522: 【雑談】◆テレビ朝日 1 (310)
2ちゃんねるブックマークは2ちゃんねる(2ch.sc)のログをブックマーク出来るビュアーです。


522: 【雑談】◆テレビ朝日 1 (310)

【pc】
pp 

1 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/01/17(水) 17:49:39.11

▽テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/

【雑談】◆テレビ朝日 1



【pc】





スレッドの最初から全部を見る 人気スレッドリスト

外国語アレルギーの方に朗報!
2ちゃブで外国語を楽しく学ぼう!





141 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:27:54.62

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
141

142 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:27:59.83

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#142

143 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:28:15.14

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#143

144 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:28:20.35

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#1a4

145 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:28:35.56

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
145

146 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:28:40.26

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#146

147 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:28:55.62

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#147

148 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:29:00.74

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#148

149 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:29:15.95

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
149

150 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:29:20.63

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#150

151 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:29:35.97

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#151

152 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:29:41.33

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#152

153 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:29:56.60

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
153

154 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:30:03.31

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#154

155 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:30:18.79

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#1a5

156 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:30:35.80

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#156

157 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:30:51.08

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
157

158 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:30:56.02

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#158

159 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:31:11.53

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#159

160 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:31:16.17

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#160

161 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:31:31.52

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
161

162 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:31:36.46

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#162

163 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:31:51.73

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#163

164 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:32:10.91

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
164

165 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:32:42.81

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
165

166 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:32:48.35

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#1a6

167 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:33:03.62

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#167

168 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:33:19.06

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#168

169 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:33:34.32

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
169

170 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:33:39.24

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#170

171 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:33:54.67

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#171

172 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:33:59.71

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#172

173 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:34:14.98

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
173

174 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:34:19.98

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#174

175 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:34:35.38

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
175

176 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:34:40.36

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#176

177 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:34:55.62

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
1a7

178 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:35:00.68

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#178

179 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:35:16.06

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#179

180 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:35:21.29

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#180

181 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:35:47.70

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
180

182 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:35:54.49

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#182

183 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:36:09.65

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#183

184 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:36:14.79

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#184

185 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:36:30.05

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
185

186 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:36:35.08

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#186

187 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:36:50.36

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#187

188 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:36:56.22

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#1a8

189 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:37:11.57

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
189

190 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:37:45.99

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
190

191 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:37:50.83

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#191

192 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:38:11.30

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
192

193 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:38:16.69

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#193

194 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:38:31.95

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#194

195 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:38:36.60

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#195

196 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:38:52.00

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
196

197 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:38:56.95

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#197

198 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:39:22.58

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
198

199 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:39:38.03

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#1a9

200 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:39:46.85

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#2b0

201 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:40:02.24

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
201

202 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:40:07.20

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#202

203 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:40:22.65

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#203

204 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:40:27.98

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#204

205 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:40:43.30

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
205

206 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:40:48.19

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#206

207 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:41:05.46

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#207

208 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:41:10.40

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#208

209 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:41:25.64

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
209

210 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:41:30.41

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#210

211 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:42:03.26

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#209

212 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:42:30.17

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
210

213 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:43:00.93

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
2b1

214 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:43:28.99

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#214

215 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:43:44.48

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#215

216 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:43:49.46

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#216

217 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:44:04.78

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
217

218 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:44:09.52

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#218

219 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:44:25.26

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#219

220 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:44:29.72

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#m

221 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:44:45.07

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
n

222 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:44:49.59

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#n

223 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:45:05.04

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#o

224 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:45:09.97

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#p

225 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:45:36.15

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
q

226 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:45:42.91

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#q

227 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:45:58.18

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#r

228 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:46:05.87

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#s

229 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:46:21.14

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
t

230 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:46:26.02

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#230

231 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:46:41.34

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#231

232 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:46:46.12

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#232

233 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:47:01.61

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
2b3

234 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:47:06.65

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#234

235 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:47:22.00

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#235

236 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:47:27.01

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#236

237 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:47:42.35

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
237

238 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:47:47.76

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#238

239 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:48:03.17

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#239

240 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:48:08.66

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#240

241 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:48:23.97

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
241

242 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:48:29.17

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#242

243 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:48:44.37

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#243

244 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:48:50.54

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#2b4

245 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:49:05.88

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
245

246 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:49:11.07

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#246

247 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:49:26.33

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#247

248 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:49:31.57

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#248

249 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:49:47.01

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
249

250 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:49:52.18

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#250

251 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:50:07.48

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#251

252 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:50:23.75

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#252

253 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:50:39.06

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
253

254 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:50:44.54

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#254

255 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:50:59.87

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#2b5

256 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:51:05.68

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#256

257 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:51:21.06

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
257

258 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:51:37.26

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#258

259 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:51:52.90

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#259

260 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:52:20.58

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
260

261 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:52:25.84

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#261

262 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:52:41.26

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#262

263 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:52:46.35

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#263

264 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:53:06.94

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
264

265 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:53:13.34

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#265

266 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:53:28.61

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#2b6

267 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:53:33.57

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#267

268 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:53:48.91

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
268

269 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:53:54.20

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#269

270 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:54:09.46

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#270

271 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:54:15.30

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#271

272 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:54:30.57

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
272

273 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:54:48.18

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#273

274 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:55:03.53

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#274

275 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:55:09.18

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#275

276 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:55:24.56

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
276

277 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:55:30.05

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#2b7

278 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:55:45.55

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#278

279 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:55:50.69

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#279

280 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:56:06.06

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
280

281 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:56:11.43

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#281

282 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:56:26.70

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#282

283 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:56:55.46

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
283

284 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:57:01.31

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#284

285 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:57:16.67

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
285

286 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:57:21.77

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#286

287 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:57:37.05

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#287

288 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:57:43.18

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#2b8

289 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:57:58.43

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
289

290 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:58:03.55

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#290

291 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:58:18.79

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#291

292 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:58:23.89

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#292

293 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:58:39.17

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
293

294 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:58:44.38

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#294

295 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:58:59.83

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#295

296 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:59:04.67

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#296

297 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:59:19.89

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
297

298 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:59:24.70

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#298

299 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:59:39.67

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#2b9

300 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 12:59:46.44

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#3c0

301 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:00:02.50

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
301

302 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:00:09.81

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#302

303 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:00:25.06

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#303

304 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:00:30.35

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#304

305 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:00:45.72

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
305

306 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:00:50.56

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#306

307 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:01:06.01

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#307

308 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:01:11.54

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#308

309 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:01:29.80

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
309

310 名無しさん@お腹いっぱい。
2018/11/21(水) 13:01:34.98

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。
「力の差を感じる。ソフトバンクとの」
どうにもできそうにもない連敗街道に、浅村は俯いていた。
10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武が、CSファイナルで敗退した。
ペナントレースではソフトバンクに6.5ゲーム差をつけての優勝だったが、
3割30本塁打100打点をクリアした浅村にそこまで言わせた「力の差」とはなんだったのか。
「中継ぎ陣の力の差を感じた。ソフトバンクの中はやっぱりタフだった」
シリーズ後の辻発彦監督の言葉である。ソフトバンクが入念にした人員整備を、西武はしなかった。
短期決戦の中で、相手の弱みにつけ込んで行くのは常套手段だ。
シーズン中どれだけ当たっていた打者でも、短期決戦では波に乗れないことがある。
そうした打者が目を覚まさせないような配球をし、相手が嫌がっている投手は重要なポイントでつぎ込んで行く。
いわばソフトバンクは、戦いながら勝ち抜けるための方法を整理していたのだ。
3戦目が終わって、十亀をすでに抹消していたから、
★4戦目に郭を登録した時点で、西武のブルペンに余力はほとんどなかったといっていい。
それでも西武打線は、なんとか反撃を試みようと食い下がった。特に浅村は2本塁打を放ち4割をマークした。
それでも、後手を踏んだ試合展開を跳ね返すのは簡単ではなかった。浅村は唇を噛む。
「試合が追いかける展開になって、相手の投手がコロコロかわると、僕たちのペースでやりづらいなというのはありました。
リードした展開なら問題はなかったと思いますけど、序盤に点を取られる試合展開だったんで、相手の継投に対応するのが難しかったですね」
もっとも、投手陣のパフォーマンスに大きな差がでたのは、CSでのマネジメントだけが原因ではない。
シーズン中から一軍の戦力になれる投手を育ててこなかったことの結果でもあるのだ。
フェニックス・リーグで研鑽を積んでいる若手から誰かを呼び寄せるのか。
あるいは、シーズン終盤のパフォーマンスから、誰かにチャンスを与えて、相手の弱点をついていけるか。
改めて、西武はソフトバンクに劣っていなかったと思う。
打線がハマった時の破壊力は、ソフトバンクにヒケをとってはいなかった。だが、勝負の差は結果が示す通り明らかに大きかった。
#310

