1552: ジャニヲタ新木優子さん応援スレ ★8 (306)
2ちゃんねるブックマークは2ちゃんねる(2ch.sc)のログをブックマーク出来るビュアーです。


1552: ジャニヲタ新木優子さん応援スレ ★8 (306)

【pc】
pp 

1 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 21:44:50 ID:0

新木優子さんのアンチ行為をする埋め立てキチガイから新木優子さんを守ろう!

清純ジャニヲタの新木優子さんを叩く埋め立て嘘つきキチガイの特徴
●正体は武雄
●スルースキルゼロ
●朝鮮差別のネトウヨ
●新木優子スレを見つけると埋め立てる
●コピペは手動
●オモチャにされてる事に気付いて発狂
●ももクロを汚れアイドル呼ばわり←New

ジャニヲタ新木優子さん応援スレ ★8



【pc】





スレッドの最初から全部を見る 人気スレッドリスト

外国語アレルギーの方に朗報!
2ちゃブで外国語を楽しく学ぼう!





137 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:09:42.02 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いァ

138 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:02.93 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

139 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:04.28 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

140 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:05.79 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

141 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:10.03 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

142 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:11.29 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

143 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:12.82 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

144 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:16.96 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

145 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:18.40 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

146 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:19.69 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

147 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:23.93 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

148 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:26.07 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

149 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:27.35 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

150 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:31.60 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

151 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:33.15 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

152 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:34.53 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙いア

153 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:50.44 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

154 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:54.82 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

155 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:10:57.43 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

156 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:19.86 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

157 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:21.34 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

158 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:22.79 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

159 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:27.18 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

160 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:29.17 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

161 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:30.56 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

162 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:38.56 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

163 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:39.93 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

164 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:41.12 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

165 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:45.59 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

166 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:47.30 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

167 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:48.85 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

168 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:52.75 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

169 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:53.98 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

170 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:55.29 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

171 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:11:59.37 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

172 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:01.33 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

173 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:02.66 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

174 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:06.95 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

175 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:08.19 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

176 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:09.65 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

177 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:13.83 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

178 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:15.41 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

179 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:17.18 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い亜

180 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:26.65 0

新木チガイとかけまして宅急便ととく
どちらも配送(敗走)wwwww

181 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:38.77 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

182 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:40.37 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

183 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:41.93 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

184 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:57.87 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

185 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:12:59.32 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

186 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:04.85 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

187 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:06.14 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

188 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:07.57 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

189 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:22.29 0

180
完全に論破され脱糞逃亡しながら泣きわめく負け犬ガイジ乙w

天才な俺が組んだscriptを前に成すすべなしかw

今後も俺のscriptの性能を試す機会をよろしくなw

190 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:31.13 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

191 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:32.71 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

192 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:34.19 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

193 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:39.32 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

194 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:40.94 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

195 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:42.11 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

196 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:46.49 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

197 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:47.79 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

198 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:49.30 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

199 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:53.76 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

200 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:54.85 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

201 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:13:56.29 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

202 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:00.43 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

203 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:01.82 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

204 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:03.30 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

205 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:07.51 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

206 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:08.93 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

207 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:10.23 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

208 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:14.34 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

209 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:15.48 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

210 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:17.30 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い朝

211 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:37.64 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

212 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:38.92 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

213 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:40.50 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

214 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:44.95 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

215 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:46.61 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

216 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:47.86 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

217 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:53.35 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

218 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:54.59 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

219 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:14:55.83 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

220 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:00.06 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

221 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:01.55 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

222 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:03.08 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

223 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:07.31 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

224 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:08.72 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

225 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:10.22 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

226 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:21.17 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

227 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:22.68 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

228 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:24.16 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い足

229 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:41.55 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い雨

230 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:42.84 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い雨

231 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:15:44.23 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い雨

232 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:11.71 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

233 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:13.01 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

234 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:14.49 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

235 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:18.61 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

236 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:20.39 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

237 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:21.71 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

238 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:26.18 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

239 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:27.56 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

240 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:28.97 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

241 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:32.92 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

242 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:34.12 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

243 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:35.61 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

244 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:39.86 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

245 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:41.18 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

246 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:42.49 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

247 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:47.22 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

248 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:48.88 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

249 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:50.51 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

250 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:54.76 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

251 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:56.28 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

252 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:16:57.71 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

253 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:01.71 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

254 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:03.35 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

255 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:04.92 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

256 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:09.42 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

257 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:11.05 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

258 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:12.69 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

259 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:17.83 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

260 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:19.45 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

261 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:20.86 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い愛

262 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:49.44 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

263 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:50.85 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

264 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:52.42 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

265 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:56.70 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

266 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:17:58.55 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

267 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:04.37 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

268 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:05.71 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

269 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:06.91 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

270 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:11.39 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

271 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:12.68 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

272 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:14.31 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

273 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:18.57 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

274 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:19.90 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

275 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:21.36 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

276 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:26.40 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

277 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:28.13 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

278 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:29.87 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

279 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:34.07 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

280 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:35.60 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

281 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:37.14 0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

282 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:41 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

283 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:43 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

284 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:18:44 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い開

285 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:04 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

286 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:06 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

287 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:07 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

288 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:12 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

289 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:14 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

290 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:15 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

291 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:20 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

292 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:22 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

293 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:24 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス">999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り">999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する">999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』">999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の">999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを挙い宛

294 名無し募集中。。。
2020/01/17(金) 22:19:28 ID:0

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さ