこい」と送り出された大舞台。全6試合で5試合が一本勝ちという圧巻の試合運びに、
指揮官も「どんな相手に対しても投げきる力がある」と称えた。
厳しいマークは覚悟の上だった。武器の背負い投げが警戒される中で、取り組んできたのが足技だ。小内刈りや小外刈りで崩して勝機を見出し、
寝技も駆使した準決勝は出足払いから袈裟固めで一本勝ち。増やしてきた引き出しを見せつけた。
惜しげもなく技を出し切ったかに映る攻めには、まだ伸びしろが潜む。現地での公開練習でも打ち込みなどで調整していた、得意の右とは逆の左組み
からの技出しだ。攻撃パターンが増える一方、安易に仕掛ければ返し技のリスクもある。「頭の中では、いま入れるという状況があったけど、まだ
(返される)恐さがあった」と今大会では封印。「逆技を出せるようになれば、もっと成長できる」とどん欲だ。
柔道界の誰もが認める東京五輪のホープ。成長を続けた先に2020年の金メダルが待っている。

【柔道】逆技に伸びしろ残す 東京五輪のホープが20歳で世界王者に
http://www.sankei.com/sports/news/170830/spo1708300039-n1.html

女子52キロ級決勝は2011年以来となる日本人対決になった。対外国人で2年近く負け知らずの志々目愛が、同門の角田夏実を狙いすました
内股で投げて一本勝ち。23歳が初出場で世界を制した。
「世界一になれた。ものすごくうれしい」
歓喜の涙を流した新女王の正念場は、準決勝だった。昨夏のリオデジャネイロ五輪金メダルのマイリンダ・ケルメンディ。前回は欠場したが、13、14年
を連覇した同級の絶対女王だ。
激闘の試合時間は9分30秒。奥襟を狙う相手の強力な組み手を封じ、作戦勝ちした。試合では初対決。7月の国際合宿で組み合い、映像でも
相手の攻撃パターンを分析した。福見友子コーチと対策を練り、奥襟封じに徹しつつ反撃のチャンスを探った。
延長に入った時点で、受けた指導の数は志々目が2つ、ケルメンディが1つ。指導差では決着をつけない新ルールでなければ、負けていた。
「投げれば勝てる」と本人は冷静。相手が疲れたところを内股透かしで勝敗を決した。
五輪2大会連続金メダルの谷本歩実さんを目標に内股を磨いた志々目。必殺の関節技を持つ銀メダルの角田。所属先の山田利彦監督は
「ポイントを取れる技を持っている選手にとって、新ルールは追い風になった」と分析した。
ケルメンディの牙城が崩れた同級は、代表の2人に加え、五輪3大会連続出場の中村美里(三井住友海上)、17歳の阿部詩(兵庫・夙川学院高)と
日本国内の層が厚みを増す。東京五輪へ向けた激しい争いは相乗効果も期待できる。

【柔道】絶対女王を倒した志々目愛、技を持つ選手に有利な新ルールを象徴
http://www.sankei.com/sports/news/170830/spo1708300040-n1.html

221 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:36:46.35 ID:FzRygsw5

男子73キロ級で初出場の世界ランキング1位、橋本壮市(パーク24)が、
決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのルスタム・オルジョイ(アゼルバイジャン)に延長で優勢勝ちし優勝した。日本の金メダルは今大会五つ目。
男子で60、66、73キロ級を同一大会で制するのは2013年以来3大会ぶり。73キロ級は10年から6大会連続の優勝。
女子57キロ級で世界ランク2位の芳田司(コマツ)は決勝で同1位のスミヤ・ドルジスレン(モンゴル)に延長で敗れて銀メダルだった。
女子はここまで出場5選手が全員表彰台に立った。
日本勢は29日までの2日間に行われた男女4階級で表彰台の頂点を独占。メダルをさらに二つ加えて計8個となった。
芳田司の話 調子が良くなかったが、絶対に優勝したいという気持ちでやっていた。(延長となった決勝は)自分の弱さが出た。
井上康生・男子日本代表監督の話 橋本は重圧の中で初戦から硬かったが、全試合を彼らしい我慢強い闘いで制した。昨年
(のリオデジャネイロ五輪)に引き続き、73キロ級で新たな力が出てきた。いかなる状況でも焦るなと、我慢勝負になると伝えた。

男子73キロ級で橋本が金、女子57キロ級の芳田は銀 世界柔道
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/30/kiji/20170830s00006000378000c.html

弱気な姿は、もうなかった。初戦から前に出続けて上がった決勝の畳。21歳の芳田は、リオデジャネイロ五輪銀のドルジスレンを前にしても気後れは
ない。延長までもつれた試合は、開始から約13分の死闘。最後に腰車で技ありを奪われ、力尽きた。
準々決勝は同じコマツに所属するリオ五輪5位の連珍羚と対戦。互いに手の内を知り尽くしているだけにやりにくさはあったが、接戦を制した。
これで弾みがつき、準決勝では実力者のルスボーを抑え込み一本勝ちした。
切れ味鋭い内股を武器にジュニア時代から注目を集め、高校卒業後にコマツへ。入ってみると2014年世界女王の宇高菜絵ら同じ階級の実力者が
多く、「最初はぼろ雑巾のようにされていた」という。そんな環境で先輩たちに食らいついて力をつけ、リオ五輪代表争いにも割って入った。
第一人者の松本薫(ベネシード)が休養中。最近は自身が追われる立場になった重圧のため、積極性が影を潜める試合も多かったが、初の大舞台を
前に「もっと思い切った柔道をしたい」と意気込んでいた。そんな挑戦者の姿勢を取り戻し、価値ある銀を手中に収めた。

攻め続け、あと一歩=初陣芳田、健闘の銀-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083001284

遅咲きの男が、ついに世界の頂点にたどり着いた。男子73キロ級の橋本は26歳にして手にしたチャンスに人一倍の思いを懸けた。
2020年東京五輪の代表争いを見据え「今年がすごく重要になる」との、強い決意を実らせた。
今大会のために温めていたという秘技で活路を開いた。名付けて「橋本スペシャル」。袖釣り込み腰をフェイントにしての大外刈りや体落とし
の連係技だ。延長にもつれた初戦の2回戦は大外刈りで技あり、3回戦は体落としで一本を奪った。
神奈川・東海大相模高時代に全国高校総体を81キロ級で制したが、体重は75キロ前後しかなかった。73キロ級への変更は東海大3年時。
雌伏の時を経て、昨年4月からの国際大会での連続優勝は7に伸びた。
大学の先輩である日本男子の井上監督が「心から柔道が好きで努力してきた」と認める存在。同級に君臨する大野将平(25)=旭化成=は
実戦を離れている。リオデジャネイロ五輪王者の背中を追い「優勝して『あとは大野だけだ』と叫ぶ」との気迫を胸に世界の強豪に立ち向かい、万感の
優勝を果たした。
日本勢は29日までの2日間に行われた男女4階級で表彰台の頂点を独占。この日の橋本を加え、3日連続の金メダル獲得となった。
見逃せないのは「チーム日本」の一体感だ。今大会からは東京五輪での追加種目となった混合団体を実施。結束を図るため、
7月には男子の井上監督の発案で異例の男女合同ミーティングを開催した。男女の垣根を越えた相乗効果が「金ラッシュ」を
生み出している。3年後の東京五輪に向け、快進撃が続く。
橋本壮市
「やっと世界チャンピオンになれた。これからいろいろプレッシャーがあると思うが、それを楽しんで闘っていきたい」
井上康生・男子日本代表監督
「橋本は重圧の中で初戦から硬かったが、全試合を彼らしい我慢強い闘いで制した」

日本ゴールドラッシュ!橋本が『金』、遅咲きの男がついに世界の頂点に/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083105050003-n1.html

222 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:37:59.56 ID:FzRygsw5

aiko

223 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:38:19.74 ID:FzRygsw5

日本男子が3日連続で金メダルを獲得した。30日は73キロ級で初出場の橋本壮市(パーク24)が優勝。勢いはとどまることを知らない。
橋本は底抜けに明るい性格の持ち主。決勝はリオデジャネイロ五輪2位のルスタム・オルジョイ(アゼルバイジャン)に押されながらも粘った。
延長の末に勝利を収めると「よっしゃあ」と叫んでガッツポーズを繰り返し、観衆も大歓声で祝福した。
60キロ級王者の高藤直寿(パーク24)はリオ五輪銅メダリスト、66キロ級を制した阿部一二三(日体大)はホープと知名度がある。橋本は
度重なるけがや階級変更を乗り越え、26歳にして初出場にこぎ着けた苦労人。「東京五輪に向けやっとスタートを切れた」としみじみ語った。
喜びを抑えて深々と試合終了の礼をした先の2人とは対照的に、橋本は畳を降りても両親の座る客席に向けて何度も人さし指を突き上げた。
日本男子代表の井上康生監督は目を細めながらも「ちゃらちゃらしている。何とかしてほしい」と苦笑していた。

橋本ガッツポーズに井上監督「何とかして」と苦笑 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1880346.html

日本はここまで男女6階級に9選手が出場し、金5個を含むメダル8個を早くも獲得。ただ、世界選手権で過去の最多メダルは2010年東京大会の
23個で、これを超える可能性はない。10年は無差別級を含む男女各8階級の全てに複数選手がエントリーできた。
今大会は男女各7階級で、起用できるのは男女それぞれ最大9人。同じ条件だった15年の前回大会では金6、銀4、銅5のメダル15個だった。
男子はここまで60、66、73キロ級と全て制覇。同様の好スタートを切った13年大会は、残る4階級でメダルを取り逃がした。今回は90キロ級で
選手派遣を見送ったため、全階級制覇の可能性はない。日本は無差別級を含む男子のみ6階級で争われた1969年、73年大会で金メダルを
独占した実績がある。

世界柔道早くもメダル8個 過去最多は23個 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1880359.html

全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は30日、ブダペストで開催中の世界選手権第3日終了後に中間総括を行い、
男女5階級を制する快進撃について「非常に良い滑り出しができた。やろうとしてきたことが試合で出ている」と高く評価した。
男子は接近戦を得意とする外国勢対策の成果が表れていると解説。66キロ級の阿部一二三(日体大)、73キロ級の橋本壮市(パーク24)の
初優勝は防御面の向上を要因に挙げる。出場5人全員がメダルを獲得した女子は体力トレーニングを増やしたことが、組み手争いを優位に
させたとみている。
試験導入中の新ルールに対しては、指導の差だけならば延長戦に入る点を捉え「落ち着いて技を掛け切れば、投げることができる」と
日本勢に有利に働いているとした。

「非常にいい滑り出し」金野強化委員長が中間総括/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083108310008-n1.html

傷だらけの体を奮い立たせた。決勝で当たったオルジョフには、大野将平(旭化成)がリオデジャネイロ五輪決勝で完勝している。
同学年の五輪王者を強く意識する橋本にとって、負けられない相手だった。
開始約3分で指導を受け、正規の試合時間4分が終了する間際には隅返しを食いそうになるなど劣勢。だが、引き下がれない。延長1分42秒、低い
体勢からの体落としで技ありを奪い、勝負を決めた。拳を振り上げて絶叫したが、会場にはブーイング。微妙な判定は再検証された末に確定した。
試合後、今月中旬に左足首の靱帯(じんたい)を断裂していたことを明かした。2週間はギプスでの固定が必要と診断されたという。決勝の試合中には
右手指の爪がめくれるアクシデントもあった。「何度も心が折れかけたが、絶対に世界チャンピオンになると言い聞かせた」。遅咲きの26歳。執念が
詰まった一撃で栄冠を勝ち取った。
リオ五輪王者が不在の中で、世界一の座に就いた。「やっとスタートラインに立てた。大野に勝って、2020年東京五輪で優勝を目指したい」。手にした
金は、大きな存在に対する挑戦状となった。

橋本、執念の一撃=負傷押して金メダル-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083100238

224 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:39:18.96 ID:FzRygsw5

nn

225 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:40:03.14 ID:FzRygsw5

sat

226 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:40:23.22 ID:FzRygsw5

優勝の感想は。
「いろんな仲間のサポートがあったから、ここまでたどり着くことができた。感謝したい」
大会前に左足首の靱帯を断裂していた。
「練習ができない状態で本当にきつかった。試合に(状態を)合わせるのが大変だった」
決勝は熱戦だった。
「何度も心が折れかけたが、『絶対に俺が世界王者になる』と言い聞かせて闘った」
初戦は硬かったが。
「世界王者になりたいと思いすぎて上ばかり見ていた。空回りした部分もある。初戦があったから次につながった」
同級には五輪王者の大野がいる。
「大野に勝って東京五輪に優勝するという気持ちでやっていきたい。やっとスタートしたばかり。もっとやれる」
73キロ級は競争激化。
「日本の73キロ級は強いので、気を抜かないで毎日を過ごしていく」

【男子73キロ級V一問一答】橋本「やっとスタートしたばかり。もっとやれる」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083108310010-n1.html

26歳にして初の大舞台に立った男子73キロ級の橋本には、越えなければならない壁がある。それは世界の強豪ではなく、リオデジャネイロ五輪を
制した大野将平(旭化成)。同学年のライバルは、大学院の論文執筆を理由に今大会を目指さなかった。「優勝して初めて『大野に勝つ』と言える」。
金メダルを手にしなければ挑戦権をつかめないと思っていた。
気負いからか、最初は動きが硬かった。初戦の2回戦、4回戦は延長の末に優勢勝ち。ようやく本来の切れを見せたのが準決勝。ヘイダロフから左手
だけの袖釣り込み腰で一本を奪い、勢いに乗った。決勝はリオ五輪で大野と金を争って敗れたオルジョフと対戦。自分も負けるわけにはいかない。
延長までもつれた熱戦を制した。
静岡県出身で中学から神奈川の名門、東海大相模に進み、81キロ級だった高校時代に総体で個人、団体の2冠に輝いた。大学時代に73キロ級に
変更。肩や肘のけがに悩まされて低迷したが、多彩な担ぎ技を武器に実業団入りしてから国際大会で強さを発揮するようになった。
世界ランキング1位で臨んだ今大会。「チャンピオンにならないと何も始まらない」と話していた。その思い通り、大野を追撃する態勢を整えた。

橋本、つかんだ挑戦権=五輪金の大野を追撃-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083001270

素直に表現するのが橋本流だ。リオ五輪で大野将平に敗れ、銀メダルだったオルジョイとの決勝。両者ポイントなしで突入したゴールデンスコアの延長1分すぎ、
こん身の体落としで技ありを奪うと、右手人さし指を突き上げた。続いて両手でガッツポーズ。日本勢が5大会連続で金メダルを獲得していた同級で、
26歳の新鋭が続き「本当にうれしい。いろんな人に支えてもらったので感謝したい」と語った。
東海大相模中高から東海大へ進み、同期にリオ五輪100キロ級銅の羽賀龍之介、1学年下に100キロ超級の王子谷剛志、2学年下に今大会
60キロ級優勝の高藤直寿が在籍。各級の代表クラスに囲まれ柔道に打ち込んできたが、橋本自身は肩や肘のケガに悩まされ、世界代表と無縁だった。
大きく羽ばたくきっかけをつかんだのは、73キロ級に変更した大学3年時。それまでは81キロ級で、インターハイでも優勝していたが「元々、
体重がなかった。世界に出れば体が二回り違った。(階級を下げても)減量は苦しくなかった」と決断。大卒1年目の14年に初めてシニアの国際大会に
出場すると、才能が一気に開花した。
研究熱心さに定評があり、昔の選手の映像を見ては、新たな技を考案する。今大会に向けても袖釣り込み腰から体落としや大内刈りに移行する
「橋本スペシャル3」を完成させ、ブダペストの地に乗り込んだ。
世界一になったが、日本に帰れば大野将平が待ち受ける。「(リオ五輪の)2位と3位は倒した。あとは1位(大野)を倒すだけ」。世界一の次は日本一。
声高らかに挑戦状を叩きつけた。

橋本 男子73キロ級V、日本勢3日連続の金 延長戦制した
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/31/kiji/20170831s00006000110000c.html

227 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:41:35.16 ID:FzRygsw5

初戦から積極的な柔道で勝ち上がり、決勝ではリオ五輪銀メダルの強敵ルスタム・オルジョイ(25=アゼルバイジャン)と対戦。上背のある相手から
一瞬のスキをつかれ、腕十字を狙われるピンチもあったが、これをしのいで延長戦に突入。最後は5分42秒、微妙な判定ながら場外際の背負い投げ
でポイントを奪い、世界の頂点をつかみ取った。
このクラスには“絶対王者”として、リオ五輪金メダルの大野将平(25=旭化成)が頂点に君臨する。その大野は今年、世界の舞台への出陣を
見合わせた。
橋本は「やっと(大野と)同じラインに立てた。しっかり五輪王者を食って(東京五輪で)優勝してくるようにしたい」ときっぱり。2020年東京五輪へ
向けて今後は、絶対王者と雌雄を決する大勝負が待っている。
また、女子57キロ級で初出場の芳田司(21=コマツ)は、決勝でスミヤ・ドルジスレン(26=モンゴル)と対戦し、延長12分56秒の大死闘の末に
敗れて銀メダルだった。
初戦から危なげなく勝ち上がったが、リオ五輪銀メダリストを最後まで倒せず。頂点にあと一歩及ばなかった芳田は「ずっと優勝したい気持ちで
やってきた。(決勝は)自分の弱さが出た」と涙を流しなら、銀メダルよりV逸を悔やんだ。
それでも、芳田の階級にはロンドン五輪金メダルでリオ五輪銅メダルの松本薫(29=ベネシード)が控えている。出産、育児で戦線を離れている中、
新星が存在感を示した。
これで今大会の日本勢は男女6階級で金5、銀2、銅1と快進撃が続いている。

【世界柔道】73キロ級で橋本壮市が金! 今後は絶対王者・大野と勝負
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/751071/

女子57キロ級で初出場の芳田は決勝で力尽きた。「絶対に優勝したいという気持ちでやっていた。(延長となった決勝は)自分の弱さが出た」。
準決勝は強豪のルスボーを終盤に横四方固めで仕留めたが、リオデジャネイロ五輪銀メダルのドルジスレンとの決勝は12分56秒の死闘。
大内刈りで何度も脅かしたが、最後は技ありを奪われて屈した。女子はここまで出場5選手が全員表彰台に立った。
増地克之・女子日本代表監督
「決勝は芳田に流れが向いていたと思うが、相手が一枚上手だった」

57キロ級の芳田は銀…決勝は「自分の弱さが出た」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083105020002-n1.html

決勝は開始から延長まで約13分も力を尽くし、女子57キロ級の芳田が手にしたのは銀メダルだった。リオデジャネイロ五輪銀メダルのドルジスレンを
追い詰めたが、「自分の弱さが競った時に出た。力不足」と涙を流した。
気持ちをぶつけるように、よく前に出た。延長に入ると足技でしつこく追い回す。だが、相手の体勢を崩してもポイントは奪えなかった。
「しっかり投げ切れず、結局根負けしてしまった」。最後は一瞬の隙を突かれ、腰車で技ありを奪われた。
この階級は五輪2大会で金、銅の松本薫(ベネシード)が休養中。国内では自分が追われる立場となり、最近は重圧で柔道が小さくなることがあったが、
初の大舞台で積極的な姿勢を取り戻した。まだ21歳。「(悔しさを)次に絶対につなげる」と前を向いた。

芳田、攻めて銀=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083100266

女子57キロ級の芳田は、ほんのわずかに金メダルに届かなかった。リオ五輪銀の実力者との決勝は、最初の4分で両者ポイントを奪えず。
組み手を封じられた芳田は勝機を見いだせない状況だったが、不屈の闘志で技を仕掛ける。延長が9分に及ぶ目前、立っているのがやっとという中、
相手の腰車で畳に横倒しにされた。道着も顔も、汗と涙でぐっしょり。「調子が良くなかったが絶対に優勝したいという気持ちでやっていた。ああいう試合
になって、弱さが出た」と肩を落としたが、準決勝までは初出場とは感じさせない快進撃で、価値ある銀メダルを獲得した。

芳田 女子57キロ級で惜しい銀、「弱さ出た」も初出場快進撃
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/31/kiji/20170831s00006000114000c.html

228 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:42:17.83 ID:FzRygsw5

阿部一二三(20=日体大)が金メダルに輝いた。6試合中5試合で一本勝ちし、世界に圧倒的な存在感を示した。強さの背景には、一貫した
柔道哲学があった。女子52キロ級決勝は日本人対決となり、志々目愛(23)が角田夏実(25=ともに了徳寺学園職)に勝利した。日本勢は
第1日に続く、男女アベック金メダルで史上初めて軽量級全4階級を制した。
阿部が会場を熱狂の渦に巻き込んだ。2大会連続2位のプリャエフ(ロシア)との決勝は2分33秒、豪快な右袖釣り込み腰で投げ倒した。
日本勢の強さのあまり、ブーイングを飛ばす観衆がいる中、相手を破壊するかのような投げ技を武器に、6試合中5度の一本勝ちで拍手喝采
を浴びた。「自分の柔道を貫いて、それを試合で出すだけと考えて臨んだ。66キロ級は自分が引っ張る」。誇らしげに新時代の到来を強調した。
兵庫・神港学園高時代から攻撃的な柔道スタイルは変わらない。リオデジャネイロ五輪代表も狙っていたが、調子の波があって落選。
「気持ちで負けず、技術を高める」。この思いを胸に、20年東京五輪で金メダルを獲得すると公言し、臨んだ初の世界選手権だった。警戒されることは
想定済み。投げて勝つため、海外勢に対して右組みから繰り出す、左投げの「逆技」に取り組んでいた。
2連覇した4月の選抜体重別選手権以来約5カ月ぶりの実戦だった。あえて国際大会に出場せず、初出場の大舞台で輝くためにあえて練習漬けを
選んだ。「勝つために何をすべきかということを常に考えている。それは今も昔も変わらない。今は技術を磨くことが必要。自分を信じる、が僕の哲学」。
他の日本代表が国際大会で経験を積む中、独自の道で頂点に立った。
今年は3年後への「第1章」と位置づける。「何をされても絶対に負けない強さを身に付けたい」。風格すら漂う20歳は、名前の由来の通り、
一歩、二歩、三歩と着実に前へ進む。

東京五輪のイケメンホープ阿部一二三の柔道哲学とは - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1880394.html

阿部は柔道着は「誰にも触れさせない」と言う。多くの大学では後輩が先輩の柔道着を洗濯しているが、阿部は日体大の寮で自分で洗濯して、
干しているという。「柔道家として柔道着は一番大事なもの。野球選手のグラブやバットと同じで自己管理したいんです」と説明する。
好きな言葉は「努力は天才を超える」。これまでの活躍から「天才」とも言われてきたが、努力を惜しまない。出稽古などでも最後まで
居残って練習している。
尊敬する五輪3連覇の野村忠宏氏の前で「夢は五輪4連覇です」と堂々と言う。柔道界きってのイケメンはプロ意識が高い努力家。
そして物おじしない有言実行タイプだ。

柔道着自分で洗濯「触れさせない」/阿部はこんな人 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1880403.html

男子66キロ級の阿部は初めての世界選手権でしっかりと強さを示した。プレッシャーで駄目になるようなところもない。
相手が反則を取りに来ることも分かった上で戦えていて、とにかく安定した柔道だった。
内容を見ても、寝技を含めて一本を取れていて、4回戦の優勢勝ちも一本同等といえる。一本を取らないとなかなか試合が終わらない新ルールの中、
一本を取れる得意の担ぎ技を持っているのは大事なこと。現時点で向かうところ敵なしという感じだが、得意技を軸にして逆技なども繰り出せれば、
より頼もしくなる。
今後は、マークされて簡単に組ませてくれない選手が多くなる。そのなかでどう対処するか。自分の組み手をして、組んでからすぐに技を
掛けられるようになれば、言うことなしだろう。

【吉田秀彦氏】阿部一二三は「現時点で向かうところ敵なし」
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083108000004-n1.html

229 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:42:47.60 ID:FzRygsw5

男子66キロ級の阿部は優勝から一夜明けた30日、会場に姿を見せた。「柔道の申し子」とも呼べる逸材について、1987年男子65キロ級(当時)
世界王者で日体大柔道部の山本洋祐部長(57)は「柔道をするために生まれてきた」と評する。日本男子の井上康生監督(39)は「(1992年
バルセロナ五輪覇者の)古賀(稔彦)さん以来のスーパースター」と表現。勝負どころの見極めや寝技にも伸びしろが多いとし「さらにそつのない
柔道をつくり上げてほしい」と進化を求めた。

康生監督、阿部は「古賀さん以来のスーパースター」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083105000001-n1.html

男子66キロ級で阿部一二三(20)=日体大=が初出場で金メダルを獲得した。決勝でプリャエフ(ロシア)を袖釣り込み腰で下すなど、
6試合中5試合で一本勝ちと圧巻の内容。女子52キロ級は初出場の日本勢同士の決勝となり、志々目愛(23)が角田夏実(25)=ともに
了徳寺学園職=に内股で一本勝ち。初日の男子60キロ級、女子48キロ級と合わせ、日本勢は史上初めて男女軽量級の全4階級を制した。 阿部が新時代の到来を告げた。決勝で2大会連続銀メダルのプリャエフを袖釣り込み腰で畳にたたきつけた。並み居る強豪を次々と豪快に
投げ飛ばし、6試合中5試合が一本勝ち。初の世界選手権で衝撃的なデビューを飾った20歳は「すごくほっとしている。やっぱりうれしい気持ちが
一番」と喜びをかみしめた。
兵庫・神港学園高2年時の14年。講道館杯を史上最年少で制し「20年東京五輪の星」と期待を集めた。だが、翌年の同大会で3位に終わり、
代表入りが絶望的に。ショックは大きかったが、日体大の山本洋祐部長の「やはり阿部だった―と言わせよう」という檄(げき)を胸に、リオ五輪の
最終選考会だった昨年4月の全日本選抜体重別選手権で初優勝。代表に選ばれなかったとはいえ「悔しさは今も心の中に持っている。それが
一回りも二回りも成長させてくれた」と力に変えた。
柔道界にとって待望のスターの誕生だ。「阿部、ここにあり―という試合をしてこい」と送り出した、00年シドニー五輪100キロ級金メダルで
全日本男子の井上康生監督(39)も「古賀(稔彦)さん以来のスーパースター。全世界に存在感をアピールできたと思う」と称賛。「彼が輝くのは
東京五輪。伸ばせる要素はまだまだある」と底知れぬ才能に期待を隠さない。
今後は世界からマークされる立場だが、担ぎ技が警戒される中で自分の柔道を貫いた阿部に不安はない。「研究されても、その上をいく選手に
ならないといけない。何をされても絶対に負けない強さを身につけたい」。世界選手権3連覇から東京五輪金へ。描く夢への第一歩を踏み出した。

【世界柔道】初出場金メダルの阿部一二三「何をされても絶対に負けない強さを」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170830-OHT1T50301.html

総合的に見て阿部の強さは頭一つ抜けていた。一番のヤマ場だった準決勝も、相手の技を誘う、後の先の返し技(出足払い)を狙っていた。
序盤に奇襲技を食らい技あり判定された場面もあったが(後に取り消し)、そんな中でも自分を見失うことなくコントロールできていた。高校時代から抜群
の強さを誇っていたが、特に体のしなやかさを利用した技に一層磨きがかかった。
現状で課題らしい課題はない。これ以上、何かを求めるのはぜいたくではあるが、今後はマークがさらに厳しくなり、今の持ち技が研究され
尽くされるだろう。あえて言うならば、3年後へ向け、新たな技を付け加え、寝技で取り切る正確性を身に付けてほしい。
準決勝でケルメンディを破った志々目は我慢強い戦いぶりが光った。相手が奥襟を叩いて(取りに)きても徹底して間合いを取り、技を出されても、
その次には技を必ず返して主導権を渡さなかった。指導差だけでは4分間で決着しない新ルールも、志々目のように投げる力のある選手には有利。
指導をもらっても落ち着いて戦えたことが勝因となった。

【上水研一朗の目】頭一つ抜けていた一二三 しなやかさに磨き
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/31/kiji/20170830s00006000212000c.html

230 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:43:58.17 ID:FzRygsw5

sat

231 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:44:23.80 ID:FzRygsw5

「東京2020の顔が、柔道界の新たな顔になった」。国際柔道連盟の大会リポートまでもが、最大級の賛辞を贈った。世界の頂点に立った阿部は
「東京五輪へ第一歩を踏み出せたと思う」と話し、笑顔を咲かせた。
自己採点は「80点はあげていい」。6試合中5試合で一本勝ちし技によるポイントは一度も与えなかった。相手を高々と担いで投げ飛ばす姿は、
日体大の大先輩で92年バルセロナ五輪覇者、「平成の三四郎」と称された古賀稔彦をほうふつさせる。阿部を「古賀さん以来のスーパースター」と
表現した井上康生監督は「彼が大きく輝くのは東京五輪。もっと伸ばせる要素があり、成長していける」とあえて注文を付けた。これはまだ、序章。
3年後は、もっと輝く。

一二三 世界の頂点に「ホッとした」、国際連盟が最大級の賛辞
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/08/31/kiji/20170830s00006000210000c.html

衝撃デビューだ! 柔道の世界選手権2日目、男子66キロ級で阿部一二三(20=日体大)が初出場で金メダルに輝いた。公約としていた
オール一本勝ちでの優勝こそならなかったが、6試合中5試合で一本勝ち。世界の強豪を次々に打ち破り、新時代の到来をアピールした。
2020年東京五輪では「絶対エース」として期待される柔道界の星はいかにして生まれたのか。“怪物誕生”のルーツと秘話に迫った。
圧巻の内容だった。迎えたプリャエフ(ロシア)との決勝戦。阿部は豪快な袖釣り込み腰で一本勝ち。「今日は落ち着いて自分の柔道ができた。
一本も取りにいけたので、内容も自分の中でもすごいよかった」。その視線は3年後の東京五輪をはっきりと捉えた。
日体大柔道部の山本洋祐部長(57)をして「10年に1人の逸材」「柔道をするために生まれてきた男」と言わしめる非凡な才能を持つが、
最初から勝てたわけではない。強くなったのは小学校5年の時、恩師の松本純一郎氏(49=夙川学院高監督)と出会ってからだ。松本氏が
阿部に教えたのはパワーに頼らない基本に忠実な柔道だった。「立った柔道、背中に担ぎ上げた、潰れない柔道ですね」。子供のころから
消防士の父・浩二さん(47)が考案した独特の“消防士トレ”で体幹は鍛えられていた。そこに柔らかな柔道が加わり、阿部の土台が出来上がる。
高校は数多くの名門の誘いを尻目に、地元の神港学園高に進学した。古豪ではあるものの、強豪校ではなかった。「あの時、みんなに言われました。
『神港なんか行ったら潰れる』って」(松本氏)と根も葉もない風評も立てられた。
しかし、怪物にとってはこの選択がさらに“覚醒”する要因になった。試合前になると、柔道部の信川厚監督(52)はすべての練習を“阿部シフト”に
変えたのだ。「全員練習をやめて、阿部だけの練習をさせた。強豪校ならみんな(で練習を)やらなきゃいけないから、そうはいかない」。打ち込みや
投げ込みの相手、トレーナーまですべてを阿部のペースに合わせた。
仲間のサポートを受けることで、阿部は精神的にも成長。「最初はやんちゃ坊主の面もあったけど、そういう面も見せんようになった」(信川氏)。
高2で出場したグランドスラム東京大会で、世界選手権3連覇の海老沼匡(27=パーク24)を破る大活躍を見せた。
日体大に入っても、阿部は1年時から雑用を免除され、1人部屋の特別待遇だ。ただ、それに甘えることは決してない。相手の研究の上をいこうと
努力を重ね、技の幅を広げた。乱取りでリオ五輪73キロ級金メダルの大野将平(25=旭化成)の胸を借りているのも、世界選手権や五輪の決勝を
想定してのことだった。
昨年12月のグランドスラム東京大会、阿部はリオ五輪金メダルのファビオ・バシレ(22=イタリア)に言った。「東京まではあなたがチャンピオンだ」。
阿部流の宣戦布告だった。オール一本での優勝は来年に持ち越しとなり「そこは決め切れなかった自分が甘い」と反省も忘れない。3年後、いや、
さらにその先の五輪連覇に向け、怪物伝説が幕を開けた。

【世界柔道】強すぎる阿部一二三“怪物誕生”のルーツと秘話
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/750135/

232 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:45:51.02 ID:FzRygsw5

aiko

233 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:46:18.49 ID:FzRygsw5

女子52キロ級は初出場の日本勢同士の決勝となり、志々目愛(23)が角田夏実(25)=ともに了徳寺学園職=に内股で一本勝ち。男子66キロ級で
阿部一二三(20)=日体大=が初出場で金メダルを獲得した。決勝でプリャエフ(ロシア)を袖釣り込み腰で下すなど、6試合中5試合で一本勝ちと
圧巻の内容。初日の男子60キロ級、女子48キロ級と合わせ、日本勢は史上初めて男女軽量級の全4階級を制した。
初の大舞台で、志々目の内股がさえ渡った。所属が同じ角田との日本勢同士の女子52キロ級決勝。2分29分に得意の内股で一本勝ち。
「今まで悔しい思いをしてきたし、この大会の優勝が目標だった」と感極まった。10歳で柔道を始めたのは兄・徹(25)=了徳寺学園職=の影響。
15年の世界選手権男子60キロ級で3位だった兄を上回り「ずっと『兄超えを』と言われていたので、うれしかった」と胸を張った。
研究熱心な姿勢が、国際大会での無類の強さにつながっている。大会前には上位を8選手ほど選び、映像を何度も見返して弱点や傾向をノートに書く。
「相手がすることに対応するようにしている」。準々決勝は残り1秒でリオ五輪銅のクジュティナ(ロシア)を内股で下し、同金メダルのケルメンディ(コソボ)と
の準決勝では「引き手を持ってから奥襟を取りにくる。引き手を取らせなければ対応できる」と予想。対策通り延長戦を戦い抜き、9分30秒に3度目の
内股すかしで技あり。海外選手には15年10月に負けて以来、34連勝だ。
“4強”の争い一歩抜け出す 女子52キロ級は激戦区。優勝した志々目、準優勝の角田に加え、休養中でリオ五輪銅の中村美里(28)=
三井住友海上=も控える。17歳の阿部詩(兵庫・夙川学院高)の将来性への評価も高い。「強い選手はたくさんいる。組み手も課題だし、
技も内股ばかりなので増やしたい」。リオ五輪は補欠で悔しさを味わった志々目に油断はないが、東京五輪の1枠を巡る激しい代表争いから、
一歩抜け出したのは確かだ。

【世界柔道】志々目、日本勢同士の決勝制して念願の“兄超え”
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170830-OHT1T50304.htm

柔道女子日本代表の福見友子コーチ(32)が、世界選手権(ブダペスト)での選手の活躍をたたえた。
31日、ブダペストから成田空港に帰国。担当する軽量の48キロ級では渡名喜風南(22=帝京大)が優勝、近藤亜美(22=三井住友海上)が3位、
52キロ級では志々目愛(23)が優勝、角田夏実(25=ともに了徳寺学園職)が準優勝と、全4選手がメダルを獲得した。福見氏は「本当に選手たちが
頑張ってくれた。近藤選手以外は初出場で緊張するかと思いきや、全員が動じなかった。最高の4選手でした」と絶賛した。
優勝した渡名喜と志々目は、ともに「代表2番手」で選出された。「世界の中では2人は実績と力もある。必ず、結果は残せると信じていたし、
自信をもって送り出せる選手だった」。
印象に残る試合の1つとして、志々目の準決勝のケルメンディ(コソボ)戦を挙げた。13、14年大会を連覇し、リオデジャネイロ五輪金メダルの
“絶対女王”に対して、日本人選手は未勝利だった。入念に対策を練って、今大会に臨んだ。試合では志々目が、奥襟を狙う強力な組み手を封じ、
9分30秒の激闘の末、勝利をもぎとった。「最後まで執念を感じて感動した。偉大な選手に『(志々目と角田の)2人がかりで倒しにかかる』と決めていて、
最高の準備で臨めた」。準決勝前には「ここから勝負。絶対に隙もある。やってきたことを信じて、全部出し切ろう」と声をかけたという。
世界選手権3回目の出場となった近藤については「経験者がチームを引っ張ってくれた。良い流れや空気を作ってくれて、(軽量級)チーム
として練習から臨めた」と評した。日本勢は男女ともに3日連続のメダルラッシュが続いている。「現役時代を思い出し、選手と一緒に闘ってい
る気持ちだった。軽量級は(日本勢の)先陣を切るという役目もあるので、結果を出せたのは良かった。私自身も精いっぱい頑張れました」と、
安堵(あんど)した様子で語った。