1 2 3 4 最新200 全部見る 


人気スレッド

1009: 【崖っ淵の文在寅大統領】 GSOMIAは維持か、破棄か、留保か[11/12] (754)
988: NGT48山口真帆さんが配信にて『殺されてたら…』 運営はメンバー関与を認めるも、被害者が謝罪★1644 (7
1: 【バーチャルYoutuber】にじさんじ有ンチスレ13279【@QWvau応援スレ】 (636)
2936: 嵐・二宮和也 結婚 (620)
988: 【自民・二階幹事長ブチ切れ】安倍桜を見る会「問題になるようなことがあるかって聞いているんだよ!」 (586)
1012: 【バーチャル】hololiveアンチスレ#2008【Youtuber】 (574)
994: 【速報】安倍晋三、ついに終了か 日テレが安倍事務所による「桜を見る会“ツアー”」の案内文書入手! (553)
1043: 【八ッ場ダムからのお知らせ】「ダム湖名」募集 元年12月6日(金)消印有効 (493)
1011: 【芸能】嵐・二宮和也、結婚発表!元女子アナ伊藤綾子と「交際5年愛」成就★11 (472)
2866: 飯塚幸三 wikipedia が謎の全削除 [422186189] (457)
2980: 【今日のchanもももたまい】ももいろクローバーZ潜入捜査官15163【最近のスレは荒らされまくーりん】 (
1006: 【IZ*ONE】真相究明委員会「情報公開請求により不正操作前の順位を公表する」 (445)
2935: 主人公側が完全敗北して終了する作品といえば? [769327952] (437)
2893: 【悲報】二宮和也の直筆結婚報告書、文字の葉脈が一致してしまう [579392623] (428)
1016: 3658回目の匂わせブログ更新 (399)
1050: 【社会】ボール遊びも大声も禁止…「そして誰もいなくなった」 荒れ行く公園が問い掛けるもの ★3 (393)
1044: 【大阪王将】冷凍ギョーザ「羽根つき餃子」が好調 月間販売数500万パック突破 (390)
990: 【悲報】飯塚幸三、遺族に謝罪すらしていなかった (368)
2945: ☆ディーン・フジオカの演技って微妙だね 地下売上議論21424★ (362)
1055: 【青森】八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で男を緊急逮捕 (324)
1058: 【速報】NHKのサイト死亡 DNS権威サーバーに障害か (313)
115: ドラゴン圧縮 [402859164] (310)
13: 【Wikipedia】飯塚幸三元院長(88)、Wikipedia日本語版がなぜか削除される (293)
43: バナナマンのドライブスリー ★今田美桜が食べ尽くす…アポ無しグルメ旅!! (292)
994: 【悲報】SKEオタさん、ゼストよりAKS時代の方がマシだったと泣く (282)
979: 飯塚幸三さん wikipedia が謎の全削除 (266)
2971: 石田を見ればハロプロは薄給だってわかるよな (259)
42: 報道ス〒ーション★5 (248)
1011: 【さよなら】韓日首脳間対話にも…日本国民68%「改善に向かうとは思わない」[11/12] (201)
660: 元霊媒師だけど質問ある? (200)
3: 【GBP】ポンドはどうする? part5909【£】 (197)
2918: ハリウッドザコシショウ、駅に向かって歩いているところをフライデーされる [796936532] (189
968: 【芸能】森口博子“ウワサの流出動画”完全否定も期待高まるフルオープン! ※無し無し! (187)
974: 【速報】嵐・二宮和也さん(36)結婚を発表 「温かく見守って頂けましたら」 (185)
1462: ドラキュラって実は固有名詞で吸血鬼という意味ではないんだな (181)
9: 【プレミア12】坂本勇は4タコ3三振 無言で球場を後に (180)
100: 【USD/JPY】ドル円専用スレ Part29852【$\】 (178)
1041: 【コンビニ】コンビニ各社社長が24時間営業を見直す考え示す 政府には規制緩和求める (178)
2963: 「この業界ってマジで人格がクソな奴ばっかだな」って思った仕事 [314039747] (173)
1069: 【青森】女子児童切りつけ事件 中学生の少年を殺人未遂容疑で逮捕 (169)
992: 【芸能】二宮、報道各社に感謝のメッセージ付きどら焼き贈る (166)
1115: 【C言語】プログラミング得意なやつ助けてくれ (165)
2914: 中国人「中国製テレビはタダでも要らない」「ソニーが一番」 [796936532] (164)
2499: スマホで「せっ」から始まる変換で紳士かどうか分かる (159)
1012: 【23日0時・完】“GSOMIA終了D-10”韓国外交部「日本と協議、決まったことはない」[11/12] (
1802: スチームパンクな世界の作品って意外と思い浮かばないよな (148)
2393: Androidアプリ作ったから遊んで! (147)
978: 『これはもう、大阪に行くしかないじゃん』 着々と進むUSJで建設中の任天堂ワールドに外国人大興奮 (147)
2085: 【推定IQ】これが解けたら天才【120 over】 (146)
707: 俺史上最高の絵がpixivで史上最低の閲覧数なんだけど (146)
2971: 【悲報】板野友美さんの新曲、盗作が発覚し炎上 [875850925] (144)
992: 【悲報】博多座「仁義なき戦い」がガラガラ閑古鳥wwwwwww (144)
695: お前らってアニメ叩くけど実際は絵すらかけないし演技もできなしまともな文章も書けないわけじゃん (143)
2937: 【閲覧注意】インスタで野グソ (143)
2087: Fate/GOスレ (140)
2531: 深夜の一人酒 (139)
1004: 【夜明けまで強がらなくてもいい】乃木坂46★9848【本スレ】 (137)
991: 【サッカー】<カズ「三浦知良」(52)>去就は「シーズン終了後」現役最年長Jリーガー (137)
2887: 【衝撃】 ピカチュウ(キョダイマックスのすがた)、ガチのマジでデカい [303493227] (136)
998: 流行語大賞、「れいわ新選組」と「上級国民」が激しい接戦 (136)
997: 【訃報】政治活動家 荒巻丈さん、死去 42歳 しばき隊と戦う (135)
1008: 【プレミア12】台湾、韓国に7−0で完封勝ち 東京五輪出場に望み[11/12] (135)
1689: 寝る前のアイドルマスターミリオンライブシアターデイズミリマスグリマスミリシタスレ (131)
1018: 【名無し奥も○○奥も】気楽に井戸端会議6451【みんな来い】 (131)
1057: 【速報】青森 八戸の女子児童切りつけ事件 10代の少年を殺人未遂容疑で逮捕(NHKニュース) (128)
702: 【悲報】二宮和也さんのwiki、地獄のような状態になってしまう (127)
996: 【野球】ダウン提示に“保留第1号”の中日祖父江は会見場に現れず…加藤代表は「FAを取ってほしいと話した」 (1
1008: 乃木坂の停滞感の理由って何なんだ?part2 (124)
