2ちゃブ管理人がビットコイン投資するわけ

ビットコインの高騰が止まりません。僅か1年で10倍。1年前にここまでの価格になっているなんて誰が予想したでしょう。 1年前の予想価格を見ると、「30万円になっている」なんてのが強気予想だったりしていたわけで。それが2017年11月29日現在、120万円まで上昇しています。過去の予想はことごとく前倒しで達成されてしまうのが、現在のビットコイン相場です。

ビットコインは金に例えられます。ビットコインはコンピューターによる採掘(マイニング)という方法で市場に出てきますが、無限に採掘できるわけではなく、日ごとに採掘が難しくなっていきます。つまり、仕組み上、毎日の新規供給量はだんだんと細っていくことになるわけです。

一方で、ビットコインについて、ようやく普通の人も名前だけは聞いたことがあるようになってきました。最近では日経新聞だけでなく、一般紙でも「ビットコイン100万円超え」などのニュースを流すようになってきました。 いままでの一部のマニアのものから、大衆が知る段階に来たのです。

しかも、大衆が知る情報は、その殆どがビットコイン100万円超えのようなバブリーな情報ですので、いままでFXや株しかやっていなかったような人がビットコインに乗り換えてきています。(私もそうです)

また実需でも、自国通貨の信用が脆弱な国を中心に驚異的に伸びています。自国の脆弱通貨を、給料が出次第ビットコインに交換しているのです。途上国では銀行まで行くのに何日もかかる国がたくさんあります。携帯上ですぐに自国通貨を「ドル比で日増しに価値が上がっている世界通貨」に交換出来るビットコインは自分の資産を守る最高のツールです。自国通貨価値が日増しに下落している国は決して珍しくありません。ジンバブエでは、1米ドル=3京5000兆ジンバブエドルというハイパーインフレを起こし自国通貨を廃止してしまいました。

このように供給が日増しに細っていくのに、ビットコインを買いたいという人は日増しに増えていく。需要が供給を上回れば価格が上がるのは道理です。ましてや、今持っている人は明日にはもっと上がることが分かっていますから手放しません。結果、軒並み高騰。これがこの1年間のビットコインの拡大相場だったのではないかと思います。



今後はどうなる?

私の予想をここで述べることは出来ませんので、ネットに落ちている情報を拾ってみました。


2018年の予想紹介

ビットコインの2018年価格は秋口に220万円になると、人工知能未来予測プログラム「ウェブ・ボット( Web Bot Project )が予測しています。 ウェブ・ボットは、元マイクロソフト技術者であるクリフ・ハイ氏が株価を予測するために作られたコンピュータープログラムです。


2020年の予想紹介

2020年というのはビットコインの半減期にあたります。採掘者が同じように採掘しても半分のビットコインしか貰えなくなります。新規供給が半分になってしまうなかで、ビットコインの需要そのものは拡大を続けるわけですので、ビットコインは2020年に大きく上昇するであるだろうという意見が支配的です。


一番有名なのは、ウイルス対策ソフトで有名なJohn Mcafee氏の「ビットコインが3年のうちに$500,000(約5200万円)になる」という予測です。発言当時はまさかそんなと思われていましたが、2017年だけで10倍になったことを考えると、あと2年で今の45倍(年あたり6.7倍)は不可能ではないとも思えてきました。

ビットコインセキュリティプラットフォームであるBitGo社のJameson Lopp氏は、ビットコインが2020年までに$250,000(約2,700万円)に達すると予測。2010年から7年間の日平均増加率を計算したところ、2014年のマウントゴックス事件を除く6年間すべてで値上がりしており、ここから計算すると、2020年までには$250,000に到達するのだそうです。 たしかに、チャートを見る限り不可能ではなさそうです。

いずれしても、仮想通貨の関係者であるため、眉に唾して聞いておく必要もありますが、少なくとも2017年11月の爆上げを経験してみた後では、信憑性を増してくるから不思議です。実際のビットコイン価格は、過去何年間も、関係者予想をことごとく前倒しで達成してきましたから。

もちろん、ビットコインはバブルだと警告を鳴らす人もいます。全てはご自身の判断で行ってください。


ビットコインの投資について

FXや株と決定的に異なるのは、「今後も上げ続ける可能性が高い」ということです。もちろん短期的に調整はあるでしょうし、私は一切保証できませんので自分自身で判断して頂くことになりますが。少なくとも過去にビットコインを買って損した人はいないわけで。過去を見る限りでは一時的に損しても少なくとも半年後には必ず上回っています。
従い、FXのようにハイレバでPCに張り付いて「売った」「買った」などとやって神経もお金もすり減らすくらいなら、貯金のつもりでドンと買って放置くらいがいいと思います。

次に私が行っている「損失限定、利益無限大」の方法を紹介します。
(2014年の原油急落時に用いた手法です。一方方向の相場のみに適用可能です。往来相場でこれをやると資産が急減しますのでご慎重に)


1.レバレッジ取引で購入する

2.3BTC分の資金を投入(大底からさらに下がることを考慮)。

3.「まずは大底と思われる場所にアンカーとして1BTCを仕込む」

4.「ある金額まで上がったら0.1BTCづつ買い足す。(10万円上がるごとに0.1BTC。 ストップロス10,000円など →2017/12のポラが大きいため変更) 」