柔道福見コーチ「執念感じて感動」志々目ら絶賛 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1880542.html

234 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:46:42.37 ID:FzRygsw5

30日にブダペストで行われた柔道の世界選手権男子73キロ級で、初出場の橋本壮市(パーク24)が金メダルを獲得した。
昨年のリオデジャネイロ五輪覇者の大野将平(旭化成)はこの大会を目指さず、実質的な世界王者とはまだ言えないが、
「やっとスタートラインに立てた。大野に勝ち、東京五輪で優勝を目指したい」と意気込みを新たにした。
 橋本の優勝で、この階級は日本勢が2010年から6大会連続で制覇。現役では11、14年に中矢力(ALSOK)が、13、15年に
大野が制した。井上康生監督は「非常に層が厚く、切磋琢磨(せっさたくま)しながらやれているのがこの階級の強み」と話す。
 東京五輪代表争いには大野、橋本、中矢に加え、66キロ級で世界選手権3連覇、五輪2大会連続銅の海老沼匡(パーク24)が
階級を上げて参戦する。8月のユニバーシアードで優勝した19歳の立川新(東海大)も名乗りを上げ、まさに群雄割拠の状態。現状では、
リオ五輪を圧倒的な内容で制した大野が頭一つ抜けているが、「1枠」を目指す争いはさらに激しさを増しそうだ。

群雄割拠の男子73キロ級=東京五輪へ争い激化-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083100948

ブダペストで30日に行われた柔道の世界選手権男子73キロ級で橋本壮市選手(26)=パーク24、浜松市出身=が初出場優勝を果たした。
東海大相模中、高(神奈川)で腕を磨いたが、原点は浜松市立富塚小2年から稽古に励んだ育誠館道場(同市西区)。当時コーチとして指導した
杉山崇館長(42)は「世界ランク1位の重圧の中で大したもの。3年後の東京五輪でも育誠館の柔道を見せてほしい」と快挙を喜んだ。
 厳しい稽古にも涙を流しながら向かってくるほど負けず嫌い。杉山館長が「ガッツと柔道好きはピカ一だった」と小学生時代の橋本選手を振り返る。
最も印象深いのは6年の全国少年柔道選手権。道場を過去最高の団体8強に導いた。準々決勝の代表戦で朝飛道場(神奈川)に敗れたが、後に
高校と東海大で同門になり、今回の世界選手権にも出場する羽賀龍之介選手(旭化成)に食らい付いた。杉山館長は「あの時の2人が一緒に世界で
戦っているとは」と感慨深げだ。
 橋本選手の活躍は後輩の励みにもなっている。今夏の全国中学校体育大会男子73キロ級で3位入賞した宇津山英弥選手(浜松市立湖東中3年)は
「同じ73キロ級であこがれの存在。少しでも近づきたい」と士気を高めている。
 30日夜の稽古後、杉山館長は教え子に「(橋本選手のように)一つでも上を目指そう」と語り掛けた。育誠館出身で世界大会に出場したのは橋本選手が
初めて。「『第二の橋本』を育てたい」と指導にも熱が入る。

世界柔道「金」橋本選手 原点は浜松「育誠館道場」
http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/397036.html

オイッス! 男子73キロ級の橋本壮市くん(26=パーク24)は厳しい試合をよく勝ったなあ。決勝は内容的にギリギリの戦いだったかもしれないけれど、
この階級は強い選手が多かったからね。
特に決勝のアゼルバイジャンの選手、ルスタム・オルジョイ(25=アゼルバイジャン)は強かった。彼は昨年のリオ五輪決勝で大野くんに一本負け。
完敗を喫しているけれど、当時からひと回り成長している。この1年間でだいぶ強くなっていた。そんな相手に勝って優勝なんだから価値はあるよね。
今後は大野将平くん(25=旭化成)とのシ烈な争いになると思うけれど、オルジョイを見てもわかるように世界も確実にレベルアップしている。
橋本くんも大野くんも東京五輪へ向けて、改めて気を引き締めてほしいよね。
これで男子は3階級すべてで優勝。この結果もすごいけれど、3人の王者は全員、東京五輪を目標に戦っている。オレはそこを評価したいね。
あとはこのモチベーションを3年後まで維持できるか。そこが勝負になるんじゃないかな。
女子57キロ級で銀の芳田司さん(21=コマツ)は惜しかったね~。というより不運だった。決勝で何度も投げて、ポイントがあっておかしく
なかったけれど、取ってもらえなかった。ただ、内容はあったよ。確かに3日目までで、ただ一人優勝できなかったが、今後に向けて十分チャンスはある。
チャレンジャーの気持ちを忘れずにいけば、まだまだ東京への道は広がっている。そんな柔道だったね。

【世界柔道】小川直也 橋本が成長中のオルジョイに勝った価値大きい
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/751095/

235 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:47:33.90 ID:FzRygsw5

nn

236 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:47:50.83 ID:FzRygsw5

女子57キロ級の芳田司(21=コマツ)は決勝でリオ五輪銀メダルのドルジスレン・スミヤ(26=モンゴル)と対戦。本戦では決まらず、ゴールデンスコア方式の
延長戦でも互角の攻防を繰り広げる。芳田は指導の枚数で追いつき、果敢に攻めたが、12分56秒の長期戦の末、首投げで技ありを奪われ、無念の敗戦となった。
ロンドン五輪金メダルの松本薫(29=ベネシード)が出産で長期休養中。その間、台頭してきたのが芳田だった。金メダルが欲しかった。
「この大会まではあんまり調子がよくなかったんですけど、絶対優勝したい気持ちでやってて、最後ああいう試合になってしまった。自分の弱さが出たと
思う」と涙を拭いた。
ただ、まだ21歳。自身も発展途上と認める。「私は正直、自信があるわけでも全くなくて、もっともっと高みを目指している。その中で、松本さんがいる。
そこは超えていきたい」。一歩一歩、野獣を追い詰める。芳田は決意を新たにした。

【世界柔道】女子57キロ級・芳田 涙の銀メダル
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/751269/

日本のメダルラッシュが止まらない。柔道の世界選手権3日目、男子73キロ級で初出場の橋本壮市(26=パーク24)が金メダルを獲得した。
リオ五輪金メダルの大野将平(25=旭化成)が出場しないなか、負けられない一戦で意地の勝利。多彩な技を操る“アーティスト”が東京五輪で連覇を
狙う同級生の大野の前に立ちはだかる。これで、男子はここまで全階級金メダルの快挙となった。また、女子57キロ級は芳田司(21=コマツ)が銀メダルをつかんだ。
決勝はルスタム・オルジョイ(25=アゼルバイジャン)と対戦。大野が昨年、リオ五輪決勝で一本勝ちした相手だった。
追撃ムードを高めるにはこれ以上ない舞台。ゴールデンスコア方式の延長戦にもつれたが、橋本は力を振り絞った。5分42秒、体落としで技あり。
その瞬間、ガッツポーズとともに雄たけびを上げた。
もう1人、上にいることは分かっている。でも世界一の称号だ。「やっと同じラインではないですけど、戦えると思っている。しっかり五輪チャンピオンを
食って、2020年、ボクが五輪で優勝できるように頑張ります」。陽気な男は大野に堂々と宣戦布告した。
日本が2010年から5連覇してきた黄金階級。リオ五輪の代表選考で行われた歴代チャンピオンの秋本啓之氏(31)、中矢力(28=ALSOK)、
大野の三つどもえの争いの中に、橋本の入る余地はなかった。日陰を歩んできた苦労人はここ1年、メキメキと力をつけ、世界ランキング1位まで
上り詰めた。それでも世界選手権は初めて。どうなるか分からなかった。
「いろんなプレッシャーとかかかってきた時に勝てるヤツが一番強い。大野は五輪で勝っている。それに追いつくには世界選手権で勝たないと」。
所属の吉田秀彦総監督(47)の叱咤に応え、強さが本物ということを証明してみせた。
「大野に勝てるのは世界でボクしかいない」と、橋本は言い続ける。自信を持つのが技の多彩さだ。左右どちらからも投げることができ
「橋本スペシャル」と命名するオリジナル技も複数パターン、懐にしのばせる。「大野は技もキレますけど、ボクはみんなと違う技がある」。
“技のアーティスト”の片鱗を存分に示した世界選手権だった。
「(技が)左右あるので、持ってすぐ技を出すところが一番いいところ。相手に技をかけさせない。練習も考えながらやっていますよ」。
こう評価する吉田氏は、愛弟子の精神的な成長も喜ぶ。
「前は自分の苦手な選手に対して、警戒し過ぎていた。だから自分の柔道ができず、負けていた。今は負けられないっていう気持ちが出てきている。
そういう選手にもガツガツできるようになった」
3年後に向け、国内代表争いが激化することは必至。しかし、大野への“挑戦権”をつかんだのは紛れもない事実だ。12月のグランドスラム東京大会で
優勝すれば、来年の世界選手権代表も内定する。橋本が侮れない存在となってきた。

【世界柔道】橋本が男子73キロ級「金」で絶叫 大野を倒せるのは世界で俺だけ
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/751089/

237 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/11(月) 22:48:23.53 ID:FzRygsw5

柔道の世界選手権第4日は31日、ブダペストで男女各1階級が行われ、男子81キロ級の永瀬貴規(旭化成)は4回戦で敗退し、
2015年大会に続く連覇はならなかった。
昨年のリオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬は、ダフラト・ボボノフ(ウズベキスタン)との4回戦の序盤に右膝を負傷し、延長で三つ目
の指導を受けて反則負け。今大会の日本男子は、4階級目で初めて金メダルを逃した。 
女子は日本が派遣を見送った63キロ級を実施。

永瀬が4回戦敗退=男子81キロ級連覇ならず-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083100930

未熟だなと思う
永瀬貴規 自分の弱さがけがにつながる。未熟だなと思う。(けがをした瞬間)膝から変な音がした気がした。今まで大きなけがはしてこなかった。
このけがとしっかり向き合い、乗り越えて強くなりたい。
勝負は本当に厳しい
井上康生男子監督 (右膝は)悪い状態だと思う。永瀬に戦う意志があったので、あの状態で止めるのは難しかった。残念だが、
本人が一番つらいと思う。勝負は本当に厳しい。次につながるよう対処していきたい。

世界柔道・談話
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083101219

ハンガリーで行われている柔道の世界選手権は31日、男子81キロ級の永瀬貴規選手が4回戦で敗れ、今大会3日目までの3階級すべてで
金メダルを獲得してきた日本男子の連続のメダル獲得が途切れました。
永瀬選手はリオデジャネイロオリンピックの銅メダリストで、世界選手権は、前回2015年に金メダルを獲得していて、連覇を目指して大会に臨みました。
永瀬選手は、2回戦と3回戦をいずれも一本勝ちし順調なスタートを切りましたが、4回戦でウズベキスタンの選手と対戦し延長戦で、3つ目の指導
を取られて反則負けしました。
永瀬選手はこのあと、敗者復活戦に進むことができず、メダル獲得はなりませんでした。
日本の男子は3日目までの3階級すべてで金メダルを獲得していましたが、4日目でメダルが途切れました。
一方、この日は女子63キロ級も行われましたが日本はこの階級に選手を派遣していません。

柔道世界選手権 男子81キロ級永瀬が敗退 連続メダル途切れる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170831/k10011121461000.html

永瀬貴規(旭化成)は、4回戦でダフラト・ボボノフ(ウズベキスタン)に延長で反則負けして敗退。2連覇を逃した。日本男子は第1日から3階級の
頂点を独占していた。
女子63キロ級に日本選手は派遣されていない。日本勢は第3日までの男女6階級のうち、女子57キロ級を除く5階級を制覇。全階級で計8個の
メダルを獲得していたが、大会第4日で連続メダルが途切れた。
永瀬貴規の話
「(4回戦の序盤に)大内刈りを掛けた時、相手が体をさばいたところに膝が巻き込まれ、少し変な音がした。ここまで大きな膝のけがは初めて。
まずはけがと向き合い、時間をかけて焦らずに次の過程を踏みたい」
井上康生・男子日本代表監督の話
「世界のトップを狙える選手だったので、非常に残念。本人が一番つらい思いをしているだろう。起きたことはどうしようもないので、次に万全な状態
で試合に臨めるよう対処したい」

日本勢の連続メダル途切れる…永瀬が4回戦敗退 世界選手権/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083120290011-n1.html

女子63キロ級でフィリピン代表の渡辺聖未(早大)は3回戦でブラジル選手に逆転負けした。2015年に続く2度目の出場。「前回より成長したと思うが、
競った試合で負けるのは甘さがあるから。練習を積まないと」と反省した。
2月のグランドスラム・パリ大会で3位になるなど国際大会の実績が評価され、フィリピンのオリンピック委員会などから遠征に必要な補助金が
出るようになったという。山梨県で育ち、母の母国を代表して闘う21歳の柔道家は「日本の選手に負けないように、20年の東京五輪でメダルを取りたい」
と夢を語った。

フィリピン代表の渡辺は3回戦敗退「練習を積まないと」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170831/jud17083121080012-n1.html

238 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:10:33.22 ID:dN4Yf6OC

橋本が待ち焦がれた大舞台で感情を爆発させた。リオ五輪2位のオルジョイとの決勝。延長戦突入前に右手人さし指の爪がはがれ、約2週間前の練習
でじん帯2本も断裂していた左足首も悲鳴を上げていた。それでも「絶対に俺が王者になる」と執念で体落としを決め、両手の人さし指を突き上げた。
仮面ライダーに憧れて格闘技に興味を持ち、6歳で柔道を始めて20年。遅咲きの男が柔道界の新たなヒーローになった。
紆余(うよ)曲折を経て頂点に立った。東海大2年まで81キロ級。東海大相模で高校総体を制するなど実績を残したが、当時から体重は77、78キロで
「世界で考えた時に(体格が)二回りぐらい違った」。肩や肘の故障に泣き、強化選手から外れた3年時に73キロ級への変更を決断。卒業後に進んだ
パーク24で世界選手権男子66キロ級3連覇の海老沼匡(27)と出会い、「背中を追い続けてここまで来た。柔道だけじゃなく、普段の生活も何でも
見習える先輩」と意識も変わった。
技の研究にも熱心で、過去の選手の動画を参考にアレンジした「橋本スペシャル」は大きな武器。得意とする一本背負いの「1」から改良を重ね、
今大会は袖釣り込みをフェイントにして、大外刈りや体落としにつなげる新技「橋本スペシャル3」が威力を発揮した。
昨年4月からの国際大会での連続優勝も7に伸びたが、20年東京五輪に向け、手放しでは喜べない。この階級には同学年でリオ五輪王者の
大野将平(25)=旭化成=が君臨する。「やっとスタートしたばかり。大野に勝って東京五輪に優勝するという気持ちでやっていきたい」。
世界王者の看板を掲げ、最強の男に挑戦状を叩きつけた。

【世界柔道】橋本、初出場で“金”「大野に勝って」東京も!
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170901-OHT1T50022.html

73キロ級を制した橋本は大学時代からケガに強い選手だった。試合前日に歩けないほどのケガを負った1年時の学生体重別選手権も、
81キロ級で準優勝したほどだ。むしろ心配したのは精神面の方で、流れが来ない時間帯をどこまで我慢できるかが勝負の分かれ目と思われた。
初戦の2回戦で技ありを先に取った後に取り返されて危ないと感じたが、粘り強くゴールデンスコアでこの試合を切り抜けたことで乗っていった。
昔はただがむしゃらに練習すればいいというタイプ。得手、不得手の差が激しく、苦手な相手にはなすすべもなく敗れることもあった。
社会人になってよく考えて練習に取り組み、そういった弱点を消した点が彼の成長だろう。
1つ上の階級を経験していることで、受けの強さや上背のある選手も嫌がらないという点は今後も武器になる。まだまだ右技は本物ではなく、
大外刈り、大内刈り、寝技を磨けばもっと飛躍できる。絶対王者の大野にとっても、1強より同学年のライバルがいる方が燃えるであろう。中矢力、
ユニバーシアード覇者の立川新らとともに切磋琢磨(せっさたくま)してほしい。

【上水研一朗の目】橋本は右技磨けば「大野1強」崩せる存在に
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/01/kiji/20170831s00006000477000c.html

銀メダルでは喜べなかった。芳田は通常の試合の3倍以上に及んだ12分56秒の死闘を終えると、涙が止まらなかった。「私の弱いところが出た。
これが実力なんだ…と確認できた」。リオ五輪銀で世界1位のドルジスレンとの決勝。格上の相手に得意の足技で何度も尻餅をつかせたが、
ポイントが奪えず延長戦に入り、左組みの相手が右から放った腰車に意表をつかれた。
中学時代から1学年先輩でリオ五輪女子63キロ級の田代未来(みく、23)=コマツ=に憧れ、背中を追った。昨年のリオ五輪は「お姉ちゃんみたい」と
慕う先輩の練習相手として同行。初代表となった今大会の出発前には好きな菓子の詰め合わせと手紙を受け取り、思いを力に変えて奮闘した。
女子57キロ級では12年ロンドン五輪覇者の“野獣”松本薫(29)=ベネシード=が、出産による休養から練習を再開したばかり。優勝で大きく
リードはできなかったが、成長著しい21歳は「絶対に次につなげます」と決意を込めた。

【世界柔道】芳田、死闘12分56秒競り負け“銀”「絶対に次に」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170901-OHT1T50025.html

239 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:12:26.27 ID:dN4Yf6OC

橋本は技ありを取られるなど、決して普段通りの調子ではなかった。自分の柔道もできていなかった。しかし、
結果がすべての大会だけに、優勝できたのはよかった。初日から2日続けて日本勢が優勝していたプレッシャーのなかで、しっかり続いたのも
評価できる。けがもあったが、出場は彼が決めたこと。精神的な強さもしっかり出せていた。
今後は、どんな相手にも勝っていかないといけない。今回はリオ五輪の銀、銅のメダリストとも対戦して勝利できた。リオでは同級金の大野が
それぞれに一本勝ちしたのに対し、橋本は相手の反則負けと優勢勝ち。それでも、勝ったことが大野との差を縮めることになったと思う。
女子57キロ級で銀メダルの芳田は、決勝までの戦いは安定していた。あそこまで戦えば、決勝は気持ちの問題。モンゴル人選手の気力に負けた
試合だった。勝ちと負けでは大きな違いが出るが、組み方などはいい勉強になったと思う。

【吉田秀彦 一本!】橋本、精神的強さ出せていた
http://www.sanspo.com/sports/news/20170901/jud17090105000001-n1.html


柔道日本代表の金野潤強化委員長が中間総括を行い、第3日までに金5個を含むメダル8個を獲得した点について「非常にいい滑り出しができた。
男女両監督がやろうと言っていたことが試合に出ている」と評価した。
男子では外国人が得意とする接近戦での防御力が上がったと指摘。「(73キロ級の)橋本の決勝も相手と距離を取り、技を食らわなかった」と説明した。
女子はリオ五輪後に就任した増地監督の下で、フィジカルと寝技を強化してきた。これが出場5人全員がメダル獲得の快進撃につながっているが
「まだまだこれから」と後半戦へ気を引き締めた。

金野強化委員長、日本勢の防御力UPを評価「いい滑り出し」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/01/kiji/20170901s00006000043000c.html

日本は金5、銀2、銅1のメダルを獲得。他国を圧倒している。
今年から試験的に導入された国際柔道連盟(IJF)の新ルールで、「指導」をめぐる規定の変化が日本の追い風になっている。反則負けとなる
指導の数は4から3に減ったが、規定の試合時間(男女とも4分)で「一本」や「技あり」がない場合は、指導の数で決着をつけず、時間無制限の
延長に入る。技による攻防を促すことが目的だ。
過去には海外勢の変則的な組み手や腕力に苦しみ、指導の差に泣く日本選手もいた。しかし新ルールでは、それほど気にする必要がなくなった。
金野潤強化委員長は「投げることに関しては、日本は優れている。指導を一つぐらい受けても落ち着いていられる」と話す。
象徴的だったのが女子52キロ級で金メダルに輝いた志々目愛(了徳寺学園職)の戦い。リオデジャネイロ五輪金メダルのケルメンディ(コソボ)と
の準決勝は、相手より多い指導二つで4分を終えたが、延長で徐々に流れを呼び込み、延長開始から5分半で技ありを奪って勝った。女子の
増地克之監督は「延長で勝負だ、と本人に話していた。その通りの戦いをしてくれた」とたたえた。
新ルールは今大会までが試験期間とされている。IJFは10月にザグレブで開く会議で今後の運用について検証する。

新ルール、日本に追い風=「指導」恐れずメダル量産-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090100183

オイッス! 永瀬くんは心配だね~。試合中にケガをしてよく最後まで戦ったと思うけれど、どのみち決勝まではもたない。あの状態でやることは
不可能だし、本当に痛いケガだったね。
オレ自身も柔道のころはヒザの故障に苦しんだからさ。永瀬くんもヒザのどこを痛めたか、だよね。その前に内側靱帯をやっていたようだけど、
今回仮に十字靱帯も痛めていたら、柔道家としては致命傷にもつながる。そうじゃないことを祈りたいね。
そもそも、ヒザを痛めていたのになぜ今大会に出てきたのか?ということもあるよね。なんたって男子81キロ級で世界で勝てそうなのは
永瀬くんしかいない。73キロ級とかは今大会優勝した橋本(壮市)くん、リオ五輪金の大野(将平)くんとトップ級が複数いるけれど、この階級は
永瀬くんの代わりがいないんだよ。
そうした状況で無理をして出る必要があったのかということ。もちろんいろんな事情があるから、簡単に「出ない」とならないのはわかる。でも、
永瀬くんクラスだったら、そういう選択肢もアリな気がするよ。
大ケガをした後に言うのは結果論かもしれないけれど、ゴールは3年後の東京五輪だからね。「休む勇気」も必要な気がするよ。

【世界柔道】「休む勇気」も必要な気がするよ
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/752532/

240 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:13:05.74 ID:dN4Yf6OC

ハンガリーで開かれている柔道の世界選手権は1日、女子70キロ級で新井千鶴選手が金メダルを獲得しました。23歳の新井選手は2回目の
世界選手権出場で初めてのメダル獲得です。
女子70キロ級の新井千鶴選手は埼玉県出身の23歳です。去年のリオデジャネイロオリンピックは金メダルを獲得した田知本遥選手との代表争い
に敗れて、出場できませんでした。
しかし、得意の内股など足技を磨いて去年12月の国際大会で2位に入りことし2月には国際大会で2大会連続で優勝するなど世界で通用する力を
見せました。4月の全日本選抜体重別選手権で優勝し世界選手権は2回目の出場です。

柔道世界選手権 女子70キロ級 新井が金メダル
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170902/k10011123231000.html

柔道の世界選手権第5日は1日、ブダペストで男女計3階級が行われ、女子70キロ級で新井千鶴(三井住友海上)が初優勝し、金メダルを獲得した。
同78キロ級で連覇を狙った梅木真美(ALSOK)は銀。日本女子の金は今大会3個目で、男女合計で金6、銀3、銅1。
新井は準決勝でリオデジャネイロ五輪銀のジュリ・アルベアル(コロンビア)に優勢勝ちし、決勝はマリア・ペレス(プエルトリコ)に一本勝ちした。
この階級で日本勢の優勝は2003年大会の上野雅恵以来。
梅木は準決勝でマルヒンデ・フェルケルク(オランダ)を退けたが、決勝でリオ五輪銅のマイラ・アギアル(ブラジル)に延長の末に敗れた。
佐藤瑠香(コマツ)は準決勝でアギアルに屈し、3位決定戦も敗れた。
日本が派遣を見送った男子90キロ級はネマニャ・マイドフ(セルビア)が制した。 

新井、初の金メダル=梅木は連覇ならず銀-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090101006

これが第一歩
新井千鶴 (決め技は)首に入った瞬間、絞めるしかないと思った。軽量級がいい流れをつくってくれたので私も金を取ってつなげたかった。
この金が東京五輪への第一歩だと思っていた。いいスタートが切れた。

世界柔道・談話
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200051

初出場だった2015年の世界選手権で、新井は日本女子でただ一人メダルを逃した。その悔しさをまた味わうわけにはいかなかった。
リオデジャネイロ五輪銀メダルのアルベアルとの準決勝。世界選手権も3度制した実力者と真っ向から組み合う。試合中盤、内股で
引きずり込むように技ありを奪い、優勢勝ち。最大の強敵を退けると、決勝では世界ランキング29位のペレスに地力の差を示し、絞め技で
一本勝ちした。
172センチの長身から繰り出す内股は一級品。なのに大事な試合では力を発揮できなかった。昨年はリオ五輪代表の座を最後まで争いながら、
田知本遥(ALSOK)に最終選考会で敗れていた。
自らの弱いところに向き合った。「意識を変えて、苦手な部分に取り組まないと」。力の強い外国勢に対応するため体幹を強化。本来とは逆の
右組みの技も練習し、幅を広げた。今年2月には国際大会を2大会制するなど、精神的にもたくましくなった。上野順恵コーチは「昔はくよくよする
ことが多かったが、今は私が励まされるくらい。普通に戦えば金メダルを取れる」と、太鼓判を押して送り出した。
「経験値がすごく大きな武器」と言って臨んだ2度目の世界選手権で、成長した姿を見せつけた。

悔しさ糧に成長=弱さと向き合った新井-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200042

無差別級で初出場した2010年大会から、何度もけがに苦しめられた。諦めず前を向いてきた佐藤が、4度目の世界選手権に臨んだ。
苦しみながらも愚直に前に出た。「優勝という結果にこだわる。チャンスを絶対逃さない」。2回戦は延長の末に優勢勝ち。世界ランキング3位の
パウエル(英国)との準々決勝も延長となったが、最後は体落としで一本勝ちした。
だが、準決勝で3年前の女王アギアルに惜敗。3位決定戦も先に技ありを奪われ、挽回できなかった。
7年前は18歳で大舞台に立ち、初戦で右膝に大けがをして途中棄権。そこからけがとの闘いが始まった。今年4月に世界代表入りを決めた後、
膝だけで5回目となる手術を受けた。競技に復帰してから地道に調整を進め、コマツ女子柔道部の松岡義之師範は「今までの世界選手権の中で
一番いい。心技体が充実している」とみていた。
過去3度の世界選手権で最高成績は7位。階段は一つ上がったが、表彰台にはあと一歩届かなかった。

佐藤悔し、4度目も=世界柔道:
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090101320

241 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:14:10.48 ID:dN4Yf6OC

青ではなく、赤を基調としたゼッケンは、前回覇者の証し。梅木はそれを今大会の日本女子でただ一人背負った。重荷にはならない。
「目指すものは金メダルだけど、一戦一戦大切に、力を出し切りたい」。足元を見据えて戦った。前々回の女王アギアルに決勝で敗れたが、
持ち味は出した。
2月から5月まで、国内外の3大会を連続で制覇。11試合中、10試合を寝技で勝っていた。今大会も寝技がさえる。1、2回戦は抑え込み、
準々決勝は三角絞めで一本勝ちした。
2年前に栄冠をつかんでからはマークも厳しくなり、好成績を残せなくなった。昨年のリオデジャネイロ五輪では初戦の2回戦で敗退した。
ジェットコースターのように下降した成績は、今年に入って再び上向いた。弱点の組み手を磨き直し、社会人となった春からは週3日、専門家
の指導の下で筋力トレーニングに励んだ。筋肉量は3キロ以上増加。しっかり力を蓄えて、2度目の世界選手権に臨んだ。
前回は優勝候補が次々と敗れた中、間隙(かんげき)を縫うように頂点に立った。苦境を乗り越えてつかんだ銀は、2年前の金に劣らぬ価値がある。

苦境乗り越えた梅木=連覇逃すも価値ある銀-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090101311

柔道の世界選手権第5日は1日、ブダペストで男女計3階級が行われ、女子70キロ級は新井千鶴(三井住友海上)が初優勝した。
準決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのジュリ・アルベアル(コロンビア)、決勝はマリア・ペレス(プエルトリコ)を破った。同級
を日本選手が制するのは2003年の上野雅恵以来。
女子78キロ級では梅木真美(ALSOK)が決勝でマイラ・アギアル(ブラジル)に延長の末に優勢負けし銀メダルだった。1回戦から3試合
を一本勝ちし、準決勝はマリンド・フェルケルク(オランダ)に勝って決勝に進んだが、2連覇を逃した。初めて進んだ準決勝でアギアルに敗れた
佐藤瑠香(コマツ)は3位決定戦も負けて銅メダルを逃した。
男子90キロ級はネマニャ・マイドフ(セルビア)が優勝。日本選手は出場していない。日本勢は第3日までの男女6階級で5階級を制覇。
全階級で計8個のメダルを獲得していたが、第4日で連続メダルが途切れていた。
梅木真美の話
「本当に悔しい。(決勝は)組み手が全然できず、寝技にもいけなかった。立ち技でしっかり投げられるようにしたい。決勝まで来られたのは
力がついている証拠だと思うが、まだまだ」
佐藤瑠香の話
「手ぶらでは帰れないという思いがあったが、悔しい。私の柔道を見せて、優勝という結果を出してサポートしてくださった方々に感謝を伝えたかった。申し訳ない」
新井千鶴の話
「金メダルが取れて素直にうれしい。厳しい闘いだったが、何が何でもしっかり上がっていこうという気持ちだった。これが東京五輪への第一歩。
目の前の大会を一つ一つ、確実に勝っていく」

新井が初優勝! 女子70キロ級では03年上野雅恵以来 78キロ級の梅木は銀メダル/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170901/jud17090118300006-n1.html

もっと高めたい
新井千鶴 (前回メダルを逃した)悔しさは他の大会では晴らせない。何が何でもあそこ(表彰台の一番上)に立ちたかった。これが東京五輪へ向けた
第一歩。自分の柔道をもっと高めたい。
甘さがあった
梅木真美 本当に悔しい。(決勝は)相手が自分のことを研究していた。何もさせてもらえなかった。立ち技の部分で甘さがあった。世界で
また一番になるために何が必要か、しっかり考えて稽古していきたい。
申し訳ない
佐藤瑠香 今までやってきた柔道を見せ、みんなに感謝の気持ちを優勝という形で伝えたかった。(3位決定戦は)絶対にメダルを取って帰るという
思いで戦ったけど、負けたので申し訳ない。
期するところあった
増地克之女子監督 新井はこの大会に期するところがあったと思う。それをしっかり結果に出した。梅木は決勝は残念だったが、準決勝まで他を
圧倒する力で上がってきた。しっかり検証し、来年につなげたい。佐藤はもう少し冷静に試合を運ぶことが今後の課題。

世界柔道・談話
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200138

242 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:14:36.88 ID:dN4Yf6OC

アルベアルとの準決勝は、事実上の決勝だった。新井は過去の対戦で勝っているが、それは4年前。「先手先手で、相手が嫌がる柔道をしよう」。
3度世界女王になっている強敵との一戦は挑戦者の姿勢を貫いた。
果敢に奥襟を狙い、寝技に持ち込む好機とみれば飛び付いた。試合中盤、相手が密着して裏投げを狙うような体勢になった。その瞬間、懸命に
内股を繰り出した。「気迫で。何が何でも取りたかった」。左足を高く跳ね上げ、引きずり込むように倒して技あり。最も信頼できる技で勝利を手繰り
寄せた。そして決勝では、格下のペレスに送り襟絞めで一本勝ちした。
2年前の世界選手権に初出場した時は、日本女子でただ1人メダルなしに終わった。昨年はあと一歩でリオデジャネイロ五輪の切符を逃してしまい、
周囲の評価を気にし過ぎていた自分に気付いたという。以来、試合で力を出し切ることだけに集中してきた。
実は大会直前に腰を痛めていたという。増地克之監督は、万全ではない中で掛け切った内股を見て「中途半端だと返される可能性もある。度胸が
良かった」とたたえた。
リオ五輪金の田知本遥(ALSOK)が休養中ということもあり、今回の優勝で3年後の東京五輪に近づいたとは思っていない。だから、新女王の
笑顔は控えめだ。表彰台から見えた景色を問われると、「他の国際大会とあまり変わらなかった」と答えた。

新井、気迫で新女王=執念の内股、強敵倒す-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200226

2度目の挑戦で世界一となった新井は喜びを控えめに表し、引き締まった表情で今後の闘いに目を向けた。
世界一になって
「世界選手権は取りたいタイトルだった。金メダルをしっかり取れて、素直にうれしい。何が何でも、あそこ(表彰台の中央)に立ちたいという
気持ちでずっと過ごしていた。やっと立てたと思った」
決勝で絞め技を決めた瞬間は
「立ち技から寝技への移行で、どんなチャンスでも取ろうと思っていた。首に入った瞬間に、絞めるしかないと思った」
前回は女子でただ一人メダルなしだった
「その悔しさは他の大会では晴らせないもの。その意味では、ここで優勝できて良かった」
今後に向けて
「しっかり金メダルを取れて、東京五輪へいい形でつながった。常に挑戦する気持ちで目の前の大会を一つ一つ、確実に勝っていく」

【世界柔道】新井千鶴「素直にうれしい」 今後見据えて喜びは控えめ 一問一答
http://www.sankei.com/sports/news/170902/spo1709020019-n1.html

新井千鶴(23=三井住友海上)が初優勝を飾った。リオ五輪出場を果たせなかった期待のホープが、2020年東京五輪の金メダルへ向けて上々の
スタート。日本の金メダルはこれで今大会6個となった。また女子78キロ級では前回女王の梅木真美(22=ALSOK)が銀メダル、
佐藤瑠香(25=コマツ)は3位決定戦で敗れ、メダルを逃した。
強かった。初戦から力強い柔道で勝ち上がると、準決勝でリオ五輪銀メダルの強敵アルベアル(コロンビア)を撃破。決勝はペレス(プエルトリコ)に
強烈な送り襟絞めで「参った」をさせ、頂点をつかんだ。
だが、新井はニコリともせず無表情のまま畳を下りた。そこでコーチと抱き合うとようやく笑顔。「何としても取りたいタイトルだった。(無表情だったのは)
あまり意識がなかったです」と緊張感から解放されたようだった。
昨年のリオ五輪代表レースでは当初から先行し、本命候補だった。しかし4月の選考会で敗れ、代表の座を田知本遥に奪われた。
その田知本が金メダルを獲得。リオでその瞬間を見届けた新井は素直に喜ぶことができなかった。
「(悔しさと)半々ぐらいでした。私が戦いたかったっていう気持ちもありました」。以来、田知本の試合は映像でも見ていないが、一方で「最後まで
国内で争っていたので次はいけるっていう気持ち、次は取りたいっていう気持ちになったのは強いです」。
そこで、練習の内容も見直し工夫した。「得意な形だけやるんじゃなく、いろんな組み手をやるとか、チャレンジ精神が動きの多様性になる。
いろんな技、攻め方を持っていることが必要」。その視野は広がった。
世界選手権、グランドスラム東京を連勝すれば、翌年の世界選手権代表権も得られる代表システムも「選手としては分かりやすく位置づけされている。
決まっている分、狙っていきやすい」と前向きに受け止める。もう悔しい思いはしたくない。「一つひとつ目の前の試合を勝っていきたい」と新井は
東京五輪まで走り続ける決意だ。

【世界柔道】リオ落選の悔しさ晴らした!女子70キロ級で新井千鶴が金
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/753414/