5: 【韓国】 全北道内の学校で基準値を超えるラドンを検出、対策作り急げ[11/10] (122)
998: 【サッカー】<バルセロナ>BチームからMF安部裕葵(20)を招集すると発表! (118)
1103: 【殺()すつもりだった】逮捕の中学生(14)、青森小6女児切りつけ (116)
2000: なんでスロットって50%でも余裕で10回くらい外れるわけ? (113)
982: 【ラグビー】萩生田文科相、ラグビー専用球技場の整備に意欲 (111)
2970: さくら学院☆3062時間目 (109)
2054: 会社辞めるから同僚の子に告白していい? (108)
2927: 【速報】NHK落ちる [501636691] (108)
1958: 一応全巻読んだはずなのに内容が全く思い出せない漫画 (106)
1003: 【音楽】WANDS、令和に再始動 第5期として17日にフリーライブ、来年1月に20年ぶり新曲発売 (105)
972: 【野球】<韓国がプレミア12初黒星!>台湾に完封負け!0-7 (105)
2918: 佐藤「忍という字はすばらしい。心に刃をのっけてる」 (104)
2926: 【モーニング娘。10期】サトウマサキこと佐藤優樹ちゃんを応援するでしょ~535ポクポク【おにぎしー】 (10
971: 【芸能】<撮影中10代モデルにわいせつ疑い>カメラマン逮捕!「カメラマンの立場を利用した」 (103)
989: 飯塚幸三、カーブで追い越ししてた (102)
976: 元代表GK田口光久さんが死去 「生ダラ」でも人気 (101)
1092: 【☃】米中西部から東海岸に記録的な寒波襲来へ (101)
1049: 【三重】高校で4階教室から2年生の男子生徒が飛び降りて死亡 自殺か (101)
984: 【格闘技】最強と中国拳法らしさを目指す散打大会、ジャーマンスープレックス決める強者出現も宗師苦言 (100)
2500: 香港デモって実際単なる犯罪だよな (99)
1000: 【速報】青森の女子児童切りつけ事件 10代少年を殺人未遂容疑で逮捕 なぜか名前は報道されず (99)
1015: 【悲報】秋元康(62)、遂に逮捕秒読み&指原も芸能人生命終了か? (98)
1014: 【韓国】「文政権の南北統一論は幻想」 前統合幕僚長と国際政治学者が指摘[11/13] (97)
1121: エロゲ声優に質問ある? (96)
986: 【速報】マカオ、カジノが儲かり過ぎたため全国民にボーナス13万円を配布。香港() (95)
2958: 【悲報】 ポケモン新作 はしごを上ると時が止まってしまう [541495517] (93)
2911: 悪性リンパ腫(血液のがん)で闘病していたレスリング女子75kg級リオ五輪代表の渡利璃穏選手(28)が引退 東
1001: 【速報】 嵐・二宮和也(36)が元女子アナ伊藤綾子(38)と結婚wwwwwwwwww (93)
2935: 【朗報】橋迫鈴ちゃんデビューを控えて完璧に仕上がる (91)
2313: 前歯神経ない奴おるか? (90)
2579: 女の子の絵描きました (88)
963: 【ボクシング】<WBC王者ウバーリ>井上尚弥との統一戦に自信!「ナオヤは過大評価」 (87)
2126: テスト勉強しんどすぎるから話そうぜ! (86)
3002: 日本で販売不可のサプリを推奨 メンタリストDaiGoの動画が物議 [189282126] (86)
1317: ユーチューバーはじめて5日たったんだけど登録者1wwww (85)
2672: 毎食焼きそば15円×2、キャベツ、単価40円とかで生活したらいつまで大丈夫かな? (84)
1082: 【神奈川】海外滞在歴で時効成立せず 10年前に女子高校生に性的暴行の疑いで男(38)を逮捕 (83)
1064: 【風俗4号営業】シニアパチンコ体験大会を開催、参加者の笑顔が溢れる一日に (81)
2229: ID:LUCKY6660お前ちょっと来いよ!!! (80)
1075: 【「豚コレラ」名称を「CSF」に変更】消費者の不安 招かぬため 農産省 (80)
1004: 【速報】反安倍デモが決行されTwitterで「安倍やめろ」タグがトレンド1位に ついに国民の怒りが爆発へ (
1010: 【日本版】PRODUCE 101 JAPAN☆226【プデュ】 (79)
1008: 【バーチャルYouTuber】.LIVEアイドル部アンチスレ#8635【アップランド】 (76)
1821: 絵についてアドバイス受けて鍛錬の比率増やそうとしたら見事に失敗した (74)
1010: 【女優】剛力彩芽 前澤氏と破局の理由 女性関係で“愛想尽かした” (74)
1077: 【ローソン】「レジ不要 スマホで決済」来年にも実験店舗 (74)
999: 好きなレジェンドアイドルの曲を三つ挙げて (73)
590: 面白い音楽を貼って俺を満足させるスレ (72)
2954: 牧野真莉愛 寿司を24個食う (69)
830: なぁ、俺っていつからこうなってしまったんだろう? (68)
997: 嵐・二宮結婚 →パヨク「官邸からの御意向か?」「安倍がヤバくなると何故か芸能人の大きなニュース」 (67)
977: 復興とは何だったのか 鉄道事業を廃止する届出 これで鉄道の復旧の可能性はなくなりました (67)
1255: 三大誰が見ても下手くそな騎手、柴田大知、太宰啓介 (67)
1105: 【消費税】軽減税率「中小企業の7割が見直し求める」経営者調査 (67)
1507: 冬ボーナスで買う予定のもの書いてけwwwwwwwwwwww (66)
2166: お前らの人生で一番死にかけた瞬間あげてけ (65)
2465: STAR WARSエピソード4見終わったのだが (64)
1699: 薪割り用の斧買った! (64)
2983: お前ら「白湯」飲んでるか? これだけで健康になれるのに [358267739] (64)
2959: 【悲報】俺の嫁が俺の兄と浮気してるっぽいんだが。どうしたらいいんだ。 [676450713] (64)
2943: 安倍の桜見るツアー問題ってつまり何が駄目なんだ?バカにも分かりやすく教えて [298176652] (6
1054: 【兵庫】高校生の自宅から脅し取った1700万円入り金庫を開けるために工務店でバール盗んだ男3人を再逮捕 (6
853: おっさんだけど楽器に興味ある (62)
2957: ピアス開ければモテるのに何でお前ら開けないの? (61)
1688: トリコが失速した最大の原因wwwwwwwwwwwwwwwwww (60)
2931: この女の子におまえら何て話しかけるの? (60)
1249: 府中市の住み心地ってどう? (60)
1107: うっかりさん、運転免許失効したので偽物をネットで購入(8万円) 接触事故を起こされ駆けつけた警官に提示するも
1959: スロットってどこ殴ればいいの? (58)
535: だれかポケモンgoでフレンドになってくれ (58)
987: 【芸能】<芦田愛菜>祝辞で着たのは約100年前の着物!「家の繁栄」や「不断長久」「永遠」「長寿」を意味 (58
2953: 怒ってばっかりの有名人 (58)
1053: 【神奈川】無断欠勤に腹立て、バイト高校生を車内監禁し顔を殴った会社員の男(20)を逮捕 (58)