5.価格上昇後、「現在価格より30万円下→2017/12のポラが大きいため変更」以下にある玉はストップロスを全て同値撤退に変更しておく(損失限定のためにはこれが一番重要)。

6.暴落で刈られたあとは、上昇過程で再度玉を補う。

というルールを作り、それを機械的にずっと続けていくだけでいいかと。1BTCや0.1BTC、10万円などは自分の財布と相談してください。 ストップロスは必ず設定してくださいね。

ルールに則って投資を始めたら基本的には買ったら売らない。ただ、調整の下げで爆死しないよう、少ない量で少しづづ買い増していく。
落ちても笑って済ませるためには庶民には1BC&0.1BTCくらいが丁度いいです。たった0.1BTCづつと思うかもしれませんが、120万が2700万や5200万になった時には悪くない資産になります。エクセルで計算してみてください。笑っちゃいますよ。まさに「リスク限定、利益無限大」です。私の投資方法はこれです。

いずれにしても、大御所の話を信じれば将来の値上がり期待値が半端ないわけですので、人生掛けた大金を投じる必要はありません。数十万の「手持ちの遊び資金」レベルでも十分資産化することが可能かと思います。

もちろん、絶対なんて保証はどこにもないので、全財産ビットコインなんて馬鹿な事せずに、なくなってもいい程度の遊び資金で楽しんでください。僅か数十万でも宝くじなんかよりは確実な「宝くじ並み」の夢を見ることが可能です。

(ご注意)レバレッジ取引は最初の入りが肝心です。伸びきった(上昇中の)相場では絶対に最初の取引を入れないことです。待てば必ず押す場面がありますので、押し切ったところで入りましょう。先は長いので焦らずに。入っていきなり引かされるのはつらいですよ(苦笑)


ビットコイン取引所の紹介

初心者にお勧め BitFlyer

日本で初めての仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所(取引所)として 2014 年 4 月にサービスを開始したのが、BitFlyerです。現物のビットコインの売買とライトニングというレバレッジ取引が可能です。株主は、みずほファイナンシャルグループ、リクルート、第一生命、などそうそうたる大企業が名を連ねています。マウントゴックス事件(当時世界No1のビットコイン取引所が突然閉鎖になった詐欺事件)などで怪しいイメージが付いてしまったビットコイン取引所ですが、ここは株主がしっかりしているから安心です。取引所の閉鎖だけが一番のリスクと言われているビットコインですので、信頼できる場所で取引することが肝要です。初めてビットコインを取引を開始する皆様にはまずは「日本国内のNo1の事業者」からのスタートをお勧めします。株主の信頼性は圧倒的です。ここなら潰れる(詐欺られる)ことは皆無かと。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

プロにお勧め XM

普段FXなどで大きな資産を運用している経験者でビットコインもやってみたいという方は、海外のFX会社がお勧めです。XMは「FXとビットコインのNO. 1」を掲げるFX業者です。ウサインボルト氏の公式スポンサーとしても有名です。
なぜ現在FXをやっている方にXMを勧めるかというと、XMのFX倍率が888倍だからです。
FXの倍率が25倍に制限されている日本のFX業者で使用している資金があれば、同じFXの取引をしてもさらにトレードに出せる余裕資金が確保できることになります。この余裕資金をビットコイン取引(レバレッジ10倍)に回すことが出来ます。またビットコイン利獲前の資金を、ビットコイン放置のまま他の取引にも運用できるのが魅力です。

難点は土日の取引が出来ないこと。必ずビットフライヤーと併用して土日のチャンスを逃さないようにしてください。土日の取引が出来ないということは、土日急騰のチャンスが取れないだけでなく、土日急落のストップロスが効かないということです(月曜日はいきなり大きな窓を開けてのスタートとなります)。

リスク管理のためには土日も取引できるビットフライヤーとの併用はマストです。XMだけで取引していると、急騰、急落いずれかが起こりやしないかとヒヤヒヤしながら土日を過ごすことになります。心臓に悪いです。

複数口座に資金を分散できる余裕があり、リスク管理をしっかり出来る方だけにお勧めする理由です。



最後に

私がビットコインに手を出そうと思ったのは、2017年9月7日、GMOインターネットグループがビットコイン採掘(マイニング)に100億円を投資すると発表、ほぼ同時にDMMも「DMMマイニングファーム」の運営を10月より開始すると発表してことからです。

それまではやはり、怪しい通貨のイメージが拭えなかったのですが、一部上場企業が100億円を投資し、重要事業にしていくとなると話が違います。

私もマイニングをするつもりで採掘専用PCを組み立てようとした矢先にビットコインが高騰。ちまちまマイニングするよりレバレッジ取引した方が早いということでマイニングマシン用資金をそのままレバレッジ投資したのがスタートです。
初心者ですのでお手柔らかにお願いします(笑)

2017年11月29日記


最後に
投資にリスクはつきものです。ビットコインが値上がりする保証はどこにもありません。ビットコインはバブルだという方もいらっしゃいます。投資については全て個人の判断で行ってください。当方は責任を負うことはできませんのでよろしくお願いいたします。




【広告】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【広告】