243 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:15:17.09 ID:dN4Yf6OC

sat

244 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:16:19.33 ID:dN4Yf6OC

ai

245 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:17:11.28 ID:dN4Yf6OC

nnn

246 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:17:27.49 ID:dN4Yf6OC

オイッス! 女子70キロ級の新井千鶴(23=三井住友海上)さんは強かったね~。この1年ですごく成長したよ。やっぱり去年、同じ階級の
田知本さんがリオで金メダリストになったことが、刺激になったんだろうね。
何より、彼女の表情に「自分もやれる」という自信がみなぎっていたよ。寝技はだいぶスムーズだったし、ひと皮むけた印象だね。代表1人派遣の
階級で優勝したんだから価値があるし、自信を持っていい。これをきっかけにさらに変わっていければいいし、彼女ならまだまだ成長できるだろうね。
まあ、本番まで3年。彼女だけに言えることではないけれど、この成長曲線を3年間維持するのは難しい。必ずつまずきがあると思うので、
そこでどう向かっていくか。東京五輪へのカギはそこになるよね。
女子78キロ級の梅木さんは初戦から「つえぇ」と見てたんだけど、決勝で「弱点」が出てしまったね。自分より大きな相手に奥襟をつかまれたら、
動けなくなった。相手のアギアル(ブラジル)は強い選手だけど、それをわかっていて、徹底的に組み手で優位に立った。これを見た海外選手は
みんな同じことをやってくるはず。3年後へ早急な対策が必要だね。

【世界柔道】新井千鶴の課題は「3年の成長曲線を描く難しさ」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/753423/

172センチの恵まれた体格を生かし、新井が女王の座に就いた。5試合を勝ち抜き「世界チャンピオンは夢だった。優勝できてよかった」と喜んだ。
ポルテラ(ブラジル)との準々決勝は延長から4分40秒に及んだが、指導の差で競り勝った。準決勝ではリオ五輪銀メダリストのアルベアルに優勢勝ち。決勝は送り襟絞めで勝負を決めた。
初出場だった15年大会は屈辱を味わった。5位は日本女子で唯一のメダルなし。負の連鎖は続いた。翌年のリオ五輪も代表落ち。ライバルである
同級の田知本遥が頂点に立った姿を現地で見た。「金メダルは遠くない」と自らを奮い立たせた。
日本女子の増地監督から「練習からひときわ目立っている」と称される大器が実力を証明した。「2020年(東京五輪)に向けた第1歩。金メダルを
取れて、いい形でつながった」と力を込めた。

新井千鶴が金 2年前5位、リオ落選…屈辱乗り越え - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1881533.html

目指す高みはまだ先にある。だから新井は相手が参ったをしても、口元すら緩めなかった。「苦しい場面もあったが最後は気持ち。
これでスタートを切れた」と視線を前に向けた。
初戦の2回戦からは準決勝までは思うように技を決められず、優勢勝ちが続いた。それでも準決勝ではリオ五輪銀、世界選手権3度優勝の
アルベアル(コロンビア)を内股で浮かせて技あり。決勝は送り襟絞めで一本勝ちし、「チャンスがあれば取り切ろうと思った」と振り返った。
初出場の15年アスタナ大会では、女子9選手で唯一メダルを逃した。リオ五輪代表も逃したが現地で観戦し、同階級で田知本遥が金メダルを
首に下げる姿を目に焼き付けた。それから約1年。「素直に悔しかったが、そういう人と最後まで代表を争っていた」と自信に変えて臨んだ2度目の
舞台で、20年東京五輪へ力強く前進した。

新井、悲願の金 20年東京五輪へ「これでスタートを切れた」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/02/kiji/20170902s00006000122000c.html

早くから活躍を期待された23歳の大器が、2度目の大舞台で躍動した。女子70キロ級の新井は1メートル72の恵まれた体を生かし、
スケールの大きな柔道で栄冠をつかんだ。
「世界チャンピオンは夢だった。優勝できて良かった」
ポルテラとの準々決勝は延長から4分40秒に及んだが、指導の差で競り勝った。準決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのアルベアルに優勢勝ちし、
決勝はペレス(プエルトリコ)を撃破。同階級では2003年の上野雅恵以来となる金メダルを日本にもたらした。
初出場の2015年は5位。日本女子でただ一人メダルなしの屈辱だった。翌年はリオデジャネイロ五輪代表からも落選。同級の田知本遥(ALSOK)が
頂点に立つ瞬間を現地で目にして、自らを奮い立たせた。
日本勢は第3日までの男女6階級で5階級を制覇したが、第4日に連続メダルが途切れていた。「2020年(東京五輪)に向けた第一歩。
金メダルを取れて、いい形でつながった」という新井の金メダルが、日本勢をさらに勇気づける。

女子70キロ級・新井『金』!23歳の大器が2度目大舞台で躍動/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090205030001-n1.html

247 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:17:54.08 ID:dN4Yf6OC

女子78キロ級はアギアルが梅木との決勝を制し、2度目の優勝。「厳しい練習が報われて幸せ」と声を弾ませた。
努力の成果が出た。梅木の強力な寝技を封じたが「実は寝技が弱点だった。この1年、柔術の師範に週3回、特に寝技の防御を学んで、
対処には自信があった」と明かした。左組みだが、最後は右からの小内刈りで決着。「よく練習している技。試合中もいつ使うか、ずっと考えていた」と
胸を張った。
五輪は2大会連続で3位。日本が大好きという26歳の実力者は「今の目標は東京五輪での金メダル。自信はあるし、今から楽しみ」と笑った。

寝技弱点だったアギアル、努力の実りで梅木に勝利「対処には自信があった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090208540007-n1.html

女子70キロ級で昨年の五輪銀メダリスト、アルベアルは準決勝で新井に敗れて3位に終わり、2大会ぶりの世界一はならなかった。
過去3度優勝の実力者は、日本企業のミキハウスから支援を受け、日本人の早川憲幸氏の指導を受ける。31歳のベテランは「準決勝で負けて、
さすがに少しがっかりしたが、最後に銅メダルを取れたのは良かった」と淡々と話した。

2大会ぶりの世界一逃したアルベアル「最後に銅メダルを取れたのは良かった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090208590008-n1.html

前半戦は日本勢が世界の舞台で金メダルを取れる力が証明された。外国人を相手にするうえで、組んで一本を取りにいく日本の柔道は新ルール
のもとで有利になっている。特に光ったのは、男子66キロ級の阿部一二三だ。どの相手が何をしてこようと投げていけるので、安心してみていられた。
2日は男子では100キロ級、100キロ超級の試合が行われる。100キロ級では羽賀が2連覇するためにどういう柔道をするのか。国際大会で結果
の出ていないウルフ・アロンが外国人にどう戦うのか注目したい。
100キロ超級はやはりリネールとの試合が見どころだ。相手は絶対王者で能力は高いが、勝てない相手ではない。順当にいけば準決勝で当たる
王子谷には、一発はまれば投げられるだけの力はあるので先に仕掛けてほしい。対戦となれば決勝でとなる原沢はリオ五輪の決勝でも対戦して、
どういう柔道をするか分かっている。自分の力を存分に出してもらいたい。

【吉田秀彦 一本!】「新ルール」日本の柔道有利
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090208000004-n1.html

ブダペストで開催中の柔道の世界選手権で1日、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)が金、同78キロ級の梅木真美(ALSOK)が銀メダルを
獲得した。日本女子は同日まで5階級に8選手を送り込み、金3、銀3、銅1のメダルを獲得。中でも寝技による勝利が目立っている。
世界ランキング2位の新井は、準決勝で元世界王者のアルベアル(コロンビア)に優勢勝ちし、決勝では29位のペレス(プエルトリコ)には
送り襟絞めで一本勝ち。内股を軸にした立ち技が持ち味の新井だが、寝技でも一本を決める意識を持ち続けていたからこそ、相手の隙を逃さなかった。
本人は「どんなチャンスも生かそうと思っていた」と振り返る。
梅木は準々決勝までの3試合を抑え込みと絞め技で一本勝ち。52キロ級の角田夏実(了徳寺学園職)は自信のある関節技で勝利を重ね、
初出場で銀メダルを獲得した。
国際柔道連盟の新ルールで技あり2度の「合わせ技一本」が廃止され、立ち技だけで試合を決めることが難しくなった。最近の国際大会では、
審判が寝技の攻防をよく見て試合を止めない傾向にあることから、日本女子の増地克之監督は「柔軟性のある女子は寝技が武器になる」と重要性
を指摘してきた。合宿にブラジリアン柔術の専門家を招いた講習など、日本の強化策が実を結んでいる。

日本女子、柔軟性生かし成長=新井、寝技逃さず金-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200371

248 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:18:22.66 ID:dN4Yf6OC

柔道の世界選手権第6日は2日、ブダペストで男女3階級が行われ、男子100キロ超級でリオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜
(日本中央競馬会)が初戦の2回戦でステファン・ヘギ(オーストリア)に延長の末、優勢で敗れて敗退した。王子谷剛志(旭化成)は
初戦の2回戦でウズベキスタン選手に横四方固めで一本勝ちして3回戦進出した。
日本勢は第5日までの男女計11階級で6階級を制し、10個のメダルを獲得している。
原沢久喜の話
「情けない。自分の形になれた場面も多々あったが、そこで何もできなかった。自分としてはうまく調整してきたつもりだったが、
『本当に何をやっているんだ』という感じだ」

リオ銀の原沢が初戦敗退「情けない。本当に何をやっているんだ、という感じ」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090219110010-n1.html

何かに縛られたように、動きが硬かった。原沢の初戦の相手は、世界ランキング53位の格下、ヘギ。けんか四つで組み勝っているのに、技が出ない。
出しても切れがない。内股は右足が上がらず自らつぶれ、大内刈りは相手を追い掛ける粘りがなかった。
 延長に入ってもエンジンはかからず、1分43秒に二つ目の指導を言い渡されて試合が終わった。「しっかり調整してきたが、心に隙があったのかなと
思う」。ショックは大きく、敗戦の弁を口にするまで時間がかかった。
 昨年のリオデジャネイロ五輪は、日本男子最重量級の復活へ大きな期待を背負って挑みながら、リネール(フランス)に屈して銀メダル。その後は
闘争心がなかなか戻らず、精彩を欠いた。それでも、井上康生監督から「世界で勝てる選手」と実績を評価されて初の世界代表に選ばれた。復調を
実感し、リネールへの雪辱、世界王座奪取を「自分が絶対にやる」と誓っていたが、その戦いは早々に幕を閉じた。
 力を出せなかった原因を問われると、「分からない。こんな試合をやっているようでは、この先もない」。今後へ向けて、闇が深まるだけの大会となった。

リベンジの道、早々に幕=闇深まる原沢-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200502

心に隙あった
原沢久喜 どこか心に隙があったのではないか。いい感じで仕上がってきたと思っていた。きょうの試合は論外。自分の柔道を出せなかった。
守りに入った意識はなかった。
結果受け止める
羽賀龍之介 準備の段階では誰よりもやってきた自信があった。結果を真摯(しんし)に受け止め、何が悪かったのか、これからどういうふうに
やっていくのか考え、また頑張るしかない。
安易な気持ちあった
王子谷剛志 (3回戦は)技ありを取られてから慌ててしまった部分があり、内股を返された。それに尽きる。上がってくると予想していた相手と違った。
安易な気持ちがあったかなと思う。もっと突き詰めてやっていかないといけない。

世界柔道・談話
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200455

男子100キロ級でリオ五輪銅メダルの羽賀龍之介(旭化成)は2回戦でカズベク・ザンキシエフ(ロシア)に一本負けし敗退した。
羽賀龍之介の話
「できる準備を全部やって臨んだつもりだったが、2回戦負けという結果が全てだと思う。結果を真摯に受け止めて、また頑張るしかない」

リオ銅の羽賀が2回戦で一本負け「結果が全てだと思う」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090218180009-n1.html

王子谷剛志(旭化成)も3回戦で敗退。
王子谷剛志の話
「(4月の)全日本選手権で優勝してから、この大会に勝つ気持ちでやってきたので残念。自分をコントロールできず、まだまだ考えが甘かった」

男子100キロ超級、王子谷も3回戦で敗退「まだまだ考えが甘かった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090220540011-n1.html

249 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:19:09.90 ID:dN4Yf6OC

ウルフ・アロン(東海大)が準々決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのエルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちし、
準決勝に進んだ。同五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)は2回戦でカズベク・ザンキシエフ(ロシア)に一本負けし敗退した。
女子78キロ超級で初出場の朝比奈沙羅(東海大)は3試合連続一本勝ちで準決勝に進出。

ウルフ、準々決勝でリオ銀メダリストに優勢勝ち/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090220590012-n1.html

原沢とともに男子100キロ超級の再建を託された王子谷は、目立った実績がないアレルストルファー(オーストリア)に3回戦で屈した。
「上がってくると予想していた相手と違い、安易な気持ちがあった」と油断を認めた。
先に技ありを奪ったが、不用意な足払いに小内刈りを合わされて追い付かれる。残り30秒ほどで仕掛けた内股は引き付けが足りずに透かされ、
二つ目の技ありを許して逆転負けした。
4月の全日本選手権で3度目の優勝を果たし、個人戦では初めて世界選手権の代表に選ばれた。「全日本王者が強いことを見せつけたい」
と意気込んでいたが、準決勝で倒そうとしていたリネール(フランス)に挑戦さえできなかった。

王子谷に油断=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200544

連覇の可能性が消えた瞬間、男子100キロ級の羽賀はあおむけになったまま、しばらく立ち上がれなかった。ザンキシエフ(ロシア)と
対戦した2回戦。残り30秒ほどで袖釣り込み腰で技ありを奪われると、挽回しようと前に出たが、終了間際に同じ技で一本負けした。敗因を問われ、
「まだ整理できていない」と険しい表情で話した。
 リオデジャネイロ五輪は銅メダル。今大会には連覇へ強い決意を示して臨んだが、早々に敗退となった。「何が悪かったのか、準備段階から
見直したい」。一から出直しとなった。

羽賀、早々に一本負け=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200542

男子100キロ超級ではリオ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)が初戦の2回戦でステファン・ヘギ(オーストリア)に延長で敗れた。
王子谷剛志(旭化成)も3回戦で敗退した。
初出場の王子谷は男子100キロ超級3回戦で敗退。序盤に技ありを奪ったが、終了間際に逆転された。世界ランキング9位の実力者が
同57位のアレルストルファー(オーストリア)に足をすくわれ「まだまだ考えが甘かった」と消え入るような声で話した。
内股で先手を取ったが、追いつかれて焦ったという。活路を開こうと再び狙った内股を透かされ、畳に背中をついた。「自分をコントロールできず、
安易な気持ちがあった」と悔やんだ。
取材を受けている最中に背後を通った王者リネール(フランス)に肩をたたかれて慰められると、25歳の全日本王者は一層悲しそうな表情に。
「この悔しさを次にぶつける」と巻き返しを誓った。

王子谷、序盤技あり奪うも逆転負け「安易な気持ちがあった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090221560013-n1.html

バルラム・リパルテリアニ(ジョージア)に延長の末に優勢勝ちし金メダルを獲得した。準々決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルの
エルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)、準決勝はミカエル・コレル(オランダ)を破った。
ウルフ・アロンの話
「自分の持ち味は根性とスタミナ。全て出し切った感じがする。今年目標としていた大会でこういう結果になって最高。これからが大事。
このまま突っ走って2020年東京五輪も必ず優勝する」

男子100キロ級で初出場のウルフが金メダル!「全て出し切った感じがする」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170902/jud17090220590012-n1.html

柔道の世界選手権第6日は2日、ブダペストで男女計3階級が行われ、男子100キロ級のウルフ・アロン(東海大)が決勝で
リオデジャネイロ五輪90キロ級銀メダルのバルラム・リパルテリアニ(ジョージア)を延長の末に破り、初出場で金メダルを獲得した。

ウルフ、初出場で金=世界柔道男子100キロ級
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090300005

250 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:19:48.70 ID:dN4Yf6OC

ハンガリーで開かれている柔道の世界選手権は2日、女子78キロを超えるクラスで朝比奈沙羅選手が銀メダルを獲得しました。20歳の朝比奈選手は
決勝で中国の選手に敗れましたが、世界選手権初出場で、銀メダルです。
朝比奈選手は東京都出身の20歳。東海大の3年生です。
得意技は払い腰で、寝技も鍛え、去年12月からことしにかけて3つの国際大会で優勝しました。特にことし2月の国際大会ではリオデジャネイロ
オリンピックで金メダルを獲得したフランスの選手と、銅メダリストの山部佳苗選手を退け、世界に通用する実力を示しました。そして、4月の
全日本女子選手権で初優勝し、初めてとなる世界選手権の代表に選ばれていました。

柔道世界選手権 女子78キロ超級 朝比奈が銀メダル
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170903/k10011123991000.html

挑戦者の立場でも、20歳の朝比奈は「自分が日本柔道を引っ張る」との自覚があった。世界の強豪と真正面から向き合い、得意の払い腰や
支え釣り込み足を軸に堂々の戦いを披露した。
決勝の相手は前回大会覇者でリオデジャネイロ五輪銅メダルの于頌。最後は延長で指導を受け敗れたが、ひるまず挑んだ。
柔道を始めたのは7歳。2004年アテネ五輪男子100キロ超級の鈴木桂治が自分より大きな相手を投げて金メダルに輝いたのを見て、憧れた。
12年の全日本女子選手権で15歳ながら3位に入るなど、当時から期待は大きかった。
 ただ、けがの多さが課題だった。昨年4月に左足を骨折してからは体づくりを見直し、筋力強化に本格的に着手。水中専用の自転車をこぐ
トレーニングも導入し、スタミナも上がった。今年の全日本女子は12分近い試合も勝ち抜き、初優勝した。
 175センチ、123キロの恵まれた体格に地力をつけて臨んだ初の大舞台。「自分らしさと笑顔を世界にアピールできるように頑張る」と話していた。
頂上には届かなかったが、この舞台でなければ得られない貴重な財産を手にした。

朝比奈、初舞台で健闘=ひるまず挑んだ20歳-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090300026

柔道の世界選手権第6日は2日、ブダペストで男女3階級が行われ、女子78キロ超級で初出場の朝比奈沙羅(東海大)は決勝で前回覇者の
于頌(中国)に延長の末、優勢負けし2位だった。
大会は個人の男女計14階級が終了し、日本は半分で優勝しメダル12個を獲得。男女同時開催となった1987年大会以降で無差別級を除く
7階級制覇は、2010年東京大会の金8個に次ぐ2位タイの多さだった。

朝比奈は銀メダル 日本はメダル12個を獲得/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170903/jud17090301280001-n1.html

このまま突っ走る
 ウルフ・アロン 全て出し切った。きつい場面を、しっかり我慢して戦えた。指導を取られても絶対に終盤は自分のペースになると思っていた。
目標にしていた大会で、こういう結果になって最高。このまま突っ走って2020年(の東京五輪)も必ず優勝したい。
心に隙あった
 原沢久喜 どこか心に隙があったのではないか。いい感じで仕上がってきたと思っていた。きょうの試合は論外。自分の柔道を出せなかった。
守りに入った意識はなかった。
結果受け止める
 羽賀龍之介 準備の段階では誰よりもやってきた自信があった。結果を真摯(しんし)に受け止め、何が悪かったのか、これからどういうふうに
やっていくのか考え、また頑張るしかない。
 安易な気持ちあった
 王子谷剛志 (3回戦は)技ありを取られてから慌ててしまった部分があり、内股を返された。それに尽きる。上がってくると予想していた相手と違った。
安易な気持ちがあったかなと思う。もっと突き詰めてやっていかないといけない。
 この負けを生かす
 朝比奈沙羅 1位と2位では大きな差があるので、ここで勝ち切ることが必要だった。審判のせいにしないで、最後まで投げ切ることが必要。
決勝の舞台に立てたのは励みになった。この負けを生かして、また一段とレベルアップしたい。

世界柔道・談話
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090200455

251 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:20:24.18 ID:dN4Yf6OC

悔しさを知る分、喜びも大きかったはずだ。それでも、新井は悲願の金メダルに表情一つ変えなかった。決勝でペレスを送り襟絞めで破ると、
深々と一礼。静かに畳を下り、ベンチで見守った上野順恵コーチに抱き締められると、ようやく表情が和らいだ。表彰台の中央からの光景を
「やっと立てたと思った。素直にうれしい」とかみしめた。
海外勢の層が厚い女子70キロ級での優勝は2003年の上野雅恵以来、14年ぶりだ。埼玉・児玉高3年時の関東大会。視察に訪れた上野雅から、
自身がコーチを務める三井住友海上に誘われた。五輪2連覇で憧れの存在から指導を受け、昨年からその妹で12年ロンドン五輪女子63キロ級
銅メダルの上野順にも師事してきた。
早くから活躍を期待されながら、競技生活は順風満帆ではなかった。15年の世界選手権は5位。日本女子で唯一のメダルなしに終わった。
昨年の全日本選抜体重別選手権は田知本遥(27)=ALSOK=に決勝で敗れ、本命視されたリオ五輪代表から落選。12月のグランドスラム東京でも
決勝で新添左季(21)=山梨学院大=に敗れた。「年下にも負けてしまった。このままリオを逃す前と変わらない練習をしていたら、今後も変えられない」。
左組みだが右組みで打ち込みや投げ込みに励むなど、これまでと違った動きに取り組んで対応力を磨いた。
準決勝では世界選手権3度Vでリオ五輪銀のアルベアルにも優勢勝ちしたが、この階級には田知本が控えている。リオ五輪は所属の応援で現地で観戦。
ライバルが歓喜する姿に悔しさを感じると同時に「金メダルは遠くないと思えた」。年始には書道家の祖父・八郎さんから「不動」と記した書を受け取った。
「東京五輪への第一歩。もう次、という気持ち。自分の柔道をもっと高めたい」。優勝に浮かれることなく、一歩ずつ東京五輪へ進む。

【世界柔道】新井千鶴、初V 女子70キロ級14年ぶり金
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170903-OHT1T50002.html

元々、海外勢にも見劣りしない体格や手足の長さがあり、きれいな技を持っていた新井だが、以前は力強さが足りなかった。組み負けて引き付けられたり、
姿勢が悪くなることが度々あり、その結果安定した試合運びができない時があったが、その部分が克服されてきている。
技術的には得意の内股に入る際、釣り手(襟を主に持つ方)の使い方が格段にうまくなった。ヤマ場となった準決勝でも実力者のアルベアルに内股に
入る際、しっかりと間合いを取り形をつくることができていた。以前であれば前かがみにつぶされてしまうところを抵抗に遭っても最後まで投げきった。
梅木は力強い組み手と寝技がうまく、その特長を生かして勝ち上がった。決勝では釣り手を徹底的に下ろされ自分の形をつくれず、相手の右の小内刈りに
屈したものの、相四つはむしろ得意としていただけに、課題が見えたのではないか。リオ五輪では初戦敗退を喫し自信を失いかけたようだが、
決勝まで勝ち進んだことで力があることを証明した。もう一度世界で勝つために、工夫、研究を重ねてほしい。

【上水研一朗の目】内股の組み手が上達した新井に安定感出た
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/03/kiji/20170903s00006000103000c.html


第5日の女子78キロ級は残念な結果だった。梅木はまず組み負けないことが大事だ。先に指導を取られたのもルール的にもしんどい展開だった。
佐藤は技を仕掛けていかないといけない。ポイントを取られてから攻めても遅い。最初からポイントを取られていると思ってガツガツ攻めるべきだった。
一方で、同70キロ級の新井は自信を持って戦っていた。常に自分の組み手で試合を運び、前へ前へ攻める姿勢を見せていて、内容がよかった。
試合後に、優勝が当然のごとく帰っていったのが印象的だった。リオ五輪に出られなかった思いをぶつけていたのだと思う。これで金メダルの
田知本遥に追いついたのではないか。五輪の次の年に結果を出すことは先につながるチャンスだ。
今後は追われる立場になり、組み手や技も研究される。相手以上に研究していかねばならない。うれしいだろうけど、ここで満足しないようにしてほしい。

【吉田秀彦 一本!】新井は田知本に追いついたのでは
http://www.sanspo.com/sports/news/20170903/jud17090308000006-n1.html

252 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:21:11.39 ID:dN4Yf6OC

2年前、日本の女子個人戦代表で、ただ一人立てなかった表彰台。首に金メダルを下げ、日の丸を見上げた新井は「やっと立てた。何が何でも、
あそこに立ちたかったので。でも普段の国際大会と(景色は)あまり変わらないかな」と笑った。
初戦から硬さはあったが、勝ち上がる強さがあった。2回戦は大内刈り、3回戦は小内刈りと得意の足技でポイントを奪い優勢勝ち。準々決勝は
ゴールデンスコアの延長4分すぎに指導数で並ばれたが、組み手で圧力をかけ相手指導を誘った。
恵まれた体格で早くから将来を嘱望されたが、リオ五輪は田知本遥と最後まで代表の座を競いながらも、最終選考会の選抜体重別での直接対決に敗れ、
夢はついえた。自分に足りなかったものは何か。「苦手克服に取り組まないとか、取り組んでも中途半端なところがあった。その意識を変えた」。
本来の左組みだけでなく右組みの練習もした。筋肉量を増やし体幹も鍛えた。
そして最も重点を置いたのが、田知本に敗れる原因にもなった、どんな状況でも投げきる技術だ。リオ五輪銀、世界選手権3度優勝のアルベアル
(コロンビア)との準決勝では踏ん張る相手を根こそぎはね上げ内股で技あり。「どこを持っても掛けられるように」練習してきた成果を発揮し、決
勝は強化した寝技で勝負を決めた。
「あの悔しさは他の大会では晴らせない」という舞台で、2年前の雪辱を果たした。ならば1年前、リオで田知本が金メダルを獲得した時に湧き出た悔しさも、
3年後の東京でしか晴らせないはず。「新たな課題も出たのでもっと高めて、一つ一つの大会を確実に獲っていく」。視線はすでに前を向いていた。

新井は金すら通過点 メダル逃した2年前より進化も「課題」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/03/kiji/20170902s00006000548000c.html



得意の寝技で順調に勝ち上がった梅木が、最後に壁に阻まれた。アギアルとの決勝。女子78キロ級で五輪2大会連続銅メダルの試合巧者に
「組み手も寝技も何もできなかった」。
リオ五輪後に課題に挙げ、強化してきた組み手争いで苦戦。延長で小内刈りで技ありを取られて2連覇が消えた。全日本女子の増地克之監督も「
決勝は自分の組み手になれなかった」と悔やんだ。
世界女王として臨んだリオ五輪は男女を通じ、唯一の初戦敗退。悔しさを胸に社会人となった今春、母校の環太平洋大がある岡山県から上京した。
控えめな性格だが「慣れない環境で身につくこともある」と考え、自分で練習計画を立てて東海大、帝京大などに出稽古。男子高校生に交じって練
習することもあった。同階級の日本勢の2大会連続決勝進出は05、07年の中沢さえ以来。成長を示したとはいえ「まだ足りない部分が多い。
世界一になるのに何が必要か、考えて稽古していく」と決意を込めた。

【世界柔道】女子78キロ・梅木、V2ならず 延長負け悔やむ
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170903-OHT1T50005.html

男子100キロ超級で、リオ五輪銀メダルの原沢久喜(25)=日本中央競馬会=は初戦の2回戦でステファン・ヘギ(オーストリア)に延長で敗れた。
全日本選手権覇者の王子谷剛志(25)=旭化成=も3回戦で敗退し、ともにメダルに届かなかった。男子100キロ級で同銅メダルの羽賀龍之介(26)=
旭化成=も1回戦は突破したが、2回戦でカズベク・ザンキシエフ(ロシア)に一本負けした。
復権を期待された日本の男子重量級に波乱が相次いだ。100キロ超級の原沢は技を決め切れず、まさかの初戦敗退。畳を下りると、しばらく膝を
突いてしゃがみ込んだ。相手のヘギは19歳で世界ランク53位と無名の存在。昨年のリオ五輪決勝で敗れたテディ・リネール(フランス)への雪辱を
誓いながら、自滅に近い負けで再戦もかなわず「情けない。本当に何をやっているんだ」と自分を責めた。
同い年の王子谷も3回戦で姿を消した。序盤に技ありを奪ったが、世界ランク57位と格下のアレルストルファーに終了間際に逆転された。
「まだまだ考えが甘かった。自分をコントロールできず、安易な気持ちがあった」。100キロ級では羽賀が2回戦で一本負け。銅メダルだった
リオ五輪は左膝の故障の影響で不完全燃焼に終わった。今大会に懸ける思いは強かったが、2連覇を逃し「できる準備は全部やったつもりだったが…。
まだ整理できない」とぼうぜんとした。
近年不振に苦しんだ重量級も、今大会は2階級に2人ずつを派遣。層が厚くなり、全日本男子の井上康生監督の期待は高く、さみしい結果となった。

【世界柔道】原沢、まさか初戦敗退…王子谷も羽賀も男子重量級波乱
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170903-OHT1T50008.html

253 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:21:50.06 ID:dN4Yf6OC

ako

254 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:22:27.08 ID:dN4Yf6OC

sat

255 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:22:44.08 ID:dN4Yf6OC

初出場のウルフが、意地を見せた。男子重量級4人のうち3人が早々に敗退。期待を一身に背負いながら、金メダルを獲得した。
「自分の持ち味は根性とスタミナ。全て出し切った感じがする。今年目標としていた大会でこういう結果になって最高」
強豪にも引けを取らず戦い抜いた。準々決勝でリオデジャネイロ五輪銀メダルのガシモフ(アゼルバイジャン)を優勢勝ちで破ると、
準決勝でも世界ランク1位のコレル(オランダ)に優勢勝ち。決勝は90キロ級でリオ五輪銀のリパルテリアニ(ジョージア)に、延長27秒で
大内刈りを鮮やかに決めて優勢勝ちした。
4月の全日本選手権で準優勝した若き実力派。大会直前は受けやスタミナを確認し、苦手な寝技にも時間を多く割いてきた。「自分らしい
攻め続ける柔道を忘れず、必ず優勝するつもりで戦う」と自信を深めて臨んだ。
個人戦最終日の男子重量級。同じ階級のリオ五輪銅で前回覇者の羽賀は2回戦敗退。100キロ超級でもリオ五輪銀の原沢は初戦の2回戦、
全日本王者の王子谷は3回戦で敗れ去った。開幕から3日連続で金メダルを獲得してきた軽量級からの流れを、ウルフがたった一人で守り抜いた。
21歳の新鋭は「これからが大事。このまま突っ走って2020年東京五輪も必ず優勝する」。“ウルフ伝説”は幕を開けたばかりだ。

100キロ級のウルフが『金』!男子重量級“最後の砦”守った/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170903/jud17090305020004-n1.html

指導を2度受け、反則負けまで後がなかった。相手に指導はない。延長に突入した男子100キロ級の決勝で、ウルフは劣勢とみられた。だが、本人の
意識は違った。「延長で勝負をかける作戦通り。特に焦りはなかった」
 延長開始早々、ギアを入れた。左の釣り手でリパルテリアニを引っ張り込むと、内股をフェイントに使って相手の重心を前に崩してから、大内刈りで
後ろへ倒し技あり。この相手はベイカー茉秋(日本中央競馬会)がリオデジャネイロ五輪90キロ級決勝で下した選手。少年時代に講道館のクラブに
通っていた頃から慕う先輩と同じ攻め方で、栄冠をたぐり寄せた。
 全6試合中、延長での決着は4試合。地元ハンガリーのツィリエニチュとの2回戦では、先に技ありを奪われてから追い付き、延長で一本勝ちした。
体力に絶対的な自信があるから、窮地に立っても冷静に、したたかに戦える。「僕の持ち味は根性とスタミナ。まだあと6試合ぐらい戦える」と言
うほどだった。
 この階級で国内第一人者の羽賀が早々に姿を消した中、準々決勝でリオ五輪銀のガシモフ(アゼルバイジャン)を倒すなど強豪を次々と破った。
立ち技、寝技ともにまだ成長の余地がある21歳。「このまま突っ走って2020年東京五輪で優勝する」。大きな目標へ、弾みがついた。

ウルフ、窮地でも冷静=体力勝負に絶対の自信-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090300115

ウルフは初出場ながら、どこまでも強気だった。「世界で戦う地力は足りている。優勝できる実力はあると思っている」。こう言った通り、一気に頂点へ上り詰めた。
21歳の新鋭は6試合で4度の延長戦を制し「自分の持ち味は根性とスタミナ。全て出し切った感じがする。今年目標としていた大会でこういった
結果になって最高」と達成感に浸った。
初戦からの3試合を勝ち上がり、難関は準々決勝。「技を掛けるのを待って、投げ返してくるタイプが苦手」と言う。代表格のガシモフ(アゼルバイジャン)が
相手だ。勇猛果敢に戦って残り1分。大内刈りで技ありを奪って逃げ切り、リオ五輪2位の強豪を撃破した。
準決勝は世界ランキング1位のコレル(オランダ)を冷静にさばき、延長1分18秒に得意の大内刈りで技あり。決勝は90キロ級でリオ五輪2位の
リパルテリアニ(ジョージア)に指導2つを取られ、迎えた延長27秒で大内刈りを決めた。
前回覇者の羽賀は大学の先輩だが、強烈に対抗心を燃やす。4月の最終選考会で羽賀を破って優勝しながら、今大会の代表は2人。「まだ僕1人では
力不足かなと感じる」と東京五輪の代表争いをにらみ、発奮材料にして鍛えてきた。
東京の下町生まれで、父は米国人。リオ五輪90キロ級覇者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)とは中学から大学まで同じ道を歩んだ。21歳の新鋭が
先輩の背中を追い、力強く王座に就いた。

ウルフ「優勝できる実力ある」自分信じて射止めた金 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1882120.html

256 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:23:53.09 ID:dN4Yf6OC

nn

257 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:24:12.18 ID:dN4Yf6OC

原沢が初戦で敗れ、羽賀、王子谷もが3回戦までに消えた。後がなくなった男子重量級を救ったのは、21歳、勝負度胸満点の新エース。激闘を
物語る血に染まった白い柔道着のウルフは「本当に目標としてきた大会。こういう結果になって最高です」と達成感に浸った。
決勝の相手は1階級下の90キロ級でリオ五輪銀メダルを獲得したリパルテリアニ。リオの金メダリストは東京・講道館にある春日クラブ、東海大浦安高、
東海大と背中を追ったベイカー茉秋だ。何度も見返したリオ決勝のVTR。「内股が効かない選手。ベイカーさんは大内刈りで勝った」と相手の特徴は
頭にインプットされていた。
1分すぎ、そして残り10秒と指導をもらって追い込まれたが、「3つもらわなければ負けない。先に2つ取らせて追い上げようと思った」と冷静だった。
自慢のスタミナを生かし、ゴールデンスコアの延長27秒、内股と見せかけての大内刈りがさく裂。先輩と同じ技で世界の頂点に立ち「体が反応した」と
振り返った。
今年4月の選抜体重別選手権では、羽賀との12分14秒にも及ぶ死闘を制した。無差別で行われる全日本選手権でも、敗れたが決勝で王子谷と
7分20秒の熱戦。100キロ級としては決して大きくない体格をカバーするため、無尽蔵のスタミナを蓄えてきた。普段から畳の上での稽古の後、
ローイングマシンをこいで筋持久力を強化。限界までを5セット行うチンニング(懸垂)は腕の筋持久力強化につながり、外国人との組み手争いで負け
ないかいな力を手に入れた。
かつては男子の井上康生監督、鈴木桂治コーチらが引っ張った伝統の階級。世代交代を印象づけ、その系譜を受け継ぐ新エースは「このまま突っ走り、
20年も必ず優勝します」と堂々宣言した。

ウルフ金!ベイカー後輩21歳、先輩が倒したリオ決勝“再現”
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/03/kiji/20170903s00006000095000c.html

柔道世界選手権第6日(2日、ブダペスト)女子78キロ超級の朝比奈は、初戦から準々決勝まで3戦連続で一本勝ちの快進撃。初出場の20歳が堂々の
闘いぶりで決勝に進んだが、頂点まであと一歩で惜敗した。
「金と銀では全然、差がある。ここで勝ちきることが必要だったので、悔しい」
決勝は前回覇者の于頌(中国)が相手。足技で先手を取ったが次第に動きが衰え、延長戦に入ると劣勢になり、1分56秒に指導を受けて敗れた。
将来は医学の道に進むことも視野に入れ、物事のとらえ方は冷静だ。「東京五輪を考えると今年は世界選手権に出ておきたかった。決勝に出られたのは、
これからの励みになる」。1メートル76、135キロの大器は収穫も課題も得た銀メダルだった。