2762: 悪質で巧妙なつきまとい行為にあってるんだが (57)
2884: 【朗報】ブラックロータス入荷 [875850925] (57)
1089: 【】ワニに襲われた男性、目に指突っ込み助かる 豪州 (56)
2801: 偽善者「飯塚に制裁を!」←これガイジすぎる (55)
2409: 24歳ニートだけどオフパコしにきたった (55)
1629: シャミ子「うう……漏れそうです……」 (55)
1619: 愛知県民だけど誕生日だから祝って (55)
1232: 桜島が大噴火したんだけどwwwwwwwww (55)
1807: 正直なにか面白いのかわからないマンガのジャンル (54)
1653: めちゃくちゃ死にたいくらいメンタルやばい (54)
1109: 【ハンバーガー病】韓国で市民団体とマクドナルドが激しく対立 プルコギバーガーが原因なのか (54)
1046: 【安倍首相】麻生副総理や党三役とステーキ店で会食 桜を見る会の話はなし (54)
2960: 阿部寛 爆速HPの魅力 [303493227] (53)
2722: 『ターミネーター:ニューフェイト』がめちゃくちゃ面白いんだけど (52)
943: 神「お前の武器は鎌な」 ←どうする? (51)
987: CR飯塚幸三にありがちな演出 (51)
2654: 一番ありそうで無いアメリカの州の名前を言った俺が優勝するスレ (50)
2589: 二宮の結婚でジャニオタブチギレしすぎだろwwww (50)
1464: 転職失敗して仕事きつすぎて鬱病みたいになってるんだけど (50)
437: カバーの方が有名な曲www (50)
3000: 【PC】Windows 10 大型アップデート(1909)配信開始 [797350461] (50)
1003: 香山りかさん「桜を見る会、悪い奴はだいたい招待」 爆笑の嵐へ (50)
1014: 【悲報】乃木坂46堀未央奈さん宮脇咲良を通り越して板野友美になってしまう (50)
1009: お前ら手越の件と年齢ばっかりネタにするけどゆきりんは凄いんやぞ! (50)
1033: 【総務省】地方選、立候補者の居住確認強化 公選法改正を検討 居住実態の無いN国候補者の当選無効相次ぎ (50
1055: 【青森】八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で男を緊急逮捕 (324)
1058: 【速報】NHKのサイト死亡 DNS権威サーバーに障害か (313)
115: ドラゴン圧縮 [402859164] (310)
13: 【Wikipedia】飯塚幸三元院長(88)、Wikipedia日本語版がなぜか削除される (293)
43: バナナマンのドライブスリー ★今田美桜が食べ尽くす…アポ無しグルメ旅!! (292)
994: 【悲報】SKEオタさん、ゼストよりAKS時代の方がマシだったと泣く (282)
979: 飯塚幸三さん wikipedia が謎の全削除 (266)
2971: 石田を見ればハロプロは薄給だってわかるよな (259)
42: 報道ス〒ーション★5 (248)
1011: 【さよなら】韓日首脳間対話にも…日本国民68%「改善に向かうとは思わない」[11/12] (201)
660: 元霊媒師だけど質問ある? (200)
3: 【GBP】ポンドはどうする? part5909【£】 (197)
2918: ハリウッドザコシショウ、駅に向かって歩いているところをフライデーされる [796936532] (189
968: 【芸能】森口博子“ウワサの流出動画”完全否定も期待高まるフルオープン! ※無し無し! (187)
974: 【速報】嵐・二宮和也さん(36)結婚を発表 「温かく見守って頂けましたら」 (185)
1462: ドラキュラって実は固有名詞で吸血鬼という意味ではないんだな (181)
9: 【プレミア12】坂本勇は4タコ3三振 無言で球場を後に (180)
100: 【USD/JPY】ドル円専用スレ Part29852【$\】 (178)
1041: 【コンビニ】コンビニ各社社長が24時間営業を見直す考え示す 政府には規制緩和求める (178)
2963: 「この業界ってマジで人格がクソな奴ばっかだな」って思った仕事 [314039747] (173)
1069: 【青森】女子児童切りつけ事件 中学生の少年を殺人未遂容疑で逮捕 (169)
992: 【芸能】二宮、報道各社に感謝のメッセージ付きどら焼き贈る (166)
1115: 【C言語】プログラミング得意なやつ助けてくれ (165)
2914: 中国人「中国製テレビはタダでも要らない」「ソニーが一番」 [796936532] (164)
2499: スマホで「せっ」から始まる変換で紳士かどうか分かる (159)
1012: 【23日0時・完】“GSOMIA終了D-10”韓国外交部「日本と協議、決まったことはない」[11/12] (
1802: スチームパンクな世界の作品って意外と思い浮かばないよな (148)
2393: Androidアプリ作ったから遊んで! (147)
978: 『これはもう、大阪に行くしかないじゃん』 着々と進むUSJで建設中の任天堂ワールドに外国人大興奮 (147)
2085: 【推定IQ】これが解けたら天才【120 over】 (146)
707: 俺史上最高の絵がpixivで史上最低の閲覧数なんだけど (146)
2971: 【悲報】板野友美さんの新曲、盗作が発覚し炎上 [875850925] (144)
992: 【悲報】博多座「仁義なき戦い」がガラガラ閑古鳥wwwwwww (144)
695: お前らってアニメ叩くけど実際は絵すらかけないし演技もできなしまともな文章も書けないわけじゃん (143)
2937: 【閲覧注意】インスタで野グソ (143)
2087: Fate/GOスレ (140)
2531: 深夜の一人酒 (139)
1004: 【夜明けまで強がらなくてもいい】乃木坂46★9848【本スレ】 (137)
991: 【サッカー】<カズ「三浦知良」(52)>去就は「シーズン終了後」現役最年長Jリーガー (137)
2887: 【衝撃】 ピカチュウ(キョダイマックスのすがた)、ガチのマジでデカい [303493227] (136)
998: 流行語大賞、「れいわ新選組」と「上級国民」が激しい接戦 (136)
997: 【訃報】政治活動家 荒巻丈さん、死去 42歳 しばき隊と戦う (135)
1008: 【プレミア12】台湾、韓国に7−0で完封勝ち 東京五輪出場に望み[11/12] (135)
1689: 寝る前のアイドルマスターミリオンライブシアターデイズミリマスグリマスミリシタスレ (131)
1018: 【名無し奥も○○奥も】気楽に井戸端会議6451【みんな来い】 (131)
1057: 【速報】青森 八戸の女子児童切りつけ事件 10代の少年を殺人未遂容疑で逮捕(NHKニュース) (128)
702: 【悲報】二宮和也さんのwiki、地獄のような状態になってしまう (127)
996: 【野球】ダウン提示に“保留第1号”の中日祖父江は会見場に現れず…加藤代表は「FAを取ってほしいと話した」 (1
1008: 乃木坂の停滞感の理由って何なんだ?part2 (124)