78キロ超級の朝比奈が『銀』延長で指導受け「悔しい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170903/jud17090305000005-n1.html

女子78キロ超級で初出場の朝比奈沙羅(20)=東海大=は銀メダルだった。3年前の世界ジュニア王者が、シニアでは初の世界選手権で銀メダルを
獲得した。胸を張っていい結果だが、朝比奈は「金と銀では全然、差がある。ここで勝ちきることが必要だったので悔しい。初めての世界選手権で
決勝に出られたのは、これからの励みになる」と悔しさものぞかせた。
準々決勝まで3戦連続で2分かからず、立ち技と寝技による一本勝ち。延長にもつれ込んだ準決勝も支え釣り込み足で相手をねじ伏せた。
昨年のグランドスラム東京大会から、国際大会3連続優勝。「今までは『ぽっと出』だったが、これからは研究もされる。どんどん攻めていかなくては
いけない」と奮い立っていた。常に主導権を握って技を仕掛けるスタイルは、世界の強豪にも通用した。
東京で生まれ育ち、小学2年で総本山である講道館のクラブで柔道を始めた。将来は医学の道に進むことも視野に入れ、物事のとらえ方は冷静だ。
「東京五輪を考えると、今年は世界選手権に出ておきたかった。五輪に向けた計画に沿って、しっかり目標を達成したい」。176センチ、135キロの
大器が女子最重量級エースへの道を歩み始めた。

【世界柔道】朝比奈沙羅、女子78キロ級で銀「勝ちきることが必要だった…」
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20170903-OHT1T50061.html

258 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:25:37.42 ID:dN4Yf6OC

3年前の世界ジュニア王者が初の世界選手権で快進撃を続けたが、あと1勝に泣いた。朝比奈は決勝で15年大会覇者の中国人選手に
果敢に攻めたが、延長戦の末、力尽きた。
「自分はスロースターター」。こう自覚するが、危なげなかった。初戦から準々決勝まで3戦連続で2分かからず、立ち技と寝技による一本勝ちで
勝ち進んだ。延長にもつれ込んだ準決勝もどんどん攻める。延長開始12秒。支え釣り込み足で相手を畳にねじ伏せた。
昨年のグランドスラム東京大会から、国際大会3連続優勝。「今までは『ぽっと出』だったが、これからは研究もされる。どんどん攻めていかなくては
いけない」と奮い立っていた。常に主導権を握って技を仕掛けるスタイルは、世界の強豪にも十分通用している。
東京で生まれ育ち、小学2年で総本山である講道館のクラブで柔道を始めた。将来は医学の道に進むことも視野に入れ、物事のとらえ方は冷静だ。
「東京五輪を考えると、今年は世界選手権に出ておきたかった。最終目標は3年後の金メダル」。176センチ、135キロの大器が女子最重量級エース
の座を確立すべく、悔しさをバネに前に進む。

朝比奈沙羅「これからは研究される」攻め続ける理由 - 柔道
https://www.nikkansports.com/sports/news/1882121.html

日本は金7個を含む12のメダルを獲得。男女同時開催となった1987年大会以降で無差別級を除く7階級制覇は、
2010年東京大会の8階級に次ぐ2位タイの多さだった。
ウルフ・アロンの話
「延長が多かったが、その後に投げきる自信はあった。目標は達成できたが、ここでおごらず努力していく。表彰式で会場全体が君が代のために
起立してくれているのを見て、本当に優勝したんだなと感じた」
朝比奈沙羅の話
「決勝は組み手をしっかり持てたら、もう少しいい柔道ができたと思う。対策はしてきたが出せなかった。今回の悔しさを日本に持ち帰り、
一段とレベルアップしたい」
井上康生・男子日本代表監督の話
「ウルフはこの1年で大きく成長した。嫌な流れをはね返す精神力と技術は頼もしかった。原沢、王子谷、羽賀は調整の段階までは順調にきていたので、
試合で力を発揮させられなかったのは監督の問題。(個人戦9人で)半分以下しかメダルが取れず、非常に悔しい」
増地克之・女子日本代表監督の話
「朝比奈は相手の指導狙いに付き合ってしまったのが敗因。技を出してほしかった。48キロ級の2人がいい流れをつくり、2日目も日本人同士の決勝。
これ以上ない滑り出しで今回の結果につながったが、手放しで喜べるものではない」
山下泰裕・全日本柔道連盟会長の話
「男子も女子もよく頑張った。特に若い選手がよくやってくれた。もう一段、二段レベルアップしてくれれば、2020年(東京五輪)に向けて日本柔道の
可能性が大きく広がる。男子の最重量級だけは全く予想外だ」
金野潤・全日本柔道連盟強化委員長の話
「男女ともに非常に成功が多い大会だった。特に女子は金メダルが三つで、出場した階級全てで決勝に進出した。男子も新しい力が金メダルを
取れたことは非常に大きい」

ウルフが初V!日本は金メダル7個に/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170903/jud17090308380008-n1.html

重量級再建を
井上康生男子監督 ウルフはここ1年で大きく成長した。いい状態の3選手(原沢、王子谷、羽賀)は、なぜあのようなパフォーマンスしかできなかったのか。
監督として非常に悔しい。重量級の再建を成し遂げたと言えるよう、努力していきたい。
非常に残念
増地克之女子監督 朝比奈は、対中国選手でいかに戦うかが勝負だった。中国のヤマはまだ越えられなかった。非常に残念。相手が先に指導を
受けたので、十分チャンスはあった。もうひと攻めできなかったことが悔やまれる。
可能性広がった大会
山下泰裕会長 男子も女子も、よく頑張った。特に若い選手が頑張ってくれた。これで自信をつけてレベルアップしてくれれば、2020年に向けて
可能性が大きく広がってくる。そう感じさせる大会だった。
成功多かった大会
金野潤強化委員長 女子は、出場した全階級で(日本選手が)決勝まで行った。男子も新しい力が金メダルを取った。男女ともに成功の多かった大会。
課題は男子最重量級の2人(原沢、王子谷)が力を出し切れなかったこと。もう一回改革して、しっかり引き上げていきたい。
厳しい戦いだった


世界柔道・談話
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090300099

259 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:26:09.65 ID:dN4Yf6OC

柔道の世界選手権最終日は3日、ブダペストで行われ、初めて実施された混合団体で第1シードの日本が決勝に進んだ。
日本は初戦の2回戦でウクライナ、準々決勝でドイツを退け、準決勝では韓国を5-1で下した。第3シードのブラジルと初代王者を懸けて決勝で対戦する。
混合団体は2020年東京五輪の新種目に採用されている。男女各3人の計6人でチームを構成し、体重区分は男子が73キロ、90キロ、90キロ超、
女子は57キロ、70キロ、70キロ超。今大会は21チームが参加した。

混合団体、日本が決勝へ=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090300404

柔道の世界選手権最終日は3日、ブダペストで行われ、初めて実施された男女混合団体戦で日本が金メダルを獲得した。
第1シードの日本は初戦の2回戦でウクライナ、準々決勝でドイツ、準決勝では韓国にいずれも5-1で快勝。第3シードのブラジルと争った
決勝は6-0で勝った。

混合団体、日本が優勝=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090400029

柔道の世界選手権最終日は3日、ブダペストで男女混合団体戦が行われ、第1シードの日本は決勝戦でブラジルを6-0で圧倒し金メダルを獲得した。
日本は初戦の2回戦でウクライナ、準々決勝でドイツ、準決勝で韓国に、いずれも5-1で勝って決勝へ進んだ。

【柔道】日本が男女混合団体で金メダル 決勝でブラジルを圧倒
http://www.sankei.com/sports/news/170904/spo1709040002-n1.html

柔道の世界選手権最終日は3日、ブダペストで男女混合団体戦が行われ、第1シードの日本はブラジルとの決勝を6-0で圧倒して優勝した。
初戦の2回戦でウクライナ、準々決勝でドイツ、準決勝で韓国に、いずれも5-1で勝ち進んだ。
男女3人ずつの6人制。2回戦で日本は女子78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)らが一本勝ち。準々決勝、準決勝は同級で銀メダルの
朝比奈沙羅(東海大)が一本勝ちで試合を決めた。男子73キロ級王者の橋本壮市(パーク24)は準決勝で安昌林から一本を奪った。
男女混合の団体戦は2020年の東京五輪で行われることが決まっており、世界選手権では初実施。今大会は21チームがトーナメント方式で争った。
これまで団体戦は男女別に最近の世界選手権で実施され、日本は男子が前回15年大会まで2連覇。15年は女子も優勝した

日本、世界選手権初実施の混合団体でも金!ブラジルを6-0で圧倒/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170904/jud17090401490001-n1.html

ハンガリーで開かれている柔道の世界選手権は最終日の3日、男女混合の「団体」が行われ日本が金メダルを獲得し、この大会で日本が
獲得した金メダルは個人と合わせて8つとなりました。
男女混合の「団体」は東京オリンピックで実施されることが決まった新種目で男女3人ずつ、合わせて6人のチームで対戦します。世界選手権では
今回初めて実施され、日本は、2回戦からすべて5対1と危なげなく勝ち上がり、決勝でブラジルと対戦しました。
決勝の最初の試合で日本は、女子57キロ級で銀メダルを獲得した芳田司選手が延長の末に押さえ込みで一本勝ちして勢いに乗りました。
2試合目は男子73キロ級の金メダリスト橋本壮市選手が優勢勝ちし、3試合目で女子70キロ級の金メダリスト、新井千鶴選手が勝って、王手を
かけました。
そして続く試合で男子90キロ級の長澤憲大選手が終始攻め続けて、相手に反則勝ちして、この時点で4勝として金メダルを確定させました。
日本はこのあとも、朝比奈沙羅選手と王子谷剛志選手が勝ち6試合すべてに勝利し6対0でブラジルを圧倒し金メダルを獲得しました。
日本のこの大会の金メダルは個人の7つと合わせて、8つとなりました。

柔道世界選手権 男女混合の団体 日本が金メダル
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011125651000.html

260 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:27:14.15 ID:dN4Yf6OC

柔道世界選手権最終日(3日、ブダペスト)2020年東京五輪で初めて実施される男女混合団体戦が行われ、第1シードの日本は決勝で
ブラジルを6-0で破って優勝した。男女各3選手ずつの6人制で、今大会は21チームが参加。3年後の地元開催の五輪で期待される
日本は、競技発祥国として選手層の厚さを見せて頂点まで勝ち抜いた。個人戦で半分の7階級を制した大会を、団体の金メダルで締めくくった。
3年後の地元開催の五輪で金メダルが期待される日本。競技発祥国として優勝を狙った大会で、初代王者に輝いた。
初実施の男女混合団体戦は試合を終えた選手が畳の上で記念撮影するなど、お祭りムードが漂った。しかし、日本は違った。女子の増地監督が
「東京五輪で正式種目になる。日本のプライドを持って、男女で力を合わせて優勝を目指したい」と語ったように気迫で闘った。
畳そばのコーチ席では井上、増地の男女両監督が激励の声を上げる。選手も応えて全力で闘い、初戦の2回戦から準決勝までの3戦を全て5-1と快勝した。
真剣度はメンバー構成にも表れた。準決勝の韓国戦は個人で金メダルを獲得した男子73キロ級の橋本、女子70キロ級の新井ら4人のメダリストを惜しげもなく起用。
中でも橋本は銅メダリストの強豪、安昌林と熱戦を
繰り広げ、延長1分20秒すぎ、豪快な裏投げを決めて一本勝ちした。
大会前には男女合同ミーティングを開き、全員一丸で目標達成を目指す「チームビルディング」の講習も受けた。団体戦のみの出場だが「チームを
世界一にするのが役目」と燃える男子の中矢、「初出場の時は緊張したので、若手に目を配って声をかけたい」と語る最年長の32歳、女子の宇高の
ようなベテランもいる。競技の母国としての誇り、層の厚さを示し、頂点に立った。

日本、混合団体でラスト飾った金!東京五輪新種目で初代王者に/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170904/jud17090403340004-n1.html

国が一つに
井上康生男子監督 きょうの勝利は一つにまとまって戦った結果。一つ一つの試合は僅差の勝負だった。他の国を見ても男女が一つになり、
また国が一つになる印象を受けた。とてもいいイベントだと感じた。
歴史をつくれた
増地克之女子監督 感無量。初代チャンピオンとして歴史をつくれて非常に良かった。決勝が一番いい試合だった
混合が主流になる
全日本柔道連盟の山下泰裕会長 初めての混合団体でどういう試合になるか興味を持って見ていたが、日本も他のチームも男女が心を一つにして
戦っている姿が印象に残った。これからは世界ジュニア選手権などでも、団体は混合が主流になる。

世界柔道・談話
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090400208

初めて実施された混合団体戦は、試合前の円陣や熱の入った応援もあり、各チームが個人戦と違うムードを楽しんでいる様子がうかがえた。
 リオデジャネイロ五輪男子100キロ級銅メダルのシリル・マレ(フランス)は、混合団体には90キロ超級で出場。「女子がいるのは特別だよ」と
笑みを見せ、「東京五輪に向けて良い経験になった」と話した。女子57キロ級でリオ五輪金メダルのラファエラ・シルバ(ブラジル)も「今までとは
違う戦いだった」。決勝は日本に完敗したが「初めての混合戦でメダルが取れてうれしい」と新種目を歓迎していた。

混合戦に歓迎ムード=世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090400211

山下泰裕・全日本柔道連盟会長の話「団体戦は全く危なげない試合で、日本の圧勝と言える。初めての混合団体戦だったが、多くの国の男女が
心を一つにして闘っている姿が印象に残った。個人戦と合わせて8つの金メダルを獲得し、近年になく日本の活躍だけが目立った大会だった」
井上康生・男子日本代表監督の話「優勝は出た選手はもちろん、控えの選手やスタッフ、練習パートナーも一つにまとまった結果だと思う。これが始まり。
来年、再来年、2020年も素晴らしい結果を確保できるように努力したい」
増地克之・女子日本代表監督の話「感無量。選手たちを信じて勝てた。決勝が一番いい試合だった。世界選手権(混合団体)の初代王者として、
歴史をつくれて良かった。男子の井上監督とも話し合い、機会があれば対策を継続してやっていきたい」

【世界柔道】全柔連の山下泰裕会長「日本の圧勝と言える」 男子の井上康生監督「一つにまとまった結果」 女子の増地克之監督「歴史をつくれた」
http://www.sankei.com/sports/news/170904/spo1709040013-n1.html

261 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:27:34.19 ID:dN4Yf6OC

男女混合団体戦が行われ、第1シードの日本はブラジルとの決勝を6-0で圧倒して優勝した。
2日前に女子70キロ級を制した新井は、腰の痛みを押して準決勝と決勝に登場した。準決勝の韓国戦で敗れ「個人戦で優勝して自信があった分、
気持ちに隙があったかも」と反省しきり。決勝ではしっかりと勝って貢献し「第1回優勝チームの一員になれたのはうれしい」と喜んだ。
普段は別々に活動している男子選手と同じチームで頂点を目指した。「初めての経験で楽しかった。みんなが声援を送ってくれるのは新鮮だった」と
独特の雰囲気を満喫したようだ。

新井、腰痛を押して貢献「第1回優勝チームの一員になれたのはうれしい」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20170904/jud17090410140005-n1.html

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が男女混合団体戦を観戦した。表彰式ではメダルの授与役も務め、優勝した日本の選手の奮闘をねぎらった。
同会長は1976年モントリオール五輪のフェンシング男子フルーレ団体で優勝。国際柔道連盟(IJF)の公式サイトに「私も団体戦で金メダルを取ったので、
この混合団体戦に特別な思いがある」とコメント。「日本は柔道の母国。柔道は五輪でより大きな役割を果たすだろう」と2020年東京五輪での盛り上がりを
期待した。

【世界柔道】IOCのトーマス・バッハ会長が観戦 日本の優勝に「五輪で大きな役割」
http://www.sankei.com/sports/news/170904/spo1709040027-n1.html

海外の選手に対する技術的な完成度が6、7割程度のウルフが優勝できた理由は、高い戦術遂行能力にある。長所は馬力に裏打ちされたスタミナ。試合の前半は我慢し、
後半に勝負する。準々決勝のガシモフ、準決勝のコレル、決勝のリパルテリアニといずれも一筋縄ではいかない難敵だったが、どの試合も相手が疲れた後半に、大内刈りで
技ありのポイントを奪った。自分が今できる戦いの範囲内で、ベストの選択ができていた。
決勝では下から突き上げる釣り手になるまで我慢したことが、相手を仕留めることのできた要因だ。大学入学当時は相手を抱くような釣り手だったが、
これでは力勝負となり、長身の外国人相手には通用しない。段階的に指導してきたが、4年生となりその部分は抜群にうまくなった。今後は外国人にも
通用する担ぎ技や寝技を身につけ、隙のない完成された状態で東京五輪を目指してほしい。
朝比奈は、決勝の後半で相手が掛け捨て気味の技を連発した時、対応できなかった。準決勝までは堂々とした戦いぶりが光っただけに、今後は組み手の
早さと立ち技から寝技への移行を課題として取り組んでほしい。

ウルフは高い戦術遂行能力で技術不足補った
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/04/kiji/20170903s00006000293000c.html

第6日の男子100キロ級のウルフ・アロンはもともと実力のある選手だが、なかなか海外で勝てなかったので成長を感じた。ヒヤヒヤした戦いが
続いたがよく頑張った。組み負けなければポイントを取れる技を持っているのが強みだ。スタミナもあり、相手が疲れたときに倒せるところを見せつけた。
しぶとく勝っているのはいいことだが、今後は4分間の中で一本を取る柔道を目指してほしい。
一方で100キロ超級はふがいない結果だ。リネールを倒すために2選手が出場した意味がなかった。原沢は組んでいるのだから攻めればいいのに、
できなかった。延長戦で指導をもらって負けたが、あらゆる負けの中でも一番悔しい負け方をしてしまった。精神的にも技術的にも成長しないといけない。
王子谷は全日本選手権で優勝し、日本の一番を獲った。だからこそ、世界でも一番になるという自覚を持ってほしいし、そういう選手であってほしい。

成長感じたウルフ、今後は一本取る柔道を
http://www.sanspo.com/sports/news/20170904/jud17090408000003-n1.html

個人戦終了を受け、全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長は「男女ともに成功が多い大会だった。女子は出場した全階級で決勝に進み、
男子は新しい力(初出場選手)が金メダルを獲れた」と総括した。今年3月に全柔連が示した事業計画でも「男女合わせて金メダル7個以上を目標」と
明記しており、これをクリアした形だ。一方で男子100キロ超級では王子谷、原沢ともに早期敗退。男子の井上康生監督は「なぜあんなパフォーマンスしか
できなかったのか。力を出させてあげられなかった。監督の責任」

金野委員長は成功評価も、康生監督は反省 世界柔道個人戦総評
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/09/04/kiji/20170903s00006000297000c.html

262 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 00:27:59.98 ID:dN4Yf6OC

今回の世界選手権で、日本は個人で男女合わせて7つの金メダルを獲得し、このうち5人が初出場で3年後の東京オリンピックに向け期待された
若い選手が結果を残した大会となりました。
今大会、日本はリオデジャネイロオリンピックの金メダリスト3人が出場しないなか、個人種目で男女合わせて7つの金メダルを獲得したほか、
オリンピックの新種目で今大会初めて実施された男女混合の団体でも金メダルを獲得し、大会前の目標どおりの結果を残しました。
このうち個人種目では、7つの金メダルのうち5つが初出場の選手によるもので、男子66キロ級の阿部一二三選手は20歳、男子100キロ級の
ウルフアロン選手は21歳と、3年後の東京オリンピックに向けて期待されている若い選手がしっかりと結果を残しました。
金メダルを獲得した選手は東京オリンピックまでのおよそ3年間、国内での代表争いに加え、世界中からマークされる中で、さらに技を磨き、
日本柔道を引っ張る存在として活躍できるかが注目されます。
また、今大会はリオデジャネイロオリンピックのあと、大幅に改正されたルールのもとで初めて行われた世界選手権でした。「一本」の価値を高め、
技による決着を増やすことを目的に、技のポイントは「一本」と「技あり」だけにして「有効」は廃止され、4分間の試合時間内で技のポイントの差がない
場合、指導の差では勝敗を決めず、延長戦に入るなど、新たなルールが適用されました。
この中で、担ぎ技を得意とする阿部選手や、内股など足技を得意とする女子52キロ級の志々目愛選手などは一本を目指す日本伝統の柔道を貫いて
金メダルを獲得しました。
一方でスタミナに絶対的な自信を持つウルフ選手は、指導の差では勝敗が決まらず延長戦に入るルールを生かし、みずから攻め相手を消耗させ
る戦い方で6試合中4試合を延長戦の末に制して、世界の強豪がひしめく階級を勝ち抜きました。新ルールに対して、日本のそれぞれの選手が
自分の特徴を生かして対応できたことも、好結果につながった要因です。
男女ともに体重の軽い階級を中心に好成績を残した一方で、不振だったのは、最も重い男子100キロを超えるクラスです。オリンピック2大会連続
金メダルの王者、フランスのテディ・リネール選手の打倒をめざしてリオデジャネイロオリンピック銀メダリストの原沢久喜選手と全日本選手権
2連覇の王子谷剛志選手が出場しましたが、いずれも3回戦までに敗退、リネール選手と戦うことすらできませんでした。去年のオリンピックで
原沢選手があと一歩まで近づいたリネール選手と日本勢の差は、むしろ開いたと言え、3年後に向け、この階級の徹底した強化が求められます。

柔道世界選手権 東京五輪に向け若い選手が結果残す
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170904/k10011126371000.html

柔道の世界選手権は3日に全日程を終えた。日本は個人戦に派遣した男女計12階級のうち、7階級で金メダルを獲得し、銀は4個、銅も1個。
2020年東京五輪の新種目、混合団体でも圧勝し、3年後に向けて好スタートを切った。
目立ったのが新勢力の台頭。金メダリスト7人のうち、個人戦初出場者が5人。男子66キロ級の阿部一二三(日体大)は、6試合中5試合で
一本勝ちする圧倒的な内容だった。同100キロ級のウルフ・アロン(東海大)は、強敵を連破した末の価値ある金だった。女子52キロ級の志々目
愛(了徳寺学園職)は、準決勝で昨年のリオデジャネイロ五輪金のケルメンディ(コソボ)を破る殊勲。同48キロ級は
渡名喜風南(帝京大)が優勝。銅メダルの元女王、近藤亜美(三井住友海上)との争いが激化しそうだ。
期待外れだったのが男子100キロ超級。リオ五輪銀の原沢久喜(日本中央競馬会)、全日本選手権覇者の王子谷剛志(旭化成)はともに
早々に敗退した。8連覇を遂げたリネール(フランス)に挑戦さえできず、最重量級復活への道が遠のいた印象。井上康生監督は「新たな危機感を
感じている」と述べた。
海外勢を見ると、リオ五輪覇者で今大会も制したのはリネールのみ。上位に食い込めない選手も散見され、他の強豪も含めて仕上がり具合には疑問符が
付いた。全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は「今回の王者(日本の7人)は決して安泰ではない。これからだ、という意識は指導陣も選手も
持っている」と話した。

初出場組の活躍目立つ=東京五輪へ好スタート-世界柔道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090400754

263 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:02:03.96 ID:nValhpyn

sat

264 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:02:50.38 ID:nValhpyn

aiko

265 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:03:30.50 ID:nValhpyn

nnn

266 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:03:49.18 ID:nValhpyn

全日本柔道連盟は23日、世界ランキング上位で争うワールドマスターズ(27~29日、メキシコ・グアダラハラ)に出場予定だった
リオデジャネイロ五輪代表の女子70キロの田知本遥(ALSOK)、同78キロ級の梅木真美(環太平洋大)が故障のため欠場すると発表した。
男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)が追加された。 

田知本遥、梅木が欠場=マスターズ柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052300517

柔道のマスターズ大会(27~29日・メキシコ)に出場するリオデジャネイロ五輪代表8選手が23日、成田空港を出発し、五輪2連覇を
目指す女子57キロ級の松本薫(ベネシード)は「優勝するのは普通のこと。最後に試合をしたのは日本人なので、外国人相手の柔道に
切り替えたい」と本番前最後の実戦を待ち望んだ。
マスターズ大会は五輪、世界選手権に次いで格付けが高い。原則として世界ランキング16位以内が出場するが、男子100キロ超級で
世界選手権7連覇中のテディ・リネール(フランス)は欠場予定。同級代表の原沢久喜(日本中央競馬会)は「出ないのは分かっていた。
大会後に対策を立てる」と話した。ぎっくり腰を発症して1週間前に稽古を再開したばかりだが「もう大丈夫。対戦しておきたい選手もいる」と
意気込んだ。
女子代表で78キロ級の梅木真美(環太平洋大)は左膝、70キロ級の田知本遥(ALSOK)は首の故障で出場を取りやめた。

松本薫、マスターズ大会に出発「優勝するのは普通」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160523/jud16052319150001-n1.html

リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ超級代表の原沢久喜(23=日本中央競馬会)が、思わぬ「危機」を明かした。
世界ランク上位16人で争い、五輪前哨戦にもなるマスターズ大会の開催地メキシコ・グアダラハラへ23日に出発。成田空港で
「ぎっくり腰になっちゃって…。なんとか腰を曲げて家にたどり着いたんですよ」と苦闘を振り返った。
今月上旬にウェイトトレーニングでスクワットをしている際に発症。「結構何回かある」と焦らず、痛みに我慢しながら帰路についたが、4日間くらいは
基本的にベッドで横になるしかできず。「体重も減りました」と5、6キロ減って118キロになったという。
幸いそれ以上の大事には至らずに、体重も今は戻った。ロンドン五輪覇者で世界選手権7連覇中のテディ・リネール(フランス)は欠場となる
大会に向け、「出ないかなとは思っていた。しっかり勝って自信をつけるのが目標」と見据えた。

柔道原沢「ぎっくり腰に…」五輪前哨戦に思わぬ危機 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1651969.html

第48代姫路お城の女王」を務め、柔道の有力選手だった経歴を持つ福本奈緒さん(23)=兵庫県姫路市=が24日、イギリスの柔道場経営者の
招きを受け、指導者として渡英する。1年間滞在し、現地のトップ選手を育成。女王の活動で培った笑顔で「英国でも姫路の魅力をPRしたい」と
意気込む。
福本さんは姫路で生まれ、小学6年まで過ごした。幼稚園の時、指導者である父親の影響で柔道を始めた。厳しい練習をこなして頭角を現し、
中学3年で19歳以下の選手が出場する全日本ジュニア大会で2位に。世代別の日本代表として国際大会にも出場した。
名門東海大に入学後は、山下泰裕氏の指導を受け、団体戦の大将を務めたことも。周囲の期待は大きく、常にプレッシャーがあったという。
大学卒業を機に、柔道漬けの日々から心機一転。「広い世界を見てみたい」と昨年、女王に応募し、第48代の一人に選ばれた。
多くの人々と接する中で視野は広がり、次のステップとして海外へ留学する夢を持った。大学時代、柔道を通じて親交があった英国の経営者から
オファーがあったのは、そんなときだった。
渡英後はウェールズ地方にあるスポーツセンターに1年間滞在。再び柔道着に身を包み、現地のトップ選手らを指導する。
「ウェールズにも世界遺産の城があるので、姫路城の良さも伝わるはず」と福本さん。「柔道を楽しみながら取り組みたい」。今度は
異国の畳の上から日本の魅力を発信する。

姫路|「元姫路お城の女王」福本さん 英国で柔道指導へ
http://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201605/0009113890.shtml

267 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:04:14.85 ID:nValhpyn

18歳未満の柔道選手が出場する「2016年ドイツカデ国際大会」(4月30日、5月1日)で、久留米市の田主丸中3年、
古賀若菜さん(14)が女子44キロ級で優勝した。古賀さんは23日、市役所を訪れ楢原利則市長に優勝を報告し、
「世界で勝てて自信になった。(2020年の)東京五輪に出場したい」と喜びを語った。
国際大会初挑戦の古賀さんはドイツやロシアの強豪を相手に、全5試合で一本勝ちと強さが際立った。国内では
全国中学校柔道大会で個人2年連続優勝を飾っており、8月17日から新潟県で開催予定の大会について
「3年連続優勝で中学柔道を締めくくりたい」と抱負を語った。五輪では44キロ級が実施されないため、48キロ級に階級を上げて臨むという。
優勝報告を受け楢原市長は「2020年に日本代表として活躍する姿を期待しています」と激励した。

柔道国際大会に初挑戦 古賀若菜さん(田主丸中3年)V 「東京五輪に出場したい」 市長に報告
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/judo/article/247731

柔道のリオ五輪女子57キロ級代表の松本薫(28)=ベネシード=ら日本代表が23日、ワールドマスターズ(27~29日、メキシコ・グアダラハラ)
出場のため成田空港から出発。松本は家に日本円やクレジットカードが入った財布を忘れるハプニングを明かした。かばんに入れたはずの財布は、
米ドルが入っている海外用の物だけで「すごく焦った」。ただ、スーツのポケットをまさぐると5000円が入っており「ラッキーでした。皆さんも気を
付けてください」とホッとした表情。五輪前最後の国際大会へ「客観的に自分を見られる試合をしたい」と誓った。
今大会には男子3人、女子5人の五輪代表が出場。全柔連はこの日、リオ五輪代表で女子78キロ級の梅木真美(21)=環太平洋大=、
同70キロ級の田知本遥(25)=ALSOK=が同大会を負傷で欠場すると発表。梅木は「左膝内側側副靱帯(じんたい)損傷により3週間程度の
安静を要する」、田知本は「頸椎(けいつい)捻挫で約2週間の安静加療が必要」と診断された。

【柔道】日本代表、メキシコへ出発!松本、財布忘れるもスーツに5000円
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160523-OHT1T50170.html

ロンドン五輪の柔道銀メダル・杉本美香(31)が25日に放送された日本テレビ系「ナカイの窓 格闘家SP」(後11時59分)に出演し、
現役中は満身創痍(そうい)で試合に出ていたことを明かした。
ロンドン五輪時は「膝の靱帯(じんたい)がないまま試合をしていた」と告白。靱帯の断裂は日常茶飯事で「あー切れちゃった。手術する?しない?
みたいな」と説明すると、司会のSMAP・中居正広(43)は驚きの表情を浮かべた。現在も「車を運転してたら肩が外れたりする」と脱臼癖も明かし、
外れた際は「自分で入れる」と説明した。
現役時代の階級について聞かれると「78キロ超級なので78・1キロ以上だったら何キロでもいい」と言いながらも、中居から「実際、
何キロだったの?」の直球の質問には「ちょっと恥ずかしい」と顔を赤らめて明言を避けていた。

女子柔道銀メダリスト・杉本美香さん、ロンドン五輪は膝の靱帯がない状態で戦っていた
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160526-OHT1T50027.html

世界ランキング上位で争う柔道のマスターズ大会に出場するリオデジャネイロ五輪代表8選手を含む日本勢が26日、
メキシコのグアダラハラ市内で翌日の開幕に備えて調整し、男子の井上康生監督は「それぞれの調整は順調。
五輪をしっかり意識して戦ってほしい」と期待した。
五輪でのシードを決めるランキングに影響する最後の大会。練習は非公開で約1時間半行われた。五輪2連覇を
目指す女子57キロ級の松本薫(ベネシード)は試合前日ということもあり取材には応じず緊張感を漂わせた。
29日の最終日が出番の男子100キロ超級、原沢久喜(日本中央競馬会)は「結果はもちろんだが内容も大事」、
女子78キロ超級の山部佳苗(ミキハウス)は「五輪へ何が足りないかを知るきっかけにできれば」と抱負を述べた。

【柔道】マスターズ大会へ緊張感 女子松本ら日本代表8人 リオ五輪のシードに影響
http://www.sankei.com/sports/news/160527/spo1605270008-n1.html

268 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:04:37.52 ID:nValhpyn

世界ランキング上位で争う柔道のマスターズ大会に出場するリオデジャネイロ五輪代表8選手を含む日本勢が26日、
メキシコのグアダラハラ市内で翌日の開幕に備えて調整。男子の井上康生監督は「それぞれの調整は順調。五輪をしっかり
意識して戦ってほしい」と期待した。
五輪でのシードを決めるランキングに影響する最後の大会。五輪2連覇を目指す女子57キロ級の松本薫(ベネシード)は
試合前日のため取材には応じず緊張感を漂わせた。29日の最終日が出番の男子100キロ超級、原沢久喜(日本中央競馬会)は
「結果はもちろんだが内容も大事」と抱負を述べた。

五輪2連覇狙う松本 シード決めるマスターズ大会前に入念調整
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/28/kiji/K20160528012669440.html

柔道の世界ランキング上位で争うマスターズ大会第1日は27日、メキシコのグアダラハラで行われ、リオデジャネイロ五輪代表で
女子52キロ級の中村美里、同48キロ級の近藤亜美(ともに三井住友海上)が優勝した。
世界ランク4位の中村は、決勝でナタリア・クジュティナ(ロシア)を抑え込んで一本勝ち。同7位の近藤は決勝でロンドン五輪覇者の
サラ・メネゼス(ブラジル)に寝技で一本勝ちした。
五輪2連覇を狙う女子57キロ級の松本薫(ベネシード)は初戦の2回戦で連珍羚(台湾)に一本負けする波乱。男子60キロ級五輪代表の
高藤直寿(パーク24)は1回戦でフランス選手に一本負けした。同66キロ級の高上智史(旭化成)は7位。
中村美里の話 自分の技でポイントが取れたのは良かった。足技以外の練習していた技がしっかりできた。いい流れで五輪にぶつかっていける。
金メダルを取れるようにしたい。
松本薫の話 今回は調整がうまくいかなかった。勝てる気があまりしなかった。合宿をやり過ぎて疲れてしまっていた。ただ追い込むだけではなく、
めりはりをつけた練習をしていきたい。
近藤亜美の話 海外で弱いと言われていたのが悔しくて、今大会はどんな形でも勝ちたかった。五輪へ自信をつけることができたのは大きい。
優勝は弾みになる。
高藤直寿の話 減量があまりうまくいかず疲れてしまっていた。普通にやれば絶対に勝てる相手だった。悪いところが全部出た。
その中でも勝たないといけない。五輪本番では大丈夫。

五輪代表の中村、近藤がV 松本薫は初戦で一本負け
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/28/kiji/K20160528012673250.html

柔道の世界ランキング上位選手で争うワールドマスターズは27日、メキシコのグアダラハラで開幕し、女子48キロ級決勝でリオデジャネイロ
五輪代表の近藤亜美(三井住友海上)が2012年ロンドン五輪金メダルのサラ・メネセス(ブラジル)に一本勝ちして優勝した。
女子52キロ級の中村美里(三井住友海上)も、決勝でナタリア・クジュチナ(ロシア)から一本を奪い優勝。同57キロ級はロンドン五輪金メダルの
松本薫(ベネシード)が初戦の2回戦で連珍羚(台湾)に一本負けし、リオ五輪代表が明暗を分けた。
男子60キロ級はリオ五輪代表の高藤直寿(パーク24)が1回戦敗退。同66キロ級の高上智史(旭化成)は準々決勝で敗れ、敗者復活戦も
勝ち上がれず7位だった。

近藤と中村が優勝=松本、高藤は初戦敗退-柔道マスターズ
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052800144

マスターズ大会第1日(27日、グアダラハラ)松本は過去に何度も対戦経験のある連珍羚に不覚を取った。攻めあぐね、終盤に抑え込まれて
一本負け。「最初の入りの1秒だけ良かったが、あとは重心が上がってしまった。試合内容は10点」と肩を落とした。
調整に失敗し、動きに切れがなかった。「合宿をやり過ぎて疲れてしまっていた。パフォーマンスが落ちていた。勝てる気がしなかった」と
試合前から嫌な予感はあったという。「今回の反省を生かして、五輪では負けないようにしたい」と自らに言い聞かせた。

松本は調整失敗「合宿やり過ぎて疲れた…勝てる気しなかった」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160528/jud16052811290003-n1.html

269 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:05:13.95 ID:nValhpyn

マスターズ大会第1日(27日、グアダラハラ)近藤は初戦の2回戦を指導一つの差で競り勝つと、勢いに乗って頂点に駆け上がった。
「海外で弱いと言われていたのが悔しくて、今大会はどんな形でも勝ちたかった」と破顔した。
五輪に向けた腕試しとする選手も多い中で勝利にこだわった。「みんなは調整だろうけど、自分はそんなことは言っていられない。
全部全力でやらないと」と必死さを強調した。

近藤、勢い乗り頂点へ「海外で弱いと言われていたのが悔しくて…」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160528/jud16052811160002-n1.html

近藤亜美の話 「海外で弱いと言われていたのが悔しくて、今大会はどんな形でも勝ちたかった。五輪へ自信をつけることができたのは大きい。
優勝は弾みになる」
松本薫の話 「今回は調整がうまくいかなかった。勝てる気があまりしなかった。合宿をやり過ぎて疲れてしまっていた。ただ追い込むだけではなく、
めりはりをつけた練習をしていきたい」

【柔道】近藤「どんな形でも勝ちたかった」、松本「勝てる気がしなかった」 マスターズ大会
http://www.sankei.com/sports/news/160528/spo1605280018-n1.html

強豪がそろうマスターズ大会でも中村の強さは際立った。相手に一度もポイントを奪われず、万全の内容でリオデジャネイロ五輪の前哨戦を制覇。
「外国人選手にどの程度通じるか見たかったが、いい感覚をつかめた。弾みになる」と手応えを口にした。
多彩な仕掛けで翻弄(ほんろう)した。「軸は足技だが、それだけでは対策を講じられる」と先の大舞台を見据えて「これまで試合でほとんどしたことが
ない」という背負い投げを繰り出し、ライバルたちを惑わせた。決勝では得意の小外掛けで崩し、横四方固めであっさり仕留めた。
世界選手権は過去3度優勝しているが、五輪では初出場の北京で銅メダル、前回ロンドンは初戦敗退と不本意な結果だった。「過去2回は悔しい
思いをした。リオではとにかく喜びたい」と三度目の正直を目指す。
女子の軸として期待される27歳。「変に五輪イヤーという意識もない。経験もあるし、落ち着いていけると思う」と心身の充実ぶりを実戦で確認した。
本番まで2カ月あまり。「やり残しのないように。できることはまだたくさんある」と、かぶとの緒を締めた。

柔道:中村、多彩な仕掛けでライバル翻弄
http://mainichi.jp/articles/20160528/k00/00e/050/231000c


柔道の世界ランキング上位で争うマスターズ大会第2日は28日、メキシコのグアダラハラで行われ、女子63キロ級は
リオデジャネイロ五輪代表の田代未来(コマツ)が制した。
世界ランク5位の22歳、田代は準決勝でアニカ・ファンエムデン、決勝でユール・フランセンとオランダ勢に続けて優勢勝ちした。
男子73キロ級は24歳の橋本壮市(パーク24)が優勝。決勝でオドバヤル・ガンバータル(モンゴル)に一本勝ちした。

田代未来の話
「世界ランク(で自分より)上位の選手が出ていなかったので、優勝しないといけないと思っていた。結果は出たが満足はしていない。
危機感を持って残りの期間を過ごしたい」

橋本壮市の話
「ほかの選手と違って五輪に出ないので、重圧がなかった分闘いやすかった。目の前の相手のことしか考えていなかった。集中してできたと思う」

リオ五輪代表の田代、女子63キロ級V 男子73キロ級は橋本が優勝/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160529/jud16052909380002-n1.html

柔道の世界ランキング上位選手で争うワールドマスターズは28日、メキシコのグアダラハラで行われ、女子63キロ級決勝で
リオデジャネイロ五輪代表の田代未来(コマツ)がユール・フランセン(オランダ)を下し優勝した。
男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)も決勝でオドバヤル・ガンバートル(モンゴル)に一本勝ちして優勝した。

田代、橋本が優勝=柔道マスターズ
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052900051

270 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:05:52.56 ID:nValhpyn

女子63キロ級はリオ五輪代表で世界ランク5位の田代未来(22)=コマツ=が制した。田代は準決勝、決勝でオランダ勢に優勢勝ち。
昨年のラバト大会に続く、マスターズ連覇を飾った。男子73キロ級は世界ランク23位の橋本壮市(24)=パーク24=が、決勝で
オドバヤル・ガンバータル(モンゴル)に一本勝ちで優勝した。
連覇にも笑顔は少なかった。4試合で相手にポイントを許さずに勝ち切った田代だが、格上の世界ランク4位以内の選手が出場して
いなかっただけに「優勝しないといけないと思っていた。結果は出たが満足はしていない」と冷静に語った。
攻めあぐねて指導をもらい追い込まれた初戦の2回戦は、終盤に一瞬の隙を突いて抑え込み一本。準決勝は難敵・ファンエムデンの
パワーに苦しんで指導1つの差で辛勝だったが、決勝は小外刈りで技ありを奪った。「自分のいいところが出せなかった」と自己評価は厳しい。自
身初の五輪で目指すのはあくまで金メダル。「危機感を持って、残りの期間を過ごしたい」と気を引き締めた。

【柔道】リオ代表の田代、女子63キロ級でV
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160529-OHT1T50205.html

世界ランク上位で争う大会で、女子63キロ級はリオデジャネイロ五輪代表の田代未来(22)=コマツ=が決勝でユール・フランセン(オランダ)に
優勢勝ちして優勝した。男子73キロ級は橋本壮市(24)=パーク24=が、決勝でオドバヤル・ガンバータル(モンゴル)に一本勝ちした。
4試合で相手に1ポイントも許さず、昨年に続いてマスターズ大会を制したが、笑顔は少なかった。決勝は小外刈りで技ありを奪ったが、
田代にとって格上となる世界ランク4位までが不在。「優勝しないといけないと思っていた。結果は出たが満足はしていない」と冷静に語った。

柔道女子 田代がV「満足してない」
http://www.daily.co.jp/general/2016/05/30/0009133416.shtml

柔道の世界ランキング上位で争うマスターズ大会第2日は28日、メキシコのグアダラハラで行われ、女子63キロ級は
リオデジャネイロ五輪代表の田代未来(22=コマツ)が制した。
2連覇にも田代の表情は引き締まったままだった。相手は世界ランク5位の自身より下位の選手だけ。「上位の選手が出ていなかったので
優勝しないといけないと思っていた。結果は出たが満足はしていない」と4試合中3試合が一本勝ちの安定した試合運びにも冷静に努めた。
昨年まで2年連続世界選手権銅メダルでリオでの金メダルの鍵は今大会不出場の上位選手の撃破。「危機感を持って残りの期間を過ごしたい」と述べた。

田代未来V、リオ金獲得へ「危機感を持って過ごす」 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1655369.html

マスターズ大会第2日(28日、メキシコ・グアダラハラ)世界ランキング上位で争う大会。女子63キロ級はリオデジャネイロ五輪代表の
田代未来(22)=コマツ=が制した。世界ランキング5位の田代は準決勝、決勝でオランダ勢に続けて優勢勝ちした。男子73キロ級は
橋本壮市(24)=パーク24=が優勝。決勝でモンゴル選手に一本勝ちした。
女子63キロ級の田代は4試合で相手に1ポイントも許さず昨年に続いてマスターズ大会制覇を果たした。それでも、世界ランキング4位までが不在。
決勝を終えると表情を変えずに畳を下りた。「優勝しないといけないと思っていた。結果は出たが満足はしていない」。世界選手権は2年連続3位。
五輪ではあくまで金メダルを目指す。

田代、Vでリオ五輪へ弾み!圧巻の柔道にも「満足感はない」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160530/jud16053005010001-n1.html

リオデジャネイロ五輪代表で男子90キロ級のベイカー茉秋(ましゅう、東海大)が優勝した。
21歳のベイカーは準決勝で世界選手権優勝3度のイリアス・イリアディス(ギリシャ)を破り、決勝はフセン・ハルムルザエフ(ロシア)を
延長の末に下した。
リオ五輪の男子100キロ超級代表、原沢久喜(日本中央競馬会)と女子78キロ超級代表、山部佳苗(ミキハウス)は3位。原沢は優勝した
ダニエル・ナテア(ルーマニア)に準々決勝で一本負けし、山部は準決勝で馬思思(中国)に敗れた。

リオ代表のベイカー茉秋が優勝 柔道マスターズ大会 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1655458.html

271 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:06:38.46 ID:nValhpyn

sat

272 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:07:14.03 ID:nValhpyn

ai

273 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:08:00.33 ID:nValhpyn

nnn

274 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:08:29.74 ID:nValhpyn

世界ランキング上位で争う大会が29日に行われ、リオデジャネイロ五輪代表で男子90キロ級のベイカー茉秋(東海大)が優勝した。
男子100キロ超級の原沢久喜(日本中央競馬会)は3位で、2014年11月からの国際大会連続制覇は7で止まった。同代表で
女子78キロ超級の山部佳苗(ミキハウス)も3位。今大会に出場した日本の五輪代表は男子3人、女子5人で、優勝は男子1人、女子3人だった。
男子90キロ級で21歳のベイカー茉秋が、初出場となる8月のリオ五輪に向け弾みをつけた。準決勝で世界一3度の強豪イリアディス(ギリシャ)
から技ありなどを奪って優勢勝ち。「目標が達成できて良かった。憧れだったイリアディス選手に勝てたのも自信になる。五輪制覇に向けて、
日々を大切にしたい」と喜んだ。

男子90キロ級で21歳のベイカー茉秋 五輪へ弾みの優勝
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/31/kiji/K20160531012690310.html

男子90キロ級で21歳のベイカー茉秋(東海大)が初優勝した。初の世界ランク1位も奪取し、初出場となるリオデジャネイロ五輪へ勢いをつけた。
メキシコへ向かう23日の成田空港から、1人だけモチベーションが違った。「勝てば1位なんですよ」と血気盛ん。ベイカーには、世界一の男への
挑戦をかけた大事な大会だった。
ロシアのカルモルゼフとの決勝で、その気持ちが前面に出た。間合いを詰めて、持ち味の接近戦へ前に出続けた。相手に残り10秒で指導がきて
ポイントで並ぶと、「絶対に勝たないといけない」と延長戦へ。1分20秒過ぎに腰に乗せて投げ、有効で勝負を決めた。胸の日の丸を誇らしげに
たたき、「疲れたが、気持ちで勝った。優勝と2位では天と地の差」と誇った。
日本選手があまり気にしない世界ランクへのこだわり、外国人が得意とする接近戦が持ち味のスタイルも、他選手とは一線を画す。旧86キロ級を
含め、日本人の五輪王者が過去1人もいない階級を制する可能性は十分。準決勝では、世界選手権を3回制したあこがれのイリアディス(ギリシャ)
にも勝ち、「すごく強かった。本当に自信になる」。
出発の成田空港ではもう1つ訴えていたことがあった。「長袖しかなかったんです。暑い!」。半袖を家で発見できずに1人だけ長袖姿…。
その独特の自然体も、なんだか頼もしい。

ベイカー茉秋初Vで初の世界ランク1位 リオへ弾み - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1655750.html

互いに技でポイントを奪えずゴールデンスコア方式の延長にもつれ込んだ男子90キロ級決勝。ベイカーは疲労が見えた相手を腰に乗せて投げ、
有効で勝負を決めると胸の日の丸を誇らしげにたたいた。
敗戦目前だった残り約10秒で相手が指導を受け、もつれ込んだ延長だった。「疲れたが、気持ちで勝った」と喜んだ。
準決勝では10年以上も世界トップレベルで闘うイリアディスに優勢勝ち。憧れの存在を破り「本当に自信になる」と笑顔で大粒の汗を拭った。
井上康生監督も「対戦したがっていた相手とやれた上に、勝つこともできた。価値のある大会になった」と評価した。
旧86キロ級を含め、日本人の五輪王者は過去一人もいない厳しい階級で弾みをつけた。「夢の五輪制覇に向けて、これから日々を
大切にしていきたい」と、達成感を胸に次へ向かう。

21歳ベイカー優勝!リオへ「自信に」
http://www.daily.co.jp/general/2016/05/31/0009135901.shtml

互いに技でポイントを奪えずゴールデンスコア(ポイント先取で勝ち)方式の延長にもつれ込んだ男子90キロ級決勝。ベイカーは疲労が見えた
ハサン・ハルムルザエフ(ロシア)を腰に乗せて投げ、有効で勝負を決めた。
「疲れたが、気持ちで勝った。優勝と2位では天と地の差」
母が日本人で、父は米国出身のレスリング選手。イケメンハーフは英語にも堪能で外国選手とも積極的にコミュニケーションをとる。
一緒に練習するなど、とくに交流が深いのが、10年以上も世界トップレベルで戦うイリアディスだ。そのあこがれの存在に準決勝でに優勢勝ち。
「すごく強かった。本当に自信になる」と笑顔で大粒の汗を拭った。
「夢の五輪制覇に向けて、これから日々を大切にしていきたい」
日本代表の井上康生監督も「対戦したがっていた相手とやれた上に、勝つこともできた。価値のある大会になった」と評価。出場を志願した
“五輪前哨戦”で最高の結果を残した。旧86キロ級を含め、日本人の五輪王者は過去一人もいない厳しい階級で弾みをつけた。

ベイカー茉秋、男子90キロ級V!五輪王者ゼロ階級制しリオへ弾み/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160531/jud16053105040001-n2.html

275 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:09:05.40 ID:nValhpyn

世界ランキング上位で争う大会が29日に行われ、リオデジャネイロ五輪代表で男子90キロ級のベイカー茉秋(東海大)が優勝した。
男子100キロ超級の原沢久喜(日本中央競馬会)は3位で、2014年11月からの国際大会連続制覇は7で止まった。同代表で
女子78キロ超級の山部佳苗(ミキハウス)も3位。今大会に出場した日本の五輪代表は男子3人、女子5人で、優勝は男子1人、女子3人だった。
男子100キロ超級の原沢は、敗者復活戦から3位となったものの、厳しい現実を突きつけられた。日本男子最重量級の看板を背負う原沢だが、
優勝したナテア(ルーマニア)との準々決勝で豪快に投げられ一本負け。畳の上に大の字になり、しばらく動けなかった。「しっかり負けを受け止めて、
五輪に向けて改善していかないといけない」と渋い表情を浮かべた。60キロ級の高藤も初戦敗退し、井上監督は「ここでしっかり勝ってライバルに
圧力をかけていかないと」と物足りなさを口にした。

男子100キロ超級・原沢 悔しい3位…畳の上で動けず
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/31/kiji/K20160531012690330.html

厳しい現実を突きつけられた。五輪前哨戦として臨んだ大会に準々決勝で敗れた。敗者復活戦を勝ち上がり3位となったものの、国際大会での
連続優勝は7でストップ。日本男子最重量級の看板を背負う原沢は「しっかり負けを受け止めて、五輪に向けて改善していかないといけない」と
渋い表情を浮かべた。
2月以来となる海外勢との実戦は不安がある状態で臨んだ。準決勝で敗れた4月の全日本選手権後にぎっくり腰となり、数日間、練習ができない日が
あった。「体の状態は問題ない」というが、ダニエル・ナテア(ルーマニア)との準々決勝は先に技ありを取られ、反撃に出たところを豪快に投げられ
一本負け。畳の上に大の字になり、しばらく動けなかった。
世界選手権に出たことがない23歳は、絶対王者テディ・リネール(フランス)が不在の今大会を制して自信を得たいところだったが、逆の結果
となった。井上康生監督(38)も「ここで勝って圧力をかけなければいけなかった」と課題を口にした。残り2か月半。「開き直ってやるしかない。
一回り強くなっていければ」と、自らに言い聞かせるように誓った。

【柔道】原沢、国際大会連続優勝“7”で止まった
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160530-OHT1T50189.html

国際柔道連盟はリオデジャネイロ五輪出場権を決める30日付世界ランキングを発表し、日本は男女全14階級で出場権を獲得し、
女子70キロ級を除く13階級でシード権も確保した。
各階級の上位8人が手にするシード権があれば、初戦から世界ランク上位の強敵と対戦しないなどの利点があり、指導陣は
「世界トップ」の称号よりも重視する。例えば、男子100キロ超級の原沢久喜(日本中央競馬会)は2位で、世界選手権7連覇中で
五輪2連覇を狙う1位のテディ・リネール(フランス)とは決勝まで当たらない。
世界ランク制度導入後初の五輪だった前回ロンドン大会で、日本は女子5階級が1位、男子も3階級で2位だった。「景気よく
世界1位で五輪に行こう」と固執する指導者もおり、得点を稼ぐため国際大会への出場が急増。主力選手は疲労やけがが重なり、
本番では金メダル1個だけの歴史的惨敗を喫した。
苦い教訓もあって今回は2年前から計画的に国際大会へ代表候補を派遣。世界ランク1位はベイカー茉秋(東海大)のみだが、
消耗せずにシード権を得た選手が増えた。
ただ出場試合数が選手によって異なる柔道の世界ランクは、テニスなどに比べて実力を反映していないという側面もある。4年前は
世界1位として五輪女王となった松本は「ランクはあくまで目安」と冷静だ。

柔道五輪代表14人中13人がシード確保 世界ランキング発表
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/31/kiji/K20160531012692480.html

276 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:10:10.49 ID:nValhpyn

柔道のマスターズ大会(グアダラハラ・メキシコ)に出場した男女のリオデジャネイロ五輪日本代表らが31日、
成田空港に帰国した。女子48キロ級代表の近藤亜美(三井住友海上)は久々に海外の国際大会で優勝して
リオへの弾みをつけ、「すっきりした」と笑顔を見せた。
海外の国際大会優勝は2014年の世界選手権(ロシア)以来1年9カ月ぶり。昨年のマスターズ大会(モロッコ)や
今年2月のグランドスラム・パリ大会などで初戦敗退が続き、五輪への調整にあてる海外勢もいるなか、「自分は
まだまだチャレンジャー」と勝ちにこだわった。
得意の払い腰を研究されたのが苦戦の要因の一つで、戦い方の幅を広げることが課題だ。今回のマスターズ大会は
決勝でロンドン五輪女王のメネゼス(ブラジル)に抑え込みで一本勝ちしたほか、内股や大外刈りなど異なる立ち技でも
ポイントを奪い、「成果を出せた」と納得の表情。リオでは「指導ではなく、しっかり投げて勝ちたい」と意気込んだ。
男子90キロ級代表のベイカー茉秋は大会初制覇で世界ランキング1位に躍り出た。男女を通じて日本勢ただ一人で
「ずっとなりたかった」と満足そう。大会序盤に右肩を痛めたというが「オリンピックでもそういう場面があるかもしれないので」と不安を見せない。
準決勝ではロンドン五輪銅メダルのイリアディス(ギリシャ)と初対戦し、得意の大内刈りで技ありを奪って優勢勝ち。実力者を
破っての価値ある優勝に、日本男子の井上監督は「内容的にもいい勝ち方をした」と評価した。

柔道女子48キロ級・近藤、頂点へ磨く マスターズVから帰国
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201606/CK2016060102000131.html


柔道の世界ランキング上位で争うマスターズ大会(メキシコ)に出場したリオデジャネイロ五輪代表が31日、成田空港に帰国した。
男子90キロ級で優勝したベイカー茉秋(東海大)は、「世界ランク1位は僕だけ」と上機嫌。2回戦で右肩を痛めるアクシデントも
どこ吹く風の様子だった。今後は団体戦で争う6月25日開幕の全日本学生優勝大会(日本武道館)に出場を予定する。

ベイカー茉秋、上機嫌で帰国「世界ランク1位は僕だけ」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160601/jud16060105000001-n1.html


柔道の「マスターズ」大会に出場したリオデジャネイロ五輪日本代表8選手を含む日本選手団が31日、メキシコから帰国した。
女子は、優勝した48キロ級の近藤亜美(21=三井住友海上)、52キロ級の中村美里(27=三井住友海上)、63キロ級の
田代未来(22=コマツ)の3人がリオ五輪に弾みをつけたのに対し、78キロ超級の山部佳苗(25=ミキハウス)は3位という
課題の残る内容。五輪2連覇を狙う57キロ級の松本薫(28=ベネシード)がまさかの初戦敗退という不安を残す結果に終わった。
女子の南條充寿監督(44)は「リオに向けてしっかり調整しないといけない」と総括。帰国時の機内で感銘を受けた映画「下町ロケット」を
引き合いに、こう語った。
「改めて日本の技術力は外国人に負けないなと思いましたね。到着した時、女子を集めて『お前ら、下町ロケットを見たか。日本人の技術力は
強みなんだ。これから研磨していこう』と伝えました」
同映画は、技術力を高めようと中小企業で奮闘する人々を描くが、これが柔道でも共通するとひらめいたらしい。本番まで残り2か月。
下町ロケットの精神で、女子はメダルラッシュとなるか。

女子柔道「下町ロケット」精神でメダルラッシュなるか
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/547299/

柔道の「マスターズ」大会に出場したリオデジャネイロ五輪日本代表8選手を含む日本選手団が31日、メキシコから帰国。男子代表の
井上康生監督(38)は一定の評価を下した。
60キロ級の高藤直寿(23=パーク24)の初戦敗退という番狂わせはあったものの、2人が優勝。「狙い通り順調にきている」と手応えを口にした。
ただ、3位だった100キロ超級の原沢久喜(23=日本中央競馬会)に関しては物足りなさが残ったのだろう。「精神的にまだ甘い。
自覚がない。この2戦では、重量級は全ての人々の思いを背負っているんだという思いが伝わってきませんでしたね」と手厳しかった。

柔道男子・井上康生監督 100キロ超級・原沢に厳しい評価
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/547303/

277 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:10:32.07 ID:nValhpyn

優勝した女子48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)は「五輪への調整のつもりではなく、優勝しようと思って臨んだ。
すっきり、さっぱりという感じ」と充実の表情を浮かべた。
技のバリエーションを増やして臨み、随所で違う投げ技が決まったことを収穫に挙げた。これまでは完成度を高めることに
集中してきたため、得意の払い腰が不発に終わることが増えていたが、「研究されても大丈夫」と自信を深めていた。

女子48キロ級近藤 Vで自信深めた「研究されても大丈夫」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/01/kiji/K20160601012696310.html

五輪2連覇への思いがあふれすぎた――。柔道のマスターズ大会に出場したリオ五輪日本代表らが31日、メキシコから帰国。
女子57キロ級でまさかの初戦敗退を喫したロンドン五輪金メダリストの松本薫(28=ベネシード)は気落ちした様子で報道陣の前に現れた。
松本は開口一番「1試合しかできないのは悔しいです…」とポツリ。「優勝するのは普通のこと」と“野獣節”が冴えわたった出発時とはまるで違った。
敗因は「いくつかある」というが、最も大きかったのが「意気込みすぎ」だという。
「リオを意識するあまり練習しすぎていたんです。そしたら疲れちゃって。『負けるだろうな』と思ったら、その通りになりました」
到着時から伏線はあった。実は、寝坊して集合時間に遅刻していたのだ。同部屋だった52キロ級の中村美里(27=三井住友海上)が明かす。
「メキシコに朝5時に着いて、その日は午後12時45分に集合しなければならなかったんですが、ついつい寝ちゃったんです。関係者から
電話が来たときは集合時間過ぎてて2人で『やべえ』って(笑い)」
すぐに立て直した中村が優勝したのを考えると、よほど松本は疲れていたに違いない。さらには試合会場のグアダラハラのような標高
(1550メートル)が高い場所は苦手。また、会場にはクーラーが設置されていなかったらしく、体力の消耗が激しかった。
松本は「自分の柔道ができたのは、開始1秒だけでしたね」と後ろ向きな発言を連発。残り2か月しかない本番まで、練習量の“選択と集中”が
求められそうだ。

松本 柔道マスターズ大会初戦敗退の舞台裏
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/547475/

柔道の世界ランキング上位で争うマスターズ大会に出場したリオデジャネイロ五輪の日本代表らがメキシコから成田空港に帰国し、
3位に終わった男子100キロ超級代表の原沢久喜(日本中央競馬会)は「いつものものが出せなかった」と悔しさをにじませた。
原沢は優勝したダニエル・ナテア(ルーマニア)に準々決勝で一本負け。現地では体調を崩して「息が上がるのが早かった」という。
井上康生監督から精神的な甘さを指摘された男はスペインでの合宿に向け「五輪にいかにピークを合わせるか。受けの部分を鍛えたい」と
抱負を口にした。

原沢、悔い残る3位終戦 井上康生監督「精神的な甘さ」指摘
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/01/kiji/K20160601012696290.html


強豪を撃破し男子90キロ級を制したベイカー茉秋(東海大)は日本勢唯一の世界ランキング1位として五輪を迎える。
「第1シードで出たかった。1位は僕だけというのは格好いい」と誇らしげ。
五輪2連覇を狙う女子57キロ級の松本薫(ベネシード)は初戦敗退し「重心が上がっていた。反省を生かして準備をする」と引き締めた。
リオ五輪では日本男子の7人全員がシード権を獲得。井上康生監督は「全員が8位以内に入ってくれたのは狙い通り」と満足そうだった。

ベイカー茉秋世界ランク1位! 男子7人全員シード権獲得
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/01/kiji/K20160601012696350.html

278 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:11:02.22 ID:nValhpyn

光市の私立聖光高校2年の田中志歩さん(17)が、ボスニア・ヘルツェゴビナで8月30日まで開かれたアマチュアレスリングの国際大会
「世界カデットレスリング選手権」の女子65キロ級の銅メダルに輝いた。同校柔道部の実力者で、得意の投げ技で初の海外試合を勝ち進んだ。
カデット選手権は15?17歳の国際大会では世界トップ級。19カ国・地域の選手が参加し、田中さんは身長171センチの体格を生かし、
柔道で培った投げ技にこだわった。3戦目の準決勝でロシアの選手に惜敗したが、3位決定戦で、ウズベキスタンの選手の背後に回り
2ポイントを先取、2?1で逃げ切った。
6歳から柔道を続け、小学5年でレスリングも始めた。高校では柔道の練習に週6回と時間を割き、今春の高校選抜柔道63キロ級個人3位と
活躍した。一方、レスリングはクラブチームで週1回といい、今大会の日本選手団女子コーチを務めた柴田寛さん(40)=周南市職員=は
「外国人選手と組んでも負けない。相手の作戦を読めるようになれば、もっと強くなる」と伸びしろに期待する。
日本の女子選手団(10人)は金メダル3人、銀メダル3人、銅メダル2人の好成績。それだけに、銅メダルは田中さんにとって「悔しい結果」。「
相手のタックルへの反応を鍛えたい」とレスリングでの成長を目指す一方、柔道では、今月下旬から始まる和歌山国体で女子団体の
「日本一」を目標にしている。

レスリング:世界カデット選手権 聖光高2年・田中志歩さん、銅メダル栄冠 柔道部でも活躍 /山口
http://mainichi.jp/articles/20150910/ddl/k35/050/530000c

光市の聖光高校2年、田中志歩さん(16)が4、5の両日、京都府舞鶴市で開かれた女子レスリング大会「ジュニアクイーンズカップ63キロ級」で
優勝した。今春の高校選抜では柔道63キロ級で個人3位に入賞しており、異種”二刀流“での飛躍を目指している。
田中さんは幼稚園年長で柔道、小学4年でレスリングをそれぞれ始めた。高校では柔道部に所属し、部活を終えて週3回、徳山大に行って
所属するレスリングチーム「ファイブスター」で練習に励んでいる。
同レスリング大会では、15~17歳の選手9人が参加した63キロ級「カデットの部」に出場。トーナメント戦を勝ち上がり、決勝では終盤に
追いつく粘りをみせて初の日本一に輝いた。8月にボスニア・ヘルツェゴビナで開かれる世界大会に出場する。
高校卒業後は種目を絞って活動したいという田中さん。「高校生の間にレスリングでは世界大会3位以内、柔道ではインターハイ優勝が目標。
将来はどちらかの競技で東京五輪に出場したい」と意気込む。
兄の源大さん(18)=明治大学柔道部1年=は高川学園高校時代にインターハイ2位、妹の亨佳さん(14)=大和中学校3年=は昨年の
柔道の秋季県大会で優勝した実績があり、3きょうだいそれぞれ今後の活躍が期待される。
田中さんは8日、亨佳さんらと市役所を訪れ、全国大会の結果を市川熙市長に報告。市川市長は「今後の活躍を楽しみにしている。
日本一有名なきょうだいになって」と激励した。

柔道3位に続きレスリング全国V 田中さん(聖光高)活躍
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2015/0409/12p.html

リオデジャネイロ五輪に出場するミキハウス所属選手の壮行会が3日、東京都内のホテルで開かれ、記者会見を行った。
柔道女子最重量級の山部は6月下旬に中国で合宿することを明かした。五輪直前の時期では異例の試み。中国は伝統的に
女子重量級の層が厚く、山部は「中国勢は本番で必ず上位に来る。大型選手の対策に役立つ」と説明した。
指導する薪谷翠コーチによると、2008年北京五輪覇者のトウ文がコーチを務める天津のチームで3日間練習する予定。
昨年の世界女王で世界ランキング1位の于頌は来ないが、薪谷コーチは「似たタイプの選手も結構いる。組んでおくだけでも
いい経験になる」と話した。

山部、五輪直前に異例の中国合宿へ「大型選手の対策に役立つ」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160603/jud16060319520001-n1.html

279 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:11:46.69 ID:nValhpyn

スポーツ選手の偉業の陰にあるプレッシャーや苦悩。ある選手を支える妻の姿から、愛情こそがそれらをはねのける
最大の力になるのだと考えさせられた。
先日、アスリートの夫婦生活について、柔道男子66キロ級のリオデジャネイロ五輪代表、海老沼匡選手(26)=小山市出身=の妻、
(旧姓阿部)香菜さん(28)にお話を聞かせていただいた。
柔道家にとって肉体、精神をともに消耗させるものの一つが試合直前の減量だ。選手の標準体重から見てどの階級を選択するかにより、
その過酷さに個人差はあるが、海老沼選手の場合は減量が大詰めになると、稽古(けいこ)後帰宅して会話もままならないほど疲弊した
状態になるという。
2014年に引退するまで、自身も柔道家として世界の舞台に立ってきた香菜さん。減量の苦しさも理解しており、期間中に適した食事などの
研究も重ねてきた。海老沼選手の減量時は前菜に大盛りのサラダを食べさせてから主食を用意するなど、低カロリーで満腹にさせる工夫を施す。
食卓に並べる料理も同じメニューと量を食べ、「(自分の量より多い相手の料理を見て)もっと食べたい」という気持ちにならないように配慮している。
また、一緒に暮らす中で注意して見ているのが「表情」だという。「帰宅して表情を見れば、その日の稽古の成果がどうであったかはすぐ分かります。
普段家では私が話していることの方が多いのですが、彼が沈んで帰ってきた時は気持ちが落ち着くまで悩んでいることを話してもらい、聞き役に
徹します」。それは世界的な柔道家として、常に競技の結果が出せる強者であることが求められる宿命の中で、唯一「弱さ」をさらけ出せる
一時なのかもしれない。
思いやりを持って接し、相手にとって安らげる存在になること。香菜さんのお話は、アスリートの夫婦という枠にとどまらない、人と人が愛を
築く上で大切なことを教えてくれる。

アスリート支える妻の姿 /栃木
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k09/070/317000c

リオデジャネイロオリンピック柔道女子78キロ級代表で九重町出身の梅木真美選手が地元で開かれた激励壮行会で、活躍を誓いました。
九重町で行われた4日の壮行会には、梅木選手を応援しようと後援会や家族・友人など、およそ200人が集まりました。会では、坂本町長が
「誇りを持って戦ってきて下さい。」と激励。これを受けて、梅木選手が決意を語りました。梅木選手は、8月に開催されるリオ・オリンピックに向け
6月中旬から全日本の合宿に臨みます。

リオ五輪柔道代表の梅木真美選手が壮行会
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=06040033986&day=20160604

リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ級代表の羽賀龍之介(25=旭化成)が4日、出身道場の朝飛道場(神奈川県横浜市)で開かれた
壮行会に出席した。約100人の子供、保護者らの駆けつける大盛況の中、「(目標は)もちろん金メダル。頑張ります」と宣言。全国制覇や多くの
強豪選手を輩出する名門道場だが、これまで五輪代表選手はおらず、「五輪を意識したのは小学校5年生の時。出ている人がいなかったので、
誰も出るなと思ってました。自分が最初に出てやると思ってました」と当時を振り返った。
3月18日の稽古中に右膝内側側副靱帯(じんたい)を損傷した右膝の回復具合は順調で、「70%くらいまで上がってきた。これからペースを
上げていきたい」とリラックスした表情もみせた。昨年の世界選手権を初出場初制覇した重量級期待の星は、「子供たちに格好いい姿を見せたい」
と約2カ月後に迫る本番を見据えた。

柔道リオ代表羽賀龍之介「もちろん金」壮行会で宣言 - 柔道 : 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/news/1658257.html

リオ五輪男子柔道100キロ級代表の羽賀龍之介(25)=旭化成=が4日、中学まで稽古に励んだ横浜市の朝飛道場で行われた壮行会に出席。
3月に左膝を故障し、五輪本番まで試合に出ずに調整することを明かした。
昨年12月のグランドスラム東京以来、実戦から遠ざかっているが「五輪は他の大会とは雰囲気が違う。ほかの大会での試合勘は必要ないと思う」。
壮行会には道場に通う小中学生や保護者ら約100人が参加。小学生の男子に「柔道やっているとモテますか?」と聞かれ「オリンピックで勝てば
モテると思うので、金メダル目指して頑張ります」と笑顔で誓った。

【柔道】男子柔道100キロ級代表羽賀、リオまで試合出ず調整
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160604-OHT1T50242.html

280 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:12:24.85 ID:nValhpyn

nn

281 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:12:39.17 ID:nValhpyn

リオデジャネイロ五輪に臨む柔道男子73キロ級代表、大野将平(旭化成)の壮行会が5日、母校天理大のある奈良県天理市で開かれた。
大野は300人を超す出席者を前に「金メダルを獲得して、皆さまにお祝いしていただけるよう努力したい」と抱負を語った。
大野は2013年、15年の世界選手権を制しており、金メダルの期待が大きい。壮行会に出席した井上康生男子監督からは「出場が目標、
目的ではない。われわれは勝たなければいけない」と激励を受けた。大野は「執念を持って、攻撃的に戦う姿勢を見ていただけたらと思う。
重圧も力に変えられる」と頼もしく誓った。 

大野、金メダル誓う=柔道壮行会
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060500216

リオデジャネイロ五輪の柔道男子100キロ級代表の羽賀龍之介(25)=旭化成=が4日、出身の横浜市内の朝飛道場での壮行会に出席。
小学生の生徒ら約100人から激励を受け、気持ちを新たにした。
「うれしいですよね。元気をもらいました。リオで勝つ姿を見せられたら」
昨年の世界王者は3月中旬に左膝を負傷したが、経過は良好。「70パーセントぐらい」まで回復したという。8月の本番まで実戦は踏まないことも
明言し、「気にしていない。五輪は緊張するものだと思うので、試合勘とかあまり関係ないと思う」と覚悟を示した。
この日は約1時間半、道場の後輩らとふれあった。質問コーナーでは小学6年生の男の子から「五輪の目標」を問われ、「金メダルを目指して
頑張ります」とキッパリ。万雷の拍手を浴びていた。

羽賀、リオ五輪の壮行会で100人から激励「勝つ姿を見せられたら」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160604/jud16060421210002-n1.html

リオデジャネイロ五輪の柔道女子78キロ級に出場する梅木真美選手(21)の激励壮行会が4日、出身地の九重町文化センターであった。
町民のほか、技を磨いた熊本県の中学・高校関係者も駆けつけ、熊本地震に心を痛める梅木選手は「被災地への恩返し、励ましのためにも、
金メダルを目指し頑張ります」と決意を表明した。
同町菅原出身の梅木選手は、小学3年で柔道を始め、強豪校の熊本県・小国中や阿蘇中央高で数々の大会を制した。現在、環太平洋大4年生で、
古賀稔彦総監督(バルセロナ五輪金メダリスト)の指導を受ける。
壮行会には約250人が参加。後援会長の坂本和昭町長は「五輪出場は、ホッケー女子の岩尾幸美さん(ここのえ緑陽中教諭)以来の快挙。
被災地を元気づけ、復興へのエネルギーを与えてくれそうだ」と期待した。
二日市具正副知事は「世界の頂点を目指して」との広瀬勝貞知事のメッセージを代読。岩尾さんも「悔いを残さないよう、金メダルを」と、
生徒らから預かった激励メッセージ254通を手渡し、環太平洋大の矢野智彦監督が「(金メダルを取って)ふるさとに笑顔で帰ろう」との
古賀総監督のメッセージを読み上げた。
後援会は女子78キロ級の試合がある8月11、12日、九重文化センターでパブリックビューイングを開く。