522: 【雑談】◆テレビ朝日 1 (310)

人気スレッド2




933: 【音楽】本当に歌のうまいアイドルは誰だったのか 聖子、あやや、AKB48は?★3 (997)
68: 巨専】3 (996)
1013: ミュ俳優雑談898 (993)
989: 【社会】それってマルチ商法の誘いかも 元クラスメイトが久々に連絡してきたら気をつけて! (985)
2706: BABYMETAL ★6271 (984)
1: 【GBP】ポンドはどうする? part5908【£】 (976)
961: 【安倍首相】主催「桜を見る会」 毎年前夜に都内ホテルで「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」 (963)
940: 【訃報】田口光久氏死去、64歳 サッカー元日本代表GK (957)
2544: 【悲報】嵐の二宮和也(36)が今夜8時に結婚を発表 [875850925] (936)
1007: 【インサガEC】Imperial SaGa eclipse(インペリアル サガ エクリプス) part28
907: 「知らない番号から着信があったら、その電話番号をググります。」 友達ドン引き。 (915)
98: 【USD/JPY】ドル円専用スレ Part29849【$\】 (901)
2872: 巨人若大将3783 (891)
13: 剛力彩芽、前澤社長 破局 [507895468] (884)
10: 韓国政府『独島ヘリ墜落行方不明者が見つからない 助けて日本』 (ノ∀`) (856)
98: 【USD/JPY】新ドル円15307【雑談禁コテ禁IP無】 (852)
97: Fate/GOスレ (829)
2826: 経験上、 「この都道府県の奴はマジでクソだった」 って都道府県 [998671801] (808)
940: 【宅配】ヤマト「アマゾンの荷物が戻らない」…失った信頼の代償は大きかった 株価は直近ピーク時の半値へ ★3 (
4: 【本スレ】SKE48★18034【本スレ】 (769)
45: サラメシ シーズン9「第22回」★1 (754)
930: 【サッカー】ガラタサライが今季低調の長友放出を決断 地元紙 (717)
27: 【映画】『ミッドウェイ(原題)』 豊川悦司のハリウッドデビュー作が全米首位デビュー! (697)
1008: 【シャニマス】アイドルマスター シャイニーカラーズ 896週目【enza】 (695)
37: 実況 ◆ テレビ朝日 57967 (692)
1005: 育児している奥様(IDなし)1818 (689)
566: 【アズレン】アズールレーン Part4346 (687)
2518: 「桜を見る会」の名簿、終了後すぐに破棄 調べることができない状態 [533895477] (676)
11: 【ネタ】平成伝説だと思う元女性アイドルランキング 3位宮沢りえ、2位後藤真希、1位は? (656)
972: 【スクープ】小渕恵三総理はCIAに病死と見せかけて殺された。ぷちえんじぇる添え ★2 (641)
1006: 艦これ愚痴スレ Part1962 (634)
46: 大相撲九州場所 三日目 ☆5 (605)
1006: 【Switch】大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 1092スレ目 【スマブラSP】 (602)
962: 【悲報】IZ*ONE矢吹奈子さん、韓国のテレビ番組から存在を抹消されてしまう (599)
949: 【栃木】友人にLINEで「警察に連絡して」 死亡した女性が 真岡市 ★4 (599)
2792: 【悲劇】飯塚さんの車のドラレコには迫る車を見つめる莉子ちゃん(3つ)の姿が映っていたことが明らかに 飯塚さん
65: 〓たかせん〓 (585)
99: 【USD/JPY】新ドル円15308【雑談禁コテ禁IP無】 (572)
960: 【喫茶店なら喫煙させろよ】「喫煙NO!」で岐路に立つ喫茶店。受動喫煙への規制に根強い反発も★2 (565)
903: 【音楽】加山雄三が脳梗塞で入院、11月のコンサートは延期 (563)
66: その自慢の唇でワインを飲ませてくれないか艦これスレ (554)
39: 名医とつながる!たけしの家庭の医学書★4 (553)
905: 香港警察、「おまえら人民解放軍だろ」と核心をついたオッサンに液体かけ放火、火ダルマに、Fire (534)
2666: 【朗報】女の78% “性格”で相手を選んでいたことが判明する [998671801] (533)
986: 【悲報】アイズワン親会社の副社長が詐欺罪で立件 順位操作に深く介入した可能性 (531)
558: Fate/Grand Order まったりスレ5381 (528)
970: 指原ヲタってMC自慢してるけどゴールデンでの単独MCの仕事がこないうちはダメだな (512)
1020: 【香港】男性が黒い服を着た集団に「お前たちは、みんな中国人(共産党)だろ?」と声をかけた所、液体と火をつけら
1019: 【セブンイレブン】「元旦くらい休ませろ」…オーナーらが改善求め 元日ストで100店舗休業も ★6 (502)
131: 【避難所】なんJVYouTuber部 10124【IDワッチョイ有】 (487)
4: 牛丼は松屋が一番おいしいし (487)
1161: 【自信】今週の鉄板レース2909【確信】 (483)
975: 【朗報】西川怜ちゃん、全国民に見つかる!!!! (481)
2624: 【悲報】なんJの姫、爆誕wwxwxwxwxwxwxwxxwxw すまん、マジで嫌儲卒業するわ(決意) [
3: 【マターリ】報道ステーション (479)
6: 「剛力彩芽」と「前澤友作社長」が破局か 関係者には既に報告 (470)
967: 【速報】青森・八戸市で小6女児が男に首を切られる (467)
1012: ■■芸能有名人の噂2327■■ (465)
1008: 不真面目な生活保護者の残金スレ534 (464)
2610: 10数年ぶりの同級生「アムウエイ知ってる?」 どう反応するのが正解なのか [726590544] (45
973: 【在日2世】姜尚中「いまの日韓関係は、近づきすぎたがゆえの葛藤と摩擦だ」 (443)
1026: 【社会】外国人技能実習生の失踪対策強化へ (436)
6: 【うんこちゃん】加藤純一総合スレpart844 (432)
47: AKB48専用 うたコン (429)
971: 【バ一チャルYouTuber】ENTUM(エンタム)アンチスレ1643【ミライアカリの妹】 (425)
946: 特定野党がここまで焦ってる理由ってなんなの? (420)
1015: 桜を見る会 公明・山口氏「野党も政権時は主催」 (416)
2851: 【朗報】嵐の二宮和也、結婚をファンクラブで正式に発表「男してケジメ」 [933662325] (411)
901: 【訃報】wヤング平川幸男さん死去 78歳 11月上旬に入院、昨夜容体が急変 (406)
897: 【元女優】高樹沙耶、田口淳之介に「更生も反省も強いてはいけない」 (403)
968: オフ大会総合スレpart.251※転載厳禁 (403)
48: クローズアップ現代+「台風被災地から訴え支援が分散・眠れない寒さ厳しくなる中」 (402)
961: 韓国「労働者へ金を韓国が払えば日本政府に対して道徳的に優位になる」 (401)
953: 【バーチャルYouTuber】有閑喫茶あにまーれアンチスレ793【774inc.】 (388)
2564: 【疑問】フェミニストはなぜ巨乳もといおっぱいを嫌悪するのか [466377238] (386)
2849: なぜ事務所は生田にインスタをさせないのか (382)
100: 【USD/JPY】ドル円専用スレ Part29850【$\】 (375)
58: 【悲報】エレン・イェーガー、完全に闇堕ちしてしまう (374)
966: 【速報】 AKB48・NHK うたコン キタ ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (372)
112: VIPでパズドラ (369)
935: 山口百恵の凄さがよくわからないんだけど全盛期は今で言う平手友梨奈みたいな存在だったの? (368)
933: 【静岡】僧侶(26)、16歳少女にみだらな行為 ホテルで現金渡し… (368)
12: 【日韓】韓国政府主催の海外就職博覧会に日本企業が65社参加…韓日関係、民間では雪解けか (366)
59: 【悲報 】美人さん、 歩いてるだけなのにキモオタに射精されてしまう (358)
947: 【日本に韓国を増やす宣伝】韓国発祥「オルレ」って? 記者が歩いた福岡の山や街 朝日新聞 (353)
1018: 経団連会長「定年の概念」なくなるとの考え★2 (351)
2713: おまいらが抱くマツダ車のイメージってどんなん? [228884425] (347)
1198: ロードカナロア(1500万)がカレンブラックヒルに負けるw (347)
922: 昔はチョン校の奴らってめちゃくちゃ怖かったよな 喧嘩強かったり、少年院行くような奴らが多くて (346)
904: 何が問題なのか不明な「桜を見る会」騒動 民主党政権でも後援会招待 むしろ招待は「当然」という声も (338)
953: 【速報】 11/17・AKB48 幕張メッセ・全国握手会レーン発表 キタ ━━━━(゚∀゚)━━━━!! (
930: 【PRODUCE48】IZ*ONE(アイズワン)応援スレ【BLOOM*IZ】☆424 (333)
1012: 【PS4/PS3】ペルソナ5総合 Part 625【P5/P5R】 (328)
2778: 「これだよ!こういうのがやりたかったんだ!」 と思ったゲーム [998671801] (327)
1013: ロマサガ3リマスター part18 (322)
22: 「ペットボトル買いません」立憲民主党、プラごみ削減で実践へ (321)
1203: 【悲報】サクラちゃんデブだった・・・ (321)
928: 【芸能】りんごちゃん“性別の謎”にきっぱり「そういう概念がない」 (316)
5: FF14 チャH晒し雑談168【ワッチョイなし】 (312)
957: 【香港】50代日本人男性、デモ隊に殴られ負傷 (311)
951: 【自民】石破茂氏、桜を見る会「党の役職をしているときに招待できる枠があったが、使ったことはない」 (310)
1017: オスふさんツクール (308)
557: 【ミリシタ】アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ Part2680 (308)
66: はません (294)
9: キリスト教団体や歴史研究者ら 大嘗祭が政教分離規定に違反するとして抗議を表明 (294)
64: D専 (291)
14: 【速報】 日産の9月中間決算は純利益が73.5%減の653億円だった (289)
56: 「主人公が一度も敗北けない漫画」ない説 (287)