熊本地震:「被災地へ恩返しに金」 激励会でリオ五輪柔道女子78キロ級の梅木選手が決意 九重町 /大分
http://mainichi.jp/articles/20160605/ddl/k44/040/183000c

134 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2016/06/05(日) 20:38:06.16 ID:P72QYfje [2/2]
柔道女子57キロ級・ロンドン五輪金メダリストで、リオで2連覇を狙う松本薫(28)=ベネシード=が5日、地元の石川・金沢市で行われた激励会に
出席。「今回も宣言させていただきます。目標は優勝。そして2連覇に向かって、一戦一戦向き合っていきたいと思います」とあらためて決意を示した。
野獣の目が再び見定めるのは、金メダルの一点だ。リオ前ラストマッチのマスターズ大会(メキシコ)では気合が空回り、初戦敗退に終わった。
「力が入りすぎて負けてしまった。私がやりたいのは攻めの柔道であり、力が入りすぎない柔道。リオでは全身全霊で頑張る」と誓いを立てた。
この日は、父・賢二さん(63)とも久々に談笑。普段から柔道の話はしないが、「五輪に向けてかけたい言葉もあるんだろうけど、こらえてるんだと思う」と
無言のエールをくみ取った。一方で、「料理のヒレ肉がおいしくて、父から『わしのも食べな』ってもらいました」と照れ笑い。大好物の肉と同様、
金メダルもペロリと“おかわり”する。

柔道・松本薫、激励会で金おかわり宣言
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/06/05/0009156263.shtml

282 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:13:15.71 ID:nValhpyn

sat

283 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:13:45.55 ID:nValhpyn

nnn

284 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:14:02.29 ID:nValhpyn

柔道・松本選手 「粘り強く泥臭く」
リオデジャネイロ五輪に出場する女子柔道57キロ級、松本薫選手(28)(ベネシード、金沢市出身)と女子レスリング63キロ級、
川井梨紗子選手(21)(至学館大、津幡町出身)の激励会が5日、いずれも金沢市内で行われ、両選手が決意や意気込みを語った。
激励会で松本選手は柔道関係者らを前に、「粘り強く泥臭い柔道で勝ちにいく。連覇を目指して一戦一戦頑張りたい」と力強く語った。
激励会には父賢二さん(63)も駆け付け、「必ず勝ちにいけると信じている」と期待を込めた。
レスリング・川井選手「悔しさはらす」
川井選手は準優勝で終わった昨年9月の世界選手権に触れ、「負けた悔しさをはらすために、必ず金メダルを取って帰ってきます」と
初の五輪に向けて意気込みを語った。父孝人さん(48)は「けがをしないで目標を達成できるように頑張ってほしい」と話していた。
今後、松本選手はスペインなどで合宿を行い、川井選手は愛知県の至学館大に戻り、同大などで練習して本番に備える。柔道女
子57キロ級の試合は8月8日、女子レスリング63キロ級は同18日(いずれも現地時間)に行われる。
リオ 金メダルの決意…金沢で激励会
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20160605-OYTNT50258.html

リオデジャネイロ五輪に出場する柔道女子57キロ級代表の松本薫(28)=ベネシード=の激励会が5日、故郷の金沢市内で行われた。
約半年ぶりに戻ってきた地元で、12年ロンドン五輪に続く金メダル獲得を宣言した。
正月に帰省して以来の故郷・金沢。黒のスーツであらわれた松本は集まった約80人を前に、決意の言葉を口にした。「2回目の
オリンピックがやってきました。今回も宣言させていただきます。目標は優勝。2連覇という目標に向かって1戦1戦戦っていきたい」。
2大会連続金宣言に、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。五輪前では最後となる金沢での滞在。故郷の温かさに触れた松本は
「地元で応援していただける方がたくさんいる、というのはうれしいですし、とても励みになる」と笑顔を見せた。
この日は「金沢百万石まつり2016」が行われており、東京ディズニーリゾートからミッキーマウスなどが市内をパレードした。
自身も12年ロンドン五輪後に凱旋(がいせん)パレードを経験している松本。ミッキーには残念ながら会えなかったが「(凱旋パレードは)
印象に残っています。またやりたい。でも、まずは勝つために何をすべきか、というのを見ていきたい」と改めて気合を入れ直した。
【柔道】松本、五輪V2宣言…地元・金沢での激励会で
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160605-OHT1T50150.html

2連覇の鍵は「わがまま」。リオデジャネイロ五輪柔道女子57キロ級代表の松本薫(28=ベネシード)が5日、地元の石川・金沢市で
開かれた激励会に出席した。ロンドン五輪に続く戴冠へ「わがままになる。リーダーでいなきゃとか、思わないようにする」と言い切った。
五輪代表組では最年長。金メダルの経験もある。面倒見の良い性格で若手の成長を促してきたが、「もう五輪も近い。(若手も)ベースが
できている。対等な立場に立った方が良い」と続けた。
決断は危機感から生まれた。先月下旬、五輪前哨戦のマスターズ大会(メキシコ)で初戦敗退。過度な練習での調整失敗はあったが、
もう他選手に気を回す暇はない。地元ではロンドン後に金メダルを祝うパレードが行われ、5万人が集まった。折しもこの日、会見場近くで
ディズニーパレードが開かれ、多くの人が集結。「4年前はすごい印象に残っている。やるためには勝たないと」と熱狂再現を誓った。

松本薫「わがまま」女王様だ 五輪連覇へ決意 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1658938.html

ミッキー級の凱旋パレードをもう一度。柔道のリオ五輪女子57キロ級代表の松本薫(28=ベネシード)は地元の石川県金沢市で行われた激励会に出席した。
この日は「金沢百万石まつり」でディズニーのキャラクターが市内をパレード。松本も「見たかった」と語るほど沿道は人でごった返した。
4年前のロンドン五輪後は、松本もオープンカーでパレードを行い“金メダルと野獣”には約5万人が集まったという。金沢市の山野之義市長は「4年前は
きょうのミッキーマウスに負けないたくさんの人が来てくれた」と語り、今回もその再現に期待。松本も「パレードをするためには、まずは勝たないと
いけない」と2大会連続金メダルへ気合を入れ直した。

“野獣”松本 連続金で凱旋パレード再び「勝たないと」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/06/kiji/K20160606012727740.html

285 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:14:22.77 ID:nValhpyn

リオデジャネイロ五輪の柔道女子78キロ級に出場する九重町出身の梅木真美選手(21)=環太平洋大=の激励壮行会が4日、同町の
九重文化センターであり、町民ら約250人が参加。梅木選手は「リオでは全力で戦い、古里に恩返しをしたい」と決意を語った。
壮行会では、地元後援会長を務める坂本和昭町長が「小さくても輝く町づくりを目指す九重町にとって、梅木選手は大きな誇り」とあいさつ。
ホッケー女子日本代表としてアテネ五輪から3大会連続出場した、同町・ここのえ緑陽中教諭の岩尾幸美さん(40)らが激励の言葉を掛けた
柔道着姿の梅木選手は「九重町や中学、高校時代を過ごした熊本が地震被害に苦しむ中、好きな柔道を続けられ感謝しています。五輪では被災した
人たちに夢や勇気が与えられる戦いをします」と力強く話した。
梅木選手は同町・淮園(わいえん)小時代に柔道を始め、熊本県の阿蘇中央高を経て環太平洋大に進んだ。同大では古賀稔彦総監督の指導を
受けて力をつけ、昨年カザフスタンで開かれた柔道の世界選手権で金メダルを獲得。同五輪出場も決まった。

梅木さん「リオ全力で」 五輪柔道 九重町で壮行会
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/judo/article/250108

リオデジャネイロ五輪柔道女子78キロ級の日本代表、梅木真美選手(21)(環太平洋大4年)の地元後援会による激励壮行会が4日、出身地・九重町で開かれた。
梅木選手は「古里に恩返しすることを誓います」と力強く宣誓した。
九重文化センターで開かれた会には、町内のほか梅木選手が中学、高校時代を過ごした熊本県内から計約250人が駆けつけた。
後援会長の坂本和昭町長(74)が「真美さんの活躍が震災からの復興の力になる。世界の選手と正々堂々と渡り合ってほしい」と激励。熊本県
小国町の小国中で梅木選手を指導した河津博明さん(54)も「真美なら日の丸の重圧を心地よく感じるはず。いつもの笑顔で帰ってくるのを
待っています」と語りかけた。
ホッケー女子日本代表として3大会連続で五輪に出場した、ここのえ緑陽中教諭の岩尾幸美さん(40)は生徒や教職員ら254人が書いた
メッセージを手渡し、「真美さんらしく全力で闘ってほしい」と述べた。
梅木選手は「震災には心が痛んだ。この状況で好きな柔道ができることに感謝している。オリンピックでは力を出し切り、金メダルを目指して
頑張りたい」と決意を語った。

五輪柔道女子・梅木選手、地元・九重で激励壮行会
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/sports/olympiad/20160606-OYS1T50034.html

リオ五輪で2連覇を狙う柔道女子57キロ級の松本薫(28=ベネシード)が初心を取り戻した。
5日、故郷の石川・金沢市内のホテルで激励会が開かれ、馳浩文科相(55)ら約100人が出席した。先月のワールド・マスターズ大会(メキシコ)では、
まさかの初戦敗退。リオに暗雲が垂れ込めたが、松本は「粘り強い柔道」を貫き通すことを宣言し、連覇に自信を示した。
松本にとっては原点回帰を意味する。金沢は5歳から柔道の基礎を叩き込まれた地。しかし、その拠点だった岩井柔道塾は昨年、閉塾となった。
早朝から深夜までの猛稽古、スパルタで名高い“虎の穴”は数々の伝説が卒業生の間で語り継がれている。その中で、体重30キロ台にも
かかわらず、一目置かれたのが松本だった。強靱な精神力によって習得したのは「粘り強い柔道、最後まで諦めない柔道」であ
り「それは小さいころからやっていないと身につかない」という。
リオを目前にしての帰省は若き日の風景と記憶を思い起こさせる時間にもなった。「ずっとそこで練習させていただいた。閉鎖は形だけ」。
道場の火が心の中で燃え続けることを松本は2か月後に証明する。

松本薫 故郷の金沢で初心取り戻す
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/549321/

286 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:15:17.74 ID:nValhpyn

リオデジャネイロ五輪に出場する柔道男子60キロ級の高藤直寿(23)と、同66キロ級の海老沼匡(26)が所属先のパーク24の
壮行会に出席した。
柔道部監督で、92年バルセロナ五輪78キロ級金メダリストの吉田秀彦氏は「2人そろって金メダルを取って、帰ってきてほしい。
早く俺に追いつけ!」と指令。競技初日の8月6日に登場する高藤が「男子で8年ぶりの金メダルを取るのは僕」と意気込めば、
続く7日に登場の海老沼も「高藤に刺激をもらって、しっかり金を取りたい」と誓った。

吉田秀彦監督が金指令「俺に追いつけ」
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/06/08/0009166064.shtml

リオデジャネイロ五輪に臨む柔道男子66キロ級の海老沼匡、同60キロ級の高藤直寿(ともにパーク24)が8日、東京都内で所属先の
壮行会に出席し、ともに頂点を目指す決意を示した。
4年前のロンドン五輪で銅メダルに終わった海老沼は「悔いが残らないよう一つ一つ全力で戦い、金メダルを取っていい報告をしたい」と
雪辱を誓った。日本チームの先陣を切る高藤は初の大舞台へ向け、「僕が金メダルを取れば勢いがつく。あと2カ月。やり残したことが
ないように柔道漬けで過ごす」と力を込めた。

海老沼と高藤、金メダルへ決意=柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060800853

リオデジャネイロ五輪柔道男子66キロ級の海老沼匡(26)と同60キロ級の高藤直寿(23)が8日、都内で行われた所属の「パーク24株式会社」の
壮行会に出席した。
ロンドン五輪では金メダルを期待されながら銅メダルに終わった海老沼。4年前の失敗を教訓にリオに臨むという。
「ロンドンは初五輪だったので、本当にいろいろなプレッシャーがありました。『五輪は何が起こるかわからない』と言われていましたし、
注目もされていたし…。追い込みすぎてコンディション調整もうまくいかず、疲れたまま本番を迎えましたね。今回はブレずに自分のペースを
守りながらベストな状態で試合を迎えたいです」
テーマは強気だ。試合で調子がいいときは「何が何でも優勝してやるんだ」という気持ちがあふれているという。それだけに「どんな形でも勝ちは勝ち。
とにかく勝ちにこだわりたい」と自分に言い聞かせるように語った。
一方、奔放キャラの高藤は今回初出場ながらも、あまりプレッシャーは感じていない様子。60キロ級は日程的に最初に行われるため
「ロンドン五輪で男子の金メダルがゼロだったでしょう。もし僕が金メダルを取れば8年ぶりですよね。最高っす! 取りたいっすよ!」といつもの
軽妙トークで報道陣を笑わせた。
仮に金メダルを取っても、同日に行われる女子48キロ級の方が注目を集めてしまう歴史がある。だが、高藤は「僕は代表外れたり、いろいろ
やらかしているので話題性ならあるんじゃないですか」と心配していないようだ。もちろん、そんなビッグマウスを放つのも、それを裏づけるだけの
ハードな練習をしているからだろう。
同社の社長や社員から激励の言葉を贈られた2人は、それぞれの思いを胸に表彰台の真ん中に立つつもりでいる。

リオ五輪柔道代表の海老沼と高藤 壮行会で意気込み語る
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/550797/

リオ五輪柔道女子63キロ級の田代未来(22=コマツ)が7日に都内で取材に応じ、男子選手との練習で難敵対策を進めていく考えを示した。
強豪が集結した5月のワールド・マスターズ大会(メキシコ)を連覇したものの「勝って当たり前」と笑顔はなし。金メダル争いの最大のライバル、
クラリス・アグベニュー(23=フランス)が出場していなかったからだ。
2014年世界選手権優勝のアグベニューの武器はケタ外れのパワー。組み合えば「車にひかれたんじゃないか」というほど圧倒され苦杯を
喫し続けてきたが、攻略の糸口もつかんでいる。
「寝技を極めてやっていく。世界選手権の時、負けたんですけど、寝技を取れるチャンスは試合中に何回もあった。ポイントを取られても、
一本で逆転するチャンスはそこだなと」
今では寝ても覚めても、考えるのはアグベニューのことばかり。所属の練習では遠慮がちな日体大の男子選手に「もっとアグベニューになってくれ」
とハッパをかけているという。「アグベニュー選手しか頭にない」。残り2か月、田代はライバルとの差を埋めることができるか。

女子柔道・田代 最大のライバル打倒へ男と練習やる
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/550291/

287 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:15:38.32 ID:nValhpyn

女子より男子でしょ! リオデジャネイロ五輪柔道男子60キロ級代表の高藤直寿(23)が8日、4月に入社した
パーク24の壮行会に出席。
日本代表の先陣を切る五輪本番へ「男子はロンドンで金メダルゼロ。取ればオレの方が話題になる」と声を弾ませた。
頭にあった「ライバル」は、同日に試合がある女子48キロ級。これまでの五輪では同級に君臨した谷亮子さんが中心で、
男子60キロ級は「2番手」扱いが常だったが、「チャンスですよね。(男子)8年ぶりの金は僕しか取れない。最高ですね」
とニヤリ。ダイナミックな技でならす目立ちたがり屋の高藤だけに「あとは報道の方がどれだけやってくれるか。お願いします」
と冗談交じりに期待した。話題争いにも勝つための、その勝ちっぷりにも注目だ。

高藤直寿「チャンス」女子48キロ級より話題になる - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1660376.html

リオデジャネイロ五輪柔道男子60キロ級代表の高藤直寿(23)が8日、4月に入社したパーク24の壮行会に出席。
日本代表の先陣を切る五輪本番へ「チャンスですよね。(男子)8年ぶりの金は僕しか取れない。最高ですね」とニヤリ。
小学生時代の道場、社会人で高藤の先輩となる66キロ級代表の海老沼は、後輩の言動に、「8年ぶりとか気づくのが
すごいですよね。まあ、人は人なんで」と苦笑した。12年ロンドン五輪では銅メダル。「どんな形にしろ、高藤が頑張れば
刺激になる」と力をもらう。

海老沼も意欲「高藤が頑張れば刺激になる」 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1660397.html

リオデジャネイロ五輪男子柔道60キロ級代表の高藤直寿(23)、同66キロ級代表の海老沼匡(26)が8日、
都内のパーク24本社で壮行会に参加。
この日、入社して初めて本社に来たという高藤は「柔道を仕事にさせてもらっていることに感謝したい。ロンドンでは
(男子柔道は)金メダルが取れなかったので、8年ぶりの金獲得は、初日(現地時間8月6日)に出る僕が一番チャンスが
あります」と金メダル獲得に自信。続く同7日に出場する海老沼も「高藤に続けるよう、金だけを目指していきたい」と
闘志を燃やした。

【柔道】高藤「初日に金」、海老沼「続く!」…リオ五輪代表壮行会
http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20160608-OHT1T50273.html

リオデジャネイロ五輪に出場する柔道男子60キロ級の高藤直寿(たかとうなおひさ)(下野市出身)と、66キロ級の
海老沼匡(えびぬままさし)(小山市出身)が8日夜、所属するパーク24が都内で開いた壮行会に出席、2人そろっての
金メダル獲得を誓った。
高藤は五輪初出場。開会式翌日の8月6日に、柔道日本代表の先陣を切る。小学時代に通った野木町柔道クラブの
先輩でもある海老沼とともに登壇し、「五輪の金メダルは小さい頃からの夢。先に金を取って、海老沼選手の心にさらに
火を付けたい」と宣言した。
海老沼は、銅メダルを手にした2012年ロンドン五輪に続く2大会連続出場。高藤からバトンを受ける形で、7日に登場する。
「悔いの残らないよう一つ一つ戦う。高藤とともに金メダルを取り、皆さんにいい報告をしたい」と意気込みを語った。

五輪柔道「2人で金」誓う 高藤(下野出身)、海老沼(小山出身)壮行会
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/general/news/20160609/2351360

リオデジャネイロ五輪の柔道男子代表で、60キロ級の高藤直寿(23)と66キロ級の海老沼匡(26)が7日、東京都内で
所属するパーク24の壮行会に出席。競技初日の8月6日に登場する高藤は「男子柔道8年ぶりの金は、僕しか取れない」と
前向き。海老沼は「(翌日が出番なので)高藤が頑張る姿で刺激を受ける」と、ダブル金メダルへ意欲を燃やした。

高藤、ダブル金を目指す「8年ぶりの金は僕しか取れない」/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160609/jud16060905000001-n1.html

288 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:16:15.76 ID:nValhpyn

sat

289 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:16:36.54 ID:nValhpyn

aiko

290 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:16:53.36 ID:nValhpyn

リオ五輪柔道男子66キロ級代表の海老沼匡(26)と60キロ級代表の高藤直寿(23)が8日、都内で行われた所属の「パーク24株式会社」の
壮行会に出席した。来年1月に挙式・披露宴を行う予定の海老沼は是が非でも金メダルを獲得して、愛妻や列席者に悲願成就を報告したいという。
そこで立ち上がったのがパーク24の吉田秀彦監督(46)だ。愛弟子が世界の頂点に立った暁には“笑撃プレゼント”を贈ることを本紙に明かした。
今でも振り返ってしまうロンドン五輪の苦い思い出。準決勝で敗れ、何とか3位決定戦を制したものの、銅メダルに終わった悔しさはとても忘れる
ことはできない。海老沼の口からは、この日も雪辱に燃えるセリフが飛び出した。
「ロンドンは初五輪だったので、本当にいろいろなプレッシャーがありました。『五輪は何が起こるかわからない』と言われていましたし、
注目もされていて…。追い込みすぎてコンディション調整もうまくいかず、疲れたまま本番を迎えたんです。でも、今回はブレることなく、
自分のペースを守り、ベストな状態で試合を迎えたい」
柔道人生の集大成。表彰台の真ん中に立ちたいという思いは人一倍強い。だが、金メダルを取りたいのはそれだけが理由ではないという。
海老沼本人が言う。
「来年1月に挙式するんです。国内なんですけど。でも、それも全部終わってから」
2014年12月に同じ柔道家の香菜さん(28)と入籍したものの、式を挙げなかったのはリオ五輪を控えていたから。これまで支えてくれた
愛妻のためにも、金メダルを持って式に臨みたいという夢があるのだ。海老沼は「金じゃなかったらかっこ悪いですし」。
そんな柔道思い、家庭思いの愛弟子に吉田監督も黙っていられるはずがなかった。本紙が挙式の話を振ると、覚悟を決めた表情でこう語った。
「よし、わかった! もし金メダル取ったら、オレと(パーク24コーチの)園田(隆二氏)が新郎新婦のコスプレで入場して盛り上げてやるよ。
新婦役の園田はウエディングドレス姿だ。あいつらより先にケーキを入刀してやる(笑い)」
これは夫妻にとって最高のはなむけだろう。所属チームの監督であり、バルセロナ五輪78キロ級金メダリストの吉田監督と前全日本女子監督の
園田コーチがそんな粋な演出をすれば、式は最高の盛り上がりを見せるに違いない。そばで聞いていた園田コーチは苦笑いだったが…
ひと肌脱いでくれる師匠たちの期待は発奮材料だ。
何より、2人のコスプレ姿をどうしても見たいと思う周囲も応援に一層、熱が入る? 様々な人の思いを胸に海老沼は金メダル奪取を狙う。

柔道・海老沼リオで金なら吉田氏から笑撃プレゼント
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/550957/

全国高校柔道選手権大会60キロ級を制した市川龍之介君(習志野高校2年)。中学時代は全国3位が最高成績だったが、決勝で前回王者の
古賀玄暉君(愛知・大成高校3年)を破り、自身初となる悲願の日本一を手にした。
今大会に向けて、厳しい稽古を積んできた。「自分はスタミナがなかったので、先輩方に追い込んでもらい、スタミナ強化を図ってきました」と市川君。
全体練習後に1人で走りに行くほど意識が高い。春先に全日本カデや国際大会で優勝した先輩、内田海翔君(3年)の存在も大きな刺激になった。
「粘って粘って、ポイントでも何でもいいから相手を上回る。きれいな一本は取れませんが、がむしゃらに戦う」ことを信条としている。その言葉通り、
今大会は4回戦までは全て指導による優勢勝ちで、しぶとく勝ち上がった。準決勝を鮮やかな一本勝ちで切り抜けると、自信は確信に変わったという。
決勝の相手の古賀君は、五輪金メダリスト・古賀稔彦さんの次男としても注目されている選手。それでも互角に渡り合い、残り30秒を切って
繰り出した得意の肩車で有効を奪った。「自分は全然注目されていなかったけれど、有効を取った瞬間、会場がどよめいたのが分かり、うれしくて泣き
そうになりました」
今後は選手権王者としてマークされる立場になる。しかし、「追われる立場になりますが、もっと強くなって夏のインターハイもしっかり勝ち、
選手権でも連覇を狙っていきたい」と力強く語った。

悲願の全国初優勝 千葉・習志野高校 市川龍之介君(2年)
https://www.koukouseishinbun.jp/2016/06/46034.html

291 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:17:49.86 ID:nValhpyn

nnn

292 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:18:04.33 ID:nValhpyn

4月30日に自分が何をしていたのか、原沢久喜(日本中央競馬会=JRA)には確かな記憶がないという。わずかに
思い出せるのは自室に籠もって飯も食わず、悔しさを胸に柔道について考えていたこと。それがリオデジャネイロ五輪
男子100キロ超級への出場が決まった翌日のことだった。
連覇を逃した4月の全日本選手権まで、1年間負けなしだった
全日本選手権の連覇逃し「開き直る」
晴れがましい気分になれないのも当然だろう。優勝候補筆頭として臨んだ前日の全日本選手権は準決勝で敗退。負けも
こたえたが、腰の引けた柔道をした自分が情けなかった。「大内刈りも体が逃げるように入っていた。もう一歩前に
出られなかった」
負けても五輪当確という情勢、追われる立場になって感じた重圧が雑念を生んだのか。とはいえ元来は一日寝れば
悩みも吹き飛ぶという性格。煩悶(はんもん)の末に出た結論は「もう開き直るしかない」。五輪を目指して駆け抜けてきた
この1年間のように――。
原沢の進撃が始まったのは、2015年4月の全日本。大の苦手だった王子谷剛志(旭化成)、第一人者の七戸龍(九州電力)ら
を破って初の日本一に輝いた。ただ、直後に発表された世界選手権代表リストに原沢の名はなかった。
前年の世界選手権銀メダルの七戸に評価が及ばないことは覚悟していた。が、同時に行われる団体戦に王子谷が
選ばれたことは、リオ五輪選考レースで自分が3番手であることを意味していた。失意の原沢にJRA監督の賀持道明が
言い渡す。「これが選考のスタート。ここからは全てが負けられない試合だぞ」
ここから五輪代表になるまでの1年、全日本王者は強かった。特に組み手は進境著しく「以前は適当に持てるところを
持って技を掛けたけど、相手が嫌がるところを突けるようになった。例えば背負い投げが得意な相手には(つり手で)
胸のあたりを引けば回転できなくなるとか」。
得意の内股に入る予備動作としてもバリエーションが広がった。日大時代の恩師である金野潤も成長を認める。
「組み手はロケットの発射台。いろんな角度から打てるようになれば相手にとっては嫌なものだから」
双肩に最重量級復権の重責
攻守に緻密さが加わった結果、今年4月の全日本選抜体重別まで国内外で6戦全勝。全日本の連覇を逃すまで
1年間負けなしで、王子谷も七戸も一気に追い抜いた。
下克上の男に死角があるとすれば、「チャレンジャー体質」が抜けないことか。世界ランク上位者が集った5月末の
マスターズ大会で3位に終わった際も、代表監督の井上康生から「自覚が甘い。最重量級はみんなの思いを背負うもの。
全てをかけているという姿勢が伝わってこない」と厳しく指摘されている。
失うものが何もなかったこれまでとは違い、日の丸をつけて戦う責任は重い。「まだ実感はないけど、でも国を背負って
戦うというのはすごく大きなものがある」。重圧を力に変えられるか。答えは2カ月後にリオで出る。

「3番手」から五輪切符 柔道・原沢久喜
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO03258770W6A600C1US0000/

リオデジャネイロ五輪の女子柔道70キロ級に出場する射水市出身の田知本遥選手(25)=ALSOK所属=が10日、
県庁に石井隆一知事を表敬訪問した。7位に終わった前回のロンドン五輪を振り返り、「悔しさは忘れられない。外国人選手に負けないように、
ウエートトレーニングに取り組むなど、心技体の全てが成長できた」と語った。終了後、報道陣には「柔道人生の集大成になると思う。
チャンピオンになって帰ってきたい」と力を込めた。
田知本選手は、五輪代表の最終選考会を兼ねた4月の全日本選抜体重別選手権で優勝し、2大会連続の五輪出場を決めた。
この日、石井知事に「4年前は、勢いでつかんだが、今回は自分の手と足で代表をつかみ取ったので、うれしさは大きかった」と五輪出場決定の
喜びを語った。同行した橘川謙三・県柔道連盟会長も「精神面が特に強くなった。リオでは一番高い所に日の丸を上げてくると思う」と期待を寄せた。
石井知事は「4年前より風格が出ている。体調管理に気を付けて頑張ってほしい。みんな期待している」と激励した。
田知本選手は東京都内で合宿した後、7月からスペインで外国人選手との合宿を経て、8月3日、リオデジャネイロへ向かう。

田知本遥選手:リオ五輪代表 「柔道人生の集大成に」 知事訪問
http://mainichi.jp/articles/20160611/ddl/k16/050/256000c

293 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:18:37.18 ID:nValhpyn

リオデジャネイロ五輪柔道女子52キロ級代表の中村美里(27)と同48キロ級の近藤亜美(21=ともに三井住友海上)が、五輪まで国内調整に
専念する。11日、全日本実業団体対抗が開催された宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館で、7月上旬に日本代表陣が予定しているスペインでの
国際合宿に不参加の意向を示した。
中村は5月下旬に世界ランク上位で争われたマスターズ大会(メキシコ)で優勝。得意の足技ではなく担ぎ技でも勝利を挙げ、「(12年)ロンドン五輪
ぶりです。相手が担ぎを警戒してくれれば、足技が効く。逆もあるし、どっちも効くようになる」と手応えを得た。有力外国人選手が集まるスペインに
参加しないことで、的を絞らせない。
近藤もマスターズ大会を制覇し、「精神的にいいです」と上り調子。良いイメージを持ったままで、ブラジル入りする。

中村美里&近藤亜美、五輪まで国内調整に専念 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1661968.html

柔道の全日本実業団体対抗第1日は11日に行われ、体重別5人制で争う女子1部で、三井住友海上が2年連続7度目の優勝を果たした。
中村、近藤のリオ五輪代表組は出場しなかったが、平均年齢20・1歳の若手が躍動。柳沢久監督(68)の「自分たちがいるとアピールしろ」のげきに
応え、4チームで争われたリーグ戦を3勝0敗で制した。4月には新人5人が入社。同監督は「中村、近藤を目指して強くなってほしい」と期待した。

三井住友海上V2 全日本実業団対抗 - 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1661970.html


リオデジャネイロオリンピックの、柔道男子100キロを超えるクラスの代表の原沢久喜選手が、オリンピック前最後の実戦となる
実業団の大会に出場し、チームを日本一に導きました。
原沢選手は、宮崎市で開かれた体重無差別で実業団の団体日本一を決める大会に、所属する日本中央競馬会のメンバーとして出場しました。
原沢選手は、大会前から気管支炎に苦しみ、十分な練習を積めなかったということですが、初戦の準々決勝と準決勝はいずれも同じ階級の
相手に豪快に一本勝ちしました。
決勝は、大会4連覇中の旭化成の対戦となり、原沢選手は、引き分け以上でチームの勝ちが決まる副将戦に登場しました。
相手は90キロ級の垣田恭平選手で、原沢選手は、技のポイントは奪えませんでしたが、落ち着いた試合運びで引き分けに持ち込み、チームの
7年ぶりの優勝を決めました。
原沢選手は、これが8月のオリンピック前の最後の実戦で、「最初の2試合は息が上がったが、決勝は気持ちが出ていたので気にならなかった。
あと2か月、しっかり練習で追い込んで万全の状態でオリンピックに挑みたい」と話していました。
大会を視察した日本代表男子の井上康生監督は「これからどれだけ練習を積んでいけるかが大事」と話しました。
原沢選手は、初めてのオリンピックで金メダルを目指し、13日から宮崎県延岡市で開かれる代表合宿に参加します。

柔道・原沢 五輪前最後の実戦で活躍
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160612/k10010554001000.html

柔道の全日本実業団体対抗大会最終日は12日、宮崎・KIRISHIMAツワブキ武道館で行われ、体重無差別5人制で争う男子1部の決勝で、
日本中央競馬会が旭化成Aを2-1で破り、7年ぶり3度目の優勝を果たした。旭化成は5連覇を逃した。
決勝は日本中央競馬会が2連勝した後、副将を務めたリオデジャネイロ五輪100キロ超級代表の原沢久喜が引き分けるなどしてリードを守った。

日本中央競馬会が優勝=全日本実業柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061200093

体重無差別5人制で争う男子1部は、リオデジャネイロ五輪100キロ超級代表の原沢久喜を擁する日本中央競馬会が7年ぶり
3度目の優勝を遂げた。決勝で4連覇中の旭化成Aを2-1で破った。
原沢は初戦の2回戦から3試合全てに出場し、2勝1引き分けで貢献した。旭化成Aは100キロ級の羽賀龍之介らリオ五輪代表3人が
出場を見送った。パーク24Aと新日鉄住金Aが3位。
男子2部は東芝A、女子2部は了徳寺学園が制した。

原沢擁する日本中央競馬会が7年ぶり3度目V 柔道
http://www.nikkansports.com/sports/news/1662206.html

294 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:19:09.39 ID:nValhpyn

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表が15日、宮崎県延岡市での強化合宿を報道陣に公開し、66キロ級の海老沼匡(パーク24)らが
実戦を想定した激しい稽古を披露した。90キロ級のベイカー茉秋(東海大)は学生の大会に備え不参加。
昨年、世界選手権を初制覇した81キロ級の22歳、永瀬貴規(旭化成)は「けがもなく順調」と好調をアピール。長い手足を生かした攻守の
バランスの良さで、金メダル候補に挙げられる。「五輪は未知の世界だが、自分の力を出し切れれば勝てる」と自信をのぞかせた。
本格的な国内強化合宿は今回が最後。

柔道、22歳永瀬が好調アピール 男子代表が強化合宿
http://this.kiji.is/115724443070055924?c=49769094296027144

リオデジャネイロ五輪の柔道男子日本代表が15日、宮崎県延岡市での強化合宿を報道陣に公開し、井上監督が就任後、宮崎県延岡市での
合宿開催は2013年、15年に続き3度目。過去2度は世界選手権が迫る8月上旬だった。過酷な減量がある男子66キロ級の海老沼は地鶏など
地元の名産を堪能できなかった。
だが今回は味わう余裕があり「延岡はいつも試合が近い時期だから早めてくださいとお願いした」と冗談めかす海老沼。井上監督は
「チョウザメや牛肉、豚肉など、いただいた差し入れを何も食べられませんと言うから、あいつのために合宿を早めた」と笑っていた。

井上監督「あいつのために合宿早めた」海老沼、地元の名産を堪能/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160615/jud16061518570001-n1.html

柔道男子のリオデジャネイロ五輪代表が15日、強化合宿を行っている宮崎県延岡市で練習を公開し、66キロ級代表でロンドン五輪銅メダリストの
海老沼匡(パーク24)らが乱取りや実戦を想定した稽古に精力的に取り組んだ。
2度目の五輪で金メダルを狙う海老沼は「やっと雪辱の時が来た。不安は全くない。自分のペースで自然体で臨みたい」と闘志を示した。81キロ級の
永瀬貴規(旭化成)は「持っている力を出し切れば優勝できると思う。最後まで諦めない姿を見せる」と力強く話し、3月に痛めた左膝がほぼ癒えた
100キロ級の羽賀龍之介(同)は「五輪まで一日も無駄にしない」と決意を込めた。
この合宿で「五輪に魔物はいない」と代表選手に説いたという井上康生監督は「やるべきことをやった強いやつが勝つ。練習の質、量とも6月は
非常に大事な時期になる」と気を引き締めた。

海老沼「雪辱の時が来た」=男子五輪代表が合宿公開-柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061500591

柔道男子のリオデジャネイロ五輪代表が15日、宮崎県延岡市で強化合宿を公開し、けがで調整が遅れていた100キロ級代表の羽賀龍之介
(旭化成)が順調な回復ぶりを見せた。
3月に左膝を痛めたが、乱取りでは得意の内股で何度も相手を投げ飛ばし、全日本男子の井上康生監督は「100%に近い状態」と評価。
羽賀は「本番まで1日も無駄にはできない」と気を引き締めた。

100キロ級代表の羽賀龍之介、順調な回復ぶり
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/martialarts/judo/20160615-OYT1T50156.html

柔道男子60キロ級で96年アトランタ、00年シドニー、04年アテネ五輪で3連覇を達成した野村忠宏氏(41)が15日、
宮崎県延岡市で行われている全日本男子強化合宿でリオデジャネイロ五輪代表らに講演した。
「自慢だけど、五輪で負けたことがない自分が話をさせてもらう」とドヤ顔をさく裂させつつ「五輪に魔物はいない。ただ、
五輪と世界選手権は確実に違う。120%を期待するんじゃなく、70~80%の力で勝つ準備をするのが正解」と、自身の
経験を交えて熱弁を振るった。
講演を依頼したのは井上康生監督。66キロ級の海老沼を除いて、7階級中6階級が五輪初出場だけに「五輪に3回優勝している方ですし、
五輪に向かうピーキングの仕方は独特なものを持っていた。技術的なものというより、精神的なものを」と、意図を説明した。

野村忠宏氏が“金獲り”の心得指南
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/06/15/0009189124.shtml

295 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:19:51.16 ID:nValhpyn

リオ五輪の柔道女子日本代表が17日、都内で合宿を公開。48キロ級代表の近藤亜美(21)=三井住友海上=は、練習中に
所属の貝山仁美コーチ(38)と口げんかをしながらも「特別な階級である48キロ級にこだわって金メダルを取ることに意味がある」
と責任感をにじませた。
報道陣の目の前で30分以上も説教された近藤は「しょっちゅうケンカする。(内容は)シークレット」と苦笑した。貝山コーチは
「調子が悪くても、きつい合宿を乗り越えなくてはならない」と諭したという。
元々マイペース。「嫌なことランキングの上位3つ」は〈1〉ウェートトレーニング〈2〉計画的な減量〈3〉乱取りの本数をこなす―
だった。14年8月に19歳で世界選手権同級V。15年は結果を残せず、改心した。「腕が太くなって服がピチピチになるのが
嫌だった」と避けてきたウェートトレで組み手の力がアップ。同級では04年アテネ大会の谷亮子以来の金メダルを目指す。

【柔道】女子48キロ近藤、コーチとケンカも「金を取ることに意味がある」
http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20160617-OHT1T50206.html

金メダル候補が“泣きベソ合宿”で本番に備える。柔道日本女子のリオ五輪代表は都内で合宿を公開。五輪初出場となる女子
48キロ級の近藤亜美(21=三井住友海上)は「五輪代表なら当たり前かもしれないけど自分にはきつい」とハードな練習にギブアップ寸前だ。
「お母さんみたい」という貝山仁美コーチから「やり切れ!」と背中を押されても反抗。ところが切り替えの早い21歳はすぐ仲直り。
「親子げんかみたいなものと思ってもらえれば」とあっけらかんと語った。

48キロ級の近藤“泣きベソ合宿”「自分にはきつい」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/18/kiji/K20160618012803540.html

開幕まで50日を切った、リオオリンピック。
柔道女子日本代表が強化合宿を公開した。
その中で、外国人選手に果敢に挑むのは、48kg級代表の近藤亜美選手(21)。
リオオリンピックで、柔道勢最初に登場する近藤選手は、初の大舞台に、気合十分だった。
近藤選手は「(自分が)勢いをつけることはわかっているので、しっかり金メダルを目指して、戦っていきたいと思います」と話した。

柔道女子代表強化合宿...
http://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00327989.html

リオデジャネイロオリンピックまで50日をきりました。
今回は県内からもメダル獲得が注目されていますがそのメダルの期待が高まる射水市出身で女子柔道日本代表の
田知本遥(たちもと・はるか)選手が17日東京で練習を公開しました。
2か月後の本番へ調整は万全のようです。
「およそ2か月後の本番へ向け柔道の女子日本代表が合宿を行っています。田知本選手は合宿終盤の疲れも見せず、
切れのある動きを披露しています」(京極記者)
東京で女子柔道の日本(にっぽん)代表の合宿が行われています。
17日は午後4時から2時間練習が公開されました。
今回の合宿は、オリンピックに向けた実戦的な追い込みをすることが目的で、70キロ級で金メダルを目指す田知本遥選手も
乱取りで切れのある技を連発していました。
競技人生の集大成と位置づけるリオオリンピックへ向け、調整は順調なようです。

女子柔道田知本選手 リオ五輪に向け強化合宿公開
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20160617174028

柔道女子52キロ級で3大会連続五輪の中村美里(27)=三井住友海上=が17日、都内で取材に応じた。08年北京は銅メダル、
12年ロンドンは初戦敗退に終わった。左膝の手術を経て、雪辱を期すリオ本番へ「悔しさを晴らせるように、心の底から笑えるよう
に頑張りたい」と悲願の金メダルを誓った。
また、48キロ級代表で同じ所属先の近藤亜美(21)には「(近藤の試合は)初日なので、金メダルを取ってもらって(2日目の)
自分も続きたい」と中村。先輩後輩による“開幕連続金メダル”を予告した。

柔道女子 中村美里“開幕連続金”獲る
http://www.daily.co.jp/general/2016/06/18/0009196995.shtml

296 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:20:54.10 ID:nValhpyn

nnn

297 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:21:15.02 ID:nValhpyn

sat

298 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:21:38.96 ID:nValhpyn

リオデジャネイロ五輪の柔道女子日本代表が17日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を報道陣に
公開し、2連覇を狙う57キロ級の松本薫(ベネシード)や3大会連続代表となる52キロ級の中村美里(三井住友海上)ら7選手全員が
激しい乱取りなどを披露した。
27歳の中村は5月のマスターズ大会を、得意の足技に投げ技を交えて難なく制した。「今回は五輪前最後の追い込みと覚悟を
決めて臨んでいる」と気合十分。世界選手権は3度制したが、過去2度の五輪は3位、初戦敗退と頂点に届かない。「五輪の
金メダルだけを取っていない。取れば心の底から笑えると思う」と決意をにじませた。
日本女子の南條充寿監督は金メダル3個以上獲得を宣言。一方で「五輪は別物。ここに懸ける外国人の意気込みは全く違う」と
危機感も示した。

柔道リオ代表、強化合宿を公開 中村「最後の追い込み」
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50636_X10C16A6000000/

リオデジャネイロ五輪の柔道女子代表が17日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの合宿練習を公開した。
国内で代表7人がそろた合同合宿は、今回が最後。「体力的に追い込むのが目的」と南條充寿監督がいうように、選手たちは
疲れがピークに達している中、通常の乱取り5分12本、その後のゴールデンスコア方式での乱取り、投げ込みなどで、しっかり
汗を流した。
52キロ級世界女王の中村美里(27)=三井住友海上=は「コンディションは、どちらかといえばいい方」と、控えめに自信を表した。
昨夏の世界選手権(カザフスタン)で優勝して以来、12月のグランドスラム東京、先月下旬のマスターズ・メキシコ大会まで、
国際大会で負けなし。メキシコでは、これまであまり見せなかった背負い投げや袖釣り込み腰などの担ぎ技を多用した。「
絶対に担ぎ技を出そうと思っていたわけけじゃないけど、いろいろ動けて(自然に)技を出せた」という。
得意技は小外刈りなど足技だが、「最近は警戒されて、あまり効かなくなっていた」。それが担ぎ技を織り込むことで、
足技の効果も上がった。「外国の選手に、担ぎ技もあると見せられた。(五輪前の)いいタイミングで出せた」と胸を張る。
2012年のロンドン五輪後、左膝前十字靱帯(じんたい)の再建手術を行い、復帰まで1年3カ月を要した。「それまで
柔道しかやってなかったけれど、柔道をできるありがたさを感じられるようになった」。リハビリ期間中に、同じようにリハビリする
他競技の選手とも交流。「いろんなことに興味を持ち、成長できたと思う」
階級を上げたばかりで何も分からないまま臨んで銅メダルを獲得した08年北京五輪、金メダルを目指してピリピリした状態で臨み、初戦敗退した
ロンドン五輪の前と比べ、「今は落ち着いた気持ちで臨める。これまでの思いや経験をぶつけて金メダルを取りたい」。気負いのない
表情で話した。

中村、自然体で金メダルに挑む 女子代表が合宿公開/柔道
http://www.sanspo.com/sports/news/20160617/jud16061718590002-n1.html


柔道女子78キロ超級のリオデジャネイロ五輪代表・山部佳苗(25)=ミキハウス=が18日、都内で取材に応じた。夢にまで見た大一番に向けて、
「やるからには金メダルを取りたい」と全力で狙い打ち宣言。残り2カ月を切ったが、「2カ月あればまだ成長できると思う」とポジティブに意気込んだ。
女子最重量級代表は“5色のニンジン”をぶら下げてリオに臨む!!金メダルを取った時のご褒美を聞かれた山部は、照れながら「ももクロ(
ももいろクローバーZ)に会いたいです」と告白。大学時代からのファンで、「小さい体でいつも全力で勇気づけられる」と試合前にも曲を聴き、
ライブDVDを見ては刺激を受けている。
スポーツ界のモノノフ(ももクロのファン)では、ヤンキースの田中将大投手や、昨季トリプルスリーを達成した柳田悠岐外野手(ソフトバンク)ら、
偉業を達成した選手も多い。
「好きな曲はマー君の入場曲だった『My dear fellow』です」と山部。憧れの5人組に会うためにも金メダルをゲットし、世界最強のモノノフを
襲名する。

柔道・山部、リオ金でももクロに会う!
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/06/18/0009199497.shtml

299 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:22:07.67 ID:nValhpyn

リオ五輪の柔道女子52キロ級代表の中村美里(27=三井住友海上)が男子との出稽古で直前調整を行う。23日は
都内で行われた15年度JOCスポーツ賞表彰式に、体操男子日本代表らと出席。リオ本番に向け7月にスペインで行われる
国際合宿には参加せず、東京・修徳高に数日間、出稽古する意向を示した。
「男子の中高生は、力や硬さが外国人に似ている。日本の女子はクネクネして柔らかすぎる」と外国人対策の一環であることを明かした。
女王に返り咲いた昨年の世界選手権や5月のマスターズ大会前にも行った恒例練習で万全の状態を整える。

美里 直前調整は男子高校生と「力や硬さ外国人に似ている」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/24/kiji/K20160624012838650.html

柔道で史上初となる五輪3連覇を果たしている野村忠宏氏(41)が23日、東京中央区で「夢を形に!チャレンジ力」というテーマで行った講演会で
参加者の質問に答え、2か月後に迫ったリオ五輪では、「男子3個、女子を合わせて5、6個の金メダルが取れる」と展望を語った。
「五輪で日本の柔道はメダルを取って当たり前という競技だったが、ロンドン五輪では、篠原監督の元、史上初めて男子は金メダルゼロという結果に
終わった。その後、井上康生が監督となり改革に取り組み、強くなっている。篠原先輩がダメだと言っているわけではなく(笑)、いいものを引き継ぎ、
改革が進んでいる。メダル予想というよりも期待だが、男子は金メダルが3つ。全階級においてメダルに絡めると思う。女子も勝てる。男子と合わせて
5、6個の金メダルが取れると思う」
野村氏は、男子3つの金メダルについて、具体的な名前は挙げなかったが、おそらくロンドン五輪銅メダリストで、世界選手権3連覇を果たしている
66キロ級の海老沼匡(26、パーク24)、天理大の後輩でそのセンスを買っている2013年、2015年の73キロ級の世界王者、大野将平(24、旭化成)、
2015年の世界選手権を勝った81キロ級の永瀬貴規(22、旭化成)、野村氏が3つの金メダルと獲得したのと同じ階級である60キロ級の
高藤直寿(23、パーク24)らに期待を寄せていると考えられる。
男子の井上康生監督も、最終代表選考を兼ねた選抜体重別が終わった後に「今大会を優勝した永瀬と大野を中心に前回は取れなかった
金メダルを目指したい」と、大野、永瀬の名前を挙げていた。
女子については、48kキロ級の近藤亜美(21、三井住友海上火災)、52キロ級の中村美里(27、三井住友海上火災)、ロンドン五輪で男女合わせて
唯一の金メダルを獲得した57キロ級の松本薫(28、ベネシード)の連覇に期待しているのだろう。
山下泰裕強化委員長は、「男女合わせて4個、できれば6個の金メダルを取りたい」と金メダル目標を設定しているが、野村氏の予想、期待も、
そのチームの目標に沿うものとなった。
だが、野村氏は、3度の金メダル獲得者だからこそ口にできる警鐘も忘れていなかった。
「今回は、五輪初出場の選手が多い。世界チャンピオンはいるが、毎年行われるようになった世界選手権と4年に一度のオリンピックでは大きく違う。4年
に一度の舞台で勝つには特別な力が必要になってくる。その特別な力がなければ、金メダルが5つ、6つから減るかもしれない。それでも3つ、4つは
取って欲しいと思う」
先日、野村氏は、井上監督から要請を受け、男子のリオ五輪代表の宮崎合宿を訪れて特別講演を行い、五輪心得を説いた。「世界選手権と五輪は
違うもの。いくら自分がいつも通りにやろうと思っても、周りがそうさせてくれない。誇りと喜びを感じて、強い心を持って戦ってもらいたい」と訴えかけた。
4年に一度の五輪は、特別な舞台。2015年の世界選手権(アシタナ)では、男子3つ、女子3つの金メダルを獲得して、復活の兆しの出てきた伝統ある
日本の柔道だが、決して油断はできないのである。
また野村氏は、リオ五輪全体での注目選手として、五輪4連覇を狙う女子レスリングの吉田沙保里(33、フリー)、伊調馨(32、ALSOK)の2人の
名前を挙げた。
「五輪で4連覇を果たしたのは、カール・ルイスを含めて2人だけ。おそらく2人共に4連覇を果たすと思う。目の前でその瞬間を見たときに、どんな
感情を抱くのか。それが楽しみ」

五輪V3の野村氏がリオ五輪柔道の金メダル個数を「5、6個」と予想
https://thepage.jp/detail/20160624-00000001-wordleafs

300 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:22:32.86 ID:nValhpyn

団体戦で争う柔道の全日本学生優勝大会第1日は25日、東京・日本武道館で行われ、女子5人制は山梨学院大が初の3連覇を遂げ、
最多の優勝回数を7に伸ばした。決勝は出口クリスタらが活躍し、環太平洋大に2―1で勝った。リオデジャネイロ五輪78キロ級代表の
環太平洋大、梅木真美は左膝痛などにより欠場。淑徳大と帝京大が3位だった。
女子3人制は早大が桐蔭横浜大との決勝を1―0で制して初優勝した。
体重無差別の7人制で争う男子は昨年3位の日大、国士舘大などが1回戦を突破。昨年優勝の筑波大は26日の2回戦から登場する。

柔道、山梨学院大が初の3連覇 全日本学生優勝大会
http://this.kiji.is/119403607158538243?c=39546741839462401

柔道団体戦で大学日本一を争う男子第65回、女子第25回の全日本学生優勝大会(全日本学生柔道連盟、毎日新聞社主催)が25日、
東京・日本武道館で開幕し、女子5人制は山梨学院大が決勝で環太平洋大に2?1で競り勝ち、3年連続7回目の優勝を遂げた。女子の
3連覇は大会史上初めて。同3人制は、早大が決勝で桐蔭横浜大に1?0で競り勝ち、早大として男女通じて初優勝した。男子(7人制)は
1回戦のみが行われ、関西王者の天理大などが勝ち上がった。最終日の26日は、男子の2回戦から決勝があり、2連覇を狙う筑波大、
2年ぶりの王座奪還を期す東海大は2回戦から登場する。
創部17年目の偉業
女子で大会初の3連覇を決めた瞬間、畳に選手たちの歓喜が響いた。創部17年目での偉業。創部当初から率いてきた山部伸敏監督は
インタビューを受け、「学生たちが頑張った。おめでとう」と38人の部員をたたえた。
環太平洋大との決勝に挑んだ5人に4年生はいない。1?1に追いつかれて畳に向かった新添はまだ19歳だ。だが物おじすることなく、
170センチの長身から内股を繰り出し、一本勝ち。この日、4戦出場して全て一本勝ちを収めた大器の一撃で流れを呼び戻した。
主将の長内が継続的な肩の痛みでメンバーを外れる中、若い選手たちが支えるあたりが層の厚さを物語る。「主将が一番悔しかったと思う」と新添。
乱取り中心の猛げいこで培った技と体力で先輩の悔しさまで背負った。
国士舘大や帝京大、東海大などの強豪を追いかけ、描いてきた歴史。8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪には、部から初めて五輪に
卒業生を送り出す。78キロ超級代表の山部佳苗(ミキハウス)と、57キロ級台湾代表の連珍羚(コマツ)。常勝軍団へと羽ばたこうとしている。

柔道:山梨学院大3連覇…女子5人制 全日本学生優勝
http://mainichi.jp/articles/20160626/k00/00m/050/035000c

全日本学生柔道優勝大会第1日は25日、東京・日本武道館で行われ、女子5人制(体重別)は山梨学院大が決勝で環太平洋大を2-1で下し、
3年連続7度目の優勝を果たした。3連覇は女子では初めて。
女子3人制(体重無差別)は早大が決勝で桐蔭横浜大に1-0で勝ち、初優勝を果たした。
男子(体重無差別7人制)は1回戦が行われ、天理大、国士舘大などが26日の2回戦に進んだ。連覇を狙う筑波大、東海大などは2回戦から登場する。

山梨学院大が女子3連覇=全日本学生柔道
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062500249

25日に東京・日本武道館で行われた柔道の全日本学生優勝大会で、国内大会として初めてカラー柔道着が使用された。審判や観客が
見やすいよう片方の選手が青色柔道着を着用する制度は1997年に国際連盟が導入を決め、五輪や世界選手権などで定着。日本でも
国際大会では白と青の柔道着の選手が対戦してきたが、国内大会は伝統を重んじて白だけで争われていた。
全日本学生連盟は24日の理事会で導入を決定。同日で会長を勇退した佐藤宣践理事は「一目で分かる利点があり、世界の雰囲気を学生全員で
味わえる」と説明し、43歳の若さで新会長に就任した帝京大の冲永佳史学長は「日本の伝統を引き継ぎつつ、世界の流れを共有しなければならない」
と述べた。学生連盟は主催する3大会でカラー柔道着を使う。

国内大会初のカラー柔道着、学生連盟が導入決める
http://www.sanspo.com/sports/news/20160625/jud16062518020001-n1.html

301 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:24:02.03 ID:nValhpyn

nnn

302 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:24:41.15 ID:nValhpyn

sat

303 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:24:57.70 ID:nValhpyn

ai

304 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:25:19.80 ID:nValhpyn

at

305 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:25:58.34 ID:nValhpyn

s

306 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:26:11.89 ID:nValhpyn

a

307 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:26:34.67 ID:nValhpyn

nn

308 名無しさん@お腹いっぱい。
2017/12/12(火) 17:26:51.64 ID:nValhpyn

リオ五輪柔道女子48キロ級代表の近藤亜美(21)、同52キロ級代表の中村美里(27)がダブル金メダルで柳沢久監督(68)に
最高の花道を用意する。
4日、都内で所属の三井住友海上の壮行会が行われた。五輪初出場の近藤は「精神一到」、3度目の中村は「自然体」と決意を
語り、200人の社員の前で金メダル獲得を誓った。負けられない理由は個人のためだけではない。
壇上、柳沢監督が「ロンドンの先は考えていなかった」と話し、前回のロンドン五輪を最後に勇退する考えがあったことを
明らかにした。ロンドンで三井住友海上は当時ともに世界ランク1位だった中村と63キロ級の上野順恵(33)を派遣。ダブル
金メダルの瞬間が区切りになるはずだった。
しかし、結果は上野が銅メダルで中村はまさかの初戦敗退…。計画は頓挫した。五輪後、女子柔道界が暴力スキャンダルに
見舞われたこともあり、柳沢監督は「非常に不愉快。このままじゃいけないと思ってもう一度、監督をやろう」と翻意を余儀なくされた。
この4年間で女子柔道界の再興に尽力。やり残した“最後のピース”があるとすれば、リオでの金メダルということになる。
責任感にかられる中村は「『辞めたい』と言っていたのは知っていた。今回は近藤と2人で金メダルを取って先生を喜ばせたい」と
リベンジを強く約束。2つの金メダルが恩師への最高の恩返しとなる。

リオ五輪女子柔道コンビが狙う「恩師の花道」
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/561792/

リオデジャネイロ五輪女子48キロ級代表の近藤亜美(21)、52キロ級代表の中村美里(27)が4日、都内で行われた
三井住友海上の壮行会に出席した。
社員200人の歓迎を受け、チアリーダーとともにノリノリのパフォーマンスを披露。レゴを使った似顔絵付きのメッセージブロックも
飾られ、最後まで大盛り上がりとなった。
ステージに上がった2人は日の丸にそれぞれの決意を記入。五輪初出場の近藤は「精神一到」と書き「何ごとも心に誓って
当たれば成し遂げられる。優勝すると誓ったのでできないことはない」と力強く宣言した。
一方、3度目の五輪となる中村は「自然体」をテーマに掲げた。「私らしく自然体で戦おうと思っています。どんな状況でも
金メダルが取れるように頑張ります」と初戦敗退に終わったロンドン五輪の雪辱を誓った。
2人はスペイン国際合宿に参加している他の代表組とは別行動で、国内で最終調整を行い、リオに向かう。

リオ五輪柔道女子・中村美里「自然体」でロンドンの雪辱誓う
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/561685/

1 2 3 4 最新200 全部見る 


人気スレッド

1006: 【バーチャルYoutuber】にじさんじ有ンチスレ14076【森中はよ引退しろ寄生虫奇形ブス】 (987)
164: ポケモン剣盾シングルダブルマルチレイド雑談 (984)
1745: 【大阪】「給食まずい」「残して腹が減る」中学生から市長に手紙…メニュー改善、おかわり続出 ★3 (939)
964: 蜷川実花×AKB48G TGC出演権獲得イベント開催キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!【SHOWROOM】【2
970: 【本スレ】SKE48★18099【本スレ】 (914)
1004: 【春場ねぎ】五等分の花嫁 ネタバレスレ 209等分目 (903)
1005: 【mobage】アイドルマスターシンデレラガールズ26846人目 (887)
979: 阪神競馬 5回 4日目 (883)
1773: 【神奈川県庁】ハードディスク流出「親の治療費必要だった」逮捕の元社員 (855)
2909: ☆はい泥カス逝ったーw 地下売上議論24187★ (846)
55: 真相解明!ピラミッドの正体〜鍵はツタンカーメンと太陽の船〜★2 (834)
1759: 【出生数過去最少】90万人割れ確実に ★11 (830)
1741: 【LIVE】リメンバー・パールハーバー78周年記念式典 米国軍 ★3 (823)
985: 【バーチャルYouTuber】有閑喫茶あにまーれアンチスレ832【774inc.】 (795)
953: 【ガンダム】ジオン残党多すぎ問題 「結束して一斉蜂起すればいいのに」という声もあるが…… (794)
936: オフ大会総合スレpart.281※転載厳禁 (793)
616: 【FEH】ファイアーエムブレムヒーローズpart5156 (787)
48: JTゴルフ日本シリーズ (785)
68: ちびまる子ちゃん ⇒ サザエさん 【フジテレビアニメ夜の部】 5 (766)
1754: 【不審者情報】全裸の男出没! ラフな格好をした30〜40歳くらいの小太りメガネな男 (753)
974: NGT48山口真帆さんが配信にて『殺されてたら…』 運営はメンバー関与を認めるも、被害者が謝罪★1748 (7
1002: レシステンシア強すぎワロタwwwwww (739)
2743: 中田翔がモーニング娘。ライブにキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!! (738)
1028: 【実況】THE MANZAI2019マスターズ (722)
924: ディープインパクト 〜The 580th impact〜 (691)
1762: 【止まらぬ「セルコリア】韓国経済にレッドアラームが点滅し始めた! 文在寅が迎える「最悪のクリスマス」… (6
997: 阪神ジュベナイルフィリーズ 反省会 (669)
1755: 【クソ仕事】社内資料のパワポは禁止すべき 時間の無駄 ★5 (643)
619: 【デレステ】スターライトステージ★11148 (641)
981: 地方競馬6494 (628)
57: ザ・ノンフィクション 「ぼけますから、よろしくお願いします。〜特別編〜」★4 反省会 (613)
619: 【アズレン】アズールレーン Part4461 (603)
998: AKB48×SHOWROOM ★1680 (582)
65: 「みをつくし料理帖」総集編 ★2 (577)
1007: 毎日エゴサするみ○さん (574)
914: 【ワイドナショー】松本人志「読解力のない人に言われた」大喜利導入ツイート否定の声に (571)
8: 【LINE】2019年『LINE』検索ワードランキングが発表 女性は全世代通してBTSがトップ (560)
951: 「平日に園児の歌声がうるせーんだよ!死ねや!」50分間クレームの電話をした37歳無職男を逮捕 (559)
1733: 【環境】長野県「気候非常事態宣言」を発表 (553)
1593: Fate/GOスレ (552)
2796: 【画像】JRの新型ホームドア、ガチで凄すぎる 世界よ、これが日本の技術力だ [166962459] (5
58: 相葉マナブ 誰? (541)
77: 【マターリ】THE MANZAI 2019 マスターズ★6 (537)
986: 【NJPW】新日本プロレスワールド part.678 (536)
64: 【マターリ】ちびまる子ちゃん→サザエさん【sage】 (531)
1096: 【自信】今週の鉄板レース2941【確信】 (530)
1792: 【社会】壮絶…日本で外国人の子供が「ギャング化」その厳しすぎる現実 社会から見捨てられた結果… (519)
1758: 【殺意を覚えるほどうるさい】保育園に電話かけた男(37)逮捕 ★6 (517)
21: 藤田菜七子JRA重賞初制覇!!!!!! (512)
991: 【かっさん】加藤純一ID無しスレpart3099【バカマカオ】 (506)
2813: BABYMETAL ★6329 (492)
62: ポツンと一軒家 島根県と岩手県で発見! ★2 (491)
984: 海外競馬@12/8(日)ロンジン香港国際競走 3 (485)
978: 中山競馬 5回 4日目 藤田菜七子初重賞制覇 (467)
903: 【バレーボール】木村沙織“ド派手な化粧”で容姿が激変!「完全に楠田えり子やん」 (467)
1605: 【中曽根首相に学ぶ戦後史】日曜夜にクイズスレ【→パラレル東京】 (459)
1781: 【COP25】グレタ・トゥンベリ「指導者の裏切り許さない」 (459)
1166: アドマイヤマーズ強すぎワロタ (454)
981: 【音楽】スピッツまさかの『紅白』辞退で“メンツ丸潰れ”NHKが横暴処分!? (452)
615: 【ミリシタ】アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ Part2729 (446)
1006: リアアメリア川田しょうがwwwwwwwwwwwwwwww (444)
56: 所さんお届けモノです! (441)
952: グローリーヴェイズ強すぎワロタ (437)
1314: コパノキッキング コンビ解消発表 (433)
983: 【芸能】AKB峯岸みなみ卒業発表! 降格経て…1期生ゼロに (419)
64: 【エロ目線】フィギュアスケートグランプリファイナル2019 女子フリー・エキシビション ★1 (414)
1764: 【乗り物】満員電車のカバン、どう持てばいいの? 逆転の発想が生んだ「秘策」 (413)
1761: 【NHK】総務省にネット業務縮小を回答 (412)
948: 【歌舞伎】開幕から3日…尾上菊之助が歌舞伎「風の谷のナウシカ」で負傷、8日夜の部中止 (402)
933: 日本企業「なぜ外国人はすぐ辞めてしまうのか?」 (401)
1787: 「北朝鮮の港に近づいたら先に北送された先輩が『降りるな、帰れ』と叫び声」 (395)
916: 【サッカー】J1参入プレーオフ2回戦 徳島が山形破りPO決定戦に進出! (392)
2880: 【悲報】皇族の佳子さま(24)、完全に熟女マダム化されあそばされになる [454032396] (391
1222: 【反省会】香港国際競走2019 (390)
1902: Fate/GOスレ (363)
58: 競馬BEAT (357)
69: セックスするときに脇舐めるのまじでやめてほしい (352)
2762: 浅田真央応援スレpart8826 (352)
1223: ウィンブライト強すぎワロタwww (352)
984: 【サッカー】Jリーグベストイレブンが決定。FC東京から最多6人、マリノスから4人+イニエスタ! (350)
944: 【ゴルフ】石川遼が史上最年少で賞金10億円突破、PO制しV (349)
963: 【業界】SEGAのモデリングについて語るスレ【最悪】 (348)
992: 【Twitch】PUBG総合スレ part.268【Youtube】 (335)
942: 【将棋】スピッツ大好き・藤井聡太七段のフェイバリットアルバム判明 長考の末に挙げたのは? (334)
1739: 【新島襄】京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に (329)
1746: クマが診療所で眠る 冬眠か 目に光をあてると反応はするものの全く動かず (327)
3: サンデーサイレンスの後継種牡馬って734 (325)
955: 【テレビ】「新しい地図」の3人が、テレ東「充電させてもらえませんか」正月特番に出演へ (320)
1020: リアアメリア弱すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww (320)
1000: 育児している奥様(IDなし)1850 (315)
1053: おまいら土日いくら負けたんだ? (310)
2782: ハロヲタ「乃木坂のメンバーの名前全然知らない」 (304)
980: 12/8 【今夜 17:30〜】 AKB48劇場・14周年特別記念公演・開催!! ★2 (301)
2848: 野中美希がなぜここまで嫌われるようになってしまったのかを真剣に議論するスレ 73議会目 (300)
61: 伝説の母ちゃん【志村けん・黒木瞳ら有名人を育てた母の笑いと涙の物語】 (300)
2961: 【悲報】NHK、BS1とBSプレミアムを統合へ 安倍さんの鶴の一声で [166382892] (298)
973: エロすぎるCAコス! エロ尻パンチラの殺傷能力がヤバい (298)
87: リア充社会人→一晩で人生終了したけど質問ある? (293)
2935: ディスク流出「親の治療費必要だった」逮捕の元社員 社内調査 [434094531] (291)
95: 桃子が反抗期になったアイドルマスターミリオンライブシアターデイズミリマスグリマスミリシタスレ (290)
2945: 年収と理想の家賃の相関図がこれ、お前ら理想的かい? [604928783] (288)
997: 香川県って「うどん」の他に何あるの? (284)
1800: 【地球少女】気候危機デモに参加のグレタさん「権力を持つ人々は私たちについてこなければならない」 (283)
2929: 【嫌儲マッチングアプリ部】今年中に彼女作るぞい!! [527893826] (279)
1009: 【日本版】PRODUCE 101 JAPAN☆382【プデュ】 (278)
2934: 【ももくら待機して】ももいろクローバーZ潜入捜査官15271【おわたら寝る】 (277)
1002: 【元剛力】前澤友作 3.8億円のスーパーカーを買う…座席に座り「これは宇宙船だね」 (277)
55: 真相報道 バンキシャ!★1 (276)
1010: 【名無し奥も○○奥も】 気楽に井戸端会議 6752【みんな来い】 (275)
929: 関東で地震多発 震度3以上は3日で6回 関東民は当然準備してるよな?いいか、警告したからな? (275)
2891: アンタッチャブル復活「THE MANZAI 2019」 19:00-21:54 フジ (272)
982: 【速報】 小栗有以、久保怜音、西川怜、山内瑞葵、大盛真歩で新ユニットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (27
1015: 艦隊これくしょん〜艦これ〜全鯖統合スレPart950 (269)
3011: ひとり暮らし女子の生活が悲惨すぎる [192334901] (265)
2951: 新木優子「変わろうとか変えようと思って変えられるのかな。けど変わらなきゃ」ついに出家か? (258)
2772: 福田花音作詞の中西香菜ソロ曲キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!! (256)
2938: 田中れいなとモーニング娘。'19の急いで写真を撮る動画キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (255)
923: 【競馬】カペラS(中山・G3) 快挙!藤田菜七子初重賞制覇!好位追走コパノキッキング直線抜け出し圧勝! (25
2960: 【画像】ZOZO前澤さん、3.8億円のスーパーカーを買う [875850925] (249)
67: タラヲ氏ね (249)
1007: 峯岸みなみが卒業発表 ★2 (249)
950: 【悲報】日本人よ、「釜山港に帰れ」 (242)
1768: 【myレコードが作れる!】アナログ盤を自作できるマシンが、まったく新しい「レコードの時代」の到来を告げる (
993: 藤田菜の顔汚すぎワロタwwwwwwwwww (241)
1769: 【秋田】リュウグウノツカイ漂着 (240)
1007: └──トンスレ──┐ (235)
1009: アイドルマスターシンデレラガールズ愚痴スレ5103 (232)
1009: 【夜明けまで強がらなくてもいい】乃木坂46★9918【本スレ】 (231)
2938: ウーマンラシュアワー 今年も安倍政権批判ネタ 大丈夫か… [288779715] (229)
998: 【テレビ】たけし、「THE MANZAI」途中退出 ミタパン「大人の事情で、はい」 (229)
1177: デムーロリターンばっかりやないけ! (229)
693: ザ!鉄腕!DASH!! (226)
2787: 土居麗菜ちゃんアンジュに加入キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (224)
1775: 【広島】占い師の女が園児に暴行 傷害容疑で逮捕 ショッピングセンターの占いコーナーに母親と訪れる (224
952: 【芸能】木村拓哉、『餃子の王将』初体験 「うまい。みんなが来るのがわかる」★2 (222)
123: 敵「自転車はマナーを守れ」 ←だから車道を走ってるじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwww (219)
926: 【競馬】阪神ジュベナイルF(阪神・G1) もう1頭の無敗馬!先手レシステンシア(北村友)直線突き放して圧勝!2
1171: レーン下手すぎワロタwwwwwwwww (214)
1743: 【神奈川県庁HDD流出】入社直後から持ち出しか 逮捕の消去委託元社員 ★2 (214)
29: 【FM90.5/AM954】TBSラジオ18012【JOKR】 (211)
2869: モー娘の代々木公演って歴代モー娘でベスト5に入る神コンと認定していいよな? (210)
1167: 6着リアアメリア川田騎手「終始、進んでいきませんでした。敗因をこれから探したいと思います」 (207)
66: ちびまる子ちゃん ⇒ サザエさん 【フジテレビアニメ夜の部】 2 (203)
1015: 【名無し限定】暇なので話しませんか?19178 (202)
1767: 【飛び恥】グレタ・トゥンベリさんのようにヨットで海を渡るのが正解なのか? (202)
980: 壇蜜 婚姻届けの記載ミスで名字が壇蜜の名字の齋藤に 旦那の清野にするために家裁に申し立て (199)
68: 車「自転車は左端を走れ」←そんな義務ないぞ  車「自転車は狭い車道を走るな」←そんな義務ないぞ (198)
1734: 【熊本】九州新幹線の線路に人、死亡確認 スーツ姿 (198)
5: アドマイヤマーズ最優秀3歳牡馬ある? (196)
2798: 道重手品ショーのチケットがダダ余りwwwwwwwwwwwwwwwwwww (195)
116: fateの衛宮士郎って普通にいい主人公じゃないか??? (194)
2970: グレタ「飛行機を使うのは“飛び恥”なンだわ。 飛行機は悪。」 [571598972] (194)
2788: ハードディスクの窃盗の件、馬鹿な社員の小遣い稼ぎで会社大変なことになってねぇ、、、社員大変だ (194)
945: 【⚽これ凄かった!】「キャリア最高のゴール」スアレスがバックヒールゴラッソを自画自賛 (193)
905: 【芸能】浜辺美波“男とディズニーランド”にファン絶望…「嘘だと言ってくれ!」 (192)
1006: タモリさんを怒らせる方法ある? (189)
963: エリカ様騒動で組対5課は俳優Kを狙っているらしい (189)
2982: これ買ったらめっちゃ捗るようになったってもの [426957453] (188)
968: 【芸能】<漫才師の内海桂子(97) >神奈川県のハードディスク流出を批判!「情報管理を他人任せにしている」 (
984: ナウシカが怪我で休演。王蟲に治してもらえよ。 (187)
2803: 野中ちぇるが髪を暗くして覚醒してる (185)
970: ラフな格好をした全裸の小太り男が出没 (177)
3: れいわ山本太郎、次期衆院選「パチンコ廃止」に賛同しない野党選挙区に候補者積極擁立 (175)
2808: 2019年の狼流行語大賞wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww (172)
1014: 立憲民主党内の総合政局スレッド356 (170)
1737: 【インド】レイプ被害訴えた女性、裁判所へ向かう途中に火を付けられ重体 (168)
1754: 【不審者情報】全裸の男出没! ラフな格好をした30〜40歳くらいの小太りメガネな男 (753)
974: NGT48山口真帆さんが配信にて『殺されてたら…』 運営はメンバー関与を認めるも、被害者が謝罪★1748 (7
1002: レシステンシア強すぎワロタwwwwww (739)
2743: 中田翔がモーニング娘。ライブにキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!! (738)
1028: 【実況】THE MANZAI2019マスターズ (722)
924: ディープインパクト 〜The 580th impact〜 (691)
1762: 【止まらぬ「セルコリア】韓国経済にレッドアラームが点滅し始めた! 文在寅が迎える「最悪のクリスマス」… (6
997: 阪神ジュベナイルフィリーズ 反省会 (669)
1755: 【クソ仕事】社内資料のパワポは禁止すべき 時間の無駄 ★5 (643)
619: 【デレステ】スターライトステージ★11148 (641)
981: 地方競馬6494 (628)
57: ザ・ノンフィクション 「ぼけますから、よろしくお願いします。〜特別編〜」★4 反省会 (613)
619: 【アズレン】アズールレーン Part4461 (603)
998: AKB48×SHOWROOM ★1680 (582)
65: 「みをつくし料理帖」総集編 ★2 (577)
1007: 毎日エゴサするみ○さん (574)
914: 【ワイドナショー】松本人志「読解力のない人に言われた」大喜利導入ツイート否定の声に (571)
8: 【LINE】2019年『LINE』検索ワードランキングが発表 女性は全世代通してBTSがトップ (560)
951: 「平日に園児の歌声がうるせーんだよ!死ねや!」50分間クレームの電話をした37歳無職男を逮捕 (559)
1733: 【環境】長野県「気候非常事態宣言」を発表 (553)
1593: Fate/GOスレ (552)
2796: 【画像】JRの新型ホームドア、ガチで凄すぎる 世界よ、これが日本の技術力だ [166962459] (5
58: 相葉マナブ 誰? (541)
77: 【マターリ】THE MANZAI 2019 マスターズ★6 (537)
986: 【NJPW】新日本プロレスワールド part.678 (536)
64: 【マターリ】ちびまる子ちゃん→サザエさん【sage】 (531)
1096: 【自信】今週の鉄板レース2941【確信】 (530)
1792: 【社会】壮絶…日本で外国人の子供が「ギャング化」その厳しすぎる現実 社会から見捨てられた結果… (519)
1758: 【殺意を覚えるほどうるさい】保育園に電話かけた男(37)逮捕 ★6 (517)
21: 藤田菜七子JRA重賞初制覇!!!!!! (512)
991: 【かっさん】加藤純一ID無しスレpart3099【バカマカオ】 (506)
2813: BABYMETAL ★6329 (492)
62: ポツンと一軒家 島根県と岩手県で発見! ★2 (491)
984: 海外競馬@12/8(日)ロンジン香港国際競走 3 (485)
978: 中山競馬 5回 4日目 藤田菜七子初重賞制覇 (467)
903: 【バレーボール】木村沙織“ド派手な化粧”で容姿が激変!「完全に楠田えり子やん」 (467)
1605: 【中曽根首相に学ぶ戦後史】日曜夜にクイズスレ【→パラレル東京】 (459)
1781: 【COP25】グレタ・トゥンベリ「指導者の裏切り許さない」 (459)
1166: アドマイヤマーズ強すぎワロタ (454)
981: 【音楽】スピッツまさかの『紅白』辞退で“メンツ丸潰れ”NHKが横暴処分!? (452)
615: 【ミリシタ】アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ Part2729 (446)
1006: リアアメリア川田しょうがwwwwwwwwwwwwwwww (444)
56: 所さんお届けモノです! (441)
952: グローリーヴェイズ強すぎワロタ (437)
1314: コパノキッキング コンビ解消発表 (433)
983: 【芸能】AKB峯岸みなみ卒業発表! 降格経て…1期生ゼロに (419)
64: 【エロ目線】フィギュアスケートグランプリファイナル2019 女子フリー・エキシビション ★1 (414)
1764: 【乗り物】満員電車のカバン、どう持てばいいの? 逆転の発想が生んだ「秘策」 (413)
1761: 【NHK】総務省にネット業務縮小を回答 (412)

62: がんばれ佐藤愛子選手 (308)

人気スレッド2




46: がっちりマンデー!!★月刊食堂 坪月商30万円超えの大繁盛店 (937)
2713: 【悲報】中村医師、現地で無駄な紛争を引き起こしめちゃめちゃ恨まれていた [875850925] (911
979:    ガンバ大阪 Part3072 (910)
56: マツコ&有吉 かりそめ天国 特別編 (905)
53: アタック25 2019チャンピオン大会 (898)
48: サンデーじゅん散歩 1 (893)
1155: 【小泉環境相】レジ袋有料化「日本は遅れている。まずは隗より始めよ」 マイバッグ持参 ★4 (887)
2697: さくら学院☆3106時間目 (879)
1692: 【軍事】中国のテレビが開発中のFC-31ステルス戦闘機の細部を初公開(写真あり) (859)
46: 騎士竜戦隊リュウソウジャー 第37話「誕生!最恐タッグ」★2 (856)
905: 【動画】 山本太郎 「日本人の所得を増やすよりも外国人への生活保護。三流国は嫌やろ?」 (855)
51: ゲゲゲの鬼太郎 第84話「外国人労働者チンさん」 其ノ4 (848)
10: 【芸能】岡村隆史 吉本芸人の交通費カット問題でボヤキ「旅猿で成田まで往復やったらどうすんねん」 (847)
54: 「グランメゾン東京」ダイジェスト (835)
55: アタック25 答えない人 (824)
50: ゲゲゲの鬼太郎 第84話「外国人労働者チンさん」 其ノ5 (807)
54: THE MANZAI 2019 マスターズ 年に1度の漫才の祭典が今年も開幕!★1 (800)
4: 欅坂46の9枚目シングルついに延期確定 (759)
46: サンバリュ「the脱出」 (747)
5: 【速報】欅坂46、平手友梨奈センターの9thシングル発売延期を発表! (681)
1702: 【喝だ!喝】「暑くて野球ができない」温暖化対策求め中高生がデモ行進。浜松市 (672)
64: 艦これスレ(遺伝子組み換え) (663)
48: 【マターリ】ゲゲゲの鬼太郎 第84話 (662)
849: 【映画】『マッドマックス 怒りのデスロード』続編製作が決定 ジョージ・ミラー監督が続投へ (657)
53: 【マターリ】ワイドナショー★2 (645)
53: 噂の!東京マガジン ★3 (641)
2547: 15期と12期の入ってきたころの期待感の違いってなんや? (635)
901: 三菱電機、職場は罵倒の嵐 社員の10%が精神疾患で休職、4年で自殺者2人を含む5人が労災認定 (624)
74: Fate/GOスレ (615)
1005: 【DMM】グランブルーファンタジー【転載禁止】 part1465 (599)
867: 高橋容疑者「HDDを盗むのは簡単だった。入社直後から毎日のように盗んでいた」 (597)
927: 【悲報】IZ*ONEさん、実はめちゃくちゃ人気なかったと暴露されてしまう (582)
897: 【アニメ】大ヒット中の『アナ雪2』、姉妹が選んだ結末に寝込むファンが続出「優しい地獄」 (578)
3: サンデー・ジャポン 沢尻エリカ被告の保釈後は…▽壇蜜夫妻の「名字」騒動の真相★6 (577)
20: 韓国さん「32年前、ソウル五輪の時の仕打ちは忘れない。今度はこっちがやる番だ!」 (568)
63: スタプリ→ゼロワン→リュウソウ→プリチャン→二度寝 (561)
887: 【フィギュア】平昌五輪女王ザギトワ、ジャンプミス連発で最下位転落 失意のコメントなし (556)
604: 【アリスギア】アリス・ギア・アイギス Part1089 (552)
974: 女子バレーボール総合実況スレpart162 (551)
1156: 【憧れのタワマン生活】タワマン意外なトラブル 隣人の音漏れ、浴室の悪臭、風揺れ ★3 (547)
61: あの日 あのとき あの番組「“男はつらいよ”〜日本人の心と響き合った50年〜」 (544)
1716: 福岡の町議が大麻売りさばく SNSで沖縄の若年層にまん延 高校生ら20人摘発 (531)
38: シューイチ★2 (527)
896: 週刊誌「助けて!実売部数減少が止まらないの!今週も桜を見る会トップで取り上げてます!買って!」 (521)
931: 【悲報】欅坂の9thシングル発売が白紙に (511)
62: NHKのど自慢〜宮崎県日向市で枠枠枠枠枠枠枠その7 (505)
2688: 鬼滅の刃のファン、テレビによって顔面開示される [748768864] (491)
2577: ふなっき 今日の山梨公演も欠席!!!!! (489)
989: 秒刊コンサドーレ3199日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆ (486)
2732: 30歳過ぎても許される趣味教えろ。ゲーム漫画アニメはNGな [264141524] (485)
6: 【雷鳥は】松本山雅FC【J頁を目指す】 第680峰 (484)
999: にちあさ (482)
1700: 【軍事】米、最新鋭の原子力空母「ジョン・F・ケネディ」進水祝う式典…退役する「ニミッツ」に代わり就役予定 (
903: 【速報】山下真司さん逮捕 娘への暴力で (470)
15: グレタさん新ネタ披露「指導者の裏切り許さない」 (466)
15: 【山梨女児不明】「娘の発見にご協力を」 道の駅で両親らチラシ配布 (456)
2687: ☆性器の対決 売上議論20147★ (451)
143: なんUPKMNSWSH部★37 (439)
936: 本日15時 渡辺美優紀ガールズユニット合格者お披露目 (433)
2677: ヴィーガン「あなたにはこの境界線を取り除くことができますか?見て見ぬ振りを続けますか?」 (425)
874: 自民党「煽り運転した車カスは免許永久剥脱でいい!」警察庁「かえって無免運転が増える」(ヘタレ) (425)
1149: 【10月の台風19号】台風で被災した武蔵小杉のタワマン「いまも電力は稼働率50%」 (422)
866: 【芸能】ロンブー亮と宮迫“復帰ロード”で明暗か… 空気を読んだ淳、さんまの後押しに世間は反発? (419)
863: 【芸能】堀ちえみ、連日のケーキ三昧に「スイーツ死ぬほど好きなら、ケーキのひとつもお焼きになったら?」 (418
4: 【芸能】上沼恵美子、謝罪なし沢尻被告をバッサリ「頭下げなさいよ!」 (417)
851: 【フィギュア】ネイサン・チェン(20)世界最高点335.30でGPF三連覇!羽生結弦(25)も予定外4回転5本
846: 【サッカー】浦和が新潟FWレオナルド獲得濃厚、J2&3得点王 38試合28得点3アシスト (413)
2702: 【画像】史上最強クラスにヤベー現場が撮影されてしまう [875850925] (404)
2675: 真夏の夜の淫夢 [816528813] (399)
1009: 艦これ愚痴スレ Part1991 (398)
922: 日本社会「博士取得者は不要」 専門性より「コミュ力」、世界と真逆の雇用慣行 国家の競争力に危機 (383)
893: 【ゴルフ】<ミスしたキャディに「この分、取り返せよ> 女子ゴルフ・鈴木愛がイライラした原因は渋野日向子!? (
49: スター☆トゥインクルプリキュア 第43話「笑顔への想い☆テンジョウVSえれな!」★6 (373)
2807: SEXした後、女をこういう状態にしたい 何を鍛えればいいのか教えてくれ [485983549] (367
1141: 【ボッチ首相】習近平主席の国賓待遇、自民党内からぁも異論相次ぐ ★2ボッチ (364)
53: 苺ましまろ (353)
1727: 【西之島】溶岩が海まで到達 /東京・小笠原諸島 (351)
886: 【フィギュア】羽生、初の4回転5本成功も銀 25歳誕生日につかんだ手応えと課題「今に見ておけ」 ★2 (347
938: 任天堂って、来年はどうぶつの森以外に、大型タイトルを準備してあるの? (342)
37: 所さんの目がテン!191208かがくの里・ウナギの今後は? (338)
59: 【速報】急騰・急落銘柄報告スレ12630 (331)
54: ミライ☆モンスター★2 (327)
925: 絶対住みたくない都道府県ランキング「1位沖縄・2位北海道・3位大阪」 (325)
875: 【NGT48】NHKで「女優・山口真帆」解禁へ 事務所社長案件で大河か朝ドラか (324)
2652: アンジュルムとJuice=Juiceってどっちが人気上なの? (323)
1705: 【今から殴る】娘への傷害容疑で山下真司逮捕 (317)
982: セレッソ大阪(1500)@サンキュー大熊サンキューな (316)
12: 【速報】欅坂9thシングル発売延期のお知らせ (314)
52: 実況 ◆ TBSテレビ 38548 (314)
47: そこまで言って委員会NP★2 (311)
881: 【文芸】<書店が消えるのは文化が消えること>街の書店がどんどん消えています ★4 (307)
2836: モテない男が狙われる 高額な絵を売る女 [186586446] (306)
884: 【芸能】沢尻エリカ被告起訴 狙われる「夜友」 本命は俳優K (306)
12: コパノキッキング ぶっちゃけ飛ぶよな (296)
1: ■■■明日の日経平均を予想するスレ27211■■■ (295)
2775: お前らさ なにが日本で【解禁】されたら嬉しい? [485983549] (293)
1339: 韓国人ですがネトウヨとかいう差別主義者へ (291)
884: 【超悲報】ニュー速+、崩壊 (290)
880: 子供に絶対ダメなスポーツ「柔道」「野球」「サッカー」 おすすめは「バレエ」「極真空手」 (289)
2765: 【悲報】 東京の地下鉄 海外の主要都市と比べて全然しょぼかった [188466407] (287)
922: 高橋希来ちゃんムチムチだね (285)
2585: 【急募】もう誰でもいいから中島早貴バースデーイベント2019来てくれ!二次選考受付やってるから!!! (27
870: 【芸能】「細かすぎて伝わらない」モノマネ、二年連続の木梨&関根不在に不満の声、期待の出演者は? (277)
1010: Aの噂 2019/12/3 (275)
62: 僕くん今日引越しにも関わらずまだ引越し業者がこなあああああああああゆきいぃ (274)
55: 【悲報】2019年版、「絶対に住みたくない都道府県ランキング」が発表されてしまうwwwwwwwwww (272)
2655: 新木優子のプロフィール!性格が悪い?幸福の科学の信者か?彼氏がいたことがないって本当? (267)
11: グレタさんが長距離移動に飛行機じゃなくヨット使っているけどさ (264)
944: 【裸の王様】 松井珠理奈さん、ツイッターで #世界女王 (264)
1135: 【大阪】信号待ちの車列に車突っ込む 5台からむ事故 7歳女児死亡 22歳男を現行犯逮捕 枚方 (263)
921: 【バーチャルYouTuber】.LIVEアイドル部総合スレ#100【アップランド】 (260)
1152: 【台風】排水管逆流の検証を要求、川崎 台風被災住民「市の過失」 (260)
2777: 【激ヤバ】身長172cm、Fカップの女子中学生(14)がSNSで見つかる [726831463] (25
2694: 新研修生西村カリンちゃんがご多分に漏れずハロプロ顔だった!!!! (250)
2567: モーニング娘。歴代の期の貢献度を5段階でランク付けした (250)
1016: 【Ripple】リップル総合940【XRP】 (249)
55: パチンコ・パチスロ 冬もパチンカス (242)
52: ビートたけしのTVタックル 箱根台風被害はいつまで続く!? いまニッポンが抱える大問題SP フガフガ2 (233
61: VIPでスマブラ (231)
847: 【芸能】つるの剛士、とうとう息子に正体(ウルトラマンダイナ)を知られてしまう (231)
902: 教会で聖水と間違えガソリンを信者に注いでしまう 「牧師が樽の中身を注いだら、2人が炎に包まれた」 (229)
1719: 【千葉】生後4カ月の長男を暴行した疑いで逮捕された県職員(23) 「妻のいないところでやった」 (225)
46: ボクらの時代 田中哲司×大森南朋×小林薫 (223)
878: 女子トイレのペーパーの芯にカメラを隠して盗撮してた小学校教師:吉岡壱平容疑者(24)を逮捕 (221)
872: お前らって家で5ちゃんしてない時って他に何をしているの? (220)
1709: 【軍靴の音がきこえる】高知で赤紙が配られる (218)
1004: 【コジプロ】 DEATH STRANDING Part89【PS4】IPあり (217)
47: ワンピース 第913話 全員消滅 カイドウ怒りのボロブレス! 其ノ2 (215)
61: 【画像】宝くじシミュレーターを40億円分回した結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww (214)
998: 【春場ねぎ】五等分の花嫁 アンチスレ★10 (211)
2751: 【産経】「桜を見る会」菅氏の鉄壁答弁崩れ、危機管理に綻び [214127477] (208)
12: 松本人志「お笑いの子は選ばないで欲しい 流行語大賞に肩触られたら終わり」 オワコン大賞の烙印 (208)
2869: 櫻井よしこ氏「原発を再稼働させない合理的な理由が言えますか?」 [533895477] (207)
39: 【看板1】第5回さいたま国際マラソン (207)
866: 北「ミサイル発射!!」→韓国政府「よっしゃ、年末までに500万ドルの追加支援だ」 (206)
1003: 【PS4】十三機兵防衛圏 part12 (205)
895: 【ブーメラン】 ジャパンライフ山口「鳩山政権でも招待された」 鳩山「今となっては確認できない」 (203
2584: A V女優って中出しされても中出しされても妊娠しないんだな (203)
2214: ポケモン剣盾シングルダブルマルチレイド雑談 (202)
1008: 生活保護のCWだけど質問ある?Part.138 (202)
869: 【芸能】「自死」元KARAのハラは「性的動画」に追い詰められていた!? (200)
946: 元AKB48宮澤佐江、駅のホームで中年男性に暴行されメンタル崩壊 (200)
2793: 【速報】山下真司さん逮捕 娘への暴力で [597533159] (199)
2759: モリカケ問題で安倍政権を擁護仕切ったメディア、評論家ですら今回は総批判状態なんだが…何が起きてるんだ(´・ω
872: 【野球】野球の「マイナー化」が止まらない日本、人気低下の元凶とは ★4 (198)
925: 【元N国党】さゆふらっとまうんど Part68【掣肘】 (198)
1721: 【医学】ヘディングの影響は…サッカー選手は認知症になりやすい? (197)
49: 日曜報道 THE PRIME【令和の重大ニュース】 3 (193)
1017: 【企業】週4日労働制には生産性の向上や企業の支出削減など多くのメリットがある (193)
50: サンデーモーニング★8 (190)
2717: 【超速報】 ニュース速報+ 嫌儲の代表者により制圧 [485983549] (189)
988: 鹿島アントラーズPart2682 (189)
913: 沖縄の若者に大麻が蔓延→売ったのは立憲・森ゆうこが支援していた福岡の現職町議でした (189)
2915: ポケットに入る小さな水筒が売れてるらしい。累計100万本を出荷する勢い [851834166] (188
24: 【山梨】GSで灯油にガソリン混入か 「絶対使わないよう」 使用の中止と回収を呼び掛け (187)
1717: 【大学入試】大学入学共通テストのゴタゴタで“超”安全志向の受験生 逆に早慶レベルが狙い目! (187)
2674: 原作のドラえもん、ギャグ漫画として面白すぎんか?お前ら隠してただろ [111921565] (185)
49: パチ屋にきた (184)
837: 【サッカー】FC東京、元スペイン代表MFダビドシルバ獲得へ…既に接触し好感触 (184)
1008: 【テレ朝土曜23時】おっさんずラブ-in the sky- part43 (183)
2594: 羽生くんに圧勝したネーサン・チェンという人は何者なの? (182)
1726: 【インフルエンザ】全国で急速拡大中、2018年の同時期の報告数のおよそ6倍に 対策には「環境消毒」も (18
6: 【音楽】AKB48がCD年間売上で1〜3位を独占、4年連続で8回目★2 (181)
881: B92W63H92、Hカップバストの新人グラドルがあわやポロリ状態に (181)
73: 日曜昼にクイズスレ (180)
47: 寺田心「遊戯王やってる奴スレなのに遊戯王の話ねーじゃーんwwww」 (179)
5: 【速報】欅坂46、平手友梨奈センターの9thシングル発売延期を発表! (681)
1702: 【喝だ!喝】「暑くて野球ができない」温暖化対策求め中高生がデモ行進。浜松市 (672)
64: 艦これスレ(遺伝子組み換え) (663)
48: 【マターリ】ゲゲゲの鬼太郎 第84話 (662)
849: 【映画】『マッドマックス 怒りのデスロード』続編製作が決定 ジョージ・ミラー監督が続投へ (657)
53: 【マターリ】ワイドナショー★2 (645)
53: 噂の!東京マガジン ★3 (641)
2547: 15期と12期の入ってきたころの期待感の違いってなんや? (635)
901: 三菱電機、職場は罵倒の嵐 社員の10%が精神疾患で休職、4年で自殺者2人を含む5人が労災認定 (624)
74: Fate/GOスレ (615)
1005: 【DMM】グランブルーファンタジー【転載禁止】 part1465 (599)
867: 高橋容疑者「HDDを盗むのは簡単だった。入社直後から毎日のように盗んでいた」 (597)
927: 【悲報】IZ*ONEさん、実はめちゃくちゃ人気なかったと暴露されてしまう (582)
897: 【アニメ】大ヒット中の『アナ雪2』、姉妹が選んだ結末に寝込むファンが続出「優しい地獄」 (578)
3: サンデー・ジャポン 沢尻エリカ被告の保釈後は…▽壇蜜夫妻の「名字」騒動の真相★6 (577)
20: 韓国さん「32年前、ソウル五輪の時の仕打ちは忘れない。今度はこっちがやる番だ!」 (568)
63: スタプリ→ゼロワン→リュウソウ→プリチャン→二度寝 (561)
887: 【フィギュア】平昌五輪女王ザギトワ、ジャンプミス連発で最下位転落 失意のコメントなし (556)
604: 【アリスギア】アリス・ギア・アイギス Part1089 (552)
974: 女子バレーボール総合実況スレpart162 (551)
1156: 【憧れのタワマン生活】タワマン意外なトラブル 隣人の音漏れ、浴室の悪臭、風揺れ ★3 (547)
61: あの日 あのとき あの番組「“男はつらいよ”〜日本人の心と響き合った50年〜」 (544)
1716: 福岡の町議が大麻売りさばく SNSで沖縄の若年層にまん延 高校生ら20人摘発 (531)
38: シューイチ★2 (527)
896: 週刊誌「助けて!実売部数減少が止まらないの!今週も桜を見る会トップで取り上げてます!買って!」 (521)
931: 【悲報】欅坂の9thシングル発売が白紙に (511)
62: NHKのど自慢〜宮崎県日向市で枠枠枠枠枠枠枠その7 (505)
2688: 鬼滅の刃のファン、テレビによって顔面開示される [748768864] (491)
2577: ふなっき 今日の山梨公演も欠席!!!!! (489)
989: 秒刊コンサドーレ3199日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆ (486)
2732: 30歳過ぎても許される趣味教えろ。ゲーム漫画アニメはNGな [264141524] (485)
6: 【雷鳥は】松本山雅FC【J頁を目指す】 第680峰 (484)
999: にちあさ (482)
1700: 【軍事】米、最新鋭の原子力空母「ジョン・F・ケネディ」進水祝う式典…退役する「ニミッツ」に代わり就役予定 (
903: 【速報】山下真司さん逮捕 娘への暴力で (470)
15: グレタさん新ネタ披露「指導者の裏切り許さない」 (466)
15: 【山梨女児不明】「娘の発見にご協力を」 道の駅で両親らチラシ配布 (456)
2687: ☆性器の対決 売上議論20147★ (451)
143: なんUPKMNSWSH部★37 (439)
936: 本日15時 渡辺美優紀ガールズユニット合格者お披露目 (433)
2677: ヴィーガン「あなたにはこの境界線を取り除くことができますか?見て見ぬ振りを続けますか?」 (425)
874: 自民党「煽り運転した車カスは免許永久剥脱でいい!」警察庁「かえって無免運転が増える」(ヘタレ) (425)
1149: 【10月の台風19号】台風で被災した武蔵小杉のタワマン「いまも電力は稼働率50%」 (422)
866: 【芸能】ロンブー亮と宮迫“復帰ロード”で明暗か… 空気を読んだ淳、さんまの後押しに世間は反発? (419)
863: 【芸能】堀ちえみ、連日のケーキ三昧に「スイーツ死ぬほど好きなら、ケーキのひとつもお焼きになったら?」 (418
4: 【芸能】上沼恵美子、謝罪なし沢尻被告をバッサリ「頭下げなさいよ!」 (417)
851: 【フィギュア】ネイサン・チェン(20)世界最高点335.30でGPF三連覇!羽生結弦(25)も予定外4回転5本
846: 【サッカー】浦和が新潟FWレオナルド獲得濃厚、J2&3得点王 38試合28得点3アシスト (413)
2702: 【画像】史上最強クラスにヤベー現場が撮影されてしまう [875850925] (404)

上位板 人気

308: 各武道は初段までどれくらいかかる? (999)
405: 木村政彦と山下 泰裕、どちらが最強? (988)
371: 女子に柔道負けたことある人,寝技したい人,3敗目 (986)
351: 柔道部の女子の性格悪すぎ (982)
344: 【剣道に】剣道三倍段を考えてみよう【勝てる?】 (981)
398: 大学から柔道始めた初心者なんですが (981)
358: 【海で】相手が裸でも掛る柔道技【喧嘩!】 (981)
349: 【6段献上】全日本剣道連盟腐ってる【会長辞めろ】 (980)
360: 史上最強のテコンドー選手って誰? (980)
402: 日本人柔道家で一番デカイのは? (980)
357: @@@柔道の崩しについて@@@ (980)
379: 韓国柔道会長「金鷲旗に母国を挑戦させたい」 (980)
387: なぎなたって (980)
423: 内柴正人★4 (977)
205: ■■剣道の当たり判定は不自然■■2本目 (968)
83: 槍と薙刀ってどっちが強いんだぜ? (961)
49: 日本柔道を語ろう  (894)
150: 山形県柔道 (866)
47: てす (817)
273: ◆ 「竹内流」宗家・相伝家 と 紛らわしい団体 (808)
415: 玄和47 和をもって玄米となす (780)
269: 【柔道】浅見八瑠奈たん【48?級】 (667)
270: 帝京大卒のヤワラちゃん 柔道松本薫選手応援掲示板 (638)
116: 日本最強の武術家って誰なの? (637)
243: 愛スル柔道親父達のスレパート69 (637)
28: 座右の銘 二段 (614)
111: ガチな剣道部員にしか分らないこと (611)
160: 弱小?新潟県の柔道事情を語ろう2 (605)
312: 第四回ももも杯&第弐回オッサン柔道杯 (598)
345: カメレオン強さ格付け (596)
135: 剣道が強くても将来なんの役にもたたないよね (593)
39: 柔道衣って何処の使ってる?【柔道着】 (571)
210: 実際さあ、渋川剛気みたいな奴っているの? (569)
231: 陸奥圓明流について熱く語ろうぜ (566)
63: 出口クリスタ (563)
206: 剣道でよく使う技 (532)
133: 【 筑波大・柔道部を応援してみよう 0001 】 (531)
165: 史上最強!山下泰裕八段 (514)
180: 空手をはじめたいのですが…。 (510)
93: 【天才】野村忠宏【ミキハウス】 (480)
16:    空手の悪口を言いまくるスレ    (479)
290: 弓道こそ最強の武道だよな (462)
226: 柔道で段位とったんですけど・・・ Part3 (460)
147: 柔道=ダサイ臭いデブがやるスポーツの典型 (458)
412: 松本薫 緒方亜香里 佐藤瑠香 (436)
113: 柔道ロンドン日本代表応援掲示板 田知本遥選手 (434)
59: 香取神道流 (423)
271: 熊本版・親父達の柔道スレ (422)
37: 剣道に必要な筋肉を教えて下さい (417)
143: 南斗聖拳が好きです。 (411)
77: 何気に最強、銃剣道 (411)
50: 【ジャイアント篠原信一】 (394)
134: じゃぁ剣道総合スレッド (392)
71: 秋田の柔道その4 (386)
40: 柔道グランドスラム東京2009 (386)
220: 【めっちゃ可愛い】阿武教子スレ【声】 (384)
372: 【伝説】最強の歩法について語れ!【消える?】 (384)
283: トンファー (382)
225: 【世界一の】鈴木桂治【足技】 (381)
386: もの凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ (381)
203: 【董海川】八卦掌その2【林田勝幸】 (376)
33: 津金恵ちゃん選手 (369)
76: 【ヌンチャク サイ】琉球古武道総合スレ (368)
157: 中村美里と吉沢明歩,寝技に持ち込まれるならどっち? (364)
60: 舟久保遥香ちゃん選手 (363)
55: 古武道について語ろう (362)
252: 忍術の修行してる奴いる? (359)
109: くさくない剣道はどこで習えますか (359)
123: 中学で、武道が必修科目に (355)
104: 芳田司ちゃん選手 (353)
176:  【ツマキ】 塚田真希♪【恥じらい乙女】 (351)
121: 剣道も武術のはしくれならK1に出るべき (350)
79: ●石井慧を日本柔道界から追放しよう● (346)
45: 阿部一二三 (346)
54: 棟田康幸最強 (343)
136: 少林寺拳法 (342)
356: 上野3姉妹 上野雅恵・順恵・巴恵 (336)
102: 元剣道全国一の正代賢司、淫行で逮捕! (336)
75: 【冤罪被害者】内柴さんを応援しよう! (332)
30: 日本の剣術を学びたい (331)
259: 剣術始めたいんだけど (325)
222: 【ゆる】高岡英夫総合研究所【軸タン】 (324)
46: 近藤亜美ちゃん選手 (318)
48: 嶺井美穂ちゃん選手 (314)
249: 伝統武術板のみんなが好きな・嫌いな格闘漫画 (311)
107: 松本薫選手 (309)
62: がんばれ佐藤愛子選手 (308)
43: 【喧嘩】実戦最強の格闘技【路上】 (308)
183: 結局日本刀が最強の武器なの? (304)
377: 伝統武術(仮)板できました (302)
217: 内尾真子ちゃん選手 (297)
117: 伝統『武術』板で柔道だの剣道だのはおかしい! (296)
418: 柔道ロンドンオリンピック日本代表選手応援掲示板 (293)
81: カキウチ (291)
413: 柔道ロンドン日本代表応援掲示板 (290)
421: 柔道日本代表応援掲示板 (290)
284: 頑張れ緒方亜香里選手田知本遥選手 (288)
278: 遠藤宏美ちゃん選手 (281)
97: 【伊東三刀斎】玄和会 其の44 【逮捕秒読み】 (273)
65: ○●山岸絵美選手知ってる人●● (271)
24: 剣道二段 (270)
339: 緒方亜香里選手 ロンドン日本代表選手応援掲示板 (270)
94: 銃弾は無理だけど矢の速度なら避けられそう (267)
162: 合気道より少林寺拳法の方が手っ取り早い? (266)
384: 安達沙緒里 (260)
103: 谷 亮 子 に 失 望 し た 人 の 数 → (260)
70: 必修武術〜相撲を外して、空手を入れるべき! (258)
122: 3週間で剣道強くなる方法 (258)
307: 【武侠】クンフースター達の功夫【武打星】 (257)
190: 一番おもろい柔道マンガ (253)
242: 今更だけど剣道と柔道ってもはやスポーツだろ (252)
86: 多賀城流3 (251)
125: 武術気功についてかたろう (249)
319: 岡本里帆ちゃん選手 (247)
42: 公益財団法人 全日本柔道連盟 (246)
98: 大山倍達って雑魚だったの? (245)
315: 井上康生って情けない奴だよな (242)
67: 谷本歩実ファンクラブ@jyudo (240)
51: 小川直也総合スレ (237)
375: 古流柔術少林寺拳法+高専柔道=やはら の鍛錬001 (237)
21: 合気道やってるけどなんか質問ある? (236)
87: 田代未来ちゃん選手 (236)
7: なぎなたやってるけどなんか質問ある? (235)
323: 田知本愛選手 (235)
359: 運動神経の無い奴が強くなるなら (233)
32: 【天神真楊流】柴田孝一【武道詐欺師】 (233)
118: 剣道は難聴になる 剣道難聴スレ part1 (232)
378: 中村選手松本選手応援掲示板 (232)
305: 山崎珠美ちゃん選手 (231)
404: 日本柔道代表応援掲示板 ロンドンへの道六 (229)
110: 【段位なんて】弓道=的中【飾りです!】 (226)
232: 高岡英夫、ゆる、身体調整、武術、偏差〜完全中立派 (224)
119: 剣道の達人が鉄パイプ持ッタラ全盛期のマイクタイソンでも勝テナイ (222)
207: 【セガサターン】せがた三四郎【シロ!】 (221)
12: 手裏剣術 (219)
163: 福見選手大嫌い引退希望 ポスト谷亮子 (219)
201: 鹿島神傳直心影流こそ最強の剣術 (211)
211: 龍飛雲 (201)
215: 剣道喧嘩に使えんとか言ってるやつ集合 (198)
258: 今の剣道部の酷さを聞いてください (197)
66: 新井千鶴選手 (196)
262: 丸亀高校剣道部 香川県立丸亀高等学校 (194)
154: 剣道始めたいんだが (192)
57: 滋賀県の空手事情 (192)
385: 剣道王国広島県の剣道事情 (191)
177: 【平成の】古賀稔彦【三四郎】 (188)
85: 俺「剣道ね、ところで剣は?」剣道「竹刀です」 (185)
228: ツバメ返しって具体的にどんな技? (183)
218: 剣道=ジャスティス (181)
159: 絞め技【関西在住の方にお願いです】 (181)
120: ■□■ 少年剣道 ■□■ (169)
324: 後の先、先の先 (164)
112: シュルト・野村忠宏・秋山成勲・室伏広治・ホンマン (162)
227: 【棟田康幸輩出】世田谷学園柔道部スレッド【名門】 (162)
382: 【異端の】ヒクソン・グレイシー400戦無敗【プロレスラー】 (162)
90: 弓や薙刀が似合いそうなキャラ (159)
333: 柔道が日本でメジャースポーツになる為には? (144)
247: 【sex】古典芸能×伝統芸能【尺八】1 (141)
179: 【隠蔽】東洋大学空手道部員溺死事件【また東洋】 (140)
241: また騙されて伝統武術板まで飛ばされたわけだが (139)
27: シラット (139)
68: 【美人】ハンガリーカラカス応援スレ【いい人】 (139)
212: 【オフ会】中国拳法【定期】 (138)
266: 柔道はタックル時代へ (138)
96: ガチ童貞の前田日明が安生に成敗されてから十周年 (138)
317: 合気道は総合格闘技相手に通用するのか (138)
221: 柔道って何で関節、締めによる1本が少ないの? (137)
295: 秋 山 成 勲 (134)
29: 柔道家に対して空手技だけで勝つことはできるのか? (133)
416: 【唐澤】恒心流 雲虎武龍について語る【貴洋】 (132)
296: ももも板設立決定! (131)
105: ベイカー茉秋選手の好みの芸能人は剛力彩芽 (131)
13: 居合道やってるけど質問ある? (131)
368: 武道家らしくコテハンつけて語り合おうぜ (130)
124: 伝統空手をやったことある人集まれ (130)
189: 殺さずとも腕折ったり失明させる覚悟はあるの? (129)
298: 島根の柔道 (126)
14: 町井勲 (126)
164: 「二重の極み」は可能か? (124)
152: 空手と並行して何か練習するなら何がいい? (123)
192: ■■■■■石井慧の名言集■■■■■ (122)
245: 柔道で世界一の頂は、総合の高嶺の麓に過ぎなかった (122)
240: 高齢で強い柔道家いますか? (120)
260: 切れ味、強度、重さ、値段を考慮して最も良い刀 (113)
194: 【玄和 53】 玄和 に げんなり (112)
137: マグロ一筋、泉浩 (111)
246: この板は無くなるね (109)
318: 芸能人柔道王 (109)
433: 【フェアリーズ】下村実生【汚脇毛光線】 (107)
281: テッキョン (106)
91: ゲ ン ゲ ン (105)
197: 合気道【高伝館】体の杖 (104)
199: vip落ちた (101)
264: 斉藤仁 (100)
196: 武道の昇段条件について考えるスレin伝統武術板 (99)


 

がんばれ佐藤愛子選手 (308)


人気スレ 上位板 ブックマ-ク見る