2672: Abemaで「ネトウヨ特集」。ネトウヨを豪華メンバーで語ります。  [571598972] (287)
959: 【速報】 菅官房長官、「桜を見る会」の見直しを検討する考えを示す (286)
929: 【速報】池袋暴走12人死傷事故で飯塚幸三元院長(88)を書類送検 ★4 (280)
2514: 三原じゅん子「ギャオオオオオオオン!!」★2 [963243619] (277)
1006: 【急騰】今買えばいい株12929【印旛】 (275)
913: 【女優】芦田愛菜 祝辞で着たのは100年前の『門外不出』の振袖だった (271)
1011: 小野不由美&十二国記 其の259 (268)
1002: 埼玉西武ライオンズ'19-290 (268)
2624: 新木優子の連ドラ視聴率が壊滅的 「幸福の科学」信者の応援が足りていないのか? (266)
954: 「やだ、母乳が止まらない」野外フェスで母乳を撒き散らした女の動画が200万回再生される。 (265)
1013: 【吾峠呼世晴】鬼滅の刃 291斬【やめなさいよ――――!!!】 (262)
2618: 山口百恵の凄さがよくわからないんだけど全盛期は今で言う平手友梨奈みたいな存在だったの? (261)
1220: 学研「家庭用ゲーム機はゴミ。パソコンこそゲーム機の王様」 (261)
901: 米倉涼子『ドクターX』マンネリ感の限界 (260)
2561: 日産 売上10%減 営業利益85%減 配当未定 [421330639] (258)
71: ポケモンUSUMシングルダブルマルチ雑談 (256)
926: 【芸能】YOSHIKI、過密スケジュールに飛行場でパタリ…… “力尽きた姿”に心配の声 (252)
954: 【CNN】駅のホームでサンドイッチ食べた男性に警官が手錠 米サンフランシスコ (252)
948: 【新潟】NGT48★909【本スレ】 (250)
924: フジが飯塚幸三書類送検に切り込む 「なぜ逮捕ではなく書類送検」「上級国民では?」 (248)
2578: 【画像】エプスタイン島の内部構造が明らかになる 怖すぎだろこれ… [726831463] (245)
934: 【悲報】なんjに姫が現れるw すまん、ニュー速卒業するわww (245)
930: ヤマト「働き方改革で残業代払うため値上げします」→売上減で残業代払えない (243)
952: 【ν速写真部】SONYだキヤノンだニコンだスマホだ言うけど、撮った写真が全てだろ?ちょっと貼ってみ? (241
39: 世界野球プレミア12 スーパーラウンド 日本vsアメリカ ★5 (240)
934: 【あのころ】「ファミコンソフトに名前が書かれたカセット展」開催。自分のソフトがあれば、その場で返却 (240)
42: 報道ステーション★1 (239)
984: 【バーチャルYoutuber】にじさんじ有ンチスレ13268【ワッチョイ導入】 (238)
2472: LUNA SEAで好きな曲なに? [422186189] (236)
1252: ポケモンもゲーム内にゲームフリーク社員を出すのやめてほしいよな (234)
2842: 新木優子は究極のモテ唇で女子人気も高い顔 メイクにも秘密が! (233)
35: 実況 ◆ TBSテレビ 38346 (232)
91: ゴーリキーの破局について語り合うコテ雑 (230)
965: カラオケで、あいにきて I・NEED・YOU!歌ったらドンビキされた・・・。俺が何したっていうんだよ。 (23
1016: ジャンプ打ち切りサバイバルレースPart3117 (228)
1010: 【DQR】ドラゴンクエストライバルズ LV1476 (226)
993: 【聯合ニュース】米軍首脳部 13日から相次ぎ訪韓=GSOMIAで圧力強める[11/12] (221)
88: ポケモン剣かった (220)
16: 【池袋暴走】 警視庁 「飯塚幸三さんが容疑を認めているかどうかは明らかにしません」★3 (220)
1010: ◆進.撃の巨.人ネタバ.レスレpa.rt1934 (217)
2736: 「女性アイドルの曲の中で一番の名曲」、まず何が思い浮かんだ? [201518538] (217)
971: 【立民・枝野代表】「首相は『#桜疑惑解散 』に打って出る」閣僚の相次ぐ不祥事などで (217)
4: 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ4642 (216)
177: 福岡県民だけど1番うまい豚骨ラーメン教えてやるよwwwww (211)
964: 【悲報】NMB48さん、ご自慢のMV再生回数でイコラブに惨敗してしまう (211)
979: 【愛知】窃盗容疑(カップラーメン1個)で逮捕された無職の男(58)の自宅冷蔵庫に白骨化遺体「母親です」 (21
2838: 大阪では阪急が1番ランクの高い路線らしいけど最底部は何線なの [426957453] (209)
953: 【筋トレ】武田真治、体を鍛えるのは「女性の出産の痛みを知りたい」 (206)
915: 【芸能】ネプチューン名倉に心配の声「やっぱ表情硬い」「笑えない…」 (206)
974: 【神奈川】ぶつかったことを注意され激高…駅事務室まで連れて行き 投げ飛ばす 小学校教諭の男(50)を現行犯逮捕
60: 【画像】「ライザのアトリエ」 酷すぎるMODが作られてしまう… (204)
1005: 「ブレーキをかけたが間に合わなかった」(95歳男性・談) 道路横断の88歳はねられ死亡・倉吉 (204)
2632: 【悲報】MAJOR2の寿くんの息子、完全に寿くん化する・・・ [193847579] (203)
20: 元従軍慰安婦が日本政府に損害賠償訴訟 ソウル地裁で 国際法無視 (203)
2716: 【画像】映画『ソニック・ザ・ムービー』修正版PV公開 こういうのでいいんだよ [962614482] (
1199: スイッチングハブのバイオ2リメイクとデビルメイクライ5がベスト化 (201)
2675: ヤフーが譜久村のインタビューでの矛盾を冷たく指摘wwwwwwww (200)
1024: 【大学入学共通テスト】記述式問題、民間事業者が事前に正答例把握 問題漏洩の懸念 (200)
4: 【本スレ】SKE48★18034【本スレ】 (769)
45: サラメシ シーズン9「第22回」★1 (754)
930: 【サッカー】ガラタサライが今季低調の長友放出を決断 地元紙 (717)
27: 【映画】『ミッドウェイ(原題)』 豊川悦司のハリウッドデビュー作が全米首位デビュー! (697)
1008: 【シャニマス】アイドルマスター シャイニーカラーズ 896週目【enza】 (695)
37: 実況 ◆ テレビ朝日 57967 (692)
1005: 育児している奥様(IDなし)1818 (689)
566: 【アズレン】アズールレーン Part4346 (687)
2518: 「桜を見る会」の名簿、終了後すぐに破棄 調べることができない状態 [533895477] (676)
11: 【ネタ】平成伝説だと思う元女性アイドルランキング 3位宮沢りえ、2位後藤真希、1位は? (656)
972: 【スクープ】小渕恵三総理はCIAに病死と見せかけて殺された。ぷちえんじぇる添え ★2 (641)
1006: 艦これ愚痴スレ Part1962 (634)
46: 大相撲九州場所 三日目 ☆5 (605)
1006: 【Switch】大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 1092スレ目 【スマブラSP】 (602)
962: 【悲報】IZ*ONE矢吹奈子さん、韓国のテレビ番組から存在を抹消されてしまう (599)
949: 【栃木】友人にLINEで「警察に連絡して」 死亡した女性が 真岡市 ★4 (599)
2792: 【悲劇】飯塚さんの車のドラレコには迫る車を見つめる莉子ちゃん(3つ)の姿が映っていたことが明らかに 飯塚さん
65: 〓たかせん〓 (585)
99: 【USD/JPY】新ドル円15308【雑談禁コテ禁IP無】 (572)
960: 【喫茶店なら喫煙させろよ】「喫煙NO!」で岐路に立つ喫茶店。受動喫煙への規制に根強い反発も★2 (565)
903: 【音楽】加山雄三が脳梗塞で入院、11月のコンサートは延期 (563)
66: その自慢の唇でワインを飲ませてくれないか艦これスレ (554)
39: 名医とつながる!たけしの家庭の医学書★4 (553)
905: 香港警察、「おまえら人民解放軍だろ」と核心をついたオッサンに液体かけ放火、火ダルマに、Fire (534)
2666: 【朗報】女の78% “性格”で相手を選んでいたことが判明する [998671801] (533)
986: 【悲報】アイズワン親会社の副社長が詐欺罪で立件 順位操作に深く介入した可能性 (531)
558: Fate/Grand Order まったりスレ5381 (528)
970: 指原ヲタってMC自慢してるけどゴールデンでの単独MCの仕事がこないうちはダメだな (512)
1020: 【香港】男性が黒い服を着た集団に「お前たちは、みんな中国人(共産党)だろ?」と声をかけた所、液体と火をつけら
1019: 【セブンイレブン】「元旦くらい休ませろ」…オーナーらが改善求め 元日ストで100店舗休業も ★6 (502)
131: 【避難所】なんJVYouTuber部 10124【IDワッチョイ有】 (487)
4: 牛丼は松屋が一番おいしいし (487)
1161: 【自信】今週の鉄板レース2909【確信】 (483)
975: 【朗報】西川怜ちゃん、全国民に見つかる!!!! (481)
2624: 【悲報】なんJの姫、爆誕wwxwxwxwxwxwxwxxwxw すまん、マジで嫌儲卒業するわ(決意) [
3: 【マターリ】報道ステーション (479)
6: 「剛力彩芽」と「前澤友作社長」が破局か 関係者には既に報告 (470)
967: 【速報】青森・八戸市で小6女児が男に首を切られる (467)
1012: ■■芸能有名人の噂2327■■ (465)
1008: 不真面目な生活保護者の残金スレ534 (464)
2610: 10数年ぶりの同級生「アムウエイ知ってる?」 どう反応するのが正解なのか [726590544] (45
973: 【在日2世】姜尚中「いまの日韓関係は、近づきすぎたがゆえの葛藤と摩擦だ」 (443)
1026: 【社会】外国人技能実習生の失踪対策強化へ (436)
6: 【うんこちゃん】加藤純一総合スレpart844 (432)
47: AKB48専用 うたコン (429)
971: 【バ一チャルYouTuber】ENTUM(エンタム)アンチスレ1643【ミライアカリの妹】 (425)
946: 特定野党がここまで焦ってる理由ってなんなの? (420)
1015: 桜を見る会 公明・山口氏「野党も政権時は主催」 (416)
2851: 【朗報】嵐の二宮和也、結婚をファンクラブで正式に発表「男してケジメ」 [933662325] (411)

上位板 人気

259: 史上最高の放送局(テレビ・ラジオ) (990)
664: 史上最低の放送局(テレビ・ラジオ)14局目 (986)
981: 【ガセ厳禁】地方局飛び乗り・飛び降り Part105 (983)
678: ローカルセールス枠の提供ベース・スポンサー27枠目 (973)
456: 「保毛尾田保毛男」差別と石橋貴明流の時代遅れ (964)
720: 【SBS・SUT・SATV・SDT】静岡テレビ雑談スレ16 (962)
449: [セクハラ]石橋貴明を糾弾するスレ[保毛尾田保毛男] (957)
171: RAB社員たちは、テレサロ板の存在を知っている!! (950)
442: ニュース番組を語ろう【全国ネット124】 (949)
482: とんねるずが消えた原因を探るスレ8 (949)
454: とんねるずが数字を持ってない事を業界人はオミトオシ6 (946)
450: 仕切りもできない石橋貴明って何年やってるの?6 (932)
104: ナイナイにポジションを奪われたとんねるず17杯目 (927)
507: 野球大ヘタクソの石橋貴明がスポーツ王って(笑) (919)
60: 【NKT・BSN・TSK】山陰のテレビ総合スレ3 (910)
220: いい加減に打ち切るべきテレビ番組 (908)
497: 【打ち切り決定】この世で一番哀れな石橋貴明4 (904)
328: こんなフジ「月9」枠は嫌だ!  Part3 (900)
965: 番組スポンサー・キャスト総合スレッド Part56 (898)
55: 【週一】とんねるずは何でレギュラー無いの?9 (893)
500: 卑劣なセクハラで女性を傷つけまくってる石橋貴明12 (890)
184: TVタレント他 好感度2 (885)
502: 【つまんねるず】テレ朝1月2日ショボすぎ問題 (884)
506: テレ朝のガン とんねるのスポーツ王 (883)
561: 石橋貴明のたいむとんねるは1クール打ち切りだね(笑) (883)
44: ホリエモン「俺とんねるず嫌い。イジメ芸だよね」2 (882)
62: 石橋貴明のたいむとんねるを打ち切りに追い込もう! (881)
140: 頭に「震災に負けない」を付けた番組名 (880)
896: 内部告発ではありません、吉本騒動のことを伝えます (876)
938: テレビ東京よりも格下のフジテレビ(爆笑) (875)
503: 木偶の坊石橋貴明にスポーツ番組なんて無理! (875)
155: TV業界から追放したい人つーか見たくない芸能人 (874)
508: 【打ち切り迫る】この世で一番哀れな石橋貴明4 (872)
505: 絵に描いたような木偶の坊石橋貴明を笑おう (865)
501: 次はとんねるのスポーツ王打ち切れ! (861)
339: 【20周年】テレビ金沢Part3【KTK】 (857)
126: こんなニュース番組はイヤだ!!! Part2 (856)
590: 【K-POP大好き】石橋貴明&河本準一4 (851)
134: 【TBS系】 中部日本放送CBCテレビ 【5ch】 (846)
530: 石橋貴明って何をやらせてもセンス無いよね(笑) (829)
517: パチンカス石橋貴明はテニス止めろ (827)
169: aikoたんorぃきものがかり番組開始希望 (826)
536: 絶望のフジテレビ...絶望の石橋貴明(笑) (824)
174: (過去)こんなクイズダービーは嫌だ! 3問目 (819)
544: 石橋貴明はZONEのキャリアを狂わせた12 (816)
46: 石橋貴明と関東連合の関係について6繋がり目 (816)
528: バーニング!石橋貴明の胡散臭さ8 (814)
188: (過去)こんなキン肉マンは嫌だ。 (811)
364: 頭に「東京電力(東電)」と付けて萎える番組を作れ (811)
65: 石橋貴明の地方のキャバクラ通いについて (811)
516: DEATH GUEST 石橋貴明 (810)
651: ええ加減に殺害せえ!アンチ東京横浜の関西土人」 (810)
543: テレビ界の老害とんねるずを考えるスレ2 (806)
342: 【四国放送】 小玉晋平 【奇行士】 (805)
152: 長崎のテレビ事情について語る (801)
911: ニュース番組のオープニングを語ろう【ローカル版87】 (799)
562: 石橋貴明のたいむとんねるは1クール打ち切り(笑)2 (799)
553: 【*2.8%】谷間ねるずのヒトケタのおかげでした4 (798)
148: ☆テレビサロン板を何とかするスレ1☆ (798)
529: 石橋貴明の単価なんて10万円くらいのもんだよね (796)
559: たいむとんねるって(笑)ダッせえ番組名 (795)
542: オワコンとんねるず引退しろ 4 (789)
554: 税割れ時間帯最下位谷間キング石橋貴明2 (789)
564: 石橋貴明 お前が一番不快だよ2イラネ (789)
982: 過去の番組スポンサー報告スレ Part2 (788)
241: 青森県民はなぜテレビが大好きなのか? (785)
111: テレビ未達成記録簿 (784)
157: NHK・民放から出入り禁止された有名人 (784)
164: 制作会社を語る7 (783)
54: こんなくりぃむクイズ ミラクル9は嫌だ (782)
45: テレ玉(テレビ埼玉)◆Part16 (781)
563: 不人気 無関心 老害とんねるず 2生ゴミ (780)
498: 【石橋ヒトケタ貴明信者】丸の内OCN飛田が酷すぎる件2 (779)
6: フジは月曜23時の糞番組打ち切れ! (776)
557: 【能無し石橋貴明】最終回SPを断られたみなおか(笑) (774)
582: 【*3.9%→*2.9%】石橋糞明のたいむとんねる (774)
567: 【セコい】この世で一番ケチ臭い石橋貴明2【男気ナシ】 (772)
541: フジよ石橋貴明にMCなんて無理だぞ(笑) (767)
180: 頭に「タモリ(森田一義アワー)」を付けて…Part 2 (760)
125: テレビ界のジンクス・法則・都市伝説★5 (758)
558: イジメ助長のおかげ誰にも惜しまれず終了(笑) (757)
306: 山口県のテレビ事情について語るスレ (755)
569: ZONEを解散に追い込んだ石橋貴明5 (755)
136: フジテレビ改編を考える Part489 (755)
210: 麻薬を宣伝している奴ら3 (754)
545: 後輩に番組恵んでもらってる石橋貴明(笑) (754)
574: うたばん出演拒否アーが多いのは石橋が原因? (754)
547: とんねるず解散五秒前! (751)
950: 【ネタ妄想厳禁】2019 改編&特番情報 Part209 (751)
953: 次に事件をおこしそうなTBSの番組 (749)
872: テレビ東京マンセーな奴の数→(68001+TX) (745)
38: 【KBC・RKB・FBS・TVQ・TNC】福岡のテレビ40 (745)
572: 文貴明8 (734)
576: 税割れ時間帯最下位谷間キング石橋貴明2 (733)
577: 【初回から*3.9%】ヒトケタ貴明の憂鬱 5鬱目 (732)
75: こんなアタック25は嫌だ!出題は最小26問 (732)
575: 【フジ月曜23時】初回から*3.9%のクソ番組w (731)
565: 石原真理「石橋貴明は自宅前で待ち伏せしてた」2 (725)
578: 石橋貴明とかいう時代遅れの能無し(笑) (724)
113: テレビ局のロゴタイプ・ロゴマーク@5局目 (719)
586: 石原真理「石橋貴明は襲う為自宅に押かけて来た」2 (712)
57: KBS京都 地デジ5ch その5 (709)
103: ナイナイをパクッてばかりのとんねるず4 (705)
22: 【独立局】おっ!サンテレビ 8【KOBE 3ch】 (702)
243: 山形のテレビスレ 11 (697)
37: 【圧力MC】坂上忍のパワハラバイキング (697)
430: 楽しいは (694)
159: アンチDTスレを乱立して1人で保守ってるニーとん 93 (694)
94: 【ポチッと】群馬テレビ Part5【開局47周年】 (694)
955: とろくせゃあがね ! 名古屋の自主路線39 (689)
95: 今こそMBSをキー局に (688)
625: 元祖 OP/ED萌え Part31 (685)
181: 【チュバ】チバテレビ Part6【千葉】 (685)
158: 【フジTV】桜花賞皐月賞【みんなのKEIBA】 (680)
603: 【MRO・ITC】石川県のテレビ6【KTK・HAB】 (679)
24: 鹿児島のテレビを語ろう part33 (677)
486: ニュース番組のオープニングを語ろう【ローカル版78】 (673)
680: 地上波からアニメが姿を消す日 7日目 (671)
587: 石橋貴明滑舌悪すぎ(笑) (664)
923: 百田尚樹はなぜ探偵ナイトスクープを続けるの?★5 (662)
139: もしも、逸見政孝が存命ならテレビはどうなってた? (661)
240: こんな「なんでも鑑定団」は嫌だ (660)
595: この世で一番薄汚い石橋貴明 8陰険目 (660)
687: テロップについて語ろう Part17 (659)
589: 【致命的!】石橋貴明は声が通らない3能無し (659)
930: 全国送信所・局舎総合スレッド18 (657)
429: JNN排他協定はいますぐ廃止せよ (657)
267: こんなハゲタカは嫌だ! Part20 (653)
83: テレビ局の再編 総務省の案 その13 (653)
480: 【嫌いなジャニーズ】木村拓哉 VS  松本潤【老害】 (651)
623: 誕生日にチョゴリを着て記念撮影する石橋2 (644)
229: 【滋賀県】びわ湖放送part7【アミンチュてれびBBC】 (644)
622: 老害 石橋貴明 (643)
32: アンチDTスレを乱立して1人で保守ってるニーとん 94 (642)
281: 番組スポンサー・妄想スレッド part1 (632)
214: 2017改編&特番情報 Part198 (632)
27: フジテレビ改編を考える Part331 (626)
187: ケツに「ステーション」をつけて萎える番組 (625)
362: 頭に「朝日新聞」とつけて萎える番組を作れ (621)
52: 頭に「中日新聞」とつけて萎える番組を作れ! (618)
460: ■☆■テレビ視聴率情報総合スレッド【1】■☆■ (616)
67: 真心なき関西テレビに天使の鉄槌を! (616)
190: (過去)こんな世界一周双六ゲームは嫌だ!2 (615)
287: 【DokiDoki】 HAB 北陸朝日放送 2 【Hなテレビ】 (613)
618: abemaに出るまで落ちぶれた悲惨な石橋貴明(笑) (606)
636: ■■日テレ改編戦略スレPart531■■ (605)
99: 少子化・移民・国際結婚・帰化・生命操作 (605)
626: アンチとんねるずスレ多1人で乱立保守荒らし112 (603)
600: 【地上波】ドキュメンタリー番組総合スレ6【BS】 (602)
265: 番組の後ろに「X(クロス)」を付けて(ry (600)
97: ∽∽真テレ雑談27(音楽系うp込み)∽∽ (599)
189: (過去)こんな100万円クイズハンターは嫌だ。3 (599)
168: あなたの家では地上波テレビ局いくつみれますか?4 (594)
360: クイズ☆タレント名鑑の台詞だけで1000目指すスレ (594)
252: 藤原紀香さん、ベッキーをどうにかして下さい (593)
701: BS4K/8K放送について語ろう (592)
93: ☆☆ TBSの番組を改編 Part609☆☆ (560)
92:  フジテレビの寄生虫 石橋貴明 (560)
731: アンチとんねるずスレ多1人で乱立保守荒らし136 (556)
766: †プロ野球の放映権はどうでもいい 03† (556)
167: 諸般の事情で再放送できなくなった番組を挙げろ (554)
384: 【印象操作】東京キー局の東国利権誘導の手口212 (549)
31: とちぎテレビPart20 (549)
669: 【東海】韓国の英雄!ちょんねるず【独島】6ニダ (541)
654: 汚物のように嫌われる石橋貴明(笑) (541)
495: めちゃイケみなおかの次に終わって欲しいフジの番組 (538)
69: 【バンミチチョン】四国放送13【アキヨシソーカ】 (537)
392: 「アグレッシブですけど、何か?」ってどうなの? (534)
854: 【富山ニーとん】とんねるずヲタの荒らしの源は反日パワー (528)
223: 山梨県のテレビ事情 (527)
87: フジテレビ三大老害番組 (524)
684: __クソゴミ老害石橋貴明は生きる価値無し__ (522)
129: 【TVN】奈良県のテレビPart3【NHK奈良】 (521)
681: 後輩に仕事乞食する石橋貴明(笑) (521)
984: 「大津市」または「滋賀県」と付けて萎える番組名 12 (519)
228: いい加減にウザいと感じたものを書くスレ (519)
816: 【AbemaTV】極楽とんぼKAKERUTV ★8 (512)
691: 平成の嘲笑王バカさんこと石橋貴明 5嘲笑目 (511)
277: 頭に柴田将人or小太刀重機をつけて萎える番組を作れ (511)
255: 【おは朝】正木明はいつ番組引退するの?【おはコル】 (508)
695: 広瀬すずさんを追い込んだクズ石橋貴明5クズ明 (506)
717: 天のいつも後ろに写っているメガネの少年は 家老佑 (504)
128: テレサロの荒らしの10割が在日朝鮮人 (504)
318: なぜいつまでもフジTBS>テレ朝という扱いなのか (502)
713: 有吉「abemaに出る石橋貴明糞ダサいwww」 (502)
705: セクハラ糞野郎 石橋貴明 (501)
222: 【テレビ朝日】アンチテレ朝スレ vol.3【/tv asahi】 (500)
218: 【情報】東京の悪いニュース18【隠蔽】 (498)
73: こんな○○は嫌だ!総合スレ3 (495)
119: 池上彰に取り上げてほしい「学べるニュース」の題材 (489)
608: アンチDTスレを乱立して1人で保守ってるニーとん98 (489)
355: 【オモシロガールズ】UHB北海道文化放送 (483)
295: 頭に西日本新聞とつけてでたらめな番組名作れw (483)
727: 糞 老 害 石 橋 貴 明 (482)
160: テレビを見て感じること (472)


 

【雑談】◆テレビ朝日 1 (310)

人気スレ 上位板 ブックマ-ク